フルの距離を超えて少しで去年までのゴール地点。

2年前はリタイアしてバスで帰ってきたから(笑)

初めてここに走ってきた~

けど、今年のゴールはまだ25km以上先だった。

下りの傾斜も緩やかになり、やがてフラットな場所も出てくる。

あとは楽なペースで流していこう。


のはずが、45㎞を過ぎて体に異変。

標高が下がってくるに連れて、暑さが気になってきた。

というか、日向はめちゃめちゃ暑い (;´Д`)

いささかここまで水分を摂り過ぎたようで、胃がおかしくなってきたか。。。

で、少し戻そうとすると、思ってた以上に胃がやられてる様子。

1分くらい立ち止まり、再スタート。

すると、どうしたことか、脚に力が入る気がしない。

キロあたり30秒落として、それでも前へ。

それも持ったのは数キロだけ、50㎞手前で走り続けることができなくなった。

50㎞通過は4:18:56 (ラップは55:53)。


53㎞くらいでまるすぎさんにかわされる、まだ力強い走り!

そして、もうここから先は書くことはあまりない(笑)

いけるところは500m走って200m歩いて。

それもきつくなると200m走って200m歩いて。

日向は猛烈に暑い。

意識飛びそうまではいかないけど、目がチカチカする~

日影で2回座って休憩。すると立ち上がるだけでものすごいエネルギーを使うw

60㎞通過は5:30:31 (ラップは1:11:35)。


この辺で再度盛大に戻す。すると胃は少し楽になった。

私設エイドで冷たいお茶をもらう、とても幸せ ('ω')ノ

エイドでもらう水分は全て生ぬるく、冷たいものが喉を通るのが余計に嬉しい。

が、脚は復活せず。

もう股関節より下、両脚のあらゆるところが痛みだし、力が入らない。

60㎞を過ぎると歩くのもきつくなってくる。

歩くだけで心拍が上がってしまうのはいかがなものか。。。

頭の中ではひたすら残りの距離をカウントダウン。

さすがに7時間は切りたい。


70㎞ゴールの「パーク獅子吼」までは2㎞ほど上り。

途中に階段まであり、、、とても走るどころではない。

早歩きさえ出来なくなっていて、ヨレヨレ歩きで最後の最後まで。
2017_63089.jpg

グロスで6:50:26、最後の10㎞は1:19:55でした~

これでも男子13位でした。


ゴール直後にインタビュー受けました。

思考能力がなかったのと一刻も早く座りたくて、何を答えたかほとんど覚えてませんw
2017_63090.jpg


その後1時間以上、椅子に座ってぐったり。

夕飯も食べるのきつかったです。


完走率はとても低かったようで、70㎞は男子が59.9%、女子が45.9%。

100㎞も加えてトータルで55.0%。

標高が下がるにつれてみるみる気温が上がり、皆さん大変だったようです。

レース前は、誰もがコース変更で楽になるだろうと思ってたはず。

それが蓋を開けてみたら過去最低の完走率(笑)

ウルトラは気温に最も左右されるものですね(-_-;)

R3016864.jpg
R3016869.jpg

パーク獅子吼」、ゴンドラで登れば日本海が一望できるそう
R3016870.jpg


自分的には、村岡に向けての調整レースのつもりだったのが、過去最大級の撃沈レースとなり。

身体以上に、精神的ダメージが大きいです (;´Д`)

もし100㎞に出てたらとても完走できませんでした。

こんな脚で村岡120㎞に挑戦するなんて。。。


まあ今シーズンにウルトラの練習が出来てないのは全部自分のせい。

今の状態を受け入れた上で、村岡の作戦を考えないと。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



スポンサーサイト
5時スタート。

後ろの方だと思ってた割にはスタートロスは24秒だけ。

コースは昨年までのホワイトロード往復ではなく、白川郷を出発してホワイトロードへ、そして日本海方面へひたすら行くワンウェイコースに変更。

累積の高低差は去年の半分以下になり、誰もが楽なレースになったと思った、、、のではないかな (笑)

なおスタート時間が4時から5時になり、制限時間は1時間短縮(100㎞の場合。70㎞は今年から開始。)


スタート直後は下り、そして5㎞までは概ねフラット。

暗くてはっきりは見えないけど、白川郷内を抜けていく。

6㎞あたりから上りだし、ホワイトロードに向かう。

ここからは18㎞地点のコース最高地点まで1000mほどひたすら上り続ける。

2年前に参加した時は復路にあたる場所で、その時はほとんど歩いてるので、ここを走って上るのは初めてw

10㎞通過は53:12。


上りは緩いところでキロ5分、きつい傾斜でキロ6分のイメージ。

12㎞過ぎから呼吸も苦しくなってくるけど、今日エントリーした目的は村岡対策としてこの上りを走り切ること。

歩いては意味がない、、、からがんばる。

そのあたりから同じようなペースでいく3人で一緒に。

少し会話してみると、なんとそのうちの一人が19歳 (;・∀・)

のけぞるくらい驚いた (笑)

そうしてるうちに18㎞手前でコース最高地点。

あと2㎞は上りが続くと思ってたから少し拍子抜け。

でも最後まで登り切った! これで今日のミッションは早くも終了(笑)

あとは故障なく、余力残してゴールできれば。。。

下りに入ると概ねキロ4分半で。

苦手な下り、ペース速すぎるとすぐに脚壊しそうなので慎重にいきたい。

20㎞通過は1:49:38 (ラップは56:26)


ひたすら下る。

15㎞で1000mほどの下り、さすがにきつい。

26㎞で最初のトイレピットイン。

ここでまだ下りの半ば、もう下りたくない (^^;

30㎞通過は2:35:14 (ラップは45:36)、ほぼ狙い通りのペース。


ホワイトロードを抜けてもまだまだ下り。

37㎞あたりの上り返し、たいした傾斜ではないのに激しく辛い。たまらず最初の歩きを入れる。

下り続けると、平坦なだけで上りにも感じてしまう。

40㎞通過は3:23:03 (ラップは47:49)。


フルの距離の通過は3時間34分くらい。

ここまでくると下り基調でも傾斜はたいしたことなし。

コース図によると残りはとんど下り基調、惰性で最後までキロ5分で行ければ6時間前後だな、、、と皮算用をしてたのですが。。。


(あと1回だけ続く)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



土曜の午前中の便で羽田から小松へ。

今回はレンタカーで小松空港から受付会場の白山市民交流センターへ。
R3016810.jpg

受付はあっという間に終了。
R3016809.jpg

しかし暑い。朝の東京より10℃も暑そう。

しばらく涼しい中で過ごしてきてるから、真夏のような陽射しに怯む。

せっかくレンタカーを借りてるので、明日走るホワイトロードをドライブ。

白山白川郷ホワイトロード(旧 白山スーパー林道)は石川県白山市尾添から岐阜県白川村鳩ヶ谷まで総延長33.3km。冬季は閉鎖されます。

WIKIによると「ブナ原生林の樹海や高山植物などの景観に恵まれた山岳地帯を走る観光道路。石川県側には落差86 mのふくべの大滝をはじめ、変化に富んだ7つの滝が沿道にある。蛇谷渓谷の深いV字谷の断崖絶壁に沿って走っており、県境の国見山や三方岩岳越えの区間は高度を稼ぐために、大きく回り込むようにつづら折れの道路となっている」

これは三方岩駐車場、ホワイトロードの最高地点(標高1,450m)。
R3016813.jpg

石川県側の景色ですが、こんなところを明日走ります~
R3016818.jpg
R3016823.jpg

これはふくべの大滝、落差86m!
R3016829.jpg

ドライブの後は早めの夕食。受付会場近くのすき焼き。
R3016834.jpg
R3016835.jpg

えっと、地元の牛ではありませんでしたが、独特の煮焼き、おいしかった ('ω')ノ

18時過ぎに小松のホテルにチェックイン。

さっさと準備して、19時半にはベッドに入るけど、なかなか眠れず。

0時10分に起床、いそいでシャワーを浴びて、1時前にホテルを出発。

受付時と同じ白山市役所の駐車場に車を停めて、スタート地点行きのバス乗り場へ。

スタート会場は岐阜県側の白川村。世界遺産の白川郷のある場所。

バスはすぐに乗れて、スタート会場の寺尾防災グラウンドに到着したのは3時ごろ。

まだあたりは真っ暗、月もきれい。

そして、、、肌寒い。

今日は暑いだろうと、防寒着の類はまったく持ってきてないのは失敗。

ここは標高500mくらいだってこと失念してました。

まだスタートまで時間あるので、とりあえず1時間くらい座ってじっとしてます。
R3016850.jpg
R3016845.jpg

今日は「努力は無限」シャツで。(そこまで努力できなかったけど。。。)
R3016849.jpg

準備を終えて会場をうろついてると、、、札幌のまるすぎさんを発見。

今年は野辺山、サロマに続いてウルトラ3レース一緒でした~
R3016859.jpg

全て、途中で置いていかれてます(笑)

先月の北海道マラソンでも35㎞くらいでかわされて追い付けず(´-ω-`)

来シーズンはついてくぞ!


スタート20分前にゲート付近に行くと、もう長蛇の列。

で、かなり後方に並びます。まあ今日はこの辺でちょうどいい。

5時スタート。

風邪気味でたまに鼻が詰まるぐらいで、特に不調の場所はなし。

70㎞なら普通にいけるだろう、、、と気楽にスタート。

それがとてつもなく苦しむことになるとは。。。


(続きます)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



白山白川郷ウルトラの70km、撃沈してきました( ;∀;)

前半の1000m上るホワイトロードは全て走りきり、その下りも快調で、40kmまでは調子いいから6時間前後でいけそうかと思いきや。

45km過ぎて急に体に力が入らなくなり、脚も痛いし暑くて吐き気も酷くなり、歩いたり座って休んだり吐いたりを繰り返しながらの終盤戦。

50km以降が果てしなく長かったです。

しまいには歩くだけでも辛くなり。

最後の2kmは全て歩いてそのままゴール(笑)

6時間50分かかりましたが、これで13位。暑くてみなさん大変だったようです。

ラスト20㎞は2時間半かかりました~


まあ今回の撃沈、特に言い訳もありません、自分の力不足。

今年は故障に富士登山競走の後遺症などでウルトラの練習ができてなく、それがそのまま結果に結びつきました。


これでは二週間後の村岡は完走すら危ういか (-_-;)


ゴール後、座ったら1時間以上立てませんでした (^^;
R3016863.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



昨日の昼にちゃんとラン用パンツを購入。

夕方も予報外れて天気よかったので走ってきました。

いつもはもっと大きいいくつかの周回を適当にまわったり行ったり来たりして距離調整しますが、

昨日は1周1.25㎞の周回をひたすらぐるぐる16周で20㎞。

多少の起伏があるし舗装があまりよくないので疲れるコースでした。

っていうか、同じところグルグルは精神的にきつい。

でも脚は軽かったので特に問題なし。


今朝も20㎞やって、12時間以内で40㎞というメニューを4か月ぶりやろとしてたけど、

あっけなく寝過ごしました (^^;


9/07(木)20.1km 1:31:44 (avg 4:34/km)

月間累計:55.5km



さて、週末は白山白川郷ウルトラの70㎞。

去年までは激しくきついコースでしたが、今年から一気にコース変更、だいぶ難易度が下がりました。

今年からスタートは白川村で、そこからホワイトロードへ。そして折り返すことなくそのまま白山市方面へ向かいます。

大体20㎞で1000m上り、あとはゴールまで基本下り基調かフラットなコース。

少し上りが混じるけど、高低図を見る限りそれほどではない?

とは思っても、実際に走るときついこともあるので油断はできません ('ω')


ということであまり過去の白山白川郷を振り返るのは意味がないけど、、、

というよりまだ完走できてないし(笑)


過去2回エントリーしてて、

2015年は86.5㎞、8時間10分でリタイア。50キロまでは順調、それからまず胃がやられて、気持ち悪さのあまりに走ることがほとんど出来なくなりふらふらで歩き倒し。その後胃は少し復活、ラスト30キロ弱の下り区間まできたから完走行ける!と安堵したところで左脚のふくらはぎに異変。今後のレースにに影響を与えたくないので残り13キロでDNFを決断。

2016年は内転筋の故障中、現地まで行くもDNS。石川、福井観光だけして帰りました。


さて今年は。

予報ではべらぼうに暑い予感(笑)

自分の走るレースは暑いか寒いか雨か強風かその合せ技かの法則ですが、

今回は普通に暑そうだ~

70㎞なので、なるべく早い時間に終われるかどうかですね。


目標はまあ6時間以内ということで ('ω')ノ



応援クリックよろしくお願いします(^^)



5合目を過ぎて、ここからは(レースとしては)未知の世界。

なんだけど、ここからは書けることは少なくなる。

今思い返しても、苦しいしか印象になくて、細かいことはそれほど。。。

だから、前回の投稿で全て終わらせておけばよかったかもしれない(^-^;


6合目手前でたけし君にかわされ、軽快な足取りで進む後ろ姿を見送りました。

Hさんとも遭遇、多分追いつかれた?

ここは砂礫地帯、試走の時は極めて歩きにくかったけど、今日は雨が降った後で程よくしまっていて試走時より歩きやすい。

けど、もう脚が上がらない。


7合目手前から最も苦手な岩場。

場所によっては鎖をつかんだり、四つん這いになったりするパート。

ここで徹底的に遅れてしまった。

後ろからくる人があまりに早くのぼっていくのをみて、だめだまったくレベルが違う。。。

高所恐怖症なので鎖を持つ手も震えたりw

ペースが一般登山客と変わらなくなってきて、こんなレースに参加してる自分が場違いなような。

7合目から8合目まではとにかく長い。

そこに関門があると聞いてるから、怖くてガーミンを見ることが出来なくなります。

でもここまできたらやめようがない~

8合目の関門は3時間33分。


標高も3000mを超えてきてから、とにかく呼吸をしても酸素が体に入ってくる感じがしない。

頭痛がしてくる、でも吐き気はないからまだ行けるか。。

それより、まっすぐ歩けなくなってきた(-_-;)

場所によっては危険な感じにも。

動き続けても、50mぐらいが限度。

最終的には10歩歩いて少し休んで、、、になってしまった。

もう後続ランナーからごぼう抜かれ状態だけど、休憩中に立ってることも難しくなってきます。


でも立ち止まってると、ひっきりなしに声をかけてもらえます。

あと少し、がんばれ、ファイト。。。

他では味わったことない、みんなで山頂を目指してるというこの感覚、一体感。

こういうところにはまる人が多いのでしょう。


やっとゴールの鳥居が見えてきた、、、けどそこかからがまた長かった。

数歩歩いて少し休んでの繰り返し~

でも鳥居手前で名前を呼ばれて、、、Oさんでした。

ひょえ~、早く終わりたい~とふらふらに最後の階段を上りました。
20464178_461741887552135_327685387_n.jpg
20428316_461741890885468_1390895501_n.jpg

結果は4時間12分30秒。

特に8合目以降が苦しかった、8合目から山頂までは39分もかかりました。

目標の4時間はまったく、、、だったけど、今回は7合目以降は意識怪しい場所もあったのでとにかく時間内完走出来てよかった!


山頂で記念写真
DSC_0842.jpg
DSC_0845.jpg

しかしこの時間の山頂の人口密度がすごい(笑)
DSC_0847.jpg
DSC_0848.jpg
DSC_0846.jpg


4時間半の制限時間に向けて盛り上がってました。

こちらはゆっくり時間をかけて下山しようと、制限時間を待たずに下山開始。

試走の時は勢いで降りてその後の筋肉痛がひどかったから、今日は慎重にゆっくりと。

2時間かけてゆっくり下山、おかげでその後のダメージは極小でした。


シャトルバスで会場の北麓公園へ。

そこで道民ランナーと落ち合い(^^)
18070.jpg

一人は8合目関門アウト~ 来年は応援してます!

それからOさんたちとアフター、自分は車なのでノンアル~
20428167_461740947552229_876313267_n.jpg


帰りは若干の中央道渋滞にはまり、帰宅は19時半でした。

長い長い1日でした。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



やっと疲れが取れてきました。

昨日は本当にもう眠くて眠くて、途中で何度か意識を失ってしまって。

今日は疲れはあるものの眠気はなし。

これなら、明日の朝からラン再開できるかも?


書きにくくて保留していた富士登山競走、どうしようかと思ってたけど、今後の自分のための覚書でもあるからなるべく淡々と。


去年の五合目コースは、前日の夕方便で北海道から戻り、帰宅は20時ごろ。それから夕食して就寝という強行軍。

今年はそれに比べると前々日から東京のいたので、楽に過ごせたか?

が、山頂コースはスタートが早いから起床も早くなります。

なるべく早い時間にベッドに入り、、、21時半ごろ。

1時50分に起床、準備をして、2時半に出発。

もちろん中央道はすいてるから順調に現地到着。

4時半には指定の駐車場へ。

ちなみに、ナビに目的地を設定すると自宅からは118㎞。

9月の村岡ダブルフルの120㎞コースより短い(笑)

え~、ここから富士吉田までの距離ってそんな感じか、村岡はそんな距離走るのか~ とまったく違う趣旨で朝からブルーに。


駐車場からはシャトルバスでスタート会場の富士吉田市役所へ。

5時10分には到着。

まだ人はまばら、とりあえず荷物預けに近い場所に座り、テーピングなどの準備開始。

天候は曇りで気温も低すぎず、絶好な様子。

普通のTシャツとアームカバー、下はパンツとカーフガードのみで。

シューズはCS。

山頂から降りる時に寒いかも?と周りにいる人たちが話してるのを聞き、ゼッケンと一緒に送られてきたビニールのポンチョをポケットに。

ちなみにパンツはパタゴニアのトレイル用のやつで、ポケット多数でこういうレースには本当に使えます。

ジェル2つ、小銭に手袋にポンチョにスマホ、下山用のマスクを入れても余裕。

五合目に送る荷物には、薄手のウインドシェルとタオルのみとしました。


とっとと荷物を預けて、アップがてらその辺をぶらぶら。

お知り合いにもご挨拶。

去年この大会で少しお話できたOさんHさんに無事にお会いできたり。

そのあとで、おなじみの北海道陣と合流、札幌、函館から。
DSC_0838.jpg

北海道弁で会話してるとここがどこだか分からなくなるな(笑)

散々、山頂まで行ける自信無いアピールをしときます。


かなり遅れて到着のたけし君はレース前には会えず

その他、その辺には見たことある人たくさん~


道路が閉鎖される前からBブロック付近で待機。

みんなが並び始めたから自分も、、、だったけど、閉鎖前の時間だったらしく、やってきた車が通るのが大変なことになったり(^-^;

結局、Bブロック先頭から5列目くらいとまずまずの位置取り。


整列も完了して、昨日からずっと緊張してたものが、さらに緊張が高まります。

胸どきで、呼吸が苦しくなってくるw

こうなると、ここで待ってるよりは一刻も早くスタートしてしまいたい。

スマホ持ってたのでパシャ
DSC_0840.jpg


ほどなくして開会式。

初めて聞く、大会名物だという宣誓の。。。

えいえいおー !

これが経験できただけでも満足 ('ω')ノ


そして7時、山頂目指してスタート~



(続きます)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: