FC2ブログ
最東端ねむろシーサイドマラソン、10㎞の部を走ってきました。

日本で最も東で開催されるこのレース、前身のノサップ岬ハーフから通算すると5年連続での参加。

根室は釧路から120㎞ほどなので、まあ地元のレースと言っても、、、いいのかな?

道東の夏場は中標津でハーフ、釧路湿原マラソン、そしてこの根室が毎年のルーティンとなってます。


前日の土曜。

釧路駅近くのホテルで気づきPさんを拾い、まずは(日本最東端の)納沙布岬へ。
IMG_20190817_120717.jpg

目的はここにある『鈴木食堂』、生さんま丼で有名なお店。
IMG_20190817_120409.jpg

毎年根室に来る目的の一つがこの生さんまなんだけど、、、今年は記録的な不漁でまったく入荷がないそう。

とういうことで生さんま丼はもちろんなし。

ここでの食事は諦めて、、、

『しげちゃんラーメン』へ。店内は(意外にも)有名人のサイン色紙がたくさん。

とんこつラーメン、昔懐かしいとんこつの味。にんにく、そしてかえしをもう少しきかせると東京醤油とんこつになりそう。
IMG_20190817_130454.jpg

食事後、受付開始時間までまだ少しあるので、名所の根室車石へ。
IMG_20190817_150041.jpg
IMG_20190817_145628.jpg

前日受付は人もまばら。まあ当日に受付でも余裕だけど。
IMG_20190817_153248.jpg

毎年宿泊してるホテルにチェックイン、荷物を置いて、ゼッケン付けなど明日の準備。

夕飯はこちらも毎年おなじみの『すしもと』

生さんまはないので、それ以外で適当に。
IMG_20190817_181032.jpg
IMG_20190817_183633.jpg
IMG_20190817_200019.jpg

ここでつぼってぃも合流して3人で2次会。

そして3次会と。。。

23時過ぎまで飲んでました。

ビール3リットルくらいかな?

それ以上かな??


翌日は6時10分起床。

まだお腹にたくさん夕べのものが残ってるw

7時30分に気づきPさんをホテルに迎えにいき、会場へ。

今年は去年よりお知り合いが多くきてる、一通りご挨拶。
201908_1566105819418.jpg

久しぶりのブラックスパイダーマン、子供にも大人気(#^^#)
201908_1566132217374.jpg

ただ全体的に参加者は減少傾向かも。


まずはハーフが9時スタート。

去年はその5分後に10㎞がスタートだったけど、今年は34分後。

時間を持て余し気味。陽射しも想定外に強く、首筋や肩がひりひりしてくる。

去年より暑くてきつそうだ。

まあ、周りの人たちと会話してるうちにスタートに時間。

9時34分にスタート。


(あと1回だけ続きます)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



富士登山競走の2日後の日曜は、毎年恒例の釧路湿原マラソンの30㎞。

このスケジュールでは3年連続。

疲労回復に時間がかかるようになってしまった50路のおやじには移動距離だけでもきついけど、既に半分地元の釧路での唯一のレースなのでスルーはなかなか出来ない。

結果はともかく、出ることに意義がある (・ω・)

だれも同意してはくれないけど(笑)


なにしろきつい富士登山競走、さらにこの釧路湿原マラソンで30㎞走れる脚を残すのが毎年の課題。

湿原のスタートラインに立つまでが富士登山競走 (・ω・)ノ

で、走った結果は(釧路にしては)異常な暑さもあってコースワーストの大撃沈。

そもそも、脚がまったく回復してませんでした。。。


釧路湿原マラソンは7年連続7回目の参加。(全て30㎞の部)

最初の頃は、こんなに釧路滞在するとはも思ってもなかった。

その時は半分観光気分だったけど、今は生活圏を走るような感覚。

コースベストは2015年の1時間56分37秒、年代別6位入賞。


会場の駐車場には少し早めに6時40分到着。(これで会場近くの駐車場所を確保する)

まずは受付をして、一旦車内に戻りゼッケンを付けたりなどして待機。

7時50分頃に陸上競技場のスタンドへ。

そこでぽつぽつとお仲間さんもやってくる。

今年も道東、札幌、そして東京や宮城からも。

最初に参加した時は完全に一人だったから、今はまわりにこんなに会話する人がいるのが不思議な気分。
201907_383671296_n.jpg


この連ちゃんスケジュールで3年目、年々自信が無くなってくる。

脚もまったくダメ、筋肉の奥深いところがじんじんとする(表現するのが難しいけど)。

すぐにダメになってしまいそうだ、最近撃沈する時はいつもこの感覚がある。

毎年サブスリーペースくらいでは戻ってくるけど、今年は無理だろうなあ。。。

歩き癖も年々ひどくなってるし(^^;

そして今日は暑そうだ。

朝の時点ではけっこう暑いかな?だった、それが途中から灼熱地獄に変わるとはまだ想像できなかったけど。


そうそう、シューズを履く時に靴紐の先端から糸がほどけてたから、それを引っ張ったらどこまでも糸が切れずにするすると。

まるで靴紐が馬の尻尾に( ;∀;)
IMG_20190728_084943.jpg

どうしようかとオロオロしてたら、それを見ていたご婦人が見るに見かねてハサミを貸してくれました~


整列も道東のローカルレース特有でゆったり。

毎年おなじみの川内選手に加えて、今年は園田選手まで!

翌日の道新にお二人と一緒に走り出す写真が(#^^#)
201907_1564370000459.jpg
201907_1564370002419.jpg


9時半スタート。

スタート直後に悟る、今年はほんとにダメだな。

この体感でキロ4に届かない。

密かに目標は2時間10分としてたけど、それも怪しい。


例年のコースは、まずは市街地と河川敷で8㎞ほど。それから湿原道路という湿原内を通る道に入り7㎞。

そこで折り返し、ほぼ同じ道を戻るコース。全ランナーとスライドできるコース。

ただ今年のコースはいつも渡る橋が工事中につき、そこを避けて一つ下流側の橋を渡る仕様。

その分、湿原道路での折り返しは例年より手前で。


ダメなりに、10㎞まではがんばってみる。

10㎞通過は41:01 (ラップは40:59)

それまでも暑かったけど、湿原道路に入ってから風もあまり感じずに暑さが尋常ではない。

給水場所では水をがぶ飲み。(これが良くなかった)

スポンジも何か所かであるから2つ3つは受け取る。


15㎞手前で折返し。

気持ち悪くなってきて、ペースダウンが著しい。

あ、これはそろそろ、、、

18㎞で立ち止まり、少しおえ~っと。しかし楽にはならず。

20㎞通過は1:25:45(ラップは44:44)


キロ4分半を見たところでゲームオーバー。

一旦立ち止まるともうダメ、1㎞も続けて走れない (-_-;)

脚は動かない、暑くて気持ちも悪い。

しかし暑い、こんなに暑いレースはいつ以来だろう。去年の道マラよりきつい。


最後は競技場周辺をぐるっと引き回しされるコースレイアウト。

27㎞から3kmは競技場周辺を走るけど、ここが毎年本当にきつい。

今年は何回も歩いてしまうからなおさら長く感じる。

最後は陸上競技場でゴール。

20~30㎞は52:50、情けないです~


グロス:2時間18分35秒
ネット:2時間18分33秒
50代順位:18位

IMG_20190728_120654.jpg

コースワーストを11分更新 (´・ω・)

この暑さは、、、伝説の30℃越えの2012年以来かな?

日本の避暑地ともいえる釧路、30℃までいくのは年に1回あるかないか。

つい先週まで20℃なかったのに。。。

この暑さでは救急車も大忙しでした (・_・)

この日は道東各地で高温注意情報
IMG_20190728_142416.jpg


富士登山競走との連ちゃんスケジュール、今年で終わりにするはずだった。

(富士登山競走は今年で終わりにしようと思ってたから)

それが五合目打ち切りになり、来年はどうするか。。。

さらに歳を取るし、もうこんなの無理だよなあ。

来年のエントリー時期に果たしてどうするか、自分でも予測出来なくて怖い(笑)


次は3週間後に根室で10㎞。

その次の8月末に、夏のメインイベントの北海道マラソン、稚内マラソンの連ちゃんです。


(おまけ)

レース前日は毎年この時期に開催の霧フェスへ。レーザーショーはなかなかのもの。
IMG_20190727_192609.jpg
IMG_20190727_192814.jpg

その後は3年ぶりの釧路名物、泉屋のスパカツ。これを注文するのは(そのボリュームとカロリーとで)根性必要(笑)
IMG_20190727_204529.jpg

ビール大ジョッキ、顔と同じくらいのサイズありました~
IMG_20190727_203241.jpg

レース後の少人数打ち上げはこれも久しぶりのジンギスカン。釧路はあまりジンギスカン文化なくてお店も少ないです。
IMG_20190728_181007.jpg
IMG_20190728_175618.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今年もなかしべつ330°開陽台マラソン(ハーフの部)を走ってきました。

気が付くと5年連続5回目の参加。

7月のレースルーティンに組み込まれてます~


釧路から北西方向(オホーツク海方面)へ100㎞のドライブ、2時間弱で行けるのもいいですね。

ザ・北海道というどこまでも続く直線の道路を走れます、北海道観光とセットでの参加をおすすめ。サロマほどではないけど、たっぷりと非日常感が味わえますね。

(道東5年生の自分には日常的な光景になってしまったけど)

ただ内陸で夏場は気温が上がることもあり、過去に33℃の灼熱のレースとなったこともあります、本州より暑いかも。

コースは高低差90m以上、スタート後すぐに急な上りで始まり、それ以降もフラットな場所は少なく微妙にうねってる場所が多い。

楽なコースではないですね。


天候的なことや、時期的にはサロマの直後でもあり毎年タイムはむむむ~です。

冬場のフルの中間点通過よりもたいてい遅い。

そんな過去の結果は、、、

<2015年> 1時間26分36秒 33℃でみな潰れてしまったようで、棚ぼたの年代別1位

<2016年> 18分40秒 サロマ翌週なので5㎞に参加、がんばったけどこれで限界

<2017年> 1時間30分32秒 30℃に負けて7年ぶりにハーフで90分オーバー

<2018年> 1時間25分24秒 12℃くらいの低気温で走りやすい、けどこの程度


そして今年の結果は、、、1時間24分46秒。

雨の1日だったけど、レース中だけは雨が降らず。気温もちょうどよく、今まで一番走りやすい日。

そのおかげでコースベスト(去年から新コースだからレースベストと言うべきか)だけど、もちろん冬場のフルの中間点通過に及ばないのは例年通り。

まあ3週連戦(サロマ100㎞、函館フル、なかしべつハーフと距離は半分ずつに減ってきてるけど)で疲れが溜っていて、朝走る前に顔が疲れてるとのご指摘もちょうだいしたくらいだからw、

これでも上出来といえるでしょう。そういうことにします(・ω・)ノ


疲れでプラス2分、コースのきつさでプラス1分として、冬場のフラットなコースなら81分くらいで走れるのではないか?

と前向きに考えます。もう何年もそんなタイムで走れてないな(^^;

IMG_20190714_111418.jpg
201907_083931111.jpg
IMG_20190714_115026.jpg
IMG_20190714_120854.jpg


次のレースはいよいよ富士登山競走。

あと10日です!

今年は特に試走なしの一発勝負。

それまでにしっかり疲れを抜くぞ~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: