少し更新に間が空きました。

木・金とばたばたしてましたが、今回は特に事件もなく終了。
次は9月頭なので、しばらくは落着きそう。

木曜の朝、右膝裏痛で3kでダウンしましたが、その後は歩いている分には何も違和感がないくらいになりました。

昨日は所用でレスト。
この時期にはあり得ないくらいの涼しい日なのに走れない。
これってすごいストレスですね (笑)

今日は、起きたら既に11時。
外を見たら雨はぱらぱらくらい。
若干の二日酔いでしたが、やはりこんな涼しい日に走らないわけにはいきません。

外に出ると、肌寒いくらい。
もちろん膝裏は心配なので、ゆっくり、距離は決めずに走り出しました。

5kくらいで膝裏に痛みが出てきたので、そこでストレッチ。
その後、痛みは少し落ち着きました。

走り出すと、たまにぱらぱら落ちてくる雨は気持ちよかったです。

15k、20kでストレッチを入れ、だましだまし、そろそろと走りましたが、20kを過ぎるとだましだましも難しくなってきました。

スタミナ的にはまだまだなんだけど、24kで終了。

7/21(土)のラン結果
走行距離:24.3km 2:12:24 (avg 5:27)
月間累計:240.5km


明日まで涼しいみたいですね、明日も膝裏の様子次第では20kいきたいところです。

しかし、この膝裏の状況は芳しくないです。

走りながら様子を見ていくべきか、治るまで休むべきか。

だまっていれば痛みは無く、数キロ走らないと調子が判断できない、というのはメンドクサイです。
休むべきかどうかの判断が難しい。。
んーむ、です。


昨夜は学生時代の友人が名古屋に転勤になるというので飲み会を。

丸の内ブリックスクエアにある「BIOワイン&フード TAMA」。
”琉球チャイニーズ”と銘打っていて、沖縄料理と中華の折衷的なものがコンセプトのお店です。
ここの本店が青山にあって、そちらは何回もお邪魔したことがありますが、ブリックスクエア店の方は初訪問。
内装の造りやメニューはほぼ同じ感じでした。

半熟ピータン
P7200619.jpg

茹で腸詰
P7200621.jpg

カリカリポーク玉子 スパムを使ったお皿です。
大のスパム好きなので、ここでは必ず注文。
P7200622.jpg

油淋鶏(ゆーりんちー)
P7200629.jpg

玄米チャーハン
P7200632.jpg

他にもいろいろ注文。ここは何を頼んでも外れはないですね。

壁面に大量のワインボトル。ボトルに料金が書いてあって、好きなもの自分で手に取っても選べるシステムです。
P7200620.jpg

その友人は初の地方への移動。
今まで自宅住まいだったので、40過ぎにして初の独り暮らし。
まずは単身用の寮に仮住まい、1ヶ月の間に家を探すとのこと。

その寮というのが、昔私が住んでいた場所ととても近くて驚きました。
(小3~5年は名古屋に住んでました。名古屋大学とか南山大学の近く)

しばらく名古屋には行ってないし、落ち着いた頃に行ってみようかなあ。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

スポンサーサイト
今日はランオフにつき、品川ランチの話題です。

このお蕎麦屋さん、蕎麦界のカリスマと呼ばれている高橋邦弘氏(翁という店の名前でも有名)のもとで修業された方が出されたお店。(高橋氏は、現在は広島でお店を出されています)

家からそれほど遠くなく、しかもあの翁で修業されたお弟子さんのお店、との話しも聞きながらなかなか訪問できずにいました。(土日は休みとの思い込みもありました)

普通に土曜は営業されてると分かったので、土曜の13時過ぎに訪問。
品川駅港南口を北品川方面に行ったところ、屋形船の船溜まりの手前。
新しいビルと、古い住宅が混在する一角にありました。

すんなり座れることは少ないみたいですが、この日は幸い席が空いたばかりですぐに座れました。(その後は外で列が少し出来ていた)

テーブルのみのシンプルな店内。
蕎麦屋の雰囲気として好感が持てます。

まずは日本酒を注文。(春霞の冷やおろし)
週末の昼の日本酒、大人になって良かったと思える数少ない場面です(^_^;)
R0015323.jpg

あてとして2つ。

焼きみそ
日本酒のあてとして文句なし。酒が進みます。
R0015324.jpg

そばがき
土曜・祝日限定の言葉に惹かれて注文。これが大正解!その風味ともちっとした締まりのある食感。醤油でいただくシンプルなものだけど、これほど美味しいそばがきは初めてでした。
R0015325.jpg

続いて、鴨ざるそばを。
R0015330.jpg

そばはコシはそれほど無いけど、とてもきれいなそば。そばだけを何も付けずに食べてみると、とてものど越しが良いです。香りもまずまず。

汁の方は、鴨の旨味が良く染み出ています。鴨は歯応えもあり、ネギは焼き加減が良く甘い。見た目ほど濃くなく、そばとの相性もよい感じ。
R0015331.jpg


そば湯も濃いし、鴨の風味もよく感じられて満足。


こういう店はお酒を飲みたくなる衝動を抑えるのが難しいから、私の場合は平日の昼に行きにくいのが難点(笑)

たまに師匠の高橋邦弘氏が蕎麦を打つイベントが開催されるようで、こちらも興味津々。年末にあるそうだけど、今年はまだ告知はないですねえ。


品川駅からは10分近く歩くので、駅近辺で軽くランチを、というシチュエーションには馴染みませんが、ここのそばを求めて”わざわざ”行く人も多い店です。

時間があったらぜひ。


しながわ翁
東京都品川区北品川1-8-14
03-3471-0967

R0015333.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

グットドール・クラッティーニ 丸の内


最近、あまり食べ歩きにおいて新規開拓をしていない。

外食の機会が確実に減っていて(その分、走ってます(笑))、たまに外で食べる時にはもともと好きな場所か、前に訪問した時によい印象が残っているところについついなってしまう。

このお店は、実に4年ぶりの訪問。

西麻布時代に数回、そしてここ丸の内に移転されてからもたびたび訪れたことがあった。
場所がその時の自分の行動範囲内にあって行きやすかったということもあったし、丸の内でこのレベルのイタリアンがこのプライスで、ということももちろんあり。

この日は突然この店のことを思い出し、電話をしたら午後遅い時間なら席が用意出来るとのこと。

場所は丸ビルの近く、ビルの裏手というか隙間に入り口がある。
晴れていればテラス席もあるけど、この日は生憎の雨だった。


2400円のプリフィクスを選択。

まずフォカッチャ。オリーブオイルもついてくる。
R0015537.jpg

地野菜のサラダ。なんというか、とても元気のある野菜だった。
R0015539.jpg

前菜は魚介マリネ。魚介マリネとは言っても、主役はどちらかというと野菜のほう。特にセロリが特有のクセがなくておいしかった。爽やかな酸味が白ワインにとても良く合う。
R0015540.jpg

生うにのスパゲッティ(+900円)。桃のパスタと並んで、ここに昔から変わらずある一品。昔からこればかり頼んでるような。。。
うにの量はたっぷり。基本はオイルベースで、クリームはほんの少し(?)うにの濃厚な味とオイルがよくマッチしている。お酒もすすみます。
R0015543.jpg

デザートはパッションフルーツのムース。
R0015545.jpg

そしてコーヒー。
R0015546.jpg


昔のイメージ通りの味だった。
それに、一皿のポーションが前より増えているように感じた。
前は男性には少し物足りないかもだったけど、この日はかなりの満腹感。

平日はそうでもないけど、週末の客層は女性が中心。
私が入店した時は、男は私一人でした。


グットドール・クラッティーニ 丸の内
東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F
03-6212-6882

R0015542.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ


グットドール・クラッティーニ 丸の内 イタリアン / 二重橋前駅東京駅有楽町駅

昼総合点★★★★ 4.0



オーバカナル 高輪 (AUX BACCHANALES)(品川)


オーバカナルと言えば、テラス席のあるカフェ・ビストロ業態のパイオニアの一つ。

私も20代の時、深夜の原宿でよく通った。

なんというか、その当時とってもお洒落な空間でした。
(あとは広尾のカフェ・デ・プレ。こちらはまだあるのがすごい。原宿にも一瞬あったような。)

その後、経営が転々とし、今はユニマットグループだとは知らなかった。

原宿店が無くなった後も紀尾井町店、赤坂のアークヒルズ店とちょくちょく足を運んでました。


で、オーバカナルの品川店。

ウイング高輪の一角にあります。品川プリンスシネマの近く。

店内の雰囲気は、オーバカナル伝統のフォーマットにのっとったもの。
R0014984.jpg
R0014985.jpg

ブラスリー、きっちりとコースを食べる場合は専用の場所が用意されている。


この日はランチで利用。

日替わりのランチやコースもあるけど、アラカルトで食べたいものを注文。

ニース風サラダと、クロックムッシュ、キッシュを。

ニース風サラダ
R0014980.jpg

クロックムッシュ
R0014981.jpg

キッシュ
R0014983.jpg

パンはサービスでつく。

いずれも上質なカフェごはん。
ごちそう食べに行くぞ、では決してないけれど、数人でワインにつまみでわいわい出来るし、一人で本を読みながら食事にワインかビールでも全く問題のない、万能な場所。

(最近、タルタルステーキがメニューから外れてしまったのがとても残念。好きな一皿だった。)


品川で軽くカフェにでもとか、ビストロっぽい場所で過ごそうとか、そういう時の鉄板の選択であることには間違いない。


併設のパン屋さんも大好きで、よく買ってます。

ここで買うパンとサラダ、あとワインで十分幸せな夜が過ごせます。


オー バカナル高輪 (AUX BACCHANALES)
東京都港区高輪4-10-8 京急第7ビル 1F
03-5798-7070

R0014978.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ


オー バカナル 高輪フレンチ / 品川駅高輪台駅北品川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




ブレッツカフェクレープリー 銀座店


神楽坂、表参道にある老舗のガレット専門店「ル ブルターニュ」の系列店。

神楽坂のお店は何度か使っており、久しぶりにガレットが食べたくなってネットで調べたら系列店が銀座にあるとのことで訪問。

数寄屋橋を新橋方面に少し行って、その一本奥の道。
銀座オーバカナルが近い。

この銀座店、人気店のようで週末の午後2時頃に訪問したらほぼ満席、その後もひっきりなしにお客さんが来ていた。

入店すると意外と奥行きがある。基本テーブル席だが、カウンターも数席。

内装は系列店同様のテイスト、フランスの田舎にありそうなビストロ風。


そこまでお腹は空いてなかったので、コースではなくアラカルトで注文。

サーモンとほたてのタルタル
R0014497.jpg

フォアグラのガレット
R0014500.jpg

生地はぱりぱりの部分もあればもちっとしてる部分もある。香ばしくておいしい。

ガレットとフォアグラの組み合わせも初めて。
R0014502.jpg

そば粉の風味と、濃厚なフォアグラ、甘く煮たリンゴ、バルサミコの酸味が合わさり、なんとも複雑な味わい。チャレンジングなチョイスかな?と思ってたけど、大正解だった。


ついでに、昼間からブルターニュのビールも注文(笑)
R0014496.jpg

その後なぜかワインまで。。。
R0014499.jpg


お店のサイトから引用すると、ガレットはそば粉で出来ており、
「ソバはやせた土地でも育つ作物であったため、 ブルタ-ニュではガレットが主食の時代が数世紀間続きました。デザ-トとしてのクレ-プが出来たのは後のことで、ガレット=そばの生地=塩味、クレープ=小麦の生地=甘味 と一般的に使い分けられています。」
とのこと。

ブルタ-ニュ地方では、カフェよりクレープリー(クレープ料理店)の方が数が多いそうです。


ブレッツカフェクレープリー 銀座店
東京都中央区銀座6-3-5 小池ビル1F
03-3289-3531


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ


ブレッツカフェクレープリー 銀座店 (カフェ・喫茶(その他) / 銀座駅日比谷駅有楽町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5





ナビリオ(田町)


田町駅東口を出て芝浦運河沿い方面へ歩き、5~6分ほどの場所にあるイタリアン。
近くにはリストランテ・ラ・チャウもあるロケーション。

このあたりに引っ越してきて、近辺のイタリアンを巡っているうちに出会った店の一つ。
うちからはいつもてくてく歩いていきます。

奥行きのある店内は、テーブル席にカウンター、そして運河に面しているテラス席が。
奥行きがあるため、中に入らないとどれくらいお客さんが入ってるのか分からない。初めての時はやや入りにくいかも。(そして入ってみると、とても混雑していて驚いた)


この日のランチは、テラス席に案内してもらった。
R0014963.jpg
R0014969.jpg
R0014973.jpg

多少、虫が飛んでいるけど(笑)、こういう雰囲気は大好き。外で飲む酒は最高です。
R0014965.jpg


夜にカウンター席に座って適当にアラカルトで頼んだことはあったけど、ランチメニューを見るのはこの日が初めて。

土曜・祝日のみというピアットウニコ(1500円)を注文。
サラダ・パスタ・メイン料理を盛合せたプレートランチ。
R0014971.jpg

 
あさりとひよこ豆のシンプルなトマトソースのパスタは見事な茹で加減。シェフの凄腕さがこれだけで伝わってくる。トマトソースはダイレクトな酸味が。

メインは自家製ソーセージ。肉の旨味がよく閉じ込められてた。


オープンキッチンで黙々と調理するシェフは職人気質風。厳かな空気感を醸し出しています。

やはりランチもはずさない一軒でした。

休日の昼間に運河沿いテラス席でビールにパスタ、これは一つの幸せのカタチですね。


ランチでは、このほかラザニアが名物ですが、数量限定ですぐになくなってしまうので、これを食べるなら開店と同時に入店した方がよいです。


ナビリオ
東京都港区芝浦3-20-4
03-5419-2061

R0014974.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ


旬彩 鯛樹(大門・浜松町)


この界隈一押しの本濱の姉妹店。

(本濱はこちらで紹介済み)

場所も本濱の並び、少し浜松町駅寄り。
ここ入り口?と迷いそうな玄関のしつらえも共通(笑)

店内も共通のテイスト。
和モダンって言うのでしょうか。
黒を基調としています。

席数は少な目。テーブル席のキャパは10人くらいか。
あと、本濱にはないカウンター5席あり。

この日は開店の11時半に入店。
一人だったのでカウンター席へ案内された。

10分と経たずに満席になったので、確実に席に座るには11時半ぴったりに来る必要ありそう。
近隣のサラリーマンからかなりの人気を誇ってそうです。

ランチメニューは本濱同様1種類のみ。
宇和島鯛飯定食 1,000円。
R0014486.jpg

鯛は店員さんが食べ方を教えてくれる。
・鯛の刺身をタレにつけて食べる
・鯛の刺身と薬味をご飯にのせ、タレをかけて生卵ご飯風にする

宇和島の鯛飯と言えば後者なので、私は何も考えずにご飯の上に刺身とタレをぶっかけて頂く。

鯛の刺身は7切れ。これがぷりぷりもちもち。
R0014488.jpg

タレは生卵入り。
醤油というよりめんつゆの様な感じで、ほんのり甘みもあり。
生卵が入ってより優しい風味に。
R0014487.jpg

ご飯はおかわり自由。

やっぱりここの刺身はおいしい。
しかもTKG好きなので、ここの鯛飯はどストライク(笑)
ゴージャスなTKGを堪能した。

純粋に刺身を楽しむなら本濱だけど、ここのTKGも完成度高いです。

私はこの日の最初の客だったのですぐだったけど、混んでくるとサーブにやや時間かかるかも。
本濱同様、その後に急ぎの用事がある時は要注意。

接客も優しくて気持ちよいです。

夜も一度来てみたいところです。


旬彩 鯛樹(大門・浜松町)
東京都港区浜松町1-24-5
03-3431-1113


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ


鯛樹 割烹・小料理 / 大門駅浜松町駅竹芝駅

昼総合点★★★★ 4.0



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: