今日の朝ランでやらかしました。

朝5時半に外に出るとものすごい湿度、気温も既に28℃。
走り出しからずっと体が重く、ペースもいつもよりキロ30秒も遅いほど。
調子悪いなあと思いながら9kmを過ぎたところで、路面が1mほどに渡ってえぐれてる場所に気が付かず、そこに思い切りけつまずき、派手に転倒。とても派手だったようで、散歩中のおばさん2人に大丈夫?と声をかけられました (^^; 転んだ時の衝撃で動悸が激しくなり、しばらく起き上がることが出来ませんでした。

左の手のひらはすりむいて数カ所で出血。左肘はすりむいたけど出血までは至らず。
まずいのは左臀部。その後すぐに走り出したけど、徐々に痛みが強くなってきました。家に帰って鏡で見ると、青あざがはっきり。

今日は結局20kmで引き上げたけど、その後も臀部の痛みは引くどころかますます強くなってきて、今現在は普通に歩くだけでも痛い。ついでに、椅子に座ってても痛いし、寝っ転がっても痛いです (-_-;)

こんなんで故障者リスト入りしそうな勢い。
情けないなあ。。


2013年8月のまとめです。

2013/08 走行距離:420.5km 走行日数:18日

30k以上走は4回。

7月と共に2か月連続の400km越えです。
その暑さから、今月はほとんど朝ランでした。

月の前半は、前月から引き続き25km走がメイン。その後、レースに向けての調整として徐々に距離は落としていきました。調整が入ってこの距離なので、暑さの割には走り込みとして距離が稼げたと思います。

去年の8月は340kmなので、適度な増分でしょう、きっと。イメージ通りにできました。

月中は脹脛、左の踵あたりが心配になることもあったけど、レースにはそこまで支障にならなかったのが幸いです。


今月走ったレースは1本。

8月25日 北海道マラソン(フル)

夏場のレースとしては上出来でした。25℃以上でのレースで3時間で走れたのは、今後の自信になります。後半の落ち具合が激しかったのは気になりますが。
しかし、6月、7月、8月の合計で約1200km走って、30℃なかった今回の道マラでこの結果。30℃越えでの道マラで結果を残そうとすると、とんでもない努力が必要になりますね。。っていうか、冷静に考えると無理だなw


9月の目標

秋レースに向けての走り込み月間。(だけど、今日の臀部の負傷でいきなり怪しくなりました。。)
何も考えずに距離を延ばしたいです。まあ、いつも通りとも言えますが。
距離は、可能なら450km以上。

そして、9月は初のフル以上の距離のレースが入っています。

9月29日 城内坂ウルトラマラソン(50km)

詳細は後日に投稿しますが、このレースは50km~100kmまで10km単位で好きな距離を選べて、スタート時間も午前3時、4時、5時から選択できます。私は一番短い50km、3時スタートにしました。
過去の記事などを読むと相当厳しいコースで、100kmなどは日本一の難コースとの声もあるくらいですね。。。

いきおいで、100kmにエントリーしなくて良かったです(^^;


今回の北海道滞在中、天気はあまりよくなかったですが、そのおかげか虹を何度も見ました。

これは千歳空港、飛行機の中から。ちょっと写真では分かりにくいですが。
R3010310.jpg

これは大谷地のあたり。バスの中から。上側のは薄くて見えにくいけど、ダブルレインボーになってます。
R3010311.jpg

人気ブログランキングへ
ブログランキングへ
スポンサーサイト
道マラ以降、まだ普段のジョグ生活に復帰できていません。

昨日は道マラ以降初の1時間ランをしてみたら、あちこち様子がおかしいところが。
気のせい、よりはもう少し痛い感じです。

そして今日の東京は朝から暑さマックス。北海道帰りにはきつすぎる蒸し暑さで、あえなくお休み。

明日も予報では朝から厳しい暑さですが、そこをなんとか少しでも走りたいところ。

まあ、すでに今月は400kmに達しているので(ちょうど400kmですw)、ノルマ的にはもうOK。って思っちゃうと、甘えが出てしまって外に出られなくなるんだなあ(^^;


今日、オールスポーツで道マラの写真が公開されていました。早速自分の姿をチェック。やはりというべきか、苦しそうな顔をしてる場面が多いかな。フィニッシュ間近のゲリラ豪雨の中の走りも何枚か。写真で見ると、これは思った通りでものすごい雨でした。

それはともかく、フォーム的には以前より安定感が出てきたような。後半の腰の落ち具合も多少は改善されてそう。腕ふり、肩甲骨の動きはまだまだ。柔らかさが足りないですね。

突然だけど、昨年のアクアラインマラソンを思い出しました。10月開催だったけど季節外れの暑さ、今回の道マラでの自分の体感温度と似ていたかも。それまで涼しい日が続いていたので、より暑さが堪えた気もします。

改めてググってみると、こんな記事が。アクアライン橋梁部で10時半で26℃と、やっぱり暑い!
この記事はちょっと辛辣な内容ですね。。。でも、一部で阿鼻叫喚の地獄絵図があったのは事実。

まあ来年、万全な態勢で開催されるはずです、抽選なのが自分的にうーむですが。

このアクアラインマラソンでの自分のタイムは3時間3分台。翌月にフルが2本控えていたので、後半は抑えた、、、と言うと聞こえはいいけど、前半のアクアライン往復で暑さにやられて戦意喪失した、というのが事実に近いです。 実際、22kmくらいでサブスリーペーサーを追いかけるのをやめた、というより諦めました。

今回の道マラでは、大体同じような気温の中で走って3分半ほど速いタイム。この秋も、昨シーズンよりマイナス3分狙いくらいが現実的な目標かな。。

50分切りはまだ遠い道のりです。


道マラ翌日、まだ行ったことがなかったので、お約束の旭山動物園に行きました。
R3010470.jpg

札幌からはレンタカー。
高速上で途中で立ち寄った砂川SAは日本最北のサービスエリアだそうです。
R3010374.jpg

ここはソフトクリームが有名みたいで、知ってたら食べてたのに。。残念。

旭山動物園は西門から。
R3010375.jpg

あまり時間がなかったので、人気のあざらし館・ ぺんぎん館・ほっきょくぐま館だけを回ろうと、ここに近い西門から入りました。

入園すると、かなりの混雑ぶり。どこぞのテーマパーク並みの人出です。明らかに、昨日走ったでしょう?という人も沢山いて(^^)、観光的には道マラとセットになってるのかも。靴、体型、サングラス、場合によって着ているものやリュック、そして漂わせている雰囲気で判別出来ますね。

まずは一番の目的のあざらし館。
R3010376.jpg

ここは数分並ぶだけで入館できました。
R3010396.jpg

これこれ、これが見たかった(^^)/

ほっきょくぐまの方は入館まで30分以上かかりそうだったので、さきにぺんぎん館に。
R3010406.jpg
R3010409.jpg
R3010427.jpg

で、改めてほっきょくぐま館の前で並び、やっと入館。。。
したけど、水槽の前で陣取った場所が運悪くイマイチ、自分の目の前に一向に来てくれません。
そこは諦めて、上階へ。
R3010441.jpg

レッサーパンダも可愛いですね。
R3010464.jpg

これだけで2時間くらいかかり、そこで時間切れでしたが、想像以上に楽しめました。
R3010466.jpg
R3010451.jpg


ちなみに、その後のランチは旭川ラーメン。
動物園近くのお店を探して、「橙や 本店」に。
R3010472.jpg

地元の人気店、お昼時だったので行列が出来てます。観光客と地元の方が半々くらいの感じでした。

旭川ラーメンはスープ上層をラードで蓋をして、そのため冷めにくくなっているのが特徴とのこと。
R3010471.jpg

基本の醤油味ですが、コクがあって複雑な味わい。
こちらも想像以上に美味しかったです。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

今日は道マラ後初めて朝ランをしましたが、外に出たらなんだか蒸し暑い。。なんでも1週間ぶりの熱帯夜だったようです。自分が朝ランをしなかった間は涼しくて、1週間ぶりにやろうとしたら蒸し暑い。。んーむ、です。

道マラも、レース時間帯はこちらと同じ気温か、むしろこちらの方が低かったようですね(^^;

朝ランですが、軽く走ってみるとまだ脚のあちこちが痛みました。両方の脹脛に股関節はプチ故障レベル。無理せず、1時間で切り上げました。自分で思ってる以上に道マラでダメージを受けてしまったようでした。


昨日からの北海道マラソンの続きです。

言うまでもないけど、北海道マラソンは色々な意味で特別な大会です。
運営も最高レベル。暑い中を走るのが前提なので、それをサポートする体制は万全。
救護スタッフは、どこを走っていても視界に入る範囲内にいる感じ。

給水は2.5kmごと、最後の方はもっと間隔が狭くなって、給水場所から遠くの方に次の給水場所が見えそうなポイントがあるほど。山手線で言うと新宿駅・代々木駅の間隔のような(^^)

沿道からの応援も途切れることはありません。
こんな素晴らしい大会を支えて下さったスタッフ、ボランティアの方々に感謝しています。
特に今年は暑いだけではなく、豪雨にも見舞われたので、より大変だったことでしょう。

道産子として、こういう大会が北海道であることはとても誇らしいです。


前日の受付場所。
R3010319.jpg
R3010320.jpg

レース前の風景。
R3010326.jpg
R3010335.jpg

奥がスタートゲート。スタート後、ここを走り抜けます。
R3010338.jpg
R3010342.jpg

スタート直後。右端のゼッケン101番は優勝した五ケ谷選手ですね。
R3010343.jpg

フィニッシュエリア近辺。集中豪雨の跡が見てとれます。
R3010349.jpg
R3010351.jpg

フィニッシュゲート直前。これを撮影した時間帯は雨も止んで、走りやすそうな涼しさでした。
R3010354.jpg
R3010355.jpg
R3010352.jpg


開催時期の関係で、これに向けて準備するとなると真夏の暑い(今年は酷暑でしたね)時期の走り込みが必要です。暑さに弱い自分は、その時期に走るには早朝でないと難しいですが、するといきおい寝不足気味で過ごす日が増えます。で、寝不足は体調不良に繋がるし、その他様々な弊害をもたらします。。。

やっぱり道マラのハードルの高さは別格です
(´・ω・)

人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

今年の北海道マラソンから3日経過しましたが、体の疲労は抜ける気配がありません。太ももの筋肉痛もここまでくるのは久しぶり。まだ走る気も起きません。ひょっとして燃え尽き気味かも、です(^^;

いぶすき菜の花、そして道マラでの3時間切りは自分の中で大きな目標でした。それが今年、両方とも(ぎりぎりだけど)達成。もちろん嬉しいけど、本当に実力??と懐疑的になってます。今年の道マラは、予報より暑かったけど去年ほどではなく、運も味方してくれました。(いぶすきの方は雨と風で悲惨でしたがw)

あと、何気に、今回の道マラでフルマラソンは10連続サブスリー。これも嬉しいけど、あまり続くと無用なプレッシャーがかかってしまいます。。プレッシャーに弱いので。まあ、ほっとけばどこかで失敗レースがあるけど。

残っている大きな目標は50分切りだけど、こちらはまだイメージすら出来ず。一番苦しそうなものが最後に残ってしまいました。

9月には初めての50kmレースも控えてるので、気持ちはともかくとして脚は調子を整えていかないと、なのですが、どうかなー。


さて、今年の道マラです。

前日に札幌入り。
今回は千歳空港からバスで大通公園を目指してみましたが、道路が渋滞。札幌ドームまでで1時間かかって(余談ですが、この日ドームでB'zのライブがあって、ここで下車する人がたくさんいました)、これからますます渋滞するだろうと思ったので福住駅で下車、地下鉄で大通へ向かいました。

17時半前に無事に受付完了。
R3010312.jpg

札幌に着いてみると、想像以上に涼しい。
これはひょっとして明日は予報通りに走りやすいのかな???


夕食を済ませてホテルへ。
今回の宿泊ホテルは、フィニッシュ場所から100mの東京ドームホテル。招待選手やスタッフさんたちも利用していたようです。昨年は、フィニッシュ後に1.5km離れたホテルに戻るのに(脱水のため)難儀したので、今回はとにかくフィニッシュから近いホテルで探してここにしましたが、これはとてもいい選択でした。荷物預かりは不要だし、着替えはホテルに戻ってから。朝もホテルでトイレを済ませば会場でのトイレ待ちも不要。

なにしろフィニッシュ場所から徒歩2分です、また走るならここがいいですね。
(ちなみに道マラエントリー前にここを予約しました)


当日朝は6時起床。
胃の調子がイマイチに感じたので、朝食はエネルギー系のゼリーのみ。水分は多めに補給しました。

8時に部屋を出て、スタート場所へのんびりと向かいます。

天気ですが、そこはさすが道マラ、期待を裏切ることく予報とは異なってました。
雨は上がって陽が出ています、気温も上がってきてるよう。

スタートはAブロック。8時半前に並びました。ちょうどブロックの中間くらいの位置だったと思います。
R3010334.jpg

アナウンスでは、スタート前は25.5℃。日陰のない場所で待っているので、じりじりと焼ける肌が痛い。。汗もだらだらと流れてきます。

スタート1分前からテレビ塔の時計でカウントダウン、これは何回見てもいいですね。

そして9時、スタートの号砲。
ロスタイムは8秒。
位置取りが良かったのか、500mたたずに自分のペースで走れるように。いざ走り出すと、風はまあまああるし、太陽が雲に隠れてる時間帯もあります。少し気が楽になりました。

まずはすすきのを抜けて中島公園へ。ここは通学バスの通り道でした。
それから豊平川を渡って、中の島通、平岸通へと。このあたりは、高校時代原チャリを乗り回していたところです。どうでもいい話ですが。。

呼吸は最初の給水以降で落ち着き、脚も特におかしい場所は見当たりません。たまに日向で暑さを感じる以外は順調。

再び豊平川を渡って創成トンネルへ。お約束のGPS信号ロストで、時計のピーピー音がトンネル内に鳴り響きます(^^)

ここを抜けると10km地点。
この後は今年からルート変更されていて、札幌駅北口で左折、北大の敷地の横を回りながら新川通へ向かいます。
自分の印象としては、このルート変更で日陰が増えたようで、きつい新川通の往復に向けて体力を温存しやすくなったような。

15kmくらいまでは順調なペースを刻んできたけど、新川通手前から日向が増えてきたところで様子が怪しくなってきました。

19kmあたりから、北海道マラソンのハイライトの新川通。見通しの良い、日陰のない、単調な道が、(折り返し含めて)13km続きます。パンフレットでも「精神力を試される難所」となっていますw

中間点通過は1時間25分52秒。
冬場のレースなら安心できるタイムだけど、、、今日はぎりぎりかな??
既にペースダウンは実感していました。暑さもじわじわと体力を奪っていきます。

25km過ぎで折り返し。かなり足取りが怪しくなってきたような。。
でも、過去2回の道マラではここで既にレースが終了していました。今回はもうちょっと先、出来ればフィニッシュまで続けたいところ。

30km通過は2時間4分13秒。冬場のレースならもう大丈夫とほっとするタイムだけど、今日は違いました。体が動かなくなってきています。自分では前半と同様のペースのつもりだけど、後続のランナーさんに抜かれる一方。

久しぶりに、どうしようもない「壁」にぶち当たりました。

一番分かりやすいのは給水場所。それまではコップを取るのに集中力が必要な感じだけど、25kmを過ぎたあたりから簡単にコップが取れます(笑) 給水場所を通過するのが、まるでスローモーションのように。。。

その給水場所では、しつこいくらいに体中に水をかけ続けてきたけど、その効き目も前半ほどなくなってきました。水では体の熱に対処できないというか。

その他、ダメになる時のいつもの症状、呼吸が苦しい・肺が痛い、足裏が痛い、トイレに行きたくなってきたw、たまに気が遠くなる、歩きたくてたまらない(^^; 、etc.

ジェルもポケットに一つ用意してましたが、その存在すら忘れてました。
右足裏の痛みもマックス、半べそです。

特に日向では暑くて暑くて、もうダメだめ、次の給水場所で少し休もう、、、
それをやり過ごせても、また次の給水場所では今度こそ休もう、、、
延々と、頭の中でぐるぐる同じ思考を繰り返します。
このペースの落ち具合では3時間も怪しいので、モチベーションの維持も難しくなってくるし。

去年はこのあたりで歩いてる時に沿道から「ほら、走れ、みんな苦しいんだぞ」と声を掛けられました。まったくその通りで、いいね!をクリックしたくなるけど、でも簡単に走り出せなかったです。
そんな事や、他のレースでの苦しかった場面が思い出されてきます。

んー、やっぱり今日が一番苦しいぞ(´・ω・`)


が、そんなことをやってるうちに北大構内へ戻ってきました。
ここまできたら残りは5kmもありません、体は元に戻らないけど、心は少し前向きになれます。
3時間は無理でも、せめて歩かずに完走くらいは。。

北大構内は日陰もあるので楽。さらに、雨がぽつぽつと落ちてきました、これは涼しい!
で、40kmの通過が2時間50分ちょうどくらい。昨年の長野マラソンの様子がフラッシュバックしました、あの時も全く同じ状況、そしてぎりぎりでフィニッシュ。

すると不思議なもので、ペースが少しだけど上がりだします。呼吸はぜーぜーはーはーですが、あと10分の我慢。

そんなタイミングで突然大雨が。雷もすぐそこで鳴ってます。雷の音は苦手なので立ち止まりそうになっちゃいます(笑) 走ってる時に経験したことのないような土砂降りで、雨粒が顔に当たって痛い。道路もあっという間に水たまりが出来て、場所によっては冠水してます。っていうか、前がよく見えないし。

なんじゃこりゃ、、、と、ラストスパートしながら笑ってしまいました。
しかしある意味、この雨のおかげで余計なことを考える暇がなくなって、苦しさから目が逸れたかも。
冠水した場所は避けようがないので、ばしゃばしゃと水の中を走りました。

道庁横を抜けて、大通公園の突き当りを右折するとすぐにフィニッシュゲートが見えるはずだけど、水煙で見えません。フィニッシュゲートの時計を確認したかったけど、ゴール手前20mくらいになるまで視認できませんでした。

やっと時計を確認できたら、2時間59分40秒台。
大雨の中、ぎりぎり滑り込みでフィニッシュでした。

グロス:2時間59分50秒
ネット:2時間59分42秒
総合順位(男子):288位

後半の落ちっぷりが恥ずかしいですが、完走証に記載されていたラップです。

5km 00:20:20 (0:20:12)
10km 00:40:15 (0:19:55)
15km 01:00:38 (0:20:23)
20km 01:21:24 (0:20:46)
25km 01:42:28 (0:21:04)
30km 02:04:13 (0:21:45)
35km 02:26:38 (0:22:25)
40km 02:50:02 (0:23:24)
Finish 02:59:50 (0:09:48)


大雨の中でフィニッシャータオルをもらい、完走メダルを首に掛けてもらいました。
それから計測チップを靴から外しているうちに、、、
もう雨が止んでます(^^;

考えようによっては、この時間帯にフィニッシュした人たちが一番劇的なラストだったのではないでしょうか(^^)/
もう少し早いタイミングだったら、涼しい時間帯が増えて走りやすかったかな。。


目標としていた道マラでのサブスリーは達成できました。
3回目の挑戦で、初めて歩かず完走。

が、後半ボロボロだったので達成感が薄いのは事実。

また、猛暑の道マラでのサブスリーこそが本当の意味での”道マラサブスリー”でしょう。
もし今年、30℃越えだったら達成出来てませんでした。

正直なところ、もう少し簡単にサブスリーはいけると思ってました。
先月の釧路湿原マラソン30kmも、30℃あったけどまずまずなタイムだったこともあって。
でも、やっぱり30kmと42kmでは違いました、30km以降は途端に体が動かくなるし、呼吸が苦しくて仕方がない。
え、なんでそこなの!?という予期しないところも痛くなるし。

改めて「壁」を超えるのは難しいと痛感。


で、また次もチャレンジするかどうかは。。。
来年のエントリー時期に考えます(^^;


ちなみに、これも去年同様ですが、フィニッシュ後数分で吐き気、水分をかなり戻しました。さらにホテルのベッドでしばらくぶっ倒れてました。。夏場、可能な限り走り込んでみたけど、まだまだ修業が足りてませんね。


明日はその他の写真などを。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

去年と同様、フィニッシュ後2時間ほどぶっ倒れてましたが(^_^;)、少し落ち着いたので投稿しておきます。

途中諦めかけたけど、ぎりぎりで間に合いました、かなりのぎりぎりぶり(^^)/

グロス:2時間59分50秒
ネット:2時間59分42秒

完走証はこれから受け取りに行くので(フィニッシュ場所と宿泊ホテルはすぐ近く、そして完走証受け取り場所はフィニッシュ場所から遠いいので、先にホテルで寛いでます)、順位はまだ分かりません。

今日は苦しい時間帯が多かったです。30km以降何度歩こうと思ったことか。。。それを踏み止まって走り続けた自分に感心しきりです(^^)


やはりと言うべきか、22℃で小雨という予報通りとはいかず、スタート時で26℃で日差しもきっちりありました。スタート待ちで日焼けして首の裏がひりひりです。。

途中は陽が出たり隠れたり、風もあったりやんだり。去年よりはましだけど、やっぱり道マラは暑い!
中間点までは順調だったけど、30kmから耐え切れずに失速、もうどうやってもペースを上げられず諦めかけたけど、40kmで丁度2時間50分。

これは長野マラソンと同じパターン、あの時もぎりぎり滑り込めたのでひょっとしたら今日も。。。と、そうなると不思議なもので突然ペースがあがりましたw

しかし、最後の最後でドラマが。
40kmあたりから突然の豪雨、雷はすぐそこで鳴っていて、走ってる時に経験したことのない雨量で前が見ずらくなるし、道はあっという間にあちこち冠水。

そんな豪雨の中、フィニッシュゲートをくぐりました。
そして、フィニッシュ後1~2分で雨はやみました(^_^;)

しかし北海道マラソンは難しいですね、その難しさをいままで以上に今年感じました。

まあ、目標は達成です、ギリギリすぎで微妙だけど、、、一応達成。

詳細は東京に戻った後に投稿します。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

もう明日は北海道マラソン当日、気が付けばあっという間でした。

3年連続での参加です。

1回目は3時間47分台の自己ワースト。
2回目は3時間9分台、25kmあたりで足裏痛(皮がずるむけた)+脱水でレースは終了、残りはジョギングでした。

去年の自分の投稿を見ると、反省点として

・スタート前の水分の摂り過ぎに注意するあまりに少なすぎた
・(給水所で体中に水をかけまくるため)靴がびしょびしょで足裏のトラブル発生

の2点を挙げていました。

前者は簡単、もっと水分を摂っておけば。

後者ですが、去年もそれなりに対策をしたけどトラブルが防げませんでした。
でも、この1年間で雨中のレース、それもかなりの降り方だったものが2つ(いぶすきとかすみがうら)あって、両方とも足裏には問題がなかったので今年は大丈夫ではないかと期待しています。SIDASのインソールを使うようになってから足裏のトラブルは減りました。

ということで、去年問題になったところはあまり気になりません。

あとは明日の気温。
今日も涼しいし、明日の予報も22~24℃くらい。

去年も当日朝の予報ではスタートの9時頃は25℃くらい、12時は29℃くらいでした。それが蓋を開けてみると、スタート時で29℃、途中は30℃を超えて、フィニッシュ頃だと31℃オーバー。当日朝の予報でさえこの調子なので(^^;、実際に本当にスタートするまではまったく安心出来ません。(ちなみに去年の完走率は78.9%)

こちらは、本当にその気温だったらラッキー、くらいに思っておきます。(じゃないと、外れたときに精神的ダメージがありますw)

その他にも体調や左の踵など不安なことはあるけど、札幌は中高時代を過ごした場所で思い入れがあります、そこを思いっきり走ってきたいです。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

お約束というかなんというか、今朝から体調不良です。
軽い頭痛と倦怠感。それでもむりやり朝ランに出ましたが、脚は重いしすぐに疲れるしで散々な感じ。13km走ったけど(まるでミストサウナ内で走ってるようでした)、疲労度は30kmに匹敵するほどでした
(´・ω・`)

その後もだるだる、ぐだぐだな1日でした。
ついでに、所用で横浜に行ったら突発的な豪雨にやられてずぶ濡れにもなりました(-.-)

明日の土曜はもう走らないので、本番前最後のジョグ(の感触)としては最悪の部類に入ります。。
まあ本番前に調子を落とすのはいつものこと。
きっと明日、いや、明日がダメでも、レース1時間前には良くなってるはず!


他にネタがないので、去年の北海道マラソン旅行の楽しかった写真でも。

マラソンそのものは、酷暑耐久系になってしまい、途中で挫折。
なので、スタート前のまだやる気のあった頃がいい思い出でしょうか。
R0017930.jpg

ブロックに並んでスタート待ちの間、アナウンスで今の気温などが。
朝の9時前で29℃になった時にはさすがにどよめきが上がりました。
R0017933.jpg

スタート直後。
R0017940.jpg
R0017941.jpg

フィニッシュエリア
R0017952.jpg

正面が北海道庁。ここを曲がるとフィニッシュゲート。
R0017958.jpg

フィニッシュエリア近辺。
R0017956.jpg

自分はフィニッシュ後しばらく吐き気がおさまらず、ホテルに戻って夜まで寝込みました。

その夜はイタリアン。西8の「Sagra」。
R0017963.jpg
R0017965.jpg
R0017967.jpg

道マラ翌日に宿泊したのが「支笏湖温泉 レイクサイドVILLA翠明閣」。8室だけの宿で、全ての部屋が支笏湖に面しています。部屋の内風呂も温泉。その他、貸切露天風呂もありました。
R0018039.jpg
R0018045.jpg
R0018091.jpg

その他にも。。。
R0017998.jpg
R0018111.jpg

去年は、レース以外はとても楽しめました。。

今年は、すべて楽しみたいものです (^^)/


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: