60kmエイドで長い時間を過ごし、再スタートしたものの、脚はまるで鉛のようになってます。

不調時の脚そのもの。

ペースは一気にキロあたり40~50秒は落ちたか。

そして足裏の刺すような痛みが耐えがたくて走り続けるのが難しい。

大体2km走って100mくらい歩いて、、、のイメージ。

トイレも近くなってきて、以降10kmに1回は寄ってます。

魔女の森の手前で、まずはつぼってぃ、次にまるすぎさんが自分をかわして颯爽と走り去っていきました。

あぁ、おれの分までがんばって~ (´д`)

70km通過は5:40:17 (ラップは1:00:52)、このペースで粘れればサブ9は楽勝!

ここで次の目標をサブ8.5に設定。


ずっとごみ袋ポンチョをしてるけど、ノースリーブにつきごみ袋で腋の下が擦れてきました。

痛くて腕降りがしにくくなってきます。

が、時折の強風の時はごみ袋ポンチョがあっても寒いから、やっぱりワッカのことを考えると、、、ここは擦れを我慢して進みました。

そもそも、ノースリーブにアームカバーの組み合せだから、二の腕が寒い(笑)

こんな天候では半袖Tシャツにすべきでした、ウエアの選択ミス。。。


74kmの大エイドでは毎年ここの名物のそうめんを頂きます、もちろん今年もうまい!

スタッフさんからすすめられるがままに2杯も頂いてしまった。この時間帯のランナーさんはそうめんに手を付ける人が少ない?

そして今日はお汁粉まで。これもうまい (・∀・)

レースはあれだけど、エイドは逆に楽しくなるという (笑)


ここからワッカに入る80kmまでが距離以上に長く感じる区間。多少のアップダウンもあります。相変わらず走って歩いてを繰り返し。。。

そして80km手前、ワッカの入り口のエイドに到着。

ワッカに入っていくのを躊躇するかと思いきや、ここにきて足裏の痛みが多少引いてきた、ような気がしなくもない (^_^;

80km通過は6:39:33 (ラップは59:16)


ワッカの細い道に突入しますが水たまりだらけ、池のようになってるところも。

あまり水深の深いところは通りたくないけど、ここは対抗区間だからそれぞれランナーさんが走るわけで、都合良く浅いところを走れるわけでもなく。

お互い譲り合えるところもあれば、仕方なくバシャバシャと水たまりを突っ切ることもあり、そんな時は水の抵抗で失速w

水も冷たくて足先が痺れてくる。

80km以上走って疲れてる上にさらにスタミナが奪われます。


そしてワッカ入り口の森を過ぎて景色が開けると、、、そこは雨に暴風、酷寒の世界 (´д`)

向い風が強く、前に進みにくい。

水たまりもさらに大きくなり、道を丸ごと塞いでる場所も出てきました。

でも。。。

まずい、これは歩いたら低体温で終わるな、、、、と逆に走り続けることができたり (笑)

ごみ袋ポンチョを途中で捨てなくて大正解!

ところどころで、走れなくなってシルバーのシートにくるまってしゃがみ、救護のお世話になってる人を見かけます。

ウエアの選択によっては簡単に低体温になってしまう。。。ここでリタイアした人が多いらしく、そりゃここまで過酷な状況というのも珍しい。

思い返すと、これより酷かったのは初回の静岡の暴風、2013年のいぶすき菜の花の寒さと風雨くらいか。。


ワッカ折り返しの橋は急傾斜だけど、問題は傾斜ではなく欄干の低さ。

ただでさえ高所恐怖症にはきつい場所だけど、風に煽られてサロマ湖に落ちそうではないですか~ (´д`)(´д`)(´д`)

半ば目を閉じて通過。

90km通過は7:41:10 (ラップは1:01:37)、エイドでの滞在が長くなってたからこんなものか。。

途中で設定した目標のサブ8.5は無理でした (^_^;


折り返すと風がやんだ(追い風?)のでだいぶ楽に。

寒さも和らいだのでごみ袋ポンチョをとりました。

あとはもう惰性で。

ワッカの復路は今年もたくさん声をかけてもらえました。

ここで写真撮ってもらいました~
2017 _70629_0026

見た目はボロボロw、散歩してるみたいだ。


ラスト10kmは少しだけペースを上げて57:35。

4回目のサロマのゴールゲート、グロスで8時間38分45秒。

ゴール後はとても寒くて、だれも待たずに一目散に着替えの体育館に向かいました。


失速した60km以降はとっても長かったけど、最低限の目標はクリア。

たしかに天候はきつかったけど、自分の特性を考えるとそれが失速要因に占める割合は低いはず。

今回はただの練習不足で脚の長距離耐性がありませんでした。

足裏痛は、、、今後の研究と対策が急がれるな。

その対策と練習を積めれば十分にまたサブ8できる感触がありました。

これは来年もやめられませんね~ (・ω・)

DSC_0622.jpg
DSC_0623.jpg
DSC_0621.jpg


後泊も北見。

大阪からのチームメートと2人で焼肉打ち上げしときました
DSC_0634.jpg
DSC_0631.jpg
DSC_0636.jpg


そして今回は翌日は休みにできず、釧路に戻ってお仕事でした~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



スポンサーサイト
下りは大腿四頭筋に疲労が溜まってくるけど、今年はそれほどでも。

まあ、下りだから極端にスピードが落ちることもないし、呼吸はある程度楽だから淡々と進みます~

30㎞通過は2:04:50。前半型の自分にはかなりきつきつな状況。

サブスリーするには残り12kmで貯金は3分、180秒だから、1kmあたり15秒。

残りをキロ4分半平均でいければか。。。

とこの場で計算したわけではないけど、ここからペース維持を頑張り出します。


雨は強くなったり弱くなったりを繰り返し、終始降り続きました。

33km過ぎでロードに出ます。

どうもこの辺で気持ちが一息つきやすく、例年極端にペースが落ちてしまう。

今年も4:45/kmになってました。

37~40㎞、ロードかつ軽い上りのある場所ですが、ここは日向が多くて最も歩きたくなる場所。

それが今年は雨なので走りやすい!

けど、一生懸命のつもりがジョギングペースになってますw

まあ歩かないだけまし。

40㎞で2:47:53。よし、あと残りは流してもOK。。。


というところで、右のふくらはぎに違和感。

最初はつりそうかな?と思い、一度立ち止まって様子を確認。

ピクピクする感じでもなく、あと少しだからとっとと終わらせてしまおう、、、

と再度走り出してすぐに、ビリっと激痛が (´д`)

あ、これやばいやつだ~

2年前の村岡でやったふくらはぎ肉離れに近い様子。

走るのやめて、ヒョコヒョコ歩きます。

ストレッチしようとするも痛くて出来ないという、一番ダメなやつ(>_<)

残りは1.5kmくらい。あぁ長いw

ヒョコヒョコ歩いたり少し走ったりを繰り返し、42㎞でチームメートからの応援!
1496616761545.jpg

サブスリーいける~と声を頂き、え、まだ間に合うのね。。。

とヒョコヒョコと残り200m頑張りました (・ω・)


グロス:2時間59分23秒
ネット:2時間59分19秒
男子35~49歳:24位


おおよそだけど、前半88分半、後半91分。もしトラブルがなければ夢の前後半イーブンが出来たかも(笑)

おかしくした右のふくらはぎ、野辺山で負傷した内くるぶしに近い場所。何かしら影響があったかも。

今後のレースがどうなるか心配だけど、まあ3時間以内でよかったです。3時間0分だったら後悔してるな、多分。


ゴール直後、余裕あるふりしてこんなことしてるけど
1496616615198.jpg

着替えに行くのに普通に歩けない(>_<)

千歳は好きなレースだけど、思い返すと怪我をする率が高いような気もしてきました(笑)

R3016241.jpg
R3016244.jpg

釧路の新チームと一緒に (・∀・)
1496616577616.jpg


そういえば。

41㎞以降の千歳川沿いは沿道の応援が多く、例年バーベキューとビールの匂いが漂っているのですが、今年はあまりなかったような。

あの天気ではバーベキューもしにくいですよね~


関西からのチームメートも全員完走。このコンディションでみなよくやりました(・∀・)

夜はスタートが遅くなってしまったけど海鮮居酒屋で打ち上げ~
DSC_0538.jpg
DSC_0539.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



雨はスタート時点ではやんでるけど、予報ではずっと雨。でも気温は朝よりは上がってるから(10℃ちょっとかな)、そこまで苦にはならなそう。

千歳は酷暑の時もあるから、それに比べるとまだ走りやすいかもしれない。

脚は特に問題あるところなし、野辺山で負傷した内くるぶしは指で押すと痛いけど走るには大丈夫(と思っていたけど、これがふくらはぎ異常の原因かもしれない)

今日は目標は特になく、ウルトラに向けて調子を落としてはダメだから無理のないペースで。あわよくばサブスリーくらいな感じで、まったくこだわりはありません。こだわりなさ過ぎて昨夜は飲み放題行ってるし~


スタートロスは4秒。

そろりそろりと呼吸の様子を見て入ってみます、感覚的にはキロ4だったけど、最初の1kmは実際は4:13/km。

体感よりめちゃくちゃ遅いじゃん(´д`)

と、この日は終始体感より遅くて、改めてフルの走力の衰えを感じることに。


千歳のコースは高低差約155m、コースは8割方未舗装の林道。基本的に前半は上り基調で後半は下り。途中2か所で信号ストップの可能性ありますが、私は幸い一度もストップしたことなし。

で、その林道が雨で走りにくくなってます。ぬかるみや水たまりがたくさん。

曲がり角では滑りやすかったりして、いつも以上に減速したり。

慣れもあるのでしょうが、トレイルを一切やらない自分にはこういう道には馴染みがなく、無意識に脚にブレーキを掛けてそう。


楽なペースを心がけてるつもりで、まあお約束でけっこう大変w

10㎞通過は40:52。

10㎞過ぎてから折り返しの22.6kmまでは延々と上り基調。

それほどの急な傾斜ではないしフラットな場所も多く、そこまでペースも落ちないはずだけど、順調に落ちてます~

呼吸の辛い範囲には入れないようにしてるけど、脚は普通に疲れてきました。

でも後続ランナーにはそれほど抜かれないので、まあこんなものかなあ、、、

去年はサブスリーしたくて必死に上ったけど、今年は気負いないので脚は辛くても気持ちは楽です (・ω・)

ガーミンを見て4:15/km以内ならラッキーということで。。。


中間点は1時間28分と少し。サブスリーするには、前半型の自分にはかなりきつい状況。

なのに、可能性があるならここからちょっと頑張るかなあ、、、といつもの悪い癖が。


中間点から折り返しまでがこのコースで一番きつい場所、なかなか上り終わりません。

そこを我慢して上りきって折り返し、それからは基本下り基調。たまに上り返しがあって、そこが異様にきついけど。

毎年のことだけど、下りになってもスピードに乗れず。もともと下りは不得意だし。

今年もその例にもれず、下りになった途端たくさんの人が自分をかわしていきます。

女子1位の人のフォームがきれいでした。。。


(あと少しだけ続く)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今回の千歳やその他の場所への移動は自分の車を使いたい。

なので、前々日の金曜は車で釧路から新千歳空港へ。

空港のパーキングに車を置き、東京の自宅に戻りました。

どうせ翌日にまた千歳に来るんだし、それならずっと北海道にいればいいじゃないか、と大勢の人から言われるけど、そういう行動をしてると荷物が巨大化するし家に帰るタイミングがないし。やっぱり熟睡できるのは自分のベッドだし。

ホテル生活が長引くのは自分にとってかなりのストレスです。

部屋がある程度固定できるならまだいいけど、、、それは出来ないしなあ。

食事も単調になりがち

ちょっとの隙間で強行軍になっても帰宅です~


閑話休題。


前日の土曜は12時半に新千歳空港着。

そこで関空から飛んできたチームメートと合流。

昼食は空港内のラーメン道場、『けやき』。3人ですんなり入れそうなお店がたまたまそこでした。どこのお店も混雑してますね。
R3016224.jpg


それから夕方まで少し時間あるので支笏湖観光。

外は小雨で寒く、ところどころにある気温表示は9℃とか10℃とか。

本州からの人間にはきつい寒さ。

明日のことを考えると気が滅入ります (´д`)

で、寒いので、駐車場から会場まで往復20分近く歩く前日受付はパスすることに。

夕方に千歳のホテルにチェックイン。チームメートとは違うホテルだけど、みな千歳に宿泊です(釧路のもりもりさんありがとうございます!)

夕食はジンギスカンの『モンゴル』。前に満席で入れなかったことがあって、今回は満を持して予約しての訪問。
R3016225.jpg

肉は全て手切り、臭みが皆無で、これこそジンギスカン苦手な人に試してもらいたいなあ。羊肉に慣れ親しんでる道民にはまるで別物とさえ感じてしまうかも。

それからホテルに戻り、1階ロビーでコーヒータイム。

20時前に解散~

と、ここで終わりではなく。

気がついたら別口で食事していたつぼってぃと2人で居酒屋飲み放題してます(笑)
18880200_857716551.jpg

ホテルに戻ったら22時半でした。


当日は6時半起床。

多少お酒残ってるけどw、まあスタートは遅いからゆっくりします。

ただ食べ過ぎなので朝食は抜き。

8時にチームメートと待ち合せ、徒歩で会場への20分弱。
DSC_0525.jpg
DSC_0526.jpg

雨はパラパラ。気温は、、、想定内の10℃前後。走り出せば問題あるような、ないような。。。体調にもよりますが。

会場についたら、雨なのでやはり体育館内は混雑です。

まずは受付。それから体育館2階に上がり、お知り合いの方々(SRC・ちんすこうさん共同)の陣地にお邪魔しました。

関西のチーメートと
DSC_0523.jpg

もちろん釧路チームにもご挨拶
1496616630869.jpg


準備をして、外は雨なのでしばらく陣地に座って待機。

10時前にスタート場所へ。

久しぶりの方々にたくさんお会いできます~
1496616658260.jpg


何の緊張もないまま、10時20分にスタートの号砲です。


(続きます)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



8年連続での参加となる千歳JAL国際マラソンのフル、

雨で寒くて、どろどろでぬかるみや水たまりの多いコースとなりましたが、完走してきました!

結果はグロスで2時間59分23秒、超ぎりぎり~

いやあ、今回はきつかったです。

そんな中ノルマはクリアできてよかった、、、

と言いたいところなんですが、最後の最後で右ふくらはぎが肉離れの症状。

ラスト1.5㎞くらいはひょこひょこと変な走りになりました。

ゴール後も歩くだけで痛い。

普通に歩けません。

来週の飛騨高山に赤信号が点灯です (´;ω;`)ウゥゥ


それはともかく、詳細は後日に。


ゴール後にいてて~と嘆いてるの図
2017_170604_0032.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



8時半にスタートの号砲。

スタートロスは4秒。

走り出すと内転筋の痛みは極小、前回の佐賀と同じ程度。

ひとまず安心します、、、

が、しょっぱなから暑い(笑)

すぐに喉がカラカラになってきます。

入りの1kmはロスタイム込みで4:05/km、狙い通り。

その後も時計と睨めっこ、キロ4分以内にならないように。

5km通過は20:10、完璧に想定通りのペース。

なんだけど、それほど楽ではありませんでした (´д`)

このへん、つい昔の好調時の自分基準で考えがちだけど、、、半分ポンコツなの忘れてた(笑)


5kmを過ぎて、昨日散策した善光寺への参道を下ります、かなりの傾斜。

この下りでペースを少しだけ挽回。

その後、線路を越えるのに多少のアップダウンがあるけど、まだ前半なので問題なし。

10km通過は40:11、この5kmはジャストキロ4。我ながら完璧なペースだ (・ω・)


が、この暑さでそのペースがもうきつくなってきます。

15km通過は1:00:18と、ここまではキロ4分程度でこれたけど、この辺から中間点までが最も心肺的にきつかった区間。

17kmでエムウェーブをぐるっと回るけど、微妙なアップダウンがあってきついのなんの。

ただこれを超えるとスライド区間に入ります。

チームメートのriroせんせ~から声をかけてもらうけど、苦しくて反応できず。

ここから五輪大橋を超えて中間点までがレース最大の苦しかった場所。

でも遠くの山並みの雄大な景色が目に入るようになり、癒やされます~


中間点通過は1:25:16。ほぼ当初の想定通りのペース。

想定より楽ではないけど、想定通りだいけるいける~ と自分に言い聞かせます。

23kmあたりで折り返し。

それを過ぎたところで「くまごろうさん」と反対車線のランナーさんから声をかけてもらえました。

これでちょっとスイッチ入ったのか、やばくなりかけてた大腿四頭筋が息を吹き返した、かな。

25lkm通過は1:41:53、30km通過は2:03:12。


サブスリーペースを維持できたのはここまで。

暑くて苦しくて、次はキロ4分20秒あたりの攻防にうつります。

内転筋の痛みもここで出てきます。

給水場所はたくさんあるけど、そこで思いっきりペースダウンして水を体にかけまくるので。。。そのペースもやむなし。

コースは河川敷なので、ますますスピード感がなくなってきて、、、不安になるけど、ガーミンを見ると大丈夫。


35km通過は2:24:44。

残りはキロ5でもいけるから、ここで一安心。

給水場所でも余裕をもって水を体に掛けられます(笑)

40km通過は2:46:07。

ただ、2時間55分は無理かなあ、、、となって、ここからゴールまで3回も歩いてしまった。

弱いな~ (´д`)

オリンピックスタジアム内でゴールです。

グロス:2:56:27
ネット:2:56:23

DSCF2025.jpg


と、48歳の初レースは無事に終了。

しかし暑かった!

レース中の最高気温は多分24℃。

秋のレースならともかく、春で24℃は体が暑さに慣れてないだけにきつい。

お知り合いのランナーさんも思い通りの結果を出せてません。


そんな気温でこのタイムなら、、、涼しい時期のレースなら2時間50分に近いタイムでいけるかも??

そんな期待も持てるようになってきてます。

かつてのタイムを出す夢を見て秋のフルに向けてトレーニングですね~

走り込めてない割には、、、とポジティブに捉えよう。


まあ、その前にまたウルトラで故障して秋のレースがDNS祭りになっちゃうとか。。。


5年ぶりに参加した長野マラソン、やっぱりいい大会ですね、さすが日本陸連主催。

スタート前もゴール後もストレスなし、沿道はどこもたくさんの人。

今年は桜の開花もばっちりと重なり、レース中は暑さと引き替えだけど(笑)すっきりと晴れて遠くの山並みがきれい。

また走りたくなってます、暑いのは嫌だけど。。

DSCF2029.jpg
DSCF2032.jpg
DSCF2028.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



前日の土曜は新幹線で長野駅へ。

12時半頃に着後、まずは駅近くにあるお目当てのラーメン屋さんへ。

以前から行ってみたいと思っていた『気むずかし家』。

そのお店の前で一緒に長野に参加する関西のチームメートと合流。

15分ほど並んで、4人で店内へ。

自分は基本の鶏白湯、ダブルチャーシュー、

ところが女性陣がまさかの二郎系のメニューを注文(笑)
DSCF1955.jpg

とんでもない(ほど素敵なw)ものが着丼です~ ニンニクもトッピング。

今回の遠征、色々あったけどこれが一番印象的でした (・∀・)

こちらは自分の頼んだもの(・ω・)
DSCF1958.jpg

大きさを比較するために並べて写真撮ればよかったw

長野駅に到着した直後は小雨だったけど、ラーメン屋さんから出る頃は晴れて気温も上がってきてます。

明日は予報通り暑そうな予感。


それから受付会場のビッグハットへ。
DSCF1961.jpg
DSCF1964.jpg

長野は受付会場、スタート、フィニッシュと全て違う場所。オリンピック施設が豊富な場所柄ですね。

一旦ホテルにチェックインしたあと、善光寺前で待ち合せ。

善光寺と周辺を散策です。
DSCF1977.jpg
DSCF1989.jpg
DSCF1981.jpg

桜のきれいな時期に当たりました(・∀・)
DSCF1997.jpg

夕食は善光寺近くのおそば屋さん。そばも天ぷらも量が多くて満腹~
DSCF2006.jpg

ホテルの部屋に戻り、明日の準備をして22時半頃に消灯。

でもこの日は眠りが浅く、何度も目を覚ましてしまいます。


5時起床、シャワー後に朝食。

朝食は東京から買ってきたまい泉のエビかつサンド、最近のレース前の朝食の定番。

これが買えないと不安になるほど(笑)

ストレッチして内転筋の確認。

実は昨日の散策の時は歩くだけで違和感あったけど、、、昨日よりは平気そう。

当日朝にならないと調子が分からない不安定さはまだまだ続きます~


6時20分にホテル出発、駐車場へ。

駐車場からシャトルバスで7時過ぎに会場到着。

晴れで、全員特に着替えの必要なし(中に着込んでるから上着を脱ぐだけ)なので、体育館には行かずに外に陣取りました。

会場は桜がきれい!
DSCF2010.jpg

集合写真~
DSCF2018.jpg
DSCF2017.jpg

そう言えば、去年の高島でのWorld Runに続き、ランスマのカメラの方から声をかけてもらいました。

今回は「サブ3.5行くぞ~、お~~」とみんなでやってみましたが、果たして採用されるか、それとも前回同様不採用か(笑)

トイレも豊富で小は待ちなし。ストレスありません。

荷物を預け、スタート40分前にBブロックへ。

前から6列目くらいに並びました。

スタート待ちの時点で既に日射しが強くて首や肩がヒリヒリしてきそうな。

北海道マラソンにも似たスタート前の空気感にびびります(笑)

まあ暑いのは慣れてるはずだけど。。。

8時半にスタートの号砲。


事前に考えていたのは、暑くて後半ダレダレだろうから、前半84分くらいを目標にして後半に余裕を持たせようというもの。

ところが今日の長野は暑さが想定以上。

北海道マラソンを除くと、ここまで暑く感じるレースはそうそうありません。

走り込めていた時期ならいざしらず、まだ本調子とは遠い今、前半突っ込むのはさすがに。。。

あまりやったことはないけど(^_^;、突っ込むのをぐっと堪えてキロ4分以内にならないようにしよう。

イメージは前半86分くらい。84分と2分しか違わないけど、この2分って自分には大きな違い、のはず


そんな感じで、急遽方針を転換してスタートです。


(続きます)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: