今日はランの話題はありません。

土曜の夕方に東京に戻り、日曜は朝一で名古屋へ。

大学からの友人が、一昨年に名古屋に転勤。
そして昨年、名古屋の女性と結婚、しかも名古屋で新居まで購入したとの驚きの情報が。
家を購入って、、、千葉出身なのに、名古屋に永住するのかな???

その後なかなか会う機会がなく、ここは名古屋まで久しぶりに会いに行くしかないっしょ!
ということで、もう一人の友人と2人で名古屋まで出向くことにしました。

名古屋駅で落ち合い、名鉄に乗り換えてまずは3人で犬山へ。

早速「松野屋」で田楽&ビールを。
R3013422.jpg

昼間からほろ酔いで犬山城へ向かいます。
R3013428.jpg
R3013435.jpg

犬山城に来るのは20年以上ぶり。学生時代には東京から車で日帰りしたこともある場所です。

城内の急な階段を上って最上階へ。高所恐怖症の自分にはきつい場所でした (^^;
R3013438.jpg
R3013449.jpg

その隣にある有楽苑の国宝茶室 如庵を見学。こういう場所は何時間でも居られますね、静謐な雰囲気に心が癒されます。
R3013463.jpg

それから一旦名古屋に戻り、次は徳川園と徳川美術館を見学。
R3013475.jpg

小学3年~6年の始めごろまで父の仕事の都合で名古屋に住んでいた時、この徳川美術館が好きで、何回もきたことがありました。今回それを思い出し、名古屋でここにいってみたいとリクエスト。

秋の空もきれい。
R3013484.jpg

たまたま友人の新居がここの近くだったので、そこまで散歩。

その後は名古屋駅に戻ってお酒の時間。
「風来坊」で手羽先とかどて煮とか。。
R3013487.jpg

20年来の友人なので、話題は何でもありです(・∀・)

2次会はラーメンで。。。
R3013489.jpg

その後一緒に東京から来た友人はお疲れの様子で先にホテルへ。
残った新婚の友人とホテル近くにあったアイリッシュパブでギネスを飲んで、23時前に解散です。

短い時間だったけど久しぶりに会えて楽しかったですね、気の置けない友人とのお酒はやっぱり楽しいです。

で、翌朝は8時半ののぞみで東京に戻り、用事をいくつか足すのに走り回りました。

明日は再び釧路です。

また現実の世界に戻ります (-_-;)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

スポンサーサイト
R0019828.jpg


今日は鹿児島で撮った写真など。

鹿児島へは大会前々日の金曜に。

飛行機からは富士山がきれいに。
R0019819.jpg

空港から市内へはバスで。
金曜の宿泊は昨年開業したばかりのソラリア西鉄ホテル。
じゃらんポイントがあったのでほぼ無料で宿泊です(^^)
たまたまですが、バスが着くビルの上にあったのでとても楽にホテル入り。

ホテルの部屋は鹿児島中央駅の目の前。
R0019825.jpg

夕食はお目当ての鹿児島牛です (^^)/
どこにするか散々検討、ベタかもしれないけど某ホテルの鉄板焼きに行きました。
これが大正解!
今までの鉄板焼き遍歴w の中で最も満足度の高い牛でした。
上品な脂でしつこくありません。
R0019833.jpg
R0019835.jpg

ガーリックライスも凝っています。
R0019840.jpg

調子に乗ってその後でラーメンまで(^_^;)
ラーメン小金太というお店です。
ここにいたるまでの道のりには客引きが多数いましたが、気合でスルーしました(笑)
R0019845.jpg


翌日の土曜は午後に指宿に行く予定だったので、午前中は少し観光です。
本当は歩き回って脚を使ってはいけないのでしょうが、、、
で、あまり脚を使わなくていいプランとして、桜島行きのフェリーに乗ってみました。
R0019847.jpg

桜島は噴煙を上げていました。
R0019854.jpg

桜島についたら、すぐに帰りの船に乗り込みました(笑)
戻ってから周辺を少しだけ散歩。
R0019861.jpg

昼食として、その近くにあったバガボンドというラーメン屋さんでつけ麺。
つけ汁は鹿児島風ではなく、一般的な豚骨魚介。
R0019857.jpg

麺は少々変わっていて、うどんのようでした。
R0019858.jpg

その後で鹿児島中央駅に行くのに、初めて鹿児島の市電に乗ってみました。
R0019860.jpg

市電は様々な種類の車両があって、見た目にもカラフルなものが多かったです。


指宿での宿泊はいわさきホテル。
建物自体はかなり年季が入っています。
このあたりでは初のリゾート型ホテルとのこと。

部屋からの景色。この日はいい天気でした。。
R0019887.jpg
R0019888.jpg

夕食までの時間、ホテルのレンタサイクルで周辺を散策。
(走ったり歩いたりでは疲れそうなので。。。)

海沿いの遊歩道では明日に向けての準備をするランナーさんが。。。
R0019898.jpg

砂むし会館 「砂楽(さらく)」。沢山のランナーさんが集まってる日だからか、砂蒸し風呂の前では行列が出来ていました。
R0019901.jpg

土曜の夕食は宿泊プランに入っていた洋食。
奇しくも、メインは昨日に引き続きの鹿児島牛でした。
R0019908.jpg

夜の8時から、マラソン前夜祭の花火が打ちあがっていました。
R0019915.jpg


最終日(=火曜日)、熊本の人吉へ。
球磨川沿いの城下町です。いわゆる小京都ですね。
5年前にも行ったことがあったけど、その時は小雨でした。今回はきれいに晴れていて、街並みの印象も前回とは違ったものに。やはり天気って重要ですね。

青井阿蘇神社。国宝に指定されています。
R0019948.jpg
R0019953.jpg

みそ・しょうゆ蔵(合資会社 釜田醸造所)を見学。
R0019956.jpg
R0019957.jpg
R0019958.jpg

その後で周辺の古い街並みを散歩しました。

月曜の帰りの便は大雪の影響で欠航になりましたが、おかげで火曜の昼はすっかり観光モード (^^)
フルマラソンの疲れも忘れて遊びまわりました (^^)/

こうして写真で振り返ってみても、日曜の大荒れの1日を除いては天気に恵まれていましたね (-_-)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

今日はレスト。

東京は一日中冷たい雨が降っていました。
幸い、明日は曇りで気温も上がり、板橋シティマラソンには影響なさそう。


で、走る話題はないので、先日の金沢で食べたものなどを。

能登和倉マラソンの後は雨や雪になったので、どこにもよらずにレンタカーで金沢のホテルへ戻りシャワーを。

その後、天気も悪いのでホテル目の前の近江町のいちば館へ。
前日の海鮮丼カーボチャージもここで行いました。観光客には十分な場所です。

この日は「市の蔵」という海鮮居酒屋へ。

白海老のからあげ
R0016736.jpg

ホタルイカの酢味噌あえ
R0016737.jpg

蟹しゅうまい
R0016743.jpg

筍のしんじょう蒸し
R0016744.jpg

そして一番がこれ、蟹の甲羅焼き
R0016740.jpg

甲羅の中に身、味噌、卵の黄身を入れて、かき混ぜながら炭火で軽く焼きます。
出来上がりはこんな感じ。
R0016742.jpg

濃厚な味わいで絶品でした。

その他も全部美味しかったです。
何気なく入ったところでしたが大ヒット。

翌日の月曜は金沢観光しようと思っていたのですが、日曜に引き続き生憎の空模様。

がっつりとした観光は諦めて、ホテルのチェックアウト時間まではのんびり、その後ステーキランチでゆっくり過ごすことに。

急遽ネットで探して、ホテルから車で10分くらいの犀川沿いにある「ステーキハウスにしむら」というお店へ。
R0016751.jpg

せっかくなのでお昼のコース料理を。(確か2800円くらい)
ステーキの他、スープ、焼き野菜、デザートにコーヒーも付きました。

焼き野菜
R0016755.jpg

ステーキをフランベ中のマスター
R0016760.jpg

なかなかのボリュームでした。
R0016761.jpg

席から犀川を。桜並木で、桜シーズンには絶好のロケーション。
R0016763.jpg


ゆっくりランチの後、まだ少し時間があったので近くの武家屋敷街だけでも見ようと移動。

途中、雹がふってきました。(分かりにくいですが)
R0016766.jpg

武家屋敷街。金沢市老舗記念館と前田土佐守家資料館を見学。
R0016772.jpg

さらに移動して尾山神社へ。
明治初期にオランダ人の設計で建てられたステンドグラス入り。神社ですが洋風建築です。
R0016783.jpg

天気もいまいちなので観光はこれでおしまい、空港へ移動。
名残惜しんで、空港で最後の北陸の味を満喫しました(^_^;)
R0016793.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

この週末は学生時代の友人たちと伊豆の温泉へ。

残念ながらお天気は終始荒れ模様。
R0016286.jpg

宿泊は東伊豆の北川温泉にある温泉宿。

「つるや吉祥亭 別館」
R0016327.jpg

露天風呂も最高でした。

昭和30年代を再現した甘酒横丁なるところもあります。
R0016315.jpg
R0016314.jpg

射的やってみましたが、一つも当たらず(^_^;)
R0016321.jpg

夕食はフレンチ懐石のプラン。
R0016336.jpg
R0016339.jpg

朝食もボリュームたっぷりで食べ切れず。
R0016347.jpg


とてもゆったりとした週末が過ごせました。

R0016355.jpg
R0016344.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

本日は鹿児島でのその他の話題です。

今回の鹿児島行きの主な目的はもちろん菜の花マラソンへの参加でしたが、鹿児島の親類を久々に訪問してきました。

なので、食べ歩きや観光はほんの少しだけ。

まずは初日の昼に行った「豚トロ」鹿児島中央駅前店。
ここは以前に本店へ行ったことがあったので、あのラーメンならと安心して入店。
11時半前に行ったらすんなり入れましたが、店を出る時には6~7人並んでいたのでタイミング良く入店できたみたいです。(ちなみに並んでいる人たちはいかにもマラソンを走りそうないでたちでした(笑))
ラーメンは、量は控えめ、スープも見た目ほど濃くはなく程よい濃さ。色々な旨味がたっぷり溶け込んでいるよう。それでいて、マイルド感があるもの。麺は中太くらいでスープとの絡みも問題なし。チャーシューは店名の豚トロ、とろけるくらい柔らかいです。鹿児島のラーメン屋さん特有の漬物もテーブルにあり、私のような観光客の鹿児島ラーメン体験場所としては申し分なしでした。
(残念ながら写真はピンボケしていて使い物にならず

2日目の夜、菜の花マラソン後の夕食として「とんかつ川久」。ここも鹿児島中央駅のすぐ近く。地元の方が「鹿児島で最も有名なとんかつ屋さんじゃないかな」と言っていたので、一旦ホテルに荷物を置いたあとすぐにこちらへ。マラソンの後はやっぱり肉ですよね(^^)
17時からの営業なので、17時10分くらいに行ったら既に半分の入り。その後すぐに満席になり、行列が出来てました。
上ロースかつ定食を注文。20~30分かかるとのことで、その間にビールジョッキ2杯消えてなくなりました(笑)
上ロースはどどーんと250グラム。皿からはみ出してます。写真では分かりにくいですが、厚みがすごい。
R0016227.jpg
R0016228.jpg

衣はこんがりとしたきつね色。肉はロースとしては脂の量は割と少な目、そして十分に甘いです。なんというか、野性味を感じる味わい。噛み応えもあり、豚食ってるぞ!という満足感は半端なしです。これで1500円は安いなあ。
ただ、私の胃袋にはあまりにも多い(^_^;)
フルマラソンを走った後にもかかわらず、最後の2切れは苦行に近かったです。。
ビールで腹が膨れたかも


次は観光。2か所だけ立ち寄りました。

まずは「東洋のナイアガラ」と言われる曽木の滝。熊本県境に近い北部の伊佐市にあります。

最近できた新曽木大橋。
R0016230.jpg

そこから見た曽木の滝。滝自体は遠いですが、このあたり一帯の荒々しい景観が楽しめます。
R0016231.jpg

曽木の滝は川内川の中流にあり滝幅210m、落差12m。間近で見たらすごい迫力。国内で幅のある滝というのは珍しいですね。

さらに曽木の滝より1.5キロ下流には曽木発電所遺構があります。
R0016233.jpg

以下、伊佐市のHPより引用。
「曽木発電所は明治42年に竣工し、その出力は当時国内でも最大級のもので、水俣のチッソなどにも送電を行っていました。昭和40年に鶴田ダムの完成とともに水没することになりましたが、現在では渇水期の5~9月頃に中世のヨーロッパの居城後を思わせるレンガ造りの建物が姿をあらわします。その時期以外は大鶴湖の湖底に沈み、存在をも忘れさせます。また、周辺にはヘッドタンクやずい道跡なども残っており、土木遺産として貴重なものとなっています。創始者の野口遵は近代化学工業の父とも言われ、経済人としても活躍をしました。」

幸い、この時期でも遺構の全貌を見ることができました。


最終日は出水のツル観察センターへ。
R0016238.jpg

wikiから引用
「出水ツル渡来地は、鹿児島県北西部出水平野の水田地帯にあり毎年10月中旬頃から翌3月頃にかけて約1万羽のツルが越冬することで知られる場所である。鹿児島県出水市内の245.3haが「鹿児島県のツルおよびその渡来地」として国の特別天然記念物に指定されている」

世界有数のツルの飛来地です。

出水地方に渡来するツルは主にナベヅル・マナヅル・クロヅル。時にはたんちょうも渡来するそう。

釧路湿原でたんちょうを見るスポットには行ったことがあり、そのイメージでいたら出水はあまりにもツルの数が多くて驚きました。

R0016239.jpg
R0016242.jpg


これは番外ですが、親類の家で珍しい焼酎をいただきました。

杜氏の里笠沙の「一どん」(いっどん)です。
R0016236.jpg

定価で買うにはハガキによる抽選販売で入手が困難、それ以外では定価の3~4倍程度で売られているプレミアム焼酎。
ロックでやりましたが、第一印象はがつんとくるけどその後はすっきりと喉を落ちていきます。コクがあって、奥行き感もすごい。お湯割りでも飲んでみれば良かったかなあ。


もちろん「黒伊佐錦」も美味しいですよ!
しかも日本全国どこでも定価で買えます(^^)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

2日目の夜は中華の「琉華菜苑」(りゅうかさいえん)。
aR0014894.jpg

琉華菜苑への訪問は今回が初、ブセナ内で新規開拓です。

早い時間は席が埋まっており、20時で無事予約。

場所は入口ゲート寄りの離れ。土産物屋やバーのある一角。
店内はかなりのキャパがあり、イメージは今どきのお洒落な中華。
リゾート内のレストランとしては王道の雰囲気ですね。


訪問前に口コミで予習。
コースではなく、単品で好きなものを注文することにしました。

まずは冷菜盛合せ。
思いのほかボリュームたっぷり。ピータンが出色の出来に思えた。
aR0014896.jpg

新鮮野菜の蟹肉あんかけ
優しい味わいの一品。とても上品な味付け。
aR0014897.jpg

読谷紅豚中華風ラフテー
口コミを参考に注文。柔らかい豚肉に個性的な餡が。この日一番良かった。
aR0014898.jpg

海老入りチャーハン
油ぎとぎとではなく、さらさら、ぱらぱら。〆にばっちり。
aR0014901.jpg

追加で、にら海老餃子
aR0014905.jpg

紹興酒もいただきました。
aR0014899.jpg

いずれも一皿のポーションはかなりのもの。
ブセナ内での食事は、コスパを考えるとここが一押しかな。


翌朝は和食の「真南風」(まはえ)。
夜は沖縄系和食の他、寿司やすき焼きなどもあるところ。
朝食は和定食一本です。
aR0014909.jpg
aR0014912.jpg
aR0014915.jpg

この店は海が見えないためかブセナの朝食の中でも一番空いていて、落ち着いた雰囲気がいいです。

ご飯は、白飯、五穀米、お粥のから選択。お粥にしてみました。
aR0014916.jpg

沖縄の食材をふんだんに使った定食は、胃に優しく、ボリュームも見た目以上。
リゾートホテルで過ごすと食事は油たっぷり系になりがちなので、こういうところにくるとほっとします。
aR0014918.jpg
aR0014917.jpg

朝食のあと、少しのんびりしてからチェックアウト。
ブセナは2回目の宿泊でしたが、何回泊まっても満足感が得られそう。次回はいつかなあ。
aR0014927.jpg


最終日は終日雨模様。観光は諦めて、那覇に戻ってアウトレットと免税店をぶらぶら。
アウトレットでランニングシューズを物色してみたけど、丁度良いサイズがなく何も買わずじまい。
免税店でも特に欲しいものなし。
最近、物欲が減退気味かも(笑)
前はそういうところに行ったら気分が盛り上がってあれこれ買っちゃうタイプだったのですが。。。


さて、しばらく沖縄の話しで南国のムードに浸ってましたが、その一方で今日はハーフの大会の日でもありました。。。結果はDNF。

詳しくは明日アップします。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

2日目の朝食は「ファヌアン」で。
R0014773.jpg
R0014783.jpg

夜は高額フレンチでおいそれとは入れませんが、朝食付きのプランだったのでこれ幸いとばかりに入ってみました(^_^;)

いくつかの選択肢の中からエッグスベネディクトを選択。
R0014779.jpg

これ、大好物なんだけど、あまり食べられる場所知りません。都内だと六本木ヒルズにある「ローダーデール」のサンデーブランチで食べたことありますが。あとはどこかのホテル内ならあるのかな?こういう、リゾートっぽいホテルの朝食ではよく見かけるので、これがあったら条件反射で選択します。


この日はまず慶佐次湾のヒルギ林へ。ヒルギはマングローブのことです。
ここは沖縄本島内では最大規模のマングローブ林。
遊歩道があって、マングローブ林の横を散策出来ます。
R0014801.jpg
R0014806.jpg

マングローブ林を巡るシーカヤックツアーもあり。一度やってみたいです。
R0014812.jpg

次は水族館方面へ。

備瀬のフクギ並木を散策。
フクギは古くから防風林として用いられ、特に海の近くの村落周辺には多く植えらていたとのこと。
沖縄の原風景に触れられます。
R0014827.jpg

ここ、歩いてみたらけっこう距離があり、プチ迷子になってうろうろしてしまいました(笑)

次は美ら海水族館へ。コメントは不要ですね。
R0014840.jpg
R0014844.jpg
R0014852.jpg
R0014859.jpg
R0014869.jpg

次は古宇利(こうり)島へ。
半径約1Km、周囲が約8kmの小さな島。古宇利大橋が開通して以来、本島での流行りのスポットです。
古宇利大橋は無料で通行できる橋の中で長さ日本一。島には食堂も沢山あります。
ここはウニも有名なのですが、この時は既にシーズン終了。ざんねん。
R0014816.jpg
R0014819.jpg

ホテルに戻り、ホテル敷地内にある海中展望塔へ。

ホテル敷地内はこのバスが運行しています。
R0014739.jpg

海中展望塔は、サンゴ礁の海に建てられていて、階段で下に降りると360度、ぐるっと海中が見渡せます。
R0014876.jpg
R0014887.jpg
R0014882.jpg
R0014883.jpg

この日も朝から雨がちですっきりしない天気でしたが、水族館とこの水中展望塔は雨でも関係なく楽しめました。

ちなみに翌日は完全に朝から雨で(>_<)、観光は諦め、チェックアウトぎりぎりまでホテルで過ごし、その後は那覇のアウトレットと免税店をぶらぶらしました。


(まだ続きます)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: