FC2ブログ
先週は月~日と7日連続で走りました。

それぞれの距離はいつもより控えめながらも、7日連続って走り始めて10年にして初です。

(今までは最長で5日)

反動で、その後2日はお休み。

ちょっと頑張り過ぎてしまって、右膝のご機嫌を損ねてしまった。

まあそれも落ち着いたようだから、今日は夕方に走れるかな~


しかしこの右膝、想定してたより頑固にご機嫌がよろしくない。

ここまで長引くとも思ってなかった。

今までの故障と比べて、我慢すれば走れるものでもない。

1年半も苦しんだ右脚の内転筋の時は、痛くて減速はするけど、立ち止まる直前では踏ん張ることができた。(出来ない時もあったけど)

それが今回は、とても走るどころではなくなってしまうような痛み。

いつまで続くか、もしくはずっとこのままなのか。

考えると気が滅入るなあ (´・ω・)


この膝では時間内完走はできるにしても、今狙ってる100回達成とかまず無理。

老後に膝に大きな問題を起こすかもしれない(母は人工関節入れてます)し、

膝がこのままなら、どこかで何らかの決断をしなければ。

まず、100㎞からは撤収の可能性が一番高いかな~ (・_・)

目安としては、来年3月に膝の状態がどうなってるかだな。


週末は千歳フルで、いつもなら”過去の千歳振り返り”とかやるところだけど、最近は振り返ったはいいけどDNSすることが多くて、なんか恥ずかしい(笑) から、

今回はもし走れたら振り返ることにしよう。(過去の投稿のコピペだけど (^^; )


掲題の件です。(これも過去の投稿よりほぼコピペw)

ここで書いてる通り、くまごろうは2014年5月から東京半分、釧路半分の生活を送っています。

毎週毎週、東京と釧路の往復。


もともと中学高校と札幌だったけど、道東にはそれほど来たことがなく。(夏休みに親戚の家に遊びにくる程度)

釧路の地理、道、お店とかよく分かってなかったけど、今では地元民とそん色ないレベルまできてるような。

釧路用の車まで中古で買ってるから、家はないけど駐車場は借りてます。


きっかけとなった出来事が2014年のGW中にあり。

その時はせいぜい数日かな?と思い行ってみると、事態はとても深刻。

決定的だったのがその年の10月。

あることが起こり、これは長丁場になりそうだ、、、となって、

今はその時の想像よりもはるかに長くなってます(笑)


それからいくつかの試練を乗り越えてきました。

これ絶対に無理だろう、ってことも一つクリア。

一番重い荷物は降ろせてます。

が、あと一つはまったく終わりの見えない任務。

いつまで続くのか、見通しがつきません。


10年後に同じことをブログで書いてるってこともあり得るし (´・ω・)

そろそろ疲れも取れにくくなってきてるし、落ち着いた生活を送りたいのですが。


しかしいつまで続くか分からない任務って自分でも初めてのこと。

あと1年かもしれないし10年かもしれない。

なんとか数年で落ち着いてほしいなあ。


その反面、このおかげでいいこともたくさんありました。

北海道って今まで札幌周辺しか知らなかったけど、他の地域に行く/行ける機会が増えました。

毎週のフライトのおかげで、マラソンの遠征は飛行機代はかかりません。これは本当にありがたい (・ω・)

何より、今はそれで生活費を稼げてるわけで。。。


にしても、そろそろ落ち着きたいな~

(まあ、マラソン遠征を減らせば、それだけでだいぶ落ち着くような気もする。。。)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



この時期、道東の朝は早い。

サロマ湖ウルトラに出たことのある人ならご存知の通り、スタートの朝5時はもう昼間のような明るさ。

今朝も日の出は3時58分くらいかな?

ということは、外は3時半でもけっこうな明るさ。

そして、アラフィフともなると、一度朝方に目を覚ましてしまうと、もう一度寝るのが難しかったりする。

(個人差はあるだろうけど)

まだ眠いのに眠れないのはとても辛い。が、加齢現象なので。。。


何が言いたいかというと、外が明るくなってきて目が覚めてしまって、時計を見るとまだ3時半

っていう時のダメージが大きい(´・ω・)

東京より1時間は早く明るくなるから、それに合わせて睡眠時間も1時間短くなってしまう。

すんなりまた眠れればいいけど、それがなかなか。


そこで重要なのが、ホテルの部屋のカーテン。

しっかり遮光するものなら外の明るさとは無関係に安眠できる。

そうでなければ、睡眠不足で昼間ふらふらの可能性がある(笑)

同じホテルでも部屋によってカーテンが違ったりするし、半分は運だなあ。


で、今回宿泊した部屋は、遮光ということでは最悪。

一番安かったお部屋タイプおまかせプランで予約したら、和室だった。

で、窓はカーテンではなくて、なんと障子。

遮光率はほぼゼロ (^^;

2泊したけど、2日とも3時半前に目がさめてしまった。

初日は目がさめたまま2度寝できなかったけど、2日目はうつらうつらではあるけど朝6時近くまでなんとか寝れた、、、かな。


これから、夏場は部屋タイプおまかせプランはやめることにします(笑)



やっと釧路でも桜がきれいに。

これは昨日の別保公園、釧路の桜の名所です。まだ5分咲きくらい。
IMG_20190516_134409.jpg
IMG_20190516_134033.jpg

週末に桜祭りが開催されるとのこと。

写真を撮ってたら、脚に抱きついてきた(#^^#)
IMG_20190516_133943.jpg

まともに走れないくせに、念のためのレース前の恒例のうなぎ~
IMG_20190516_192717.jpg

今朝、自分の朝ランコースにもなってる耐震埠頭に観光クルーズ船が入港。歓迎セレモニーとかけっこう盛大。
IMG_20190517_083610_BURST006.jpg

朝は8時頃に入港して、夕方5時か6時ごろに出港するのが一般的。

この船は函館からきて、次はペトロパブロフスク・カムチャツキーに向かうそう。

(ペトロパブロフスク・カムチャツキーってどこか分からなくて調べてしまったw)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今日はレスト。

昨日の右膝の状態からして、1日間隔をあけてみることに。

明日の土曜は(東京で)午前中たっぷりと時間あるから、ゆっくり走り、もしくは歩きを交えてもいいから30㎞近くやっておきたい。

それができないと、野辺山の完走難しいな(´・ω・)

しかし明日の東京は暑そうですね、釧路での朝ランより20℃近く暑くなりそう。

まあ、ゆっくりだから暑さの影響はないと思われますが。


今年1月、勝田マラソンでやってしまった右ふくらはぎの肉離れ。

その時に履いてたシューズはズームフライ フライニット。

練習では20㎞までしかやったことがないところをえいや~で投入したら、前半こそ快調だったけど後半は何の反発力も感じなくなって、ただの錘のようになって。

自分の走り方に合ってないとこうなるという、世間でよく言われてる結果に。

レース後は右脚を引きずるような歩きしかできなくなってました。

で、復活までに2ヵ月かかった、と (・_・)


それ以降、ズームフライ フライニットはなんとなく履くことを敬遠してたのですが。

今回の右膝故障で、手持ちの中でジョグするのに一番クッションのあるシューズってどれだろう、、、

と考えた時に、ひょっとしてズームフライなのでは?

試してみると、クッションという意味ではやはりこれが一番ありそう。

(ただしヴェイパーフライは除く、さすがにもったいなくてジョグに使えない)

なので、最近はジョグはもっぱらズームフライです。


ただし走り方はだいぶ変えないといけません。

何も考えずに走ると自然とペースが上がってしまう(すると全然膝に優しくない)から、

以前は前への推進力として使っていた反発力はなるべく殺す、

極端に言うと上方に飛び跳ねるようなイメージでやってみると、極めて脚や足裏に優しい、クッション抜群のジョグ向きシューズに。

使い方としては完全に間違ってるだろけど、手持ちで最も脚に優しいシューズに生まれ変わりました (・ω・)


キロ5分半~5分くらいで15㎞走っても、(故障中の膝はさておき)脚への負担はほんとに少し。

ラン後、30分くらいたつと「あれ、今日走ったっけ?」と思うくらい。

すません、少し言い過ぎました(笑)

まあ、そのくらい優しく感じる。


ということで、次のウルトラ本番はズームフライを投入します。

硬いシューズでおこる横アーチの痛み問題はズームフライではごく僅かだから、これがウルトラでいけるなら最高のシューズになるかも。

ただしキロ4分半あたりのスピードになるとふくらはぎが心配だから、下り坂での飛ばし過ぎは注意かなあ。


このシューズを”ゆっくりペース”専用で使うって贅沢なことかもしれないけど、

このまま眠らせて、そう遠くない将来に処分、ってことになるよりはいいかな~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今日もレスト。

故障の右膝、該当箇所を指で押すだけで痛かったけど、今朝はそれほど痛くはない。

ほんの少しは改善した模様。

今日の外出では少し早歩きしてみて、それで痛くないなら明日はゆっくり、小走りしよう。

(早歩き ≒ 小走り ですねw)


で、走ってないし他にネタもないので、メモってある小ネタをいくつか。

-----------------------


使わない言葉

・美女ガー (軽々しく使うとインフレしがちな単語。おっさんが女性ランナー誰にでも使うことあるけど。。。)

・距離を踏む (これって陸上界の用語? 距離を走るではダメ??)


-----------------------


修学旅行では、京都奈良に2回行った。

小6時代は名古屋に住んでて、修学旅行は近場で京都奈良。

高校は札幌、修学旅行は遠くまで出かけて京都奈良。

ほとんど同じようなコースをまわった。

その時から奈良の雰囲気には惹かれて、お気に入りの観光場所に。

京都よりも奈良のほうが落ちつく。

奈良マラソンは何度も走った。

マラソンを始める前は、秋にある「正倉院展」目当てで何度も奈良に通っている。

奈良公園周辺を散歩してると遥か昔にタイムスリップしたような感覚になるのがまたいい。

(ちなみに中学の修学旅行は弘前城や十和田湖。いつか弘前アップルマラソンを走ってみたい)


-----------------------


47都道府県制覇に向けて、残りは青森、山形、群馬、新潟、福井、和歌山、広島、香川、高知、福岡、長崎、熊本。

このうち、今年エントりー(予定)は山形、群馬、新潟、和歌山、広島。

(でも多分全部は故障で走れない (・_・) )

福岡も福岡マラソンの抽選には申し込んだ。

熊本はこの前のフルを走る予定だったけど故障で見送ってしまった、残念。来年、もし阿蘇のウルトラが復活するならぜひ行きたい。

遠征はフル以上の距離でいきたいけど、レースはあっても開催時期で悩ましい県がある。香川、福井、長崎あたり。

まあ、そこまで制覇に拘ならくても、、、なんだけど、ここまできたらせっかくというのもある。

今年が終わった時に残り5~6県だったら、来年は距離にこだわずに制覇に向けてエントりーしそうな予感。


-----------------------


もう10年近くも前かもしれないけど、そしてどこで見たかは覚えてないけど、マラソンを腕立て伏せにたとえて印象的だった言葉をコピペで取ってあって。

腕立て伏せを21回までしかやったことがないのに42回やろうとすると、

25回はできるかもしれない

30回で腕が震えだして

35回で地獄を見て

38回で動かなくなる


これを見た後に初フルだったけど、まったくその通りでした (・ω・)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



平成最後の
令和最初の

を、ブログのみならず日常会話の中で意地でも使ってません。

あまりにこの種の言説が溢れすぎていて。

とうとう、今ここで使ってしまったけどw


レスト継続中。

右膝はじっとしていてもまだ違和感あり。早歩きで痛くなる。

深くて長いトンネルのはじまりではないことを信じてます (・ω・)

長そうだったらまたまたブログ休止だなあ。

週末の日曜あたりにかる~く走ってみようと思ってます、様子を確認。


で、走り込むつもりだったGWは、ひたすら食べて過ごすことに。

ハイライトは(北海道)えりも町『いさみ寿司』の春うに丼!
IMG_20190501_141419.jpg

せっかくなのでうに増量で。

このあたりの漁期は今で、旬のうにを食べようと思ったらこの時期は北海道でも日高地方だけ。

前から行ってみたかったけど、今回釧路からのロングドライブでやっと訪問。(途中の道が通行止めなどで、釧路から往復530㎞の道のりでした~)
IMG_20190501_142351.jpg

雨だったこともあり、えりも町の滞在時間は30分だけ。ひたすら運転だけの日でした。


釧路では、よくテイクアウトはするけど店舗で食べたことはなかった『都寿司』にも。
IMG_20190430_193350.jpg

今まで知らなかったけど、ここは銀座にも出店してるそう。値段が怖くて銀座には絶対に行けないなあ。


東京、茗荷谷の『中勢以 内店』も前から行ってみたかったところ。熟成肉の有名店で、そのお肉は別のイタリアンで食べたことはあったけど、こちらは本家本元。
IMG_20190427_122635.jpg

ショーケースにあるおよそ20種類ほどの熟成肉の中から好きなものを好きな量だけ選べるシステム(選んだ肉とグラム数によって値段変わります)

3種類、イチボ、ランプ、ブリスケを選択。
IMG_20190427_125208.jpg

熟成肉特有のうまみ凝縮感がすごい。この中ではランプが一番好みでした。
IMG_20190427_134832.jpg

このお店は桜の名所の播磨坂にあって、以前近くに住んでたから毎年桜を見にきてましたね。道路対面にはよく通っていた『Tanta Roba』もあったり。ここも久しぶりに行ってみたい。


その他、横浜の実家の近くの家系、超有名店の『寿々喜家』、もう27年も通ってる!
IMG_20190423_122522.jpg

この日ももちろん大行列、でも1時間は待たず。
IMG_20190423_120829.jpg


写真にはないけど、田町で水炊き、近所の銀だこでの居酒屋利用とか。あとはプロントで昼から飲みまくったり。


GW後半もあまり走れない(もしくはまったく走れない(・_・) )けど、この調子でどんどん食べてきます~

大阪にも日帰りで行く予定ありです。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



万全の状態とは程遠かったとはいえ、チャレンジ富士五湖118㎞でのダメージが大きすぎます。

もう1週間ですが、まだ走りだせず。

筋肉痛は引いたけど、太ももなどに何かがはりついてぴりぴりするような感覚。

走ろうと思っても太ももが痺れてきて。。。

長距離走って脚が鍛えられたというより、徹底的に筋肉が破壊されて再起に時間がかかりそう。

それはちょっと大げさか(笑)


常々、ウルトラはフルの練習にはならない、むしろ脚が壊れて元の練習に復帰するまで時間かかって脚が劣化すると言い続けてますが、

今回も身をもってそれを証明してきました (・_・)

まあ、それを承知でやってるんですけどね。

こんな脚だけど、無理やりにでもラン再開させないと。

で、野辺山のあとでまた同じことを言ってます (^^;


他のブログなどで同じような長距離レースを走ったあと、すぐにジョギングなど練習を再開するのを目にすると驚きます。

本当にこの人は強い脚を持ってるんだなあ、と。

ほぐしジョグ?なんて言われても意味分からない。

ほぐすのでも締め付けるのでもなんでもいいけど、走れることがすごい。

こちらは数日間走るどころではないのに。

フルの後でも2日は走るのが難しい。

へたすると金曜まで走れないこともある。フル連戦なんてやると綱渡りになります。

連戦やってると「回復力あるんですね」と思われるけど、回復力ある人ってすぐにジョギングくらいなら出来るのではないかなあ。


自分は脚が弱い、脚というか筋肉が(走ってないと)すぐに落ちてしまう、元に戻るのに時間がかかる、と思っていて。

走ってないとすぐに脚が細くなります、見た目ですぐに分かるレベルで。


この趣味を始めてから、今の脚を手に入れるまで、というかハーフなりフルなりを走れるようになるまでとても時間かかりました。

初めてのハーフは2009年の12月だったのですが、ジョギングを始めたのはその半年ほど前。

(ということはジョギング開始からもう丸10年だ!)

そのラン開始当初から、走ったあとでとにかく脚のいたるところが痛い。

痛くて痛くて、走るってこんなに痛い趣味だったのか、と思ったり(笑)

そして他の人に聞くと、こんなに痛がってるのは自分だけなのか、と。

痛いけど、痩せていくのが嬉しくて続けたんですが。

その時は平均すると月間150㎞、月によっては200㎞は走ってました。

ハーフマラソン完走を目指すにあたってはなかなかの距離ですよね?

半年間、これだけ走ればハーフくらい余裕でいけそうなもの。

なのに、ハーフ本番では中間過ぎで走れなくなって、ヘロヘロでゴール。

そして、、、その直後から脚が痛くて歩行困難に。

翌日も、信号が渡り切れないレベルで脚が壊れてました。

1週間はダメだったはず。


その後も挫けずに走り続けて、それから1年くらいしてハーフを走ったあとでも平然としてられるようになったけど、

そうなるまで平均よりも時間かかってるし距離も走ってやっと人並みになったということ。

こんなんだから、フルマラソンなんて走れるようになると思わなかったです、2010年の中頃までは。


しかし、ハーフを普通に走れるようになったら、フルに挑戦というのは自然の流れ。

さらに練習の距離を伸ばして、、、月250 ~ 350㎞くらいは走り、そして迎えた初フルは2011年6月の千歳。

これも中間点で走れなくなってヘロヘロでゴール、初ハーフと全く同じパターン。

その直後から歩けなくなって翌日以降も、、、というのも全く同じ。


ちなみに初ウルトラは2014年だけど、これも初ハーフ・初フルと同じような経過をたどるわけです。

初ウルトラ前は400㎞以上走る月を何度もやったけど、、、まあ同じようなことに。


もちろん、走り込む人はもっともっと長い距離、月500㎞なんてのを毎月毎月こなす人もいるわけで、自分はその足元にも及ばないけど、

まわりを見渡すと決して自分が練習距離が少ないとは思えない。

なのに、人並みになるまでは時間がたっぷりとかかってしまった。


過去にそういう経緯があって今に至るから、故障やレース後の疲れで走れなくなることに大きな恐怖感をおぼえるわけです。

得るまでに長い時間かかるけど、失うのはあっという間、

それが自分の脚力 (´・ω・)


脚を劣化させてしまう大きなリスクを背負うのを承知で、ウルトラ4本を秋までに入れてるわけで、

ほんとにアホですね~

(フルシーズン中の1月にもいれちゃいそうw)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今朝起きてみると、肋骨の痛みがだいぶ軽くなってます。

この1週間は起床とともに痛み止めを服用してたけど、今日からそれをやめてみることに。

今のところ、昨日までの痛み止め服用した状態と同じくらいの痛み具合。

やっと底を脱して反転してきました。

全治3週間といわれてたけど、これなら2週間かからずに痛みなくなってくれるかも。


で、痛み軽減とともに、週末のチャレンジ富士五湖118㎞をどうするか悩みだすわけです。

やっとコースを確認してみました。

なるほど、71㎞だと3湖、100㎞だと4湖、118㎞だと5湖を巡るのか、

と初めて知ったり (・ω・)


そして、、、40㎞手前で一旦会場に戻ってくるようで、これは極めてやめやすい。

最悪ここでやめられるから、スタートすることは前向きに検討です。

これから東京に戻るから、夜に痛み止めなしで走ってみよう。

その感触で方針を決めます。


完走目標でいく場合、100㎞過ぎてから3時間は余裕欲しいから(村岡120㎞での経験による)、すると12時間以内で100㎞通過が目安。

コースは村岡のようなきつい峠はないけど、今の状態を考えるとそのくらいの時間の余裕が欲しい。

まあ、肋骨の痛みが強くなると時間云々の問題ではなくなってしまうから、あくまでも机上の話しだけど。


もともと、タイムの目標としてはでっかくサブ10!

は冗談として、11時間を目安にしてました。

イメージ的には、100㎞まではサロマの設定よりキロ10~20秒落ちで余裕を持って走ろうと。

それが転倒したために時間内完走が目標になってしまった (-_-;)

せめてもう1週間前に転倒しておけば間に合ったかも(笑)


あ~、しかしこんなことになるならせめて100㎞にしておけば良かった。

出るなら一番長い距離でしょ、と118㎞にエントリーしたことを後悔中 (´・ω・)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: