fc2ブログ
久しぶりにびわ湖高島栗マラソンのクオーターを走ってきました。

2018年以来の4回目の参加。2016、2018、そして今年がクオーターの部で、2017年のみハーフ。

そして今年はクオーターの部でのコースワーストでした (´;ω;`)ウゥゥ


滋賀県北部、高島(マキノ)って関東圏の人からすると馴染み薄いかもだけど、セコイア並木で有名だし、標高高めの避暑地で別荘街でもあります。
20221023_095129.jpg

大阪のチームメートがこの場所に縁がある関係で参加するように。

2015年、2016年にはここでワールドランも開催されてますね、あの時もげろげろでした~


クオーターマラソンの距離は10.54875km、とても覚えられない(笑)

2016年は43分34秒、2018年は42分41秒、そして今年は、、、

記録:44分45秒
種目順位:11位

前回よりも2分遅い惨敗。っていうか、先週のフルの同距離通過タイムよりもだいぶ遅い (-_-;)


朝にマキノ駅でチームメートと待ち合せ。

シャトルバスで会場までは10分ほど。
20221023_095727.jpg

クオーターはスタート時間が遅くまだ時間たっぷりあるからその辺を散歩。

2㎞の部
20221023_093633.jpg
20221023_095256.jpg

栗マラソンと言えば参加賞Tシャツ(のデザイン)がはっちゃけてると有名だったけど、、、

今年は有料になってて(エントリー時のオプションになった)、しかもデザインがこんなおとなしいものに。。。
20221023_095718.jpg
20221023_100832.jpg

これでテンションダダ落ちw

昔はこんなんだったのに
IMG_20181016_114355.jpg

会場は明らかに以前より人が少ない。

前回参加時の写真を見ると会場は人であふれてる、まだ人が戻ってないんだなあ。

というわけで仮設トイレは待ちがない。

スタート15分前に整列場所へ。

例年通りで緩い雰囲気、前方スカスカで位置取りも自由。

調子からしてだいぶ後ろで待機。


10時50分、クオーターの部スタート。

スタート直後はメタセコイア並木の道をしばらく下る、最初の1㎞はなんと3:45/km、そして次のラップもまったく同じ。

やり過ぎた、ここで終わった(笑)

下り基調はここで終わり、速すぎたペースを調整してキロ4前後にしたけど、とにかく呼吸に余裕がない。

陽射しもきつい、先週の長井と同じような体感気温で今日も暑い。


川沿いの道に入ると向い風、これ毎回そうだ。

気が付くと、自分のすぐ後ろに荒い息遣いが聞こえる。

振り返ると、、、自分を風よけにしてる女性2人(笑) 1位、2位争い?

かなり近い、何回か接触するほど。

ちょっと集中できなくなってきた、呼吸も苦しい、たまらず5㎞過ぎで立ち止まった。。。


しばらく歩く、そして方針を考える。

数分あとに来るであろうチームメートを待って一緒に走り出すか、それとも先にゴールしてすぐに荷物を受け取ってゴール写真を撮ってあげるべきか。

今回はゴールしてから荷物預け場所がすぐそこ(前回は500mくらい離れた場所だった)、今から走れればゴール写真を撮れる可能性高いかな。。。

再び走り出す (・ω・)


川沿いから抜けると風が弱まり走りやすくなった。

なんとなく下り基調にも見える、ペースもまたキロ4近くに。

遠く前にハーフの人が走ってる、追いかけるけどまったく差が縮まらない。

そのまま単独走でゴール、44分55秒。


あれだけ歩いた割には、、、というかなんで歩いちゃうのか (^^;

先週の長井に続いて、今後に不安しか残らない内容。

はたしてあと2回サブスリー出来るか、ちょっと自信なし。


自分はともかく、チームメートのゴール写真は成功、入賞もされてました~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



完全に投稿が止まってました。

まともに走れなかった7月。

4月5月のウルトラで壊れた大腿四頭筋、いまだに元に戻らず。

20㎞ゆったりジョグで、翌日はまともに走れないほどの疲労感。

そしてまともに走れないと投稿する気力も起きず。。。

一体いつになったら、どうしたら復調できるのか(-_-;)


で、直前までどうするか迷ったものの、練習として参加することにした今年の釧路湿原マラソン30㎞。

3年ぶりの開催だし、2013年からずっと参加してるので、やはりこれは外せない。

レース前のこの雰囲気が懐かしい。
20220731_083117.jpg
20220731_420970911732238.jpg
20220731_1659251140913.jpg

北海道にはお知り合いランナーさんがたくさんいたことを思い出す(・ω・)


レース結果はコースワースト更新で2時間28分9秒。

予報では30℃だったかな、覚悟はしていたけど、その覚悟の遥か上をいく暑さ (-_-;)

いくらなんでも暑すぎだべさ~(笑)

しかもこのコースは日陰がほとんどない。

スタート後は突っ込んでキロ4以内。

でも3㎞でもうもたない。7㎞でサブスリーペースからもこぼれる。

そこで右の大腿四頭筋に変な張りを感じたから、一旦立ち止まってストレッチ。

この先、湿原道路に入っての往復がさらに暑くてきつそうだから先に進むのを躊躇する。

でもここで引き返すのもなんだかなあ。


10㎞通過は42分ジャスト。

湿原道路はさらに湿度も上がり、むっとする暑さ。

っていうか、いくらなんでも暑すぎる。こんな暑いの、ウルトラでは経験あるかもだけど心拍あげるフル以下のレースでは初めてではないか。

給水では立ち止まって体にバシャバシャと水をかけるけど、リスタートしてすぐにその効果も消えてしまう。

どんどんペースが落ちていき、18㎞あたりで走り続ける気力を失った。

20㎞通過は1時間28分。


そこから走って歩いて。走り出すタイミングが見つからずにダラダラと歩いてしまう。

右の大腿四頭筋もとっくに悲鳴あげてる。

24㎞くらいだったか、大丈夫ですか?と声をかけてもらった。

自分と同じく、走って歩いてを繰り返してる方で、一緒にゴールまで行きましょう、となり。

そこからはキロ5分半くらいで最後まで。

最後の10㎞はちょうど1時間。

楽しく会話しながらで、彼がいなかったらもう10分くらいゴール遅くなったはず。

助かりました~


競技場内の気温計は34.9℃となってる、釧路ではあり得ない感じ。

この日は釧路市内で観測史上最高の33.5℃になってて、すると走った場所はもっと暑かったはず。

さすがにこれはダメだ(^^;

そして北海道マラソンでもよくあることだけど、レース翌日はとても涼しい(笑)

月曜の釧路は肌寒いほどでした。


レースは散々でしたが、久しぶりに川内選手とも写真撮れたし
20220731_1659245140625.jpg

夜はさきほど一緒にゴールした方とたまたま同宿だったので、打ち上げもご一緒に。

楽しい夜となりました。


今の自分のいる場所も再認識。

ただのポンコツです (・ω・)

今年は暑すぎるし(そして北海道滞在も今後はしばらくないから)、この脚ならしばらく休んでもいいかもしれない。

9月に再スタートして、11月にはサブスリー狙えるまでにできるか、否か。


しばらくは短いジョグかウオーキングで繋ぎ、回復を待つことにしよう。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: