FC2ブログ
人生初の大腸内視鏡検査を受けてきました。

(ほんとは去年やろうとしてたけど、その頃に原因不明の体調不良につきキャンセルしました)

予め下剤を渡されていて、検査3日前から飲むよう指示されてたけど、たまたま検査前は飛行機やら車での移動やらでいざという時トイレに駆け込みにくい。

(かなりの便秘症なので、下剤は腹痛伴うし、いつ効き出すかも分からない)

なので、検査2日前に下剤たくさん使ってなるべくお腹を空にして、検査前日はほぼ絶食(食べたのはプレーンヨーグルトとチョコ少し)という作戦で臨みます。

久しぶりに極度の空腹を覚えました。


そして当日。

検査場所に9時半到着。

今日は10人ほど同じ検査の人が来ていて、それぞれの椅子があてがわれます。

まずは洗腸剤。1000mlを1時間かけて飲み、さらに水500mlを30分かけて飲んで。。。
201908030925463d4.jpg

これがお腹張ってきて苦しい。

人によってはすぐに出てくるけど、自分はなかなか出てこない。胃だけが膨らんでる。

歩き回ったり、跳び跳ねたり(笑)

同じようなことやってる人もいたり。(なぜか女性ばかり)

げっぷすると、洗腸剤のにおいが上がってきて吐き気する(~_~)


なんとか排便すると、今度は立て続けにくるからお尻がヒリヒリ(^-^;

5回目くらいから、出る度に看護師さんを呼んで出たものを確認してもらう(~_~)

けど、何回出てもダメ出し。

中のものが出きらないと検査してもらえない。

洗腸剤を追加されて水飲んで、、、を繰り返す。

何度もダメ出しする看護師さんが鬼に見えてくる(笑)

人によってはすぐにオーケー出て検査着に着替え始めるけど、自分はなかなか。

だんだん人が減ってくると焦りも出てくる(笑)

なぜか男性が先に抜けていく、女性と自分だけ居残り。

やっとオーケー出たのは11回目の排便。

洗腸剤飲み初めてから4時間後。

薄い黄色の水分のみになっていて、こんなに腸内がすかすかになったのは多分赤ちゃんの時以来。

実際の検査は鎮静剤使ったのであっという間。

組織も取られてないから、多分問題はなかったような。(結果は3週間後です)

とにかく洗腸剤の刑が激しく辛かったです~


シューズの話し。

相変わらずシューズ難民で、レースにおいては(特にウルトラ)は毎回何を履くか頭を悩ましてます。

ナイキのエピックリアクトフライニットはチャレンジ富士五湖で履いたけど、50㎞を超えた頃からいくつか不具合が。

かといってズームフライやヴェイパーフライは後半になって脚が耐えられる自信がない。

結局HOKAのCLIFTONになったりするけど、、、もう少し軽いのがいい。

で、一昨日サイトでHOKAの新しいモデルを見つけ、すぐに購入。

RINCONっていうモデルで、売り文句は

シングルレイヤーアッパーや薄いタンで、ごく軽量なシューズに驚くほどのクッションを詰め込み、ソフトでスピーディーな走り心地を実現。スタイリッシュな非対称デザインのシングルレイヤーアッパーや薄いタンで、片足わずか218g(27cm)の軽量なシューズに驚くほどのクッションを搭載


で、27㎝で218gといいうのはTRACERとほぼ同じ。

それでいてクッション性はより高そう。

イメージではCLIFTONのアッパーを軽量化したものかな?

これはウルトラにいいかな?と思い、ポチってみました。(HOKAにしては)そんなに高くないのもいい。

届くのが楽しみです (・∀・)


HOKAと言えば CARBON Xはまだ手に入らず。通販サイトではまったくサイズない。

履いてる人はけっこう見かけるけど、、、

どこで手に入るのかなあ。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



予定通り、脚休めを満喫しております。

日曜のハーフ以降、レスト継続中。

今朝は軽く走ろうかな、、、とも思ったけど、朝起きてホテルの窓の外を見ると濃霧。(今日は釧路にいます)

まったくテンション上がらず、無事にレストを継続です。


7月になってからレースは2つ、それ以外に走ったのは2回のみ。

もう7月18日なのに、走ったのはたった4日という。

故障ではないのにここまで走ってないというのは初めて。

(いや、左足の甲が故障といえば故障かもしれないけど、ここまで走らない理由にはならないですね)


今年の7月は(涼しくて)走りやすそうな日が多く、そういう意味では走らないのはもったいない。

けど、7月をリセット月間としてあまり走らないってなかなかいいかも(・ω・)

今年は実験的にやってるけど、それで今後の結果に悪い影響がなければ来年もそうしよう。


掲題の件です。

正確にいうと7月28日が8周年だけど、特に話題の無い今日に投稿します。

ブログを開始して8周年、もうすぐ9年目に入ります。

自分の置かれている環境も大きく変わりました。

まさか東京と北海道の2重生活になるとは夢にも思ってなかったなあ。

よく考えたら、この8年のうち5年は2重生活になってます、そちらの方が長くなってるのか (・ω・)


以降、毎年書いてることの切り貼り含めてです。


初めて投稿をしたのが2011年7月末。

走り始めてから2年と少し、フルはまだ1回しか走ったことのないタイミングでした。

当時の写真を見ると、今ほど日焼けしてなくて色白です(笑)


ブログを始める前、何かでたしか「3ヶ月続くブログは全体の20%」とあるのをみて、よーし3ヶ月継続をとりあえずの目標としよう!と思った記憶があります。

が、やはり書き続けるのは大変。

当初は少しでも何かの役に立つような情報を。。。というのが、それでは長くは続けられないと悟り、ただの自分日記に路線変更。

途中で何度か中断の危機がありましたが、まだ細々と続いてます。

日々更新というこだわりをあっさりやめたのも大きい。

最初の1年くらいは毎日投稿してたんですが、明らかに無理がありました。


そもそもなぜブログを始めたかというと、たいした理由はなくて、ただその時(2011年7月ごろ)、自分的に「最近インプットばかりでアウトプットがない」と思ったんですよね。

(正確にいうと、妻から何かアウトプットしたらと言われました(^^; )

既にその時点で時代はSNS、ブログはちょっと古い?という風潮が漂いはじめていたけど、そこをあえてブログで。

不特定多数の目に触れるという緊張感を求めたのかも。

だからといって沢山の目に触れたわけではなくて、アクセス数は極小。

始めてから1年くらいは笑ってしまうくらい少ない日ばかり。つくばなどのレースのこと以外の日はアクセスがない。

気合を入れて書いた日ほどアクセスがないというジンクスも。アクセス一桁だったり(・ω・)

別にアクセス数で書くことが変わるわけでもないから、いつの頃からかアクセス数をチェックするのをやめました。

むしろ知らないほうが幸せでしょう (^^;


そんなアクセス数だから、レース会場で(初見の方から)声をかけてもらうこともなし。

初めて声をかけてもらったのは2014年12月の防府の宿泊ホテル、そこでなんとお二人からも!

不思議なもので、それ以降頻繁に声をかけてもらっています。


ブログのテーマをマラソンにしたのもそれほど意味はなく、他にも候補としてあげたテーマはありました。

食べ歩きとか音楽とオーディオですね。

マラソンにしたのは、一番更新するネタが多そうだから、というところ。

あとはその時にマラソン系ブログでお気に入りのものがあって、自分もこんなのやれたらいいなあ、というのもありました。

(それはいまだに実現できてないけど。。。)

その当時有名だったマラソン系ブログでいまだに続けられてるのって本当にごくごく僅か。

時代の流れを感じます。


高校卒業してからほぼ運動経験ゼロ、40になってからメタボ対策で走り始めて10年あまり。

気が付いたら”自傷行為”とも揶揄されるほどレースに出まくってる。

実際、ここ数年は故障してる時の方が長い。


既にフル、ウルトラではPBを超えるのは難しく、今後の方向性について悩むこともあります。

トレイルは才能ないから、するとロードの超長距離なのかなあ。

で、また故障だらけ、と(笑)


今まで冗談でサブスリー100回って言ってきて、さすがにそれは無理だろうなあ、、、と思いつつも、あと24回だ。

だいぶ現実的な数字になってきました。 (本当に現実的か(笑))

PBなどのタイムを狙うのはもう諦めてます、回数で勝負です (^^;

が、50代に突入したし、脚も年々劣化中につき、いつまでサブスリー出来るか不安なのも事実。

なるべく続けたいけど、次の1回すら不安なここ最近です。

ウルトラを減らせば故障も減る(そしてフルのサブスリーの確率は上がるかもしれない)けど、それも口だけでなかなか減らせない。

分かっちゃいるけど、、、の世界なんだよなあ(´・ω・)


ブログ開設10周年までにサブスリー100回達成したいかな~ (^^;

いやいや、それまで(10周年)にマラソンもブログも続けるのを当面の目標にしよう。


そんな50のおっさんですが、今少しなまぬるい目で見ていて頂ければ(・ω・)ノ



応援クリックよろしくお願いします(^^)



函館後は3日間レストに。

木曜の夜、釧路で(ちなみに13℃しかない(*_*))軽くジョグってみると、想像以上に脚の疲れが取れてない。

最初から脚が重くペースも体感よりキロ20秒遅く。

あげくに10㎞過ぎで左足甲の痛みが思いっきりぶり返し(´・ω・)

15㎞予定が11㎞で打ち切りました。

簡単に再始動はさせてもらえず。

これから調子が右肩上がりの予定だったのに~

やっぱり歳も歳だし、想定通りには進みませんね。

7月は休憩・リセット月間だから、左足甲が落ち着くまで休もう。

明日はハーフだけど、走るかどうかは朝の気分と天気次第です(・ω・)


早くも今年も半分経過。

勝負と思ってた野辺山はDNS、サロマも撃沈と冴えないことが続いてました。

どこまでもズルズルと落ちていくかと思われたところを、どうにかこうにか態勢を立て直せた、、、かな?


ウルトラは今年はさっぱりな結果ばかり。

今年はあとチャンスは2回、ちゃんと走れるかどうか。

(しかし2回とも累積高低差2500m以上のハードなコースだ(^^; )


サロマはサブ10はしてるから、100㎞は6年連続サブ10できました。ぜひ来年以降も続けたい。

(ただしウルトラのエントリーそのものは減らさないと)

フルは2011年以降毎年サブ3してるから、今年で9年連続。来年は節目の10年連続になります、これは絶対にしたい。


100㎞でサブ10、フルでサブ3とくると、市民ランナー的には富士登山競走を加えてグランドスラムってのがあるけど、

これも年間でのグランドスラム(起点は1月なのか4月なのかは分からないけど)も2017年、2018年としてるので、もし今月の富士登山競走で時間内完走できれば3年連続年間グランドスラムということに。

(しかし去年は制限時間20秒前でのゴールw、今年の調子からして難しい戦いになりそうだ。。。)


2017年は3つとも2ヵ月以内でやってるけど(6月の千歳とサロマ、7月に富士登山競走)、

ついさっき気が付いたけど、今年は6月末のサロマと7月頭の函館で記録出してるから、富士登山競走が完走できれば1カ月以内で達成ということに。

1カ月グランドスラムだ、、、ただし今年の調子からして (以下省略w)

こだわりはないけど、でもこれに気が付いたからには富士登山競走も全力を尽くさねば (・ω・)

しかし富士登山競走は辛い辛いレース、気が付かなければ良かったかも (^^;

標高上がると体が動かなくなるから適性ないなあ。

去年はサブ4したかったけど、まさかあそこまで脚が止まってしまうとは。


話しは変わって。

今年のサロマ100㎞からの函館フルの2週連戦完走、100㎞~フルの流れでの連戦は初めての経験。

その逆のフル ~ 100㎞の2週連戦完走は、2018年1月にいぶすきフル ~ 宮古島ワイドー100㎞でできてたけど、100㎞翌週のフルはいまだに(怖くてw)やってなかったです。

(去年その流れでエントリーしてたけど台風で中止に)

函館で分かったけど、その流れでやってる人っていくらでもいて、別に珍しくもなんとも。


あと、以前やろうとしてまだなのは2週連続での100㎞完走。

これはもう無理だろうから(脚が壊れる)、諦めてます。


お仲間さんの中には凄すぎる人もいて、例えば

・フルで2日連続サブスリー(大田原とつくばだったかな?)

・単月でフル6本完走(祝日にレースのある時だから11月かな?日曜が5回あるような巡り合わせも必要ですね)

・年間で50レース完走

という、真似しようのないことやってる人も (@_@)

(全部気づきPさんだけど(笑))


フル2日連続はエントリー絶対にしようとも思えない。中2日ならやったことあるけど(防府からの加古川)、もう2度とやろうとは思えません。

月に6回フルとか、、、6週連続ではやったことあるけど、それを6週間ではなくて1カ月以内でやってるんだよなあ。


まあ、ほんとに歳も歳だし、こんなに故障がちになってしまった今は無茶はしてはダメ。


堅実にフルでのサブスリーを淡々と積み重ね、年に1回はサブ10をする。

走れるうちはそれでいきたい。


しかし2週連続100㎞ってやってみたいかも(笑)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



先週は月~日と7日連続で走りました。

それぞれの距離はいつもより控えめながらも、7日連続って走り始めて10年にして初です。

(今までは最長で5日)

反動で、その後2日はお休み。

ちょっと頑張り過ぎてしまって、右膝のご機嫌を損ねてしまった。

まあそれも落ち着いたようだから、今日は夕方に走れるかな~


しかしこの右膝、想定してたより頑固にご機嫌がよろしくない。

ここまで長引くとも思ってなかった。

今までの故障と比べて、我慢すれば走れるものでもない。

1年半も苦しんだ右脚の内転筋の時は、痛くて減速はするけど、立ち止まる直前では踏ん張ることができた。(出来ない時もあったけど)

それが今回は、とても走るどころではなくなってしまうような痛み。

いつまで続くか、もしくはずっとこのままなのか。

考えると気が滅入るなあ (´・ω・)


この膝では時間内完走はできるにしても、今狙ってる100回達成とかまず無理。

老後に膝に大きな問題を起こすかもしれない(母は人工関節入れてます)し、

膝がこのままなら、どこかで何らかの決断をしなければ。

まず、100㎞からは撤収の可能性が一番高いかな~ (・_・)

目安としては、来年3月に膝の状態がどうなってるかだな。


週末は千歳フルで、いつもなら”過去の千歳振り返り”とかやるところだけど、最近は振り返ったはいいけどDNSすることが多くて、なんか恥ずかしい(笑) から、

今回はもし走れたら振り返ることにしよう。(過去の投稿のコピペだけど (^^; )


掲題の件です。(これも過去の投稿よりほぼコピペw)

ここで書いてる通り、くまごろうは2014年5月から東京半分、釧路半分の生活を送っています。

毎週毎週、東京と釧路の往復。


もともと中学高校と札幌だったけど、道東にはそれほど来たことがなく。(夏休みに親戚の家に遊びにくる程度)

釧路の地理、道、お店とかよく分かってなかったけど、今では地元民とそん色ないレベルまできてるような。

釧路用の車まで中古で買ってるから、家はないけど駐車場は借りてます。


きっかけとなった出来事が2014年のGW中にあり。

その時はせいぜい数日かな?と思い行ってみると、事態はとても深刻。

決定的だったのがその年の10月。

あることが起こり、これは長丁場になりそうだ、、、となって、

今はその時の想像よりもはるかに長くなってます(笑)


それからいくつかの試練を乗り越えてきました。

これ絶対に無理だろう、ってことも一つクリア。

一番重い荷物は降ろせてます。

が、あと一つはまったく終わりの見えない任務。

いつまで続くのか、見通しがつきません。


10年後に同じことをブログで書いてるってこともあり得るし (´・ω・)

そろそろ疲れも取れにくくなってきてるし、落ち着いた生活を送りたいのですが。


しかしいつまで続くか分からない任務って自分でも初めてのこと。

あと1年かもしれないし10年かもしれない。

なんとか数年で落ち着いてほしいなあ。


その反面、このおかげでいいこともたくさんありました。

北海道って今まで札幌周辺しか知らなかったけど、他の地域に行く/行ける機会が増えました。

毎週のフライトのおかげで、マラソンの遠征は飛行機代はかかりません。これは本当にありがたい (・ω・)

何より、今はそれで生活費を稼げてるわけで。。。


にしても、そろそろ落ち着きたいな~

(まあ、マラソン遠征を減らせば、それだけでだいぶ落ち着くような気もする。。。)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



この時期、道東の朝は早い。

サロマ湖ウルトラに出たことのある人ならご存知の通り、スタートの朝5時はもう昼間のような明るさ。

今朝も日の出は3時58分くらいかな?

ということは、外は3時半でもけっこうな明るさ。

そして、アラフィフともなると、一度朝方に目を覚ましてしまうと、もう一度寝るのが難しかったりする。

(個人差はあるだろうけど)

まだ眠いのに眠れないのはとても辛い。が、加齢現象なので。。。


何が言いたいかというと、外が明るくなってきて目が覚めてしまって、時計を見るとまだ3時半

っていう時のダメージが大きい(´・ω・)

東京より1時間は早く明るくなるから、それに合わせて睡眠時間も1時間短くなってしまう。

すんなりまた眠れればいいけど、それがなかなか。


そこで重要なのが、ホテルの部屋のカーテン。

しっかり遮光するものなら外の明るさとは無関係に安眠できる。

そうでなければ、睡眠不足で昼間ふらふらの可能性がある(笑)

同じホテルでも部屋によってカーテンが違ったりするし、半分は運だなあ。


で、今回宿泊した部屋は、遮光ということでは最悪。

一番安かったお部屋タイプおまかせプランで予約したら、和室だった。

で、窓はカーテンではなくて、なんと障子。

遮光率はほぼゼロ (^^;

2泊したけど、2日とも3時半前に目がさめてしまった。

初日は目がさめたまま2度寝できなかったけど、2日目はうつらうつらではあるけど朝6時近くまでなんとか寝れた、、、かな。


これから、夏場は部屋タイプおまかせプランはやめることにします(笑)



やっと釧路でも桜がきれいに。

これは昨日の別保公園、釧路の桜の名所です。まだ5分咲きくらい。
IMG_20190516_134409.jpg
IMG_20190516_134033.jpg

週末に桜祭りが開催されるとのこと。

写真を撮ってたら、脚に抱きついてきた(#^^#)
IMG_20190516_133943.jpg

まともに走れないくせに、念のためのレース前の恒例のうなぎ~
IMG_20190516_192717.jpg

今朝、自分の朝ランコースにもなってる耐震埠頭に観光クルーズ船が入港。歓迎セレモニーとかけっこう盛大。
IMG_20190517_083610_BURST006.jpg

朝は8時頃に入港して、夕方5時か6時ごろに出港するのが一般的。

この船は函館からきて、次はペトロパブロフスク・カムチャツキーに向かうそう。

(ペトロパブロフスク・カムチャツキーってどこか分からなくて調べてしまったw)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今日はレスト。

昨日の右膝の状態からして、1日間隔をあけてみることに。

明日の土曜は(東京で)午前中たっぷりと時間あるから、ゆっくり走り、もしくは歩きを交えてもいいから30㎞近くやっておきたい。

それができないと、野辺山の完走難しいな(´・ω・)

しかし明日の東京は暑そうですね、釧路での朝ランより20℃近く暑くなりそう。

まあ、ゆっくりだから暑さの影響はないと思われますが。


今年1月、勝田マラソンでやってしまった右ふくらはぎの肉離れ。

その時に履いてたシューズはズームフライ フライニット。

練習では20㎞までしかやったことがないところをえいや~で投入したら、前半こそ快調だったけど後半は何の反発力も感じなくなって、ただの錘のようになって。

自分の走り方に合ってないとこうなるという、世間でよく言われてる結果に。

レース後は右脚を引きずるような歩きしかできなくなってました。

で、復活までに2ヵ月かかった、と (・_・)


それ以降、ズームフライ フライニットはなんとなく履くことを敬遠してたのですが。

今回の右膝故障で、手持ちの中でジョグするのに一番クッションのあるシューズってどれだろう、、、

と考えた時に、ひょっとしてズームフライなのでは?

試してみると、クッションという意味ではやはりこれが一番ありそう。

(ただしヴェイパーフライは除く、さすがにもったいなくてジョグに使えない)

なので、最近はジョグはもっぱらズームフライです。


ただし走り方はだいぶ変えないといけません。

何も考えずに走ると自然とペースが上がってしまう(すると全然膝に優しくない)から、

以前は前への推進力として使っていた反発力はなるべく殺す、

極端に言うと上方に飛び跳ねるようなイメージでやってみると、極めて脚や足裏に優しい、クッション抜群のジョグ向きシューズに。

使い方としては完全に間違ってるだろけど、手持ちで最も脚に優しいシューズに生まれ変わりました (・ω・)


キロ5分半~5分くらいで15㎞走っても、(故障中の膝はさておき)脚への負担はほんとに少し。

ラン後、30分くらいたつと「あれ、今日走ったっけ?」と思うくらい。

すません、少し言い過ぎました(笑)

まあ、そのくらい優しく感じる。


ということで、次のウルトラ本番はズームフライを投入します。

硬いシューズでおこる横アーチの痛み問題はズームフライではごく僅かだから、これがウルトラでいけるなら最高のシューズになるかも。

ただしキロ4分半あたりのスピードになるとふくらはぎが心配だから、下り坂での飛ばし過ぎは注意かなあ。


このシューズを”ゆっくりペース”専用で使うって贅沢なことかもしれないけど、

このまま眠らせて、そう遠くない将来に処分、ってことになるよりはいいかな~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今日もレスト。

故障の右膝、該当箇所を指で押すだけで痛かったけど、今朝はそれほど痛くはない。

ほんの少しは改善した模様。

今日の外出では少し早歩きしてみて、それで痛くないなら明日はゆっくり、小走りしよう。

(早歩き ≒ 小走り ですねw)


で、走ってないし他にネタもないので、メモってある小ネタをいくつか。

-----------------------


使わない言葉

・美女ガー (軽々しく使うとインフレしがちな単語。おっさんが女性ランナー誰にでも使うことあるけど。。。)

・距離を踏む (これって陸上界の用語? 距離を走るではダメ??)


-----------------------


修学旅行では、京都奈良に2回行った。

小6時代は名古屋に住んでて、修学旅行は近場で京都奈良。

高校は札幌、修学旅行は遠くまで出かけて京都奈良。

ほとんど同じようなコースをまわった。

その時から奈良の雰囲気には惹かれて、お気に入りの観光場所に。

京都よりも奈良のほうが落ちつく。

奈良マラソンは何度も走った。

マラソンを始める前は、秋にある「正倉院展」目当てで何度も奈良に通っている。

奈良公園周辺を散歩してると遥か昔にタイムスリップしたような感覚になるのがまたいい。

(ちなみに中学の修学旅行は弘前城や十和田湖。いつか弘前アップルマラソンを走ってみたい)


-----------------------


47都道府県制覇に向けて、残りは青森、山形、群馬、新潟、福井、和歌山、広島、香川、高知、福岡、長崎、熊本。

このうち、今年エントりー(予定)は山形、群馬、新潟、和歌山、広島。

(でも多分全部は故障で走れない (・_・) )

福岡も福岡マラソンの抽選には申し込んだ。

熊本はこの前のフルを走る予定だったけど故障で見送ってしまった、残念。来年、もし阿蘇のウルトラが復活するならぜひ行きたい。

遠征はフル以上の距離でいきたいけど、レースはあっても開催時期で悩ましい県がある。香川、福井、長崎あたり。

まあ、そこまで制覇に拘ならくても、、、なんだけど、ここまできたらせっかくというのもある。

今年が終わった時に残り5~6県だったら、来年は距離にこだわずに制覇に向けてエントりーしそうな予感。


-----------------------


もう10年近くも前かもしれないけど、そしてどこで見たかは覚えてないけど、マラソンを腕立て伏せにたとえて印象的だった言葉をコピペで取ってあって。

腕立て伏せを21回までしかやったことがないのに42回やろうとすると、

25回はできるかもしれない

30回で腕が震えだして

35回で地獄を見て

38回で動かなくなる


これを見た後に初フルだったけど、まったくその通りでした (・ω・)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: