ロスタイム14秒でスタートゲートをくぐります。

その時ふと気づきます、日焼け止め忘れた(笑)

まずは前のゆっくりランナーさんをかわしつつ、キロ4分50秒前後をキープ。

スタート直後でこのペースなので余裕だけど、既に発汗してきます。昼は気温上がりそうだ。


5㎞くらいまではフラットなロード、そこから上りはじめ、8㎞くらいから早速林道トレイル。

19kmあたりまでひたすら林道を上りますが、空気が薄いから序盤だけど我慢のポイント。

上りはキロ5分半を意識していきます。

10km通過は48:37、予定通り。


20㎞手前のコース最高地点(1908m)まで600m近く上りますが、途中下りなどもあり。

やはり林道は石ころが多く、CSでは足裏にきつい。

去年はHOKAだったから楽に進めたけど、、、でもこれは自分の選択の結果。

林道は気合いでひたすら痛みに耐えるべし!

まずはコース最高点目指して上り続け、、、やっと到達。ここからは下り基調です。

下りになるとペースが上がるので足裏には余計きつい、、、けど呼吸は楽に。

10 - 20kmのラップは55:59、ここも予定通り。


もちろんまだまだ疲れもなく、いい感じ。

というところで事件発生 (´д`)

下りは苦手なので、たくさんのランナーさんにかわされ出します。

21kmあたり。

3人の小集団にかわされた直後に石が飛んできて、いや、石だと思われるものが飛んできたはずで、それが右のくるぶしの頂点近くにヒット。

いて~(>_<)

その瞬間走る体勢も崩れて、あやうく立ち止まりそうになります、が、それは回避して前に進み続けました。

走り続けるけど、一歩一歩で右足首が痛い、とにかく痛い~

下りなのにペースは落ち続け、、、でも我慢できるところまではいこう。

あと残りは78kmくらいか、、、完走は気が遠くなるほど先。

林道は25kmで一旦終わり、すると少し足首は楽に。

20 - 30kmのラップは52:12。下りが多い箇所なのにこのラップ、ガックリときます。


その後また林道区間が出てきて右足首に響きます、、、下りメインの区間でもキロ5分切れない。

30 - 40kmのラップは51:55、フルの距離の通過タイムは去年より10分遅い。

完走できたとしてもサブ10の攻防になりそう。

って悟った時に、心も折れてしまったようなw


42kmは大エイド(そして42kmの部のゴール地点)、やめるにはうってつけの場所だけど、気合いでスルー。

それから50kmまではほぼ下り、かなりきつい下りもあってますます足首がズキズキ。

標高が下がってくるから暑さも増してきます、かぶり水が各所にあるのでじゃぶじゃぶと。

ここから60kmくらいまでは日陰が少なく標高も低いから暑さとの戦いに毎回なるな。


50㎞のエイド到着は4:19:05、去年より11分遅れ。

恒例のおそばを頂きます。去年は胃がむかついてしまったけど、今年は胃の方はまだ大丈夫。

そして最初のトイレピットイン。結局トイレに寄ったのはここだけ。


50kmのエイドを超えると、次の大きなエイドの59㎞地点までは緩やかな上り基調。

日陰もなく、歩いてる人も増えてくるけど。

まだここまでエイド以外で立ち止まってないから、ゆっくりでも走り続けよう。

なんだけど、右足首を庇うような変な走りになってるのを自覚していて、すると他の場所が痛くなってきました。

しばらく故障で苦しんだ右内転筋が痛みだし、そして左の坐骨までしくしくと。

その他、ただの脚の疲れも重なり(笑)、ひたすら修行状態。


半べそかきながら59kmの大エイド到着。

ここでやめるか、次の大エイドの71kmまで進むか、、、しばし逡巡。

してると、スタート前に談笑した○すぎさんが登場!

彼についていけるところまで行ってみるか、、、と先に進むことに。

○すぎさんより先にスタートするも、キロ6が難しい。

フォームもめためた。こりゃダメだ~

と、71kmの大エイドでやめることを決断。

途中で○すぎさんが先に行ってしまったので、彼を見える範囲で追い続け。

キロ6分半くらいになってきます。

エッチラオッチラ上り続け、やっと71kmの大エイドに到着。

去年より20分遅れ。

ここでスタッフさんにリタイアを伝え、71kmなのに異様に長いレースを終了させました~

○すぎさんを「おれの分までよろしく」と見送りました(サブ10さすがです!!)


(あと少しだけ続く)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



スポンサーサイト
レースから2日たちました。

直後はレースはもういいや状態でしたが、少し冷静になってきて、夕べは11月のフルのエントリー競争に参戦してたり(笑)

ま、ウルトラについてはモチベーション下がったままだなあ。

内くるぶし、出血したためか、そこまで腫れることはなく。内出血で腫れるよりはいいでしょう。

月曜はまだ歩くだけで痛かったけど、今日になって少し痛みが引いたような。

今回は筋肉痛も激しく、やっぱりフォームの崩れが大きかったかもしれません。


土曜は12時半に自宅を出発。

まずは近所の家系『まこと家』でラーメンランチ。明日ウルトラだと心おきなく食べられます(^^)

首都高~中央道で長坂ICへ、そこから20km弱で野辺山駅近くの会場です。

予定通りの16時頃に会場到着。
R3016181.jpg
R3016180.jpg

受付を済ませ、Akioさん夫妻にご挨拶。今年も奥さまも42㎞に参戦です。
R3016186.jpg

超長距離ランナーのシーガルさんに声をかけて頂きました。
R3016190.jpg

しかし暑い。夕方のこの時間でも日射しが強烈。

そう言えば、途中立ち寄った甲府のSAでは車の気温計が33℃ありました(^_^;


去年まで参加していた前夜祭は今年はパス。前夜祭は立ちっぱなしなので、少しでも脚を使わない作戦です。

東京から買ってきた弁当を車内で。会場近くのコンビニでお酒も調達。

そのまま車中泊。下に敷くマットレスを通販で調達したので例年より遙かに快適。

なんだけど、やっぱり何度も目を覚ましてしまいます。


3時起床。

車外に出ると、、、そんなに寒くない。10℃くらい? 3年前は氷点下だったから、暖かく感じるほど。

近くの公衆トイレで洗顔と歯磨き~ でまずはさっぱり。

朝食も東京から買ってきたいつものエビかつサンド。

丸ごと走る準備を済ませ、徒歩2分ほどの会場へ。

4時20分頃の会場
R3016194.jpg
R3016196.jpg

あたりをキョロキョロするも、知り合いは見つからず~

去年はこの時間帯の会場はカオスでしたが、今年はそうでもありません。

今年からウエーブスタートが導入されていて、100kmの部は5時と5時20分の2つに分かれてのスタート。(自分は5時スタート組)

そのおかげか、トイレもそんなに待ちはなし。

キャパがオーバーしてるなあと感じてたら翌年すかさず改善されてるって素晴らしい!


なので、ゆっくりと20分前にスタート場所へ。これでも十分に前の方で並べます。

そこで、見覚えのあるシャツの後ろ姿を発見。

お、札幌の○すぎさんではないですか(^^)

この日は北海道の大きなレースの一つ洞爺湖マラソンがあるから、ここで北海道ランナーさんを見るのは初めて。

洞爺湖をさぼってここにいるとは、親近感湧きます(笑)

お話しをすると、いくつもウルトラをエントリーされてますね~

と、談笑してるうちにスタートの時間。


5時スタート。


装備はほぼいつも通り、上はノースリーブのサイクルジャージにアームカバー、下は短パンと今年はカーフガードを着用。

朝から寒くないから、ファイントラックのアンダーは無し。

標高が高いから、紫外線対策でサンバイザーと日焼け止めスプレーを大量にふりかけるべきでしたが、なんと日焼け止めを忘れるという痛恨のミス(´д`) おかげで肩がヒリヒリです。

最後まで悩んだシューズ、結局選んだのは去年のサロマで履いたCS Boost。完走出来なかったから、選択の良否は評価出来ませんw

ジェルはポケットに3つ(結局使わず)。

それからお守り用のロキソニン1錠のみ、ポーチ類も付けず。

ドロップバッグを2か所(42㎞と71㎞の大エイド)に預けられますが、今年も未使用。


スタートロスは14秒。

予め決めておいたペースで入りました。


(続きます)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今年の野辺山ウルトラ100㎞。

71kmの部のゴール地点でDNFを選択しました。

当初の予想の暑さによる撃沈、ではなくて、想定外のことが起こりました(-_-)

前半にある林道区間で、跳ねて飛んできた石が右の内くるぶしに当たり、、飛び上がるほど痛かったです(>_<)

実際、走りながら飛んでたかも(笑)

で、ずっと痛いままで、ペースは落ちるし、走り方も変になったのか故障もぶり返してきて。

その後50キロ近く走ったけど、そこで力尽きました~

調子は悪くないと思ってただけに、まさかの事態がうらめしい(笑)

めちゃくちゃ凹んでます(._.)


あまり振り返りたくないけど(笑)

詳細は後日に。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



いよいよ明日は野辺山です。

無事に受付を済ませました、今晩は車中泊です。

去年までは前夜祭に参加してたけど、今年はそれはやめて、車内でお弁当(とビール~)にします。

少しでも脚を休めようかと (・ω・)

で、19時半には就寝したいけど、寝付き悪いからどうかなあ。

起床は3時かな。


野辺山は今回で3回目の挑戦。

高低差あり、標高高いから空気が薄くて辛い、おまけに明日はゴールするあたりの気温は26度予想?

去年よりも暑そう、過酷な1日になるなあ。

脚の調子もあってテンション上げるの難しいところ。

けどやるしかないです。

4月以降700kmは走れているから、脚はある程度できてるはず。

3年前の9時間16分を超えて、サブ9が大目標だけど、タイムがダメでも出来る範囲で最善を尽くしたい。


シューズはまだ決まりません(笑)

朝起きてからフィーリングで決定しよう (・ω・)


プランとしては、平地はキロ4分50秒前後、上りはキロ5分半~6分、下りはキロ4分半という目論見。

で、平均キロ5分、途中のエイド休憩入れても9時間以内という皮算用です。

と毎年言ってるけど、出来たことがまだないw

今年はこれを守るのにガーミンを逐次チェックしながらいこう。


さてさて、調子はあまり良くないけど、スタートするのが楽しみ~


暑くて撃沈するに1票だけど(笑)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今朝は本番用シューズ選びのためにも少し走ろうと思ってたけど、

いざ起きてみるとどうも左坐骨がシクシク。

寝る体勢でも悪かったか。。

走るのはやめて、ホテルの部屋の中でシューズを履き比べてみて感覚を試したり。

それで何が分かるわけもないのですが(笑)

ということで、野辺山前のランは昨日で終了でした。


いよいよ明後日は野辺山100km。

3回目の挑戦です。

最大標高差1000m以上、累積では約2080mくらい。

スタート地点が標高1300mくらいで空気が薄いので息が上がりやすく、途中8㎞~25㎞あたりは林道のトレイル区間もあって、ついでに最後90㎞からまた上り基調で完膚無きまでに心折られたり、まあたっぷりと苦しめます (・∀・)

高原なので気温差も侮れません、初回挑戦時はスタート時は氷点下、それが日中は20℃になりました。

ポイントとしてはコース前半の林道のほか、平均勾配6%ほどもある馬越峠、そして90㎞~ゴールまで。

馬越峠は、あれは走るところではないです(笑)

ラスト10kmはコースの肝ですね。きつい馬越峠を越えて7㎞下り続けてすっかり終わってしまった脚なのに、再び90㎞から上りが始まります。

これで全ての気力を奪われるというか、、、サブ10クラスでもとぼとぼ歩く人多いかな。

ラスト10㎞でリタイアするランナーがとても多いとのこと。

あとコースの中でも標高の低い場所はとにかく暑いってのもあるなあ。


そんなコースですが、過去の野辺山の成績を振り返ると。

<2014年> 9時間16分25秒
初100kmとして挑戦。そして100kmの辛さを思う存分味わいました。60km過ぎてからなかなか走り続けることができなかったです。
65㎞~79kmの延々と続く上り、時としてあり得ないくらいの傾斜でしたね~ と、過去の自分の投稿を読むといかにも辛そうなんだけど、実際にどの程度辛かったかあまり覚えてない。きっとレースがスタートしたら思い出します(笑)

<2015年> DNS
この年は4月末に酷いぎっくり腰。だいぶ癒えてきて、走るつもりで現地へ行き、前夜祭にも出てw、車中泊して朝起きたら腰痛が悪化しててDNSしたという。。。 スタートを見送り、朝9時にはもう自宅にいました。
前夜祭に出て明日がんばりましょう!なんて言ってたのに走らなくて恥ずかしかったです~
まあスタートしても途中で運営の方にご迷惑をおかけする可能性高かったから、走らなくて正解でした。

<2016年> 9時間35分3秒
サブ9目指してスタートするも、暑さに負けて大撃沈。
去年の投稿によると、

練習不足や太もも痛などありながらも前回の記録を超えてあわよくばサブ9狙いで入りましたが、あっけなく返り討ちにあってきました(泣)ただでさえ獲得標高2100mに加えて、今年はウルトラのレースで経験したことのなかった暑さ。
前半にある林道区間は無難に乗り越え、フルの距離あたりまでは極めて順調でしたが、、、50㎞くらいから怪しくなってきて、、、
58㎞の大エイドで最初の兆候、、、64㎞の上りから最後までマーライオン状態、、、71㎞のエイドでこれ以上先に進んでいいものかどうか逡巡、、、馬越峠の激坂でめまいで脱力、ふらふらでガードレールに寄りかかったらおっとっとってなったり、、、
最後の上り坂はひたすら歩き倒し、最後の5㎞は40分近くかかりました~


だそうです。自分のレース経験上、最も過酷な状態でした(´д`)


で、今年ですね!

目標はもちろん夢のサブ9。

達成できる人はごく僅かだけど、目標はそこです。

内転筋の故障をおして、4月以降700km走り込んできました。基礎的な脚は出来てると信じてます。

あとは痛いところがあっても、スタートしてしまえば気合いで押し切るのみ。

もう少々のことは言い訳にはしません。

体重もフルのシーズン時 + 1kgくらいまで絞りました。

シューズ選びには失敗したけどw、出来ることは全てやったかなあ。

ただ、今年も暑そう(笑)


ひょっとして去年より暑い??

えらいこっちゃ~、、、です~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



来月末に仕事上で大きなイベントがあって、それまでにいくつかチェックポイントがあります。

今日はその一つがあって緊張しまくり、朝からお腹痛くなってました。。。

現地に向かう途中でお腹がぐぐっときて慌ててコンビニに立ち寄り、約束の時間に間に合うかどうかハラハラしながらトイレにこもります。


間に合って良かったです (・ω・)

次のチェックポイントは今月末ですね~



昨日今日と調整ラン、のつもりでやってますが、果たして調整になってるかどうか微妙。

どうも(気持ちの悪い)疲れが残ってしまいます。

心地良い疲れならいいのですが。



昨日は東京での朝ラン。

その前日に左の坐骨痛が強かったからそ~っと入ったら、痛みはだいぶ減ってました。日によって感じ方に違いありますね。


今朝は釧路で。もう朝からだいぶ暖かいです(といっても8℃くらい)。

なるべく本番をイメージして、楽に、らく~に進もうとしますが、大腿四頭筋がちょっと重ダルい。

距離は2日とも同じくらいにしておきました。


5/17(水)11.1km 54:29 (avg 4:54/km)
5/18(木)12.7km 1:02:10 (avg 4:53/km)

月間累計:272.5km



どうやら先週前半にピークが来てたようで、これならサブ9いけるのでは!と期待できるほどだったけど、

今の様子ではサブ10は死守したい、、、になっちゃってます(笑)

調子合わせって難しい、うまくいかないなあ。。


まだ野辺山本番でのシューズで迷ってます。

一旦、HOKAのTRACERで決まりかけたけど、やっぱり脚にきついかも。

足先に痺れを感じる時もあります。

じゃあ、他に何があるかというと、、、

いっそのこと、去年のサロマで履いたCS Boostってのもありか。

釧路でのジョギング用になっててもうボロボロ、そろそろ寿命の頃合いなんだけど、これに最後の大仕事をやってもらうとか(笑)

ってくらい、まだシューズで悩みます。


何足か現地に持って行って、本当にレースぎりぎりまで悩んでそうだなあ (´д`)



昨日、釧路にきて少し時間があったので、桜めぐり。

場所によってはまだまだで、全体的にもまだ3分咲きくらいです。

鶴ヶ岱公園、釧路の標本木があるところです。
R3016146.jpg
R3016152.jpg
R3016151.jpg
R3016145.jpg


釧路町の別保公園。こちらはまだまだかなあ。
R3016159.jpg
R3016155.jpg

桜並木はまだ1分も咲いてませんでした
R3016171.jpg

桜はほとんどないので、ソフトクリーム食べて撤収~
R3016170.jpg


来週こそ満開の桜を見られるといいのだけど。

タイミング合うかな。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今日はのんびり走ろうと外にでて、その通りのんびり走ってたのに、

5km過ぎたら左の坐骨が痛み出します。

ちょっとこれやばいかな~となってきた8km超えたところで打ち切り。

家から2kmほど離れた場所からトボトボと歩いて帰宅。

こういう時って、本当に真剣に寂しくて悲しい(笑)

そこまで思う必要ないはずなのに、やっぱりラン中なんでしょうね。

明日も恐る恐る朝ランしてみます~


故障がちなここ数年ですが、一番大きな原因はとても明らかで、

それはウルトラに挑戦してるから(笑)


最初にやった大きな故障は両脚での腸脛靱帯炎ですが、これは初挑戦した野辺山100kmの直後に発症してます。

その後約3ヶ月はろくな練習ができなくなりました。

それから村岡の88km地点でやった左ふくらはぎの肉離れ。

回復が遅く、いくつものフルをDNS。

さらに他の故障を誘発してるから、その影響はいまだに続いてると言えるかも。


パターンとしては、

ウルトラを走る → 故障 → しばらく練習できない → 練習不足のままフルシーズンに突入 → 脚が出来てないのにフル何本も走るから常にどこかしら痛いかプチ故障、タイムも当然パッとしない → それが癒えてきたところでまたウルトラを走る

の無限ループ状態でしょうか (・ω・)

まだウルトラに挑戦しはじめの頃は、

”ウルトラをやれば脚もしっかりして、フルの終盤に持ちこたえる脚も出来るはず!”

なんて思ってたけど、

今となってはなんと浅はかな考えでしょう(笑)


よほど強靱な脚の持ち主で無い限り、ウルトラやったらしばらく脚は壊れたまま。

それが回復した頃には、むしろ走るのに必要な筋力が衰えてます。

強い脚が出来るどころか、退化しちゃうんですよね、しばらくまともな練習できなくて。

長期にわたってフル用の走り込みが出来なくなる弊害がとても大きい。

実際、もしウルトラに手を出さなければフルで245カット出来てるかも、、、なんて妄想もできたりw

福岡国際ランナーで、フルとウルトラの両立は出来ないからウルトラはやらない、なんていう賢い人も知ってます。


それでもなお、ウルトラが走りたい。

ちゃんと最後まで走りきりたい。

犠牲にするものがあると分かりながらも、ウルトラをやめることなどこれっぽっちも思いません。


きっとウルトラ中毒なんでしょう(笑)



昨日は横浜ベイクオーターのオイスターバーで大学時代の友人3人で飲み会。

牡蠣づくしでした~
R3016139.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: