R0019378.jpg

ゴール後はメロンのサービス。
以前は食べ放題だったらしいですが、今はカップにメロン2切れでした。
ちなみに自分は気持ち悪くてパスしちゃいました、まるで意味なしw

大会についてですが、今回は2つ事件があって参加者から不満が出ていた模様。

まずゼッケン送付の遅れ。自分のところには水曜に届きましたが、間に合わなかった方も沢山いたようで。。
届かなかった人には当日に再発行する旨のメールがきていましたが、メールでの案内は見過ごす場合もありそう。

もう一つは、3キロの部で誘導ミスがあったようで。。。
速い人たちがくらったようです。
どうするかについて随分と揉めていました。

その他について。

・トイレはスタジアム内は楽勝でした

・予め会場案内図が送付されていなかったので、当日は何がどこにあるのかうろうろしました。全体的に案内の類はほとんどなかったので、初参加の場合は早めの行動を。

・スタートは並んだ順

・給水箇所は少な目ですが、時期を考えれば十分。フルーツや団子もありそうでした。

・車道の他、普通に歩道を走る箇所もあり。また交通規制のされていない場所もあって、すぐ横を車が通り過ぎていくことも。

・距離表示は途中5k毎、30k過ぎからは1k毎に。

・記録証はすぐに発行。ネットタイムの計測はなし。

・スタジアムが会場っていうのはやっぱりいいですね!スタジアムに戻ってきてトラックを走ってる時はじーんとくるものがありました。

・アリーナには更衣室・シャワーもあったようで、施設の充実具合は素晴らしい。


風が強くて寒い中、沿道で応援してくださった地元の方々、立ち働いてくれたボランティア、スタッフの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


レース終盤のスタジアム
R0019380.jpg

飲食ブースはアリーナ横。
強風で大変そうでした。
R0019381.jpg
R0019383.jpg

関係ないですが、前日の夕食のうなぎ(^^)
安くて美味しかったです!
焼き方は関西風ですね。
R0019351.jpg


今回の一番の収穫は、苦手な向い風でも気持ちを切らさずに走れたことです。
風速10mあったようで、息をするのも大変だった場面もあったけど、その中でも省エネランを心がけることが出来ました。

脚へのダメージはやっぱりあって、今日もふくらはぎ痛の他に脛や左足の甲、股関節なんかも痛いですね。
痛いところだらけです (^_^;)


えっと、フィニッシュ後も走り回りました(笑)

記録証をもらう時、特に何も言われませんでした。

その後荷物を受け取り、すぐに着替えて、さて、飲食ブースでビールでも買おうか。。。
と思っていたところに、上位入賞者を読み上げる放送が入りました。
それを聞いていると、フル40代の部で自分の名前が!

再度記録証を見ると、部門順位が8位です(その時まで気付きませんでした)
8位ってなんかあるのかな??
と今度はパンフレットを鞄から引っ張り出して確認すると、どうやら賞状とクラウンメロンがもらえるらしい。

え、自分が表彰式に!? と一人で大喜びしました (^^)/
運動で表彰状なんて、中学の運動会以来だ。。

でも、どこに行けばいいのか分かりません。

近くの係の人に聞いてみても分からないようで、大きな鞄を持ってあちこち走りまわり(^_^;)、やっと入賞者待合室にたどり着きました。。。

で、その待合室で(3kの誘導ミスの協議待ち?のために)50分くらいの待ち時間。
でも、待ち時間に他の入賞者の方とお話しすることが出来て楽しい時間を過ごすことが出来ました!


一人参加につき、一人記念撮影です
これじゃ怪しいおじさんっすね
R0019373.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

スポンサーサイト
朝のエコパスタジアム。この時間はまだ風もあまり吹いてなかったのですが。
R0019366.jpg


宿泊は掛川駅前のビジネスホテルで。
宿泊客のほとんどがランナーさんだったようです。

当日は4時半起床。
朝食はいつも通りプリンとウイダーインゼリーで。
シャワーを浴びた後はテレビを見ながらのんびりストレッチをしてました。

6時40分にホテルを出ようと1階に降りたら、フロント横にある朝食場所ではランナーさんが配膳行列を作っていました。

東海道線で一駅の愛野駅へ。駅からエコパスタジアムへは15分強歩きました。
R0019360.jpg
R0019364.jpg

受付・参加賞受取りはスタジアム脇のアリーナで。荷物預りもここです。
R0019368.jpg

参加賞をもらった後はスタジアムの観客席で準備・待機。
R0019376.jpg
R0019371.jpg

陽が当たらない時間はとにかく寒かったです。

スタジアム内のトイレは大きくて、小は待ち時間なし、大でも数人しか待ってませんでした。
寒いせいもあって、ここぞとばかり何回もトイレに行きました(笑)
好きな時に用を足せる、レース前における至福のシチュエーションですね。

30分前に荷物を預け、整列場所へ。
特にタイム自己申告順とかではなかったので、行けるだけ前に行きました。
先頭から20列目くらい?に並べたので一安心。

並んでいる最中、運営のおじさんが35kからの心臓破りの坂を覚悟するように、と他のランナーさんと話していたので、そのことが自分の頭にも刷り込まれます (笑)

9時15分スタート。
ネットの計測はないですが、ロスタイムはほんの10秒くらい。
最初の1kは4:12。

スタジアムを出た後は周囲を数キロ走ってから市街地へ下りていきます。

コース自体は前半は下り基調ですが、とにかく風が強い!
向い風になる時は前に進んでる感覚が薄く。
気が付いたら後ろに沢山のランナーさんがいて(^_^;)、自分が風除けにはなっていたようですが。。
不器用な自分は誰かの後ろについて、なんてことが出来ません。

コースは頻繁に向きを変えるので何キロも向かい風ということはないけど、確実に体力を奪われていきます。
横風の強い場所では体が持っていかれることも何度か。
コーナーを曲がって向い風区間に入る時は一瞬体が後ろに戻されかけたり。

一定のペースで走れないので早々にガーミンを確認するのはやめました。
そして後半の坂が厳しいとスタートの時に耳に入ってきてるので、そこまで体力を残さなければ。
で、とにかく腕をコンパクトに振って前傾姿勢を保ち、ペースのことは考えず省エネで前に進むことを心がけました。

10kで40:21、中間点は1時間26分台で通過。(今回はガーミンの精度が信用出来ず、ラップはとてもアバウトです)

追い風区間ではペースが上がってたようで、自分の体感よりは速いペースの前半でした。疲労度ははんぱなかったですが。

景色は市街地から田園風景、そして茶畑の中を走ったり、また山道もあって、自分は都市型マラソンよりこういう景色の中を走る方が好きです。単調と言えば単調にも思えるけど、風光明媚な場所を走っても息苦しい時は楽しむことは出来ないし。。

茶畑はとてもきれいでしたが、茶畑って高台にある?ようで、苦しい時間帯の場所が多かったかも(^_^;)

16k~25kあたり、最初のアップダウンが続きますが、風と相俟ってきつくなってきました。レースとしては初めて経験するような傾斜の下りもあって、まるでジェットコースターのような感覚。

その後33kくらいまでは平坦な道ですが、ひたすら我慢の時間帯。

25kあたりで、とてもフォームのきれいな女性ランナーに抜かれました。
(そういう時のお約束で後ろに何人もの男性ランナーがついてます)

あ、黒部ハーフで見たことある人だ。。。
そのフォームですぐに分かりました。
が、この時は付いていけず、その集団がどんどん小さくなっていきます(^_^;)

33kから再び上りが始まりました。
視界に入る限り、どこまでも上りが続きそうな道です(笑)
歩いている人も増えてきました。

が、この上りのために体力を温存してきた(つもりな)ので、ここが頑張りどころ!とほぼジョギングペースwで上っていきます。

上り坂の給水地点で給水に失敗。気管に入ってむせてしまい、落ち着くまでほんの少し立ち止まりました。

35kを過ぎると、噂の心臓破りの坂に。。。
でもそれまでもきつい坂だったので、少し傾斜がきつくなる程度、特に感慨はありませんでした。

結局、上りは40k過ぎまで続きました。
その間のラップは4:30~4:50で推移。
これも体感よりは速かったです。
苦しい区間だったけど、上りは走りに集中するせいか逆に時間がすぐに過ぎ去るような気もします。

またこの区間ではかなりの数のランナーさんをパス。
みなさんとても苦しそうで、ペースも落ちています。
上りの終わる少し手前では先ほどの女性ランナーさんもパス。
一時は視界から消えるほど離されていたけど、気が付いたら追いついていました。

ここを越えると、残りはスタジアムへ向けて下るだけ。

スタジアムに入るところで、2k(?)の親子ランの部と合流しました。
トラックを3/4周するのですが、トラックは親子ランで渋滞していて(^^) アウトコースをぐるっとまわることに。

グロス:2時間57分14秒

セカンドベストです。
途中で時計を見ていなかったので、ゴールした時はその意外なタイムに驚きました。

今回もジェル等の補給は無しです。
毎回持って走るんですが。。。


まあほんの少しですが久しぶりに3時間が切れたので、これで安心して年が越せそうです (^^)
アップダウンがあったということで、来月のいぶすき菜の花マラソンに向けても良い練習になったと思います。

そのいぶすき、袋井よりアップダウンが3割増しくらいなんですよね、その苦しさがよりイメージ出来るようにもなりました (^_^;)


(その他、大会について明日投稿します)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

袋井クラウンメロンマラソン、走ってきました。

前半は強風で悩まされ、後半はそれに加えていくつものアップダウンで、これでもか!ってくらい心折れそうな場面が多かったですが完走しました。

スタート直後から向かい風が強く、これでは一定のペースでは無理、とガーミンを見るのは早々とやめました。
途中のペースは帰宅後にガーミンのラップを見て知りました。

風があまりにも強くて、これでは30k過ぎのアップダウンに向けて体力を残せない、と思い途中から頑張るのをやめて、なるべく楽に前に進むことだけを考え出しました。これが結果的に功を奏したかもしれません。
おかげで、34キロ過ぎからの”心臓破りの坂”では何人もごぼう抜き出来ました。

それにしても、このレースの上り坂はなかなかタフでした。


そして、予期せぬことが。。。

グロス:2時間57分14秒
総合順位:34位
種目順位:8位

40代の部で8位入賞、賞状をもらいました (^^)/
このタイムでもらうのは気が引けなくもないですが。。
お約束でぎりぎりの入賞です。

まさか賞状をもらえる日がくるとは、です。

今まで風には苦手意識を持っていたけど、今日でそれが多少は払拭できたので、それが一番の収穫ですね。

R0019385.jpg

そして副賞はクラウンメロンです(^^)/
R0019386.jpg

しかし今日は一人参加だったので、賞状をもらうところを写真に残せませんでした、ざんねん。。。


詳細は後日アップします。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

スタートロスは54秒。
ですが、当然しばらくは分厚いランナーの壁で自分のペースでは走れません。

申し訳ないとは思いつつもランナー間の狭い隙間をすり抜けつつ前へ進みます。
最初の1kはロス込で5:27。

そして、ここで早くもはっきりとした痛みが右ふくらはぎ内側に出てきました。
ここ最近のいつもの症状、中に小石でも入っているかのような感覚。

昨日の試走でも同じく1kくらいでこうなりました。
どうやら、奇跡は起きてくれなかったようです (>_<)

さてここから、走り続けるべきかかどうか、随分と悩みます。
やめるなら早い方がいいに決まってます。
進めば進むほど、戻るのが大変。
5kくらいでやめて、5kのんびり戻る、まずはそのプランでいきました。

スタート後の渋滞はどこまでも続きました。
大学構内を抜けてもまだまだ自分のペースで、というかすり抜けランをしないと自分のペースを維持できません。
5kに到達した時点でも、まだそんな感じです。
かなり体力は使ってしまったけど、ふくらはぎの痛みは変わらずで、より酷くはなっていません。

よし、もう5k行くか。
で、その次の5kでもさらにもう5k行こうかな。。。
で、15kを超えてくると、やっぱり完走したくなってきます(^_^;)

既に戻るのにも10k以上あります。収容車があるかどうかも良く分からず。(最後尾にはあるのでしょうが、そこまで待ってると風邪引きそうです)

痛みには波がありました。
それほどでもない時と、痛くて頭が真っ白になりそうな時が交互に。
で、痛みがそれほどでもない時に、事前に考えていた「進める時に進んでおこう」作戦を実施。
キロ4分近くまで上げます。
そして痛い時には、まあ何も考えられないのでなすがままです(笑)

痛みの強い時はとにかく楽しいことを頭に思い浮かべようとしました。
なにを思い浮かべたかは秘密です。。。

コースの途中、自分のご先祖様が住んでいたという場所を通過。
景色を見渡すと、、、見事なくらい何もありません(^_^;)
地平線が見えそう、、は大げさですが、コース中で最も殺風景な場所だったような。

今回、DNF対策としてアームカバーをしました。500円のもの。
フリーサイズで、付けてみると上腕部が自分にはぶかぶか。
気にせず走り出しましたが、すぐにずり落ちてきました (笑)
なぜか右腕だけずり落ちます。自分は右利きだけど、右腕が細いのかな??
まあ走ってる分には暑いので、右だけでなく左も下までおろしてアームバンドのようにして終始走りました。
スタート前はこのおかげで寒さを感じなかったのでとても助かりました。

20k過ぎで最初の折り返し後、沢山のランナーとすれ違います。
その中にはネットで見たことのあるブロガーさんが多数。2桁はいました。
さすが、つくばマラソンです (^^)


ハーフ通過は1:27:21(グロス)。ネットで考えると、フルの中間点としては今までで一番のタイム。先を急ごう作戦としては少々やり過ぎの感もあります (^_^;)

そして23~25kくらいの間でしょうか、痛みに波が無くなってきました。
ずっと、とても痛いままです (>_<)

右脚で地面をしっかり蹴ることが出来なくなり、左脚頼みのような走りになっていまい、いきおい、左太腿に負担がかかったのか、そこが痺れだしました。35k過ぎでそうなるなら分かりますが、その10k手前でこんな感覚かあ、と。この時点で、その後の粘りを諦めてしまったかもしれません。

ラップも4:20を下回り出したのは分かっていましたが、もう為す術もなく、あとはただゴールまで戻ることだけを考え出します。

30kで2:04:38。ここまでは3時間いける感じですね、今見返してみると。。
ちなみに去年と3秒差。(ただスタートロスを考えると、今年の方が1分ほど速いですね(^^))

既に頭の中ではどうやって痛みをやり過ごすかだけを考え中。
その後のペース配分とか考えようもないし、考えられても実行不能です。

30k以降、1kがとてつもなく長く感じだします。
フォームもぐだぐだのゾンビ状態。
顔も酷いことになっていたはず。オールスポーツの写真を見るのが怖いです。

やっとのことで大学構内に戻ってきましたが、まだ残り5k。
この頃にはキロ4:50~5:00にまでなってます。
右脚の感覚は痛みのみ。地面の感触すらありませんでした。

大学構内に複数箇所ある段差をよけきれずに右脚で踏んでしまい、激痛に思わず叫んでしまったり。
痛みに負けて歩いてしまったり。。
一回ストレッチしよう、としたけど脚に力が入らずバランスを崩してしまい横に倒れてしまって、そのまま少し休憩したり(-_-;)

去年も大学構内では何度も歩いたけど、またすぐに走りだせました。
でも今年はダメでした。歩を進めるたびに襲ってくる痛みが気力を奪っていきます。

ラスト1k手前にある上り坂。それほどでもない傾斜ですが、とにかくうまく地面を掴めないのか走ってるつもりなのに歩いてるのとたいして変わらないスピードです。本来、上りは苦手ではないんだけど。。。

フィニッシュゲートは、去年と違い陸上競技場に入って周回する必要のない場所に設けられていました。

やっと戻ってきた、、、
フィニッシュした瞬間はそれしか頭になく、ゲート横の時計を見逃していました。
なので、完走証をもらって初めてタイムを認識です。


右脚の爪先を正面に向けて歩こうとすると一番痛いふくらはぎ内側に力が入るようで、要するに普通に歩けなくなっていました。右脚は爪先を外側に向けて歩く形になり、競技場から荷物の置いてある場所に戻るのに時間がかかりました。(ちなみに、2日たった今日もまだそんな感じです)

もう少し痛みを耐えられれば3時間も見えたけど、30k以降はタイムなんてどうでもよくなってしまって(笑)、やっぱりこれが限界でしたね。

まあ、このタイムで走る限り心肺は余裕がある局面が多かったです。
確実にキロ4分~4分10秒の体感速度が遅くなってきています。
少しは成長してると信じたいところです (^^)/


さて、いつからまた走れるかな (-_-)


陸上競技場手前
R0019158.jpg

競技場内
R0019163.jpg
R0019165.jpg
R0019169.jpg

そしてここ。
R0019160.jpg

競技場からメイン会場へ戻る動線上にちょっとした段差があるのですが、ここで脚を攣るランナーが多数。救護の方が大忙しでした。そういう自分も肩を貸してもらって上りました (^_^;)

飲食は横手やきそばが人気でした。
R0019175.jpg

とにかく、完走に乾杯です (^^)/
R0019176.jpg

それにしてもフラットなコースです。
トイレも動線も改善されていたので、ますます魅了的な大会になっていました。
記録狙いのランナーさんが集まってくるので、自分のタイムでも626位。とてもハイレベル!

折り返しコースで景色はやや単調ですが、同じペースで走る集団も数多く出来るので、併走や競り合ってるうちに自然と距離が進むような場面が多いのはないでしょうか。

今年は不本意な結果に終わりましたが、当然またチャレンジします!!


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

今日は不思議な筋肉痛でした。
左脚の太腿だけ酷い筋肉痛で、その他は微々たるもの。
右脚をかばうような走りになっていたのか、そこに強い負担がかかっていたようです。

もちろん右ふくらはぎは筋肉痛とは違う強い痛みで、脚を引きずりながらの1日でした。


今回のつくばも前泊。
当初は日帰りで行こうと思ってたけど、脚の調子がおかしくなってから周辺ホテルの空き状況を日々確認、1つ空きを見つけたので予約を。

前日は日中予定があってずっと車で外出、一旦帰宅できたのは19時半頃。
それから慌てて弁当を食べて支度、つくばへ(電車で)向かいました。

前日は朝ラン後、ずっとふくらはぎの痛みが取れず、車のアクセルを踏んでるだけで痺れてくる始末。日中は明日どうしよう、と思い悩みながら過ごしていました (^_^;)
が、せっかく宿は取ってあるし、とりあえず行って朝起きてから決めよう、と。

ホテルはつくば駅から徒歩15分くらい。学園西通り沿いにありました。宿に着いたのは22時過ぎ。

23時には部屋を暗くしてうつらうつら。トータルで4時間以上は寝たので、こちらは問題なし。

朝5時半に起きてふくらはぎの様子を確認すると、、、
指で押すと痛いけど、歩いたり飛び跳ねたりする分には痛くありません。
痛み止めを飲めばいけるかな??

坂東ハーフの時も朝はこんな感じだったけど、奇跡的に走ってる間は痛みはありませんでした。
それを期待して出走を決断です。(結局、奇跡は起きませんでしたが(^_^;))

また、同じく直前に痛い場所がいくつもあった1月の勝田マラソンでは、まともな走りは出来なかったもののその後の快復が早く、4週間後のハーフでは自己ベストを出せるまでになりました。今回もそのジンクスにあやかって、走ればその後の快復も同じようにいくのでは。。。
などと、走る理由をむりやり見つけようとしたり。


朝食はウイダーインゼリーのみ。前日も1食だけ、夜に弁当を食べただけだったけど、エネルギー切れ等は別に感じませんでした。これまで前日に沢山食べた時は朝におなかがゆるくなったりすることが多かったので今回は意図的に食事を減らしましたが、これで大丈夫そうです。

次はホテルから会場までどうやっていくか、です。
実はチェックインした時、朝にタクシーの配車をお願いしてみたら、もう夕方の時点でどこのタクシー会社も予約がいっぱいで断られていたとのこと。距離を調べてみると会場まで3.5kくらいなので、歩いたら40分~50分でしょうか。他に手段も無いのでウオーミングアップがてら歩こうと思ってたのですが、朝にラン友のはしりさんにメール連絡、すると会場まで車で行くので拾ってくれるとのこと!めっちゃ助かりました。(本当にありがとうございました)

ちなみに会場まで行くには、

・研究学園駅からシャトルバス(有料、片道250円)
・つくば駅から徒歩30分くらい
・(宿泊の場合)ホテルからタクシー

車以外で行く場合はこの3つだと思います。
シャトルバスは時間が遅いと混雑するので注意。7時半前に会場に着くようにするのが吉です。
徒歩は、脚に自信がある人用の手段でしょうか (^_^;)

で、自分はタクシーを使おうとしたらアウトだったという。。。
タクシーの手配は早めに行うべきでした。


7時10分頃にホテル近く、この場所で拾ってもらいました。
R0019147.jpg

このあたりの道って車道も歩道も広いし、電柱も無いしでとてもきれいでした。

つくば大学構内は紅葉がきれいな場所も。
R0019149.jpg

会場には7時半過ぎに到着。太鼓パフォーマンス場所のすぐ裏手で準備を。
R0019150.jpg

その他、朝の風景。
R0019151.jpg
R0019152.jpg

この日のつくばの朝の気温は0℃。地面には霜も降りています。
が、日向は温かく感じ、外で待っていても寒いとはあまり感じませんでした。

特筆すべきはトイレ。
去年は8時半に荷物預り横手のトイレ(小)に並んで45分待ち(スタートは9時半です)でしたが、今年は8時半の時点で列はせいぜい2~3人しか出来ていません。まるで別の大会のようになっていて、あまりの改善ぶりにびびりました (^^) 運営側の努力に感謝です。

荷物預けも8時半頃はとてもスムーズでした。
(荷物預りは有料、200円です)

9時にスタート位置へ。
今年はBブロックです。Bブロック先頭から10列目くらいのあたりに並びました。
係の方が割り込もうとする人を精力的に注意して歩いていて、なんだかすごい気迫を感じます。

晴れ、気温もほどほど、風も無い、絶好のマラソン日和です。


9時半に号砲、長くて痛いレースが始まりました (^_^;)

(明日に続きます)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

つくば、完走しました。

走る前は、指で押せば痛いけど普通に歩けてましたが、スタート1kくらいで早くも右ふくらはぎ痛が発症、その後長い長い、痛みに耐えながらの41kになりました。正直に言って、やめ時が見当たらなくて中間点まで行ってしまい、ここまできたら最後まで、みたいなかなり消極的な発想での完走でした (^_^;)

いやぁ、本当に長かったです、特に後半が。
段差をよけきれずに痛い右脚で踏んでしまって、あまりの痛さに思わず「あ”ーー」と大声で叫んでしまったり、立ち止まってストレッチしようとしたけど右脚に力を入れられずこけてしまったり (>_<)

完走後はすっかり右脚がいかれてしまって、まともに歩けなくなり、家に帰ってくるにも時間がかかりました (笑)

グロス:3時間01分49秒
ネット:3時間00分55秒

ま、よくゴールまで戻ってこれたなあ、という感慨が半分、もう少し痛みに耐えられれば3時間切れたのに、という気持ちが半分、なんとも複雑な心境ですね (-_-;)

今年のスタート位置を考えると、実質的にはサブスリー出来た去年と同様のタイムのような気もします。

あと今年のつくば、トイレ状況が劇的に改善されていたような。
詳細は後日に。


自分はともかく、今日は先輩のHさん、それからラン友のはしりさんが大幅な自己ベスト更新とまことにおめでたい日でもありました (^^)/


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ


R0018924.jpg
R0019112.jpg

テンションを上げるためのイメージカットです(笑)
そのくらい、なんでしょうか、このどんよりした気分は (-_-)

昨日は雨、そして1日中用事で走らず。
そう言えば大田原マラソン、予報に反して良いコンディションだったそうですね、なによりです。

今日も日中は用事があったので朝ラン。
まだ小雨が降っていました。

もちろん、脚の調子の確認ラン。

もう明日はレースにつきちんたら走りで確認しても仕方ないと思い、想定レースペース近くまで上げて10kです。

11/24(土)のラン結果
走行距離:10.4km 45:33 (avg 4:22)
月間累計:195.3km


んー、はっきりと痛いです、走った後しばらく脚を引きずるくらいの感じ。
前回、坂東ハーフの前日走った後よりもう少しダメージが大きいかな。
これではフルの後半、どうなってしまうか。。。
痛み止め効果で中間点まではなんとかいけるか、、、

またまた明日の朝にどうするか決定することになりました(^_^;)

走る場合でも、ほどほどの突っ込み具合でいきます(って、突っ込むつもりだし(笑))
どっちみちBブロックスタートなので、しばらくは自分のペースにならないだろうし。
まあ、別にゆっくり走ったからといって痛みが減るわけでもないようなので、脚が持つうちになるべく先に進もうという作戦でいきます (^^)/


DNF対策はしてあります。
ノースリーブはやめて半袖Tシャツ、去年のつくばの参加賞グローブ、そして500円で買ったアームカバー。
えっと、ただそれだけです(^_^;)
あ、あと携帯を持って走ります。DNF時、なかなか会場まで戻れない時の連絡に必要ですよね。

アームカバー、湘南のDNFのあと色々なブースをまわって歩いた時に発見。どこのメーカーかも分からないもので、値段が値段だし、万が一邪魔になったらゴミ箱行きでもいいかな、ということで購入したもの。圧着系ではなく、本当に腕のカバーって感じ。早速明日活用ですね。フリーサイズで、自分には大きすぎるのが難点ですが。

しかし走るなら、脚が動く限り、制限時間いっぱいまでかかってでもゴールまで自力で辿り着きたいです、もちろん。


そして、つくばと言えばトイレ対策も。
今日はビールを控える(当たり前ですね(^_^;))、そしてハンズで買った携帯トイレを念のため持っていきます。タオルを巻けば簡易トイレの出来上がりです (^^)

走るかどうか分からず、カーボと称してドカ食いして走らないとただ太るだけなので、夕食はごく普通に済ませました。


さて、あとは明日の朝に脚が快復していることを祈って寝るだけです。。。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: