釧路での用事が想定より手間取り、今日の昼すぎの便で東京に戻りました。

すると一気に気温は10℃以上アップ。
飛行機から降りて10秒くらいで首から汗が垂れてきました。
駅から家までの徒歩10分では、汗が1リットルくらい出たはずです (^^;

明日からどうやって体調を維持するか、自分が試されますね!

また暑熱馴化も一からやり直し。
考えるだにうんざりです (;´Д`)

そんな今日は涼しい釧路で朝6時から朝ラン。
釧路湿原マラソン以来初めて走ってみました。
筋肉痛はあるけど、腸脛の方はその筋肉痛でマスキングでもされたのか、違和感も特になし。すんなりと15kmでした。

7/31(木)のラン結果
走行距離:15.4km 1:18:44 (avg 5:06)
月間累計:243.0km


次は20㎞で腸脛の様子を確認。それができればそろそろ30kmを入れていかないと秋に間に合わない。。。

これからは朝でも釧路より10℃以上気温が高い中を走るわけで、もうそれを考えるだけで走る前から恐怖さえ感じます(笑)


2014年7月のまとめです。

2014/07 走行距離:243.0km 走行日数:18日

30km以上走は1回でした。

ここ2か月は走った日数は13日だったから、今月の18日はそれに比べれば故障にも関わらず走りに出ました。

が、いかんせん内容が悪かったです。
5kmも走れてない日があったり。
10km走で5回も立ち止まったり(-_-;)

腸脛靭帯を本格的に傷めたのが6月8日、それをさらに悪化させたのがサロマ湖のウルトラ。
それ以降苦しみながらも脚の劣化を最小限にしたくて動き続けてきました。
成果はあったのか、なかったのか、もしくはその中間か。。。

さらなる悪化はしなかったから、まあ中間でしょうね。

走行距離は2012年11月以来の少なさです。
その時は右の脹脛の故障で、この時は湘南国際フルをたった1kmでDNSしたほどのダメさ加減でした。
体感上、今回の故障はそれ以上、故障期間もそれより既に長くなってます。

今は自分にとって未知の領域で、元の走力にに戻せるのにどのくらいの練習が必要か分かりません、とても不安ですね。

幸い今は確実に回復基調にあるから、慎重に前に進んでいかないと。


今月走ったレースは1つ。

7月27日 釧路湿原マラソン(北海道)(30k)

故障中の割にはまずまずの結果でしたが、あと14秒だけ早くゴールしたかったです(笑)
その後、故障箇所は悪化してはないから、先に少しだけ光が見えてきています、そのはず!


8月の目標

距離の目標はたてようもないけど、可能な限り走り込みたいですね。
あわよくば350km。

8月は次のレースにエントリーしています。

8月31日 北海道マラソン

4年連続4回目の参加です。
例年は酷暑耐久マラソンですが、今年はカレンダーの関係で1週間近く遅い開催になるので、ひょっとして涼しいかも??
自分にとってはイベント的色彩の強いレースだけど、去年に続き3時間は狙いたいです、脚の調子が許せば(笑)

レースは最終週なので、とにかく今月の優先はそれまでの走り込み。

故障には早く決着をつけて走り込みたい、今の気持ちはそれだけですね。

暑いけど (^^;


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

スポンサーサイト
釧路湿原マラソン後は大事をとってまだ走っていません。
明日まで休んで、木曜から徐々に再開してみます。木曜は東京だから、あの気温の中で走るのにうんざりするかもしれないけど。

脚の状態ですが、筋肉痛はあるけど、歩く分には腸脛靭帯に違和感があるわけではなく。特に悪化した様子はないですが、走ってみなければ分からないのでまだなんとも。でも思ってたより感触はいいです。

筋肉痛自体はまるでフルを走ったあとくらいの強さで、ここでも最近の走り込み不足を感じますが。

そして、筋肉痛は今まであまり感じたことのない内転筋にもあります。今回は腸脛靭帯対策で内転筋を意識することに注力してたから、それが実践できたことの確認に。悪化しなかったのはこれのおかげもあるかな?今後も気を付けていきたいポイントです。

このまま悪化しなければ、北海道マラソン、そして秋のレースに向かっていい練習になったけど、さてさて。

朗報としては、足底の痛みは今回ほとんどなかったです。ここ1年くらい横アーチを作り出すようなテーピングを毎回してるけど、それがやっとはまるようになってきました。前回のサロマ湖100kmも足底だけは平気、1年かかって丁度よいテーピングの加減が分かったかな。


釧路湿原マラソンは道内ランナーにとっては北海道マラソン1か月前の調整レースとして定番。でも大会パンフを見るとあちこちから沢山の方が走りにきてますね、夏場の練習レースとしては格好のものでしょう。

基本釧路の夏は涼しいけど、近年は侮れない日もあって過去2年は30℃前後でのレースでしたが(特におととしは救急搬送多数に水切れという修羅場だったようです)、今年は例年通りの20℃前後でした。まあ湿度は高いけど涼しいだけでラッキーです、道外のランナーにとっては今年はこの時期として絶好のマラソン日和だったのではないでしょうか。

コースは基本フラット、湿原道路に入るタイミングで多少あるくらい。路面も悪くないです。
今回気が付いたのは、折り返し後、17~19kmあたりだったと思うけどバンクというか角度が付いてる場所があって、そこは走りにくくて故障個所が特にずきずきときました。故障中だから気になったのであって、そうでなければ気にならないレベルかもしれません、去年は気づかなかったくらいなので。


簡単に振り返ると。

<会場入り>
ホテルまで一緒に参加したノースさんに迎えにきてもらう。7時には駐車場入り、いい位置に駐車。車内で準備後、競技場のスタンドにいるtanさん、そしてサロマでお世話になったSRC904の方々にご挨拶。

<スタート前>
整列は緩い雰囲気でリラックスムード。先頭から4列目くらいに。
道内のレースでよく並走する方(この前のサロマでも見かけました)が隣にいたので話しかけると、札幌の方で持ちタイムがやっぱりほとんど同じ、今回も30秒以内の差でフィニッシュ。次は道マラでお会い(並走)できるかな。

<スタート~10km>
ロスは2秒。
おそるおそるキロ4で入ると意外といけるから、もう少しあげて巡航。
気温は20℃前後で涼しく感じて走りやすい。
市街地を抜けて新釧路川河川敷にくると少し向かい風、お約束で風よけになる時間帯あり。自分の後ろについたランナーさんへのサービスとして背中に奈良マラソンのキャラクター(鹿です)バッジをつけておいて良かった (^^) まあ、気が付いてくれるかどうかは。。。
河川敷から女子1位の方と並走、小集団ができたのでその後しばらくついていく。
女子1位の方が給水場所にあったスポンジを取れなかったように見えたので2つ取って一つ渡したけど、余計なお世話だったかもしれないと後になってから反省 (^^;
8kmあたり、湿原道路の入り口の橋を渡った場所でtanさんのご両親の応援をいただきハイタッチ(^^)/

<~20km>
ひたすら湿原道路を。
5kmの直線のあとカーブして少し行ってから同じ道を折り返し、景色が変わらなくて辛い場所。
10km過ぎまで腸脛は少し違和感があるくらいで平気だったけど、急に疼きだしてくると、減速したつもりもないのにスピードが落ちてしまった。
女子1位の集団に置いて行かれ、その後何人にもパスされる。
折り返し後ははっきりとした痛みになってきたけど、残り距離をカウントダウンして完走だけを目指す。
とにかく今日重要なのは完走のみ。

<~フィニッシュ>
心肺もきつくなってきた。
きつくて頭が真っ白になりそうな感覚を久しぶりに味わう。
ひたすら残り距離をカウントダウン。
落ちてくるランナーも増えてきて、あと少しですと声を掛けながら拾っていく。
河川敷は昨年は向い風がきつかった記憶があったけど、今年は風は感じないのが助かった。
市街地に入ると沿道の応援も増えてくる。
ゴールの競技場が近づいても、その周辺をぐるっと回る引き回し系のコースレイアウトなので要注意。
残り1kmでスパート、でも2時間には少し足りなかった。。


ランナーズアップデートで10km毎のラップがのってました。

Start 00:00:02
10km 00:38:41 (38:39)
20km 01:19:44 (41:03)
30km 02:00:13 (40:29)

前回の投稿で後半大失速と書いたけど、細かいラップを見ると腸脛が疼きだした13kmあたりでがっくり落ちて、それ以降は落ちながらも粘ってる感じでした。

イメージでは20km以降もっと落ちてると思ったけど、一番落ちてるラップで4:14/kmなので、ぎりぎりサブスリーペースだけは守れてましたね。あと、多少距離は短いかも(笑) まあ公認ではないので。

それから、今回はちょっと給水に時間がかかりすぎました。最近はウルトラでの給水(ののんびりさ)が体に馴染んでしまって、給水後に紙コップを捨ててから前を見たら、並走してたランナーさんがはるか前を走ってたりして(笑)

R3012980.jpg
R3012996.jpg
R3012994.jpg
R3012987.jpg

まるで大会キャラクターのようになってる川内選手
R3012986.jpg

どこでも大人気ですね!
R3013001.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

201407kusiro.jpg

今年の釧路湿原マラソン、腸脛靭帯に大きな不安を抱える中でのスタートでしたが、完走できました。

昨年に続き2回目の参加で、30kmレースは他に走ったことがないので30kmレースも2回目。

昨年は初の30kmレースだったので走り方がイマイチ分からず、また気温も高くて後半ぐだぐだの展開でした。

一方、今年は故障中につき、やっぱり後半ぐだぐだになりました(笑)

グロス:2時間0分13秒
種目順位:13位(30km男子40歳~49歳)

昨年より1分44秒短縮したけど、順位は3つダウン。

去年の高温を考えると今年は曇りで涼しく走りやすいコンディション、それを考慮すると昨年の方が出来は良かったかなあ、やはり怪我がまだ癒えてない状態ではこのへんが限界でした。

アドレナリンとロキソニンのおかげで10kmくらいまでは順調、ひょっとして今日はいけるかも (・∀・) と期待しちゃったけど、そんなに甘いはずもなくそれからすぐに膝が疼きだし、20kmを過ぎると故障による走り込み不足が祟りスタミナ不足も明らかに。25km以降はキロ4分10秒も維持できなくなりました。

本当に、練習量ってすぐにレースにあらわれるものですね (;´Д`)

10kmまでのラップを見るとスピードは簡単に落ちないみたいだけど、後半のスタミナはガタ落ちでした。

ま、今日は脚の状態が状態だけに、それなりの結果で完走できたということで満足しています。あとは明日、明後日の腸脛の様子を見て悪化しないことを祈るばかり。悪化しなければ、5週間後に迫った北海道マラソンにほんの少しだけ期待がもてるかなあ。


でも、本当はあと14秒早くゴールして、1時間台でした!って言いたかったです(笑)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

釧路でのジョギングはここが中心。
R3012962.jpg

釧路川河口沿いは両岸で遊歩道が整備されていて走りやすいです。途中、橋の下をくぐるときには頭を思い切り下げる場所が2か所ありますが、ここと米町方面を加えて1周6kmほどの距離が取れます。信号はほんの少しだけ。

釣り上げられた?魚が何尾か落ちてたりもします。朝は漁師さんの仕事ぶりも見れて楽しいですよ。

全部ではないけど、クッション性のある素材が敷かれている場所もあって脚にやさしそう。
R3012963.jpg

来週はちゃんとカメラ持って走ろう。


昨日は朝ラン。

朝5時に釧路川沿いに行ってみると、もう走ってる人の姿もちらほら。それに限らず、夕方にもなると町のいたるところでランナーさんを見かけます。そういえば沖縄もそうだったな。

実験的に膝にテーピングをしてのジョギングです。

一昨日は調子良かったから、その流れでペースは上がり気味。すると、途中で左膝が怪しくなってきました。

昨日のコース上にある米町あたりには坂が多くて、波止場通とか舟見坂とか、そのへんを上ったり下ったりしたら、特に下りでもろに膝にきました (*_*;

膝のテーピングもやたら圧迫感を感じるだけでメリットが見つけられず、途中で剥がしました。
上手な人がやれば効果があるんだろうけど、自分は不器用だからこういう繊細な作業はダメですね!

まあ、色々とレース前に失敗した模様です。

7/25(金)のラン結果
走行距離:20.3km 1:41:03 (avg 4:58)
月間累計:197.7km


その後は歩くだけでも痛く。夜になって少しおさまりましたが。

今日はなるべく歩く距離を減らして、できるだけ車を使って移動しました。でも違和感は残ったまま。
とてもまずいっす (;´Д`)


で、明日はもう釧路湿原マラソン当日です。30kmレース。

昨年に続き2回目の参加。昨年の様子はこちら

今日は夕方くらいから釧路駅周辺にいかにも明日走りそうな雰囲気の方々がたくさん歩いてました(普段は人通りの少ない場所だからランナーさんの集団は目立ちます)。滞在中のホテルは今日は7割方ランナーさんのようです。

釧路は第3くらいの故郷ともいえる場所で、所用で今年は何度もきていますが、その流れの中でのエントリーですね。

コースは湿原の中の湿原道路は15km、残りは市街地か河川敷。
湿原道路は、走っても走ってもあまり景色が変わらない、プチ拷問系のコースでした。
昨年は気温が高く、特に湿原道路は湿度も高くて辛いレースだった記憶があります。

今年は気温は上がらなそうだけど、今の予報では風速が10m以上ありそうな。。。これはこれで辛い!湿度も高そうです。

結局、腸脛靭帯の不調はそのままで挑むことに。とんだ爆弾を抱えての出走です。
アドレナリンとロキソニンにすべてを託します (^^;
下手なテーピングはやめます。

もはや完走だけが目標になってますが、少しでもレース感を取り戻していければ。

腸脛も天候も厳しいから、30kmのPB(フルのPBレース30km通過が1時間57分27秒)狙いはまた今度。

まずは今できる精いっぱいのことをやってきます。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

今朝の北海道新聞にのっていたのですが、2016年6月に函館でフルマラソン開催が決定したそうです。

初回は北海道新幹線開業記念の冠がつくみたいで、フルとハーフ合わせて8000人規模とのこと、かなり大きな大会になりますね。

2回目以降についても開催を目指す旨の内容が記事にありました。

6月というと時期的に千歳とかサロマとか大きなイベントもあるから、日程がどこになるかは興味があります。でも、少なくとも初回は他のレースはパスしても函館に流れるランナーはきっと多いでしょう。

私も初回はいっときたいですね! 灼熱マラソンになる可能性もあるけど。。

っていうか、なんで北海道新聞の記事を知ってるかというと、今そこにいるからです (・∀・)
昨日の最終便できました。東京は33℃、釧路についたら18℃でした。

今朝は釧路で朝ジョグ。6時~8時くらいの間走ってましたが、8時近くもなるとこちらも暑い暑い、日差しが痛かったです。もっと快適に走れると思ってたら全然ダメで予想を裏切られました(笑) ま、日陰はあればとても涼しいです。

腰痛は昨日からだいぶ改善、腸脛靭帯は走ってみないと分からないのでとりあえずホテルを出て走りに。

どこかが痛くなって走れなくなるかもしれないから、ホテルに戻りやすい場所をぐるぐるとまわりました。幣舞橋近辺の釧路川沿いと米町あたりです。このあたり日陰はほとんどなくてきつかったですが。でもこのエリアには公衆トイレが多くて助かります。

今日のテーマは内転筋を意識。自分ははっきりとしたO脚。O脚だと内転筋をあまり使ってない場合が多いらしく、いきおい腸脛靭帯にも負担がかかりやすいので、これからはちょっとここを意識していこうかと。

結果は、違和感は10㎞くらいからくるけど痛みまではいかず、わりと余裕をもっての20kmができました。

7/24(木)のラン結果
走行距離:20.2km 1:43:45 (avg 5:07)
月間累計:177.4km


でも内転筋を意識しすぎると今度は膝の内側が痛くなりました (^^; 何事もバランスが大事ですね。

20㎞まで走れたのはやっと今月2回目。先週の20㎞よりは今日のほうが余裕があったけど、レースペースで走れる感じではまだないですね。ってかレースペースって2か月くらいご無沙汰していて、走り方を覚えてるかどうか自信ないですw

明日は実験的に膝のテーピングをして走ってみて、また様子を見てみます。

故障中でまったく走れてないと感じてるけど、それでも月間200㎞は超えそう。このへん、心理的な(走った)距離と実際に走った距離に乖離があります。心理的には50㎞くらいなんだよなあ(笑)


日中は用事でいろいろな場所に行ったのですが、今日はこちらもとても暑くて、でも室内に冷房がちゃんと効いてる場所があまりないんですよね、普段あまり必要ないものだから。日中は汗だくで過ごしました。

夕飯はホテルでコンビニごはんとざんぎのテイクアウト。
R3012957.jpg

釧路駅裏(北口)、地下通路を出て目の前にある「大ちゃん本舗」ってお店が気になってたので今日買ってみました。これでハーフサイズだけど十分な量ですね。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

今日も不調。

朝ランは、とりあえず走り出したけど腰痛が酷い。一歩一歩が腰骨に響いてくるようで、さすがにまずさを感じで3kmで中断。

昨日あった目の奥の痛みはだいぶおさまったけど、今度は左の耳、外に近い部分が腫れていて、これが頭痛のもとになってるような。耳だし、念のためお昼に駅前の耳鼻科に行ったら外耳炎との診断、耳の穴が腫れて半分塞がってるとのこと。

どうりで耳の聞こえが少し悪いと思った (^^;
これには抗生剤を処方されました。

少なくとも腰痛が少し引いてくれないとダメですね、夕方以降はボルタレンローションを腰に塗っておとなしくしてました。


調子が悪いという話題ばかりになってしまってるけど、昨日の続きです。

全般的に、20代の自分はとても病弱でした。すぐに発熱するし、扁桃腺は腫れるし。

中・高と札幌で過ごして、その時はそんなに体が弱くなかったはずだけど、進学で東京に出てきてから途端に体調を崩すことが増えました。水か空気が合わないのかな、と思ったりも。

社会人になってからもこの傾向は変わらずで、発熱で年休をかなりの日数使ってましたね。

会社の同僚/同期から見た私の印象は病弱、ひ弱でした。だから自分が今マラソンを走ってると言ってもにわかには信じがたいことのようです。

さらに事態が悪化することがありました。

27歳だったと思いますが、パニック障害になりました。

ある朝、出勤のために横浜駅から横須賀線にのったのですが、突然強い動悸とめまい。とても激しい動悸で、自分でも何が起きたか分からず次の新川崎で下車、会社には休みの連絡を入れてすぐさま帰宅しました。帰宅途中、動悸はおさまったり、また出たり。

心臓かな??と思い大きな病院に行って診てもらいましたが、特に異常なし。

その翌日の出社時にも同じ症状がでますが、我慢して出社。
その後の観察で、症状は満員電車内では起きるけどすいてる電車では出ない、というもの。

典型的なパニック障害のそれですよね。今ならすぐに認識してもらえるかもしれません。

でも当時はまだその手の病気に対しての世間の認知度はほとんどなく、同僚に説明しても「会社に行きたくない病だね」と笑われておしまいです。もう、とにかく誰に言っても笑われておしまい。

もともと閉所恐怖症の気はあったからそれが悪化したものだと思います。

症状が出るケースとしては満員電車のほかに

・散髪中
・お客さんのオフィスで打ち合わせ中
・バスで渋滞にはまってる時
・飛行機で離陸待ち/着陸時など着席が義務の時
・渋滞中の首都高で運転してる時

などで、体を動かす自由がない時ですね。まずは意味不明の焦燥感に襲われて、動悸とめまいがやってきます。動悸は酷い時は心臓が口から飛び出そうなくらい。立ってるのも辛くなってしばらくそこから身動きが取りにくくなったり。とにかく、精神的なことだけでなく体力も消耗します。

これらは日常生活の中(もしくは仕事をする上)で避けて通れないものもあるから、この時は本当に日々疲れ果ててました。これがずっと続くようなら、もっと酷くなるようなら、休職したほうがいいかもと思ったり。

なにしろ自分の症状を上司に訴えようと思ってもパニック障害の認知度はまったくない時代です。少なくとも自分のいた会社ではそんなこと言ったらもう会社での将来は無さそうでした (^^;

そうはいっても自分の状況を上司に伝えなければと真剣に説明をしたけど、その時のぽかんとした上司の顔はまだ覚えてますね。真剣に説明しようとすればするほどドツボにはまっていくようでした。

幸い理解のある同期がいて、カウンセラーさんを紹介してくれたり、またその方の勧めで心療内科に行って薬をもらったり。そうこうしてるうちに多少は症状をコントロールできるようになりました。

が、まずは症状が出そうな状況をなるべく避けるのが基本。

満員電車を避けるために朝は6時に家を出たり、バスは一切使うのをやめ、車は昼間はあまり乗らなくなりました。散髪は当時出はじめた10分でカットのやつに通ったり。飛行機を使った旅行はもちろん行きません。

こんな時に限って会社から語学留学の打診を受けたりして(笑) 最初は何かしらの理由を付けて断りましたが、2回目に打診された時、これを断ったら自分の会社人生が終わっちゃうかなあと思い観念して行くとこにしました。その時は各部から一人ずつ留学に行かせる方針だったみたいで、うちの部で一番働いてなさそうな(いなくても困らなそうな)自分に白羽の矢が立ったと想像してますが。

そして、行った先(サンディエゴです)ではその症状がとても軽くなったんですよね (^^;

仕事なのかその他の私事なのかは分からないけど、ストレスによる症状だったようで、やっぱり心の問題だったか、と。。。

で、戻ってきたら症状が再発しました (;´Д`)

こういうのって条件反射なんですよね、たとえ自分が乗らない電車でも外から見て満員というだけでドキドキしてしまう。自分が出てない会議なのに、長時間続いている会議がそこにあるだけで動悸がする。

ま、帰国後は以前ほど症状は酷くはなかったです。その後10年くらいかけて、徐々に症状は緩和されていき、今に至ります。

この手の病気に対する理解は2000年頃を境にして急速に進んできたように感じてますが、それ以前はもう全然でした。ある程度、それに対する共通の認識がないと説明不能な病気なんですよね、やっぱり理解してもらえないって辛いことです。


今でも満員電車だけは苦手です、閉所恐怖症はなかなか治らない。だからレースでのスタート待ちで身動きが取りにくいくらい混んでると走る前から心拍数が上がりまくってます(笑)


こんな様子で20代は体調面で苦労が多かったです。

たとえその頃にマラソンブームがあったとしても、とても走るどころではなかったなあ。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

今朝は起きたらちょっと体がおかしい。

頭痛、というか目の奥が痛い。それからなぜか腰痛。心当たりがないですが、腰を寝違えるなんてあり得るのかな(´・ω・`)

2つ合わせ技で、とても走る準備ができませんでした。距離は短いけど4日連続で走ってきたから、今日はレスト時ということでしょう。

夜になっても目の奥、腰共に不調です、明日起きたらどうなってるか。

こんな感じで思うように走れない日々がまだまだ続いています。FBあたりを見て、この週末はおんたけウルトラトレイル100kを素晴らしいタイムで走ってる緑の鬼さんとかにっしーさんとか、指を加えていいなあと羨ましがってました。まあ自分はそんなコース、たとえ故障してなくてもまともに走れてるとは思えないけど。

にっしーさんはさらに続けて富士登山競争まで走るようで、まさしく鉄人だな!!

ちょっと自分もこれから負けてられないぞ、と意味不明な競争心で新たにレースにエントリしました、また連戦になっちゃうけど。秋はリハビリ替わりのフル連戦でいきます! もちろんダメそうならDNSだけど。。


昨日の投稿の中でさらっと肺炎で入院したことに触れましたが、それは28歳の時のこと。そして、そのあたりは体調的にとても低空飛行だった時期でした。

ちなみに肺炎で入院する直前。

年齢的に友人・同僚が結婚式ラッシュで、4月の土曜だったのですが披露宴のダブルヘッダーが組まれてました。同じ横浜市内での宴で、2つめは少し遅刻するけど、自分がキューピッド役になってしまったカップルの式だったので強行参加することに。(披露宴のダブルヘッダーはもう1回経験があります)

その日は朝から猛烈な体調不良。家を出るときに体温を測らなかったけどかなりあったはず、でも披露宴がダブルだから体調不良ごときで欠席なんてあり得ません。

一つ目は無難にクリア、一緒に出た友人たちには早々に別れを告げて2つ目の会場にタクシーで乗り付けましたが、そのタクシーの中で猛烈な吐き気とめまい。

次の会場についたらまずトイレに駆け込み、それから会場に入りました。が、もうその頃は黙って座ってるのもきつくてしんどい。あまり経験したことのない不調さで、どこが痛いのか、だるいのか、重いのかよく分からないけど、とにかくどこかが痛くてだるくて重い。

2つ目の宴ではほとんど飲み食いはせず、ただひたすら体調不良に耐えて座ってるだけで精いっぱいでした。

宴が終わると会社の同僚と会話もせずにすぐにタクシーで帰宅。ちょっと電車で帰るとか考えられなかったです。

帰宅後に体温を測ったら40度。すぐさま寝込み、翌日の日曜も熱がほとんど下がらず。

月曜の朝もまだ39度くらいあって、会社には休みの連絡を。そのあとで鴨居病院に行ったら胸部のレントゲンを撮られて、今すぐ入院するようにとのことでした (´・ω・`)

そういう時って頭の中が真っ白になりますね、おれってこの先どうなっちゃうの??ってな感じです。

一旦帰宅して下着類とかパジャマとか本とか雑誌とかかき集めて再び病院にいき、午後からは入院生活がはじまりました。

入院っていっても1日数回の点滴とたまの診察以外は特にやることもなく、入院3日目あたりで熱が38度を下回ってくると心にも余裕がでてきて、要するにとても暇です (^^; 持ってきた本はすぐに読みつくしてしまい、仕方なくついでに持ってきた参考書っぽいもの(語学とかワインとか)を暗記とかしてたような。。ワインの知識はこのときにほとんどを仕入れました(笑)「シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ドゥ・ラランド」なんていう舌の噛みそうなワインの名前を暗記したりしたけど、その知識を使ったり、役に立ったりしたことは一度もなかったですねえ。

結局、入院は1週間、それから自宅療養1週間で2週間会社を休みました。なかなか微熱が下がらなかったです。

幸いGWにかかる時期でそうなったから思ったほどは年休を使わずに済みましたが、イレギュラーに長期間会社を休むのはいろいろと面倒、書類もいくつか書かされましたね。まあ今となってはいい思い出です。

お約束なのは、制度改正かなんかでいそぎの仕事があって、休みに入る前に「誰かに引き継いでもらわないと間に合わないかもしれません」と上司に伝えてあったけど、それがそのまま放置されていて、仕事に復帰後は連日の深夜残業になってしまったこと。

ま、これもよくあることでしょうか (-_-)

この年齢の時は残業時間は暇で少ない月で50時間、忙しい月は100時間を余裕で超えるくらいだったから終電まで仕事もごく普通の日常でしたね。仕事柄、夜中寝てるときにトラブル発生の電話がかかってきてすぐさまタクシーで会社へ駆けつけることもありましたが、それはまた別の話し。


と、こんなことが昔あったのですが、これ以外に27~29歳の時にもっと深刻な症状がありました。

長くなったから明日書きます。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: