右脛がまだ普通ではないので今朝もレスト。
ただ、痛い、から痛痒い?に多少の変化はあったので、明日は様子を見て少しでも走っておきたいです。
歩くだけなら痛みはかなり減って、違和感というか引きつり感になっています。


このブログを始めたのは2011年7月、ジョギングを始めてから約2年後、初フルを走った翌月のことでした。

それ以降、ほとんどのレースについて、その内容をブログ上の記録として残してきましたが、初フルのことはたいして触れてはいません。

自分の記事を探してみると、ここで初フル前の経緯を簡単に書いていました。

要約すると、

・「マラソンが趣味です」と胸を張って言うためにフルを走る!
・初フルとして2011年3月のとくしま、そして翌月の長野にエントリーしていたけど、震災の影響で中止に
・次に5か月後にある北海道マラソンをエントリーしたけど、その前に練習で1本走っておきたかった
・前年にハーフを走った千歳JAL国際マラソンはまだ大丈夫だったので、フルの部にエントリー
・結果は3時間18分34秒、咳風邪もひいていてぐだぐだなレースに。

千歳を走るまでの経緯は書いてるけど、当日のことはほとんど触れていませんでした。

ということで、自分自身の初フルの記録として、思い出せる範囲で書いてみます。
思い出せたこと、かなり少ないです (^^;


前日に札幌入り。
千歳空港で一緒に参加するakioさん、K君と落ち合い、会場へ向かって前日受付を。

宿泊は札幌駅前のビジネスホテル。
札幌駅ビル内にある海鮮居酒屋で夕食。
レース前でも気にせず生ものを食べる癖は相変わらずですね。

当日はレース1時間半前に会場入り、体育館で着替えと待機。
まだこの年くらいまでは混雑ぶりもほどほどだったような。翌年からは混雑具合がひどくなってきて、場所取りに苦労するようになりました。

スタート20分前にスタート位置へ。
初フルは一体どこに並べばいいかな、、、
と少し悩んでから、3時間以降の看板の後ろに並びました。

気温は高め、並んでいる時に喉がからからになってきた記憶がありますが、これは初フルの緊張感もあってのことかなあ。

タイム目標は明確にあったわけではなく、ハーフの持ちタイムを考えると3時間10分は余裕だろうという甘い考え(笑)

でも数日前から風邪をひいていて、咳と鼻水の症状。
ポーチにティッシュを仕込んでおきました。

10時20分スタート。
ロスタイムは1分はあったはず。

スタート後、すぐに狭い林道になるので混雑はしばらく緩和せず、なかなか自分のペースでは走れません。
3㎞くらいまではジグザグ走行を繰り返しました。

10㎞は45分。
最初の蛇行で想定以上に体力を使ってしまったのか既にへばり気味。
ちょっと焦り出します。

ここまでは昨年のハーフと同じコース、フルはそこから道を逸れて上り区間に。およそ10㎞、平坦と上りを繰り返しながら徐々に中間点に向けて上っていきます。

上りが始まると、脚が重い、重い。
息も上がり始め、すると軽い咳が異様にきつく感じ出したり。
鼻水はスタート前からじゅるじゅるで、ティッシュをいちいち取り出す余裕もなく手で鼻をかんで、給水場所で手を洗ってました。

上りの失速は最小限に済んで20㎞は1時間29分台、中間はちょうど1時間35分。
でもここで終了でした。

中間点を過ぎて折り返しまでまだ少し上りが残ってるところで、脚の重さと息苦しさにたまらず歩きを。もう3時間10分は無理と(頭の中で)なりました。

これがきっかけとなって、それ以降ちょっとした辛い時間帯で歩いてしまうし、給水場所でゆっくりとしてしまうし。

折り返しを過ぎると下り区間。
下りを待ちわびていたはずなのに、いざ下りだしてほんの1㎞で大腿四頭筋が悲鳴を上げ始めました (;´Д`)

30㎞過ぎで完全に脚が終了、それからはジョギング+1㎞毎に休憩というぐだぐだな展開。
30㎞通過は2時間15分台、40㎞は3時間10分。
55分かかってます。

結局、3時間18分34秒でゴール。
ここまで歩いてしまうと何の達成感もなくて、敗北感しか残らない、ほろ苦いフルマラソンデビューとなりました。

もちろん、着替えた後は速攻でビールを飲みました (笑)


と、初フルのことを改めて思い出してみましたが、やっぱりここでフルの難しさを肌で感じることが出来たのが、その後に確実に(良い方向に)繋がっていますね。奥の深さをいやというほど知りました。

万が一、初フルでサブスリー前後の記録だったら、ここまでマラソンにはまってなかったかもしれません。

完全に屁理屈ですが、初フルは失敗して良かったです!

この年、2011年のフルの記録を並べてみると、

06/05 第31回千歳JAL国際マラソン 03:18:34
08/28 2011北海道マラソン 03:47:18
10/30 第3回しまだ大井川マラソン 03:07:20
11/27 第31回つくばマラソン 02:59:13

と、北海道マラソンでは30℃の洗礼を浴びてダメダメでしたが、その後のしまだ大井川、つくばと順調に記録を伸ばせました。

ちなみに、これら全てのレースで途中歩いちゃってます。
初めて歩かずに完走できたのは2012年の千歳で、これまた千歳。

今年(2014年)の千歳は撃沈レースとなっていて、千歳は何かと記憶に残るレースになってるなあ。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

スポンサーサイト
今日も一向に風邪っぴき状態から脱却できません。
熱は下がったけど、逆に喉の状態が悪化。一日中げほげほです。
おかげで、まだ完走のご褒美ご馳走にありつけず。
ご馳走って、家の近くでつけ麺なんですが(^^)
先週から無性にそこのつけ麺が食べたくなってるけど、なかなか行く機会がない、ただそれだけの話しです。そこのつけ麺、確実に依存性があります。怖いですねえ。


えっと、昨日の続きです。

Aブロックの一番後ろに並んでみると、一番先頭のブロックではあるものの、前にたくさん人がいてスタートラインがどこか判然とせず。

もう少し早くトイレを済ませるべきだったんだなあ、と息を切らしながらiPodの電源を入れているうちにスタートの時間です。

慌ててイヤフォンを耳に突っ込み、サングラスをかけて、さあ、走るぞ!と思ったけど、最初はのろのろ歩きで少し肩透かし。

30秒くらいたってからやっと走り出せます。スタートのロスは結局41秒。

体調がイマイチだったこともあり、作戦らしい作戦は立てなかったのだけど、目途としては入りの1キロを4:30以内、その後2キロくらいかけて4:10~4:15くらいまで上げて、そこから粘れるだけ粘るつもりでした。

で、走り出せたものの、周りのペースはとてもゆっくりでキロ4:50くらい。

申し訳ないとは思いつつも、隙間を見つけて縫うように前に出ることを繰り返します。入りの1キロは予定通り4:30。

3キロくらいまでは思うようにペースを作れなかったけど、その後徐々に走りやすくなってきます。

最初の5キロで21:13。

その後ペースはキロ4:10以内で安定してきます。気温も丁度良い感じ、日差しもそれ程強くなく、風も気になるものでもなく。体調の悪さは、走り出したら基本忘れましたが、喉のいがらっぽさだけが終始気になりました。給水で喉がひりひり痛むのは嫌なもの。

なので、ハーフ地点くらいまでは特記事項なしです。

~ 5キロ 21:13(平均 4:14)
~10キロ 20:24(平均 4:04)
~15キロ 20:36(平均 4:07)
~20キロ 20:25(平均 4:05)

折り返しを過ぎてから最初の辛さが。急に心肺に余裕がなくなります。同行の方や、オリジナルTシャツを着て走られているブロガーさんを探しながら走ろうと思ってたけど、足元しか見る余裕がなくなりました。

ペースも25キロ過ぎからはキロ4:15前後まで落ちてきます。

28キロくらいでやっと心肺が落ち着きますが、今度は脚が疲れてだるくなってきました(笑)

先月のしまだ大井川マラソンではぴったり30キロで足が止まったので、今回はせめてそれよりも先で歩きたい(歩く気はまんまん(^_^;))と、自分に気合を入れるためにほっぺたを叩いてみたり、おしりをつねったり。

そんなこんなで37キロ地点までペースを維持しましたが、ここでとうとう歩きます。

太腿が自分の体を受け止められなくなるような感覚に負けました。
単なるへたれ足とも言いますね(^_^;)

歩く直前に、沿道の方が「休むのはゴールしてから」とのメッセージを出されていたのですが。。。

ただ、今回は完全に立ち止まらずに、早歩きを10秒ほど、そして走る、500mくらいでまた早歩き、を41キロまで繰り返しました。既に大学構内に入っているので沿道には沢山の方がいて、がっつり止まりにくい雰囲気もあり(笑)

一応、時間は気にしていました。
37キロまでで2時間35分くらいだったので、残りをキロ5分弱で行ければいいはず。歩きながらも時計を気にします。いや、本当は半分、タイムなんてどうでもよくなってる自分がそこにいました。。。

残り1キロで2時間54分くらい。これはもう走るしかありません。って言うか、この地点で歩いてるのなんて私くらいだし(^_^;)
お願い、走ろうよ、と自分の太腿にお願いすると、いやいや脚が動いてくれました。

ほっぺたをぺしぺししながらトラックを回ってゴール。

オールスポーツの写真向けにガッツポーズをとりながらゴールインしてみました(^^)

~25キロ 20:43(平均 4:08)
~30キロ 21:13(平均 4:14)
~35キロ 21:16(平均 4:15)
~40キロ 22:59(平均 4:35)
~ゴール 9:43(平均 4:36)

2時間59分13秒(グロス)
2時間58分32秒(ネット)

ラップを見ると35キロまではサブスリーペースを刻めていて、少し貯金も出来てるので、ここは素直に前回よりも成長できたと喜びたいです。

あとは、もうあと5キロ、耐えられる脚になってくれれば、、、
もっと達成感を味わえたのになあ。

この課題は、次のフルに持越しです。

今回も朝ごはんはウィダーインゼリー1袋のみ、レース中は給食なし。
給水は1回失敗してとれなかったけど、それ以外は全部とりました。ただ喉が痛くて、水がうまく喉を流れ落ちてくれない感覚には終始悩まされました。

その他、大会について少し。

・さすがにトイレが少ないかな。。。
・距離表示にあるメッセージ、もう少し文字が大きいと全部読めたかも。
・荷物預りが有料、駅からの送迎バスが有料。参加費を1000円値上げしちゃえば料金徴収の手間が省けてスムースかつ楽でいいのになあ、と。

コースは1か所だけアップダウンがあるけど、それ以外はほぼフラットの超高速コース。ファンが多いのも分かります。
独特な雰囲気と言うか、イベント感かつ陸上競技感のある会場でした。これが関東を代表するフルなんですね。
伝統ある大会でレベルの高い方を間近でたくさん見ることができるのは、本当にいい経験になります。
関係者・ボランティアの皆様、そして沿道で応援してくれた皆様、本当にありがとうございました。


ジョギングを始めてからは2年5ヶ月。最初は2キロで限界。
初めて練習で30キロを走れたのはほんの10か月前。この時はキロ5:30ペース。
そして、初のフルが今年の6月、タイムは3時間18分34秒。
それから5か月で、約20分タイムを縮めることが出来ました。

これだけ見ると、よくやったなあ、なのですが、まだ本当の意味で「完走」してないので、そこまで喜べない自分がいます。

次に宿題が残るのはモチベーション維持のためには良いことと捉え、次のフルに向けてまた出直しです。


でもその前に、早く風邪直してご褒美のつけ麺食べよ


ゴールの競技場手前。
rR0015391.jpg
rR0015392.jpg

フィニッシュゲート。
rR0015399.jpg
rR0015397.jpg

rR0015389.jpg

浜松餃子が人気でした。
rR0015401.jpg

夜は新宿で飲み会。もつ鍋のお店。西京味噌仕立てのもつ鍋は美味しいですね。
rR0015403.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

昨日のつくばマラソン。

走る前から風邪っぴきで、走ってる途中は喉のひりつきが気になってましたが、その後鼻水、そして昨夜は熱まで出てきて、今日は完全に使い物にならなかったです(>_<)

フルの距離を走ると免疫力が落ちそうだから、風邪の菌にそこに付け込まれたかもしれません。

ということで、今日はあまり書く力がないので、つくばのことはほんの触り、走る前までのことだけにします。

前日は研究学園駅近くのホテルに宿泊。
泊まれっこないと諦めていたけど、3日前にじゃらんをみたらなんと一部屋だけ空いてる!すぐに予約しました。これはラッキーです。

しかし。

お約束でやっぱり眠れませんでした。

寝たのは、多分3時半頃。起きたのは5時半過ぎ。せっかく会場近くに宿泊できたのに、結局睡眠時間2時間はがっかり。。

朝のホテルの部屋からの風景。
rR0015383.jpg

準備して記念に自分撮り。
rR0015384.jpg

この上から服を着たので、会場についたらそれを脱ぐだけ。ゼッケンを予め送付してもらえると、会場での準備が楽ですね。

研究学園駅で同行の方と7時過ぎに待ち合わせ。専用バスで会場に7時半到着。バス待ちの列はそれなりに長かったですが、バスが次から次へと来るのでストレスは特になし。

朝の男子荷物預り所付近。
rR0015385.jpg
rR0015386.jpg


男子更衣室(でっかいテント)で着替え。

その後、スタート(9時半)の1時間近く前から、更衣室近くの男子小専用トイレの列に並ぶ。

が、

列がなかなか進まず。

それぞれのトイレにずらっと順番待ちの列があるいつもの光景だけど、思ったより進みが遅い。
一人あたり30秒くらいはかかってそうだから、2人で1分、20人で10分、、、
と考えると、スタートに間に合うの?って状況に気が付きます(笑)

幸い、スタート10分前に無事済みました。(後ろにまだ沢山の方が並んでいたけど。。。)

それから急いで荷物預り所に荷物を。
そこで係の人に、スタート地点まで歩いてどれくらいか尋ねてみたら、
「10分くらいですね」
との答え。

青くなって、同行の方がまだ荷物預け完了してないのに、
「すみません、先に行きます」
と言い残し、スタート地点まで走り出しました。

すぐにGとかFの文字は見えてきたけど、私はAブロック。たくさんの人を縫うように走っていくけど、なかなかAブロックにたどり着きません(笑)

やっとAブロックに着いたら、スタート1分前。ほっと胸を撫で下ろすも、かなり疲れました
ブロックの一番後ろに並び、iPodを取り出しているうちにスタートです。


(続く)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

初の携帯からの投稿です。

つくば、無事に完走しました。

2時間59分13秒(グロス)
2時間58分32秒(ネット)

ギリギリですが、4回目のフルで初のサブスリーです。

フラットなコースと天候に助けられました。

ただ、やっぱり今回も歩きが入りました(>_<)

あと、お約束で昨夜は2時間しか寝れず。。

風邪は完走後に悪化したみたいで、鼻水が止まりません(笑)

詳しくは明日か明後日にアップします。

まあ、クールに書いてますが、めっちゃ嬉しいです(^-^)
まさか、今シーズンに達成できるとは思ってませんでした。


ちなみにこれから飲み会です。打ち上げとかではなくて、ごく普通の飲み会。つくばから新宿までやってきました。今になって睡魔に襲われてるけど、飲み会の間、起きていられるかな。。。

ハーフ通過後、緩やかな上りに向い風や横風が気になり、ペースは徐々に落ちてきた。

25キロは1:44:28。

そのあたりでいつもの左足甲がぴりぴりし始め、28キロ前後で激痛に(>_<)
ただでさえ太ももが疲れてきていて、フォームが崩れてるなあと思ってるところに甲の痛みが加わり、どんどん変な走り方になってるような気がしてくる。

そして30キロの距離表示を過ぎたところで、とうとう耐えきれずに「試合終了」。

ここからゴールまで、いつもの900m走って100m歩く作戦に出る

32キロ地点で時計を見ると2:16:13。
おー、あと10キロちょいを43分でいければサブスリーじゃん!すごいぞ、オレ!! と心の中で呟きながら早歩き(^_^;)

33キロ地点には大エイドステーションが。既に気持ちが切れてるので、ここでのんびり休憩するかどうか逡巡。なにしろマッサージのブースがあるし。。でも自己ベストの更新は出来そうだよなあ、と後ろ髪引かれる思いだったけどスルー。(立ち止まって静岡茶だけは頂きました)

35キロで2:30:45。

ここから38キロの折り返しまでがとても長かった。途中から500m走50m歩に切り替えるも、足の甲が悲鳴を上げる。
歩きをいれればすぐに痛みが引くんだけど、走り始めたらまたすぐに痛みだす。

うー、ゴールまだあ

やっと最後の折り返しを過ぎて、残り4キロ。折り返して少しすると、フォームのきれいな女性とすれ違う。ペースは落ちたみたいだけど、相変わらずきれいなフォーム。すごいなあ、と思いつつ私はやっぱり早歩き

ゴールまで残り僅かになると、沢山の方が声援を送ってくれます。もう歩けません、最後の2キロは歩かずにジョグペースでゴール。

3:07:20(グロス)で、自己ベストと言えば自己ベスト。

しかしゴールしても、左足甲が痛いだけであとはあまり疲れてません。ラスト12キロは休憩しながらの行程だったから、当たり前と言えば当たり前。そういう意味で不完全燃焼で終わってしまいました。

あー、1回も歩かずにフルを走り切れる日は果たしてくるのかなあ(笑)


今回のフルを走っての気づきをまとめると、

・入りを抑えると、心肺の余裕度が格段に上がる
・心肺に余裕があると、給水がとても楽に
・集団の中で走るのと、単独走とでは天と地ほどの差がある
・着ぐるみに抜かれると、思わずついていきたくなる(笑)

あたりです。

前半のペースが適正だったかどうかは、後半に足の疲れではなく甲の痛みが原因で歩いてしまったので検証出来ず。もちろん足の疲れもあったから、最後まで走り切れたとしてどこまでペースが落ちるものなのか。。。

次のフルのつくばは、どういう作戦でいくか要検討です。


しまだ大井川マラソンについて。

・関門なしの制限時間7時間、初心者でもとても参加しやすい。距離表示も1キロごと。
・ゼッケンは事前送付につき当日受付不要。(不器用でゼッケンを付けるのに時間がかかる私にはありがたい)
・駅から会場までの間にボランティアの方が多数、笑顔で挨拶しながら誘導してくれていた。全般的に、スタッフの方々の笑顔が印象に残った。
・コースはマラソン専用だけあって文句なし。若干幅の狭いところはあるかも。後半の緩やかな上りはじわじわ足にくるかもしれないけど、風さえ無ければ絶交の記録狙い向けレース。しかも公認コース。
・ほとんどは河川敷を走るので、景色は単調と言えばその通りかも。ただ、荒川沿いより空気がきれい(笑)
・河川敷で住宅の類は近くにあまり無さそうだったのに、沢山の方が沿道で声援を送ってくれた。黄色いハンカチを振りながら応援してくれる人が多かった。ボランティアの方や、消防の方もたくさん応援してくれた。とてもありがたい。
・エイドは全部で15か所。スポーツドリンクは大抵のところであった。
・33キロ地点の大エイドステーションは圧巻。チキンラーメン、おかゆ、まんじゅう、おでんなどあり。マッサージサービスまで。記録狙いの方には関係ないものだけど、大エイドステーションはゴール近くにあったから、ゴール後に行こうと思えば行けた。
・荷物預かり、受け取りの手際が良かった。特に受け取りの時は、係の人が遠くから私のゼッケンを見ていたらしく、私がつく前から荷物を手に持って準備してくれていたのには感激。
・帰りは、駅、駐車場までのシャトルバスが頻繁にあった。温泉行きもあり。

ゴールエリアには、地元協賛企業のブース・出店が沢山あったけど、12時過ぎからは雨が降り出したのであまり見れなかったのが残念。

私がゴールして着替えてる時は雨はまだぱらぱら程度だったけど、その後に降りが強くなったので、サブフォー以降の方々は着替えが大変だったかも。(ゴール地点に用意されていた着替え場所が狭そうだったので)

それにしても前回の一関ハーフと同様に素晴らしい大会で、地域で一丸となって作り上げている印象でした。
特に今回はスタッフの方々の笑顔、親切さに感動。
関係者の皆様、沿道で応援してくれた皆様には本当に感謝です。
ありがとうございました。


ゴール
R0015257.jpg

ゴールエリア付近
R0015247.jpg
R0015262.jpg
R0015260.jpg


帰り際、同行のHさんと島田駅近くの焼肉店へ。大会パンフレットに載っていたお店。

ビール片手のHさん
R0015269.jpg

Hさんも、今回は納得の走りではなかった模様。
お互い、次も張り切っていきましょう!

次のフルは35キロくらいまでは歩かないようにしたいなあ。。。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

大会前日、品川駅で同行のHさんと待ち合わせ、前泊地の焼津まで向かう。
本当は会場近くのホテルにしたかったけど、空き室が見つけられず、島田まで東海道線で14分の焼津で宿泊することにした。
ちなみに、新幹線を使うとうちから島田駅まで最短で2時間くらい。埼玉あたりの大会に出るより早く着きそう

焼津のホテルにチェックイン後、夕食をどこで取るか検討。フロントに置いてあった飲食店マップを眺めて、ホテルから一番近そうな海鮮系の食事処へ。地のものを食べようと地魚定食を選び、明日に備えてご飯はおかわりしよう、と思ってたのだけど。。。定食の刺身の量がすっごい!
R0015226.jpg

9種類、それぞれ2~3切れも。途中でお腹苦しくなってしまった(笑)
そのためご飯はおかわり出来ず。カーボローディングならぬ、フィッシュローディングでした。
ついでにビールローディングと日本酒ローディングも。。


焼津駅前の商店街は、開いてる店は僅か、あまり人通りもなくちと寂しい雰囲気。
R0015230.jpg

そんな中、どこの飲食店も、そして私が宿泊したホテルも見るからに明日走りそうな様子の方がたくさん。
前日から緊張感が高まります(笑)

ホテルの部屋から。
R0015231.jpg

翌朝は7時過ぎの東海道線で島田へ。

ホームはランナーで溢れかえってます。
R0015234.jpg

新しい、きれいな駅舎でした。
R0015235.jpg

スタート会場まで駅から徒歩10分弱。駅から近いのはうれしいポイント。
R0015236.jpg

スタートゲート設営中。
R0015237.jpg

着替えて(と言っても下に全部着込んでたので、ジーンズを脱いでおしまい)、荷物を預けてトイレに並ぶ。トイレは長蛇の列。私は20分くらいの待ちだったけど、並ぶのがもう少し遅れたら30分くらいかかったかも。参加者の多い大会ではデフォですね。

スタート前にぱちり。
サングラスの下の瞳は、既にゴール後のビールを見据えてますが。
R0015243.jpg

スタート地点には20分前に。申告タイムは3時間10分で、先頭のAブロックの半分よりやや後ろに並ぶ。そんなにギューギューにはならなくて良かった。
10分前から、まず市長のお話。この市長のお話がこの大会の名物らしいのだけど、、、うん、確かに面白い方だった(笑)
次に大会ゲストの安田美沙子さんのお話。Aブロックだったおかげで、割と近くで見れてラッキー♪

9時、スタート。ロスタイムは20秒くらいだったはず、その原因のほとんどは安田美沙子さんとハイタッチ(手を振ってただけかな?)しようとしてた人たちにブロックされたこと(笑) まあ、気持ちは分かりますが、Aブロックでそういう方々が沢山いたのは少々意外。スタートゲートの左側がスピーチ台で、私がいたのも左側。有名人がゲストの大会では、ゲストとは反対側のサイドに並んだ方が有利だな、と新たに学習

スタート時点の天気はやや曇り、気温は17℃くらい?涼しげな風が吹いているので、心配していたコンディションはまずまず。

スタート後数キロは市街地を。最初の1キロが4:40。スタートロスを考えると速すぎかな?と思うけど、ハーフは通常4分以内で入るのでそれに比べるととても楽な入り。呼吸も楽、脚も実に軽々。ペースを落とすのもなんだかなあ、と思ってしばらくそのペースをキープしていった。

3キロで市街地を抜け、河川敷の公園らしき場所へ。そこをぐるっと廻ってから、河川敷のリバティと呼ばれるマラソン専用路に。以降、ゴール間際までひらすら川沿いを走ります。

川沿いに出てから、緑色のものに抜かれた。
ん?と思ってよく見たら、なんとガチャピン??
ガチャピンの着ぐるみに抜かれました。えーー、と思ってペースを確認すると、4:08くらい。着ぐるみでこのペースなの、と驚愕
この後、ガチャピンとは20キロあたりまでほぼ併走してました(笑)

ペースは、1キロ以降ずっと4:10前後を刻み、5キロは21:11、10キロで41:52。
怖いくらいの順調さ。呼吸もレースで経験したことのない楽さ。

理由の一つは、引っ張ってくれる集団があったこと。大体7~8人くらいの同じペースの集団があって、この後ろにいると自然と足が出るし、他に何も考える必要がない。
なるほど、チームで練習するとこういうメリットがあるんだなあ。

あとは、入りの1キロであまり頑張らなかったことか。いつもより30秒以上遅く入ったら、以降は心肺面でとても余裕があった。これも今後に生かせる教訓。

この時にどのくらい楽だったかと言うと、iPodで流れてくる曲に合わせて鼻歌を歌えるくらい(笑)
写真撮影スポットではいろんなポーズをとろうとしたり。

でも、これって今考えるとランナーズハイ状態だったかも。。。

10キロ過ぎからある女性ランナーと併走するかたちになったけど、その女性がひたすらフォームがかっこいい、きれい

あまりレースで女性が近くに走ってることはないのだけど、いた場合は今回に限らず例外なくその女性のフォームが美しい気がする。男性のフォームは様々なんだけど、女性はきれいなフォームで走ってるような。

それはもう、ふと、自分はどんなフォームで走ってるんだろうと不安になるくらいにきれい

その後も20キロまでは極めて順調。15キロで1:02:34、20キロで1:23:09。

ここまでは緩やかな下り。そして20キロ過ぎで同じ道を折り返すので、緩やかな上りに。折り返すと向い風が気になりだし、気が付くとさっきまであった集団がばらけてしまって単独走の様相。ガチャピンもフォームのきれいな女性も見当たりません。

ペースは若干落ちたものの、ハーフ地点通過は1:28:10くらい。おー、これはひょっとして3時間2、3分くらいいけるのでは!と気分も盛り上がる。(サブスリーいけるぞ!とは決して思わないところがまだまだ弱いところ(^_^;))

しかしこの後に大変な試練が。。。


(明日に続きます)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

しまだ大井川マラソン、なんとか完走しました。

タイムは自己ベストなんですが、なんかこう不完全燃焼で、もやもやしたものが残る結果でした。

3時間07分20秒
総合 219位 / 6790人中
年代別 88位 / 2099人中

コースは、前半はゆるやかな下り、折り返しのコースなので後半は逆に緩やかな上り。
折り返し後しばらくは向い風に手こずりました。
心配だった天候は、曇りで(午後はかなり雨が降ってましたが)、気温も低め。
まあ、(一般的には)申し分ないコンディションだったと思います。

運営も、この前の一関国際ハーフと同じくらい素晴らしいものでした。
エイドに関しては、あきれるくらいの充実ぶり!
充実し過ぎで、傍目に見ながら通り過ぎるだけになってしまいました(^_^;)

あと、ゲストで来ていた安田美沙子さん、顔が小さくて可愛かったです♪

当日の詳細は、明日以降書いていきます。

ゴール地点
R0015257.jpg

今、静岡のお土産で最もアツい「バリ勝男クン」。
R0015277.jpg

ショウガじょうゆで味付けした焼津産のかつお節を、オーブンで1時間焼き上げ、ピーナツをプラスしたもの。
今、これで日本酒やってます(笑)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: