FC2ブログ
ばたばたしていて投稿遅れてます。


富士登山競走の2日後、釧路湿原マラソンの30㎞も完走してきました。

ただしコースワーストを3分更新、最後は歩きましたが(^^;

釧路にしては異例の暑さもあってくたばりました~


その前に今年の富士登山競走の振り返りを簡単に。

来年の自分への覚書です。


前日は18時には夕食をとり、20時にはベッドへ。

2時前に起床、2時30分に車で出発。

およそ2時間ほどのドライブで指定の駐車場に到着。

しばし車の中で過ごし、そこで朝食のエビカツサンドを。

5時にシャトルバスで会場の富士吉田市役所へ。

5時10分には到着。
DSC_201807_2981.jpg


例年通り荷物預けに近い場所に陣取り準備。

ウエアも例年通りで普通のTシャツとアームカバー、下はパンツとカーフガード。

ファイントラックのメッシュアンダーを中に着こむかどうか悩み、山頂は寒そうだとの情報で着ることにする。

(これが失敗の原因その1(笑))

シューズはHANZO C。

持ち物はジェル2つ、小銭とスマホ。山頂は寒そうなので、ゼッケンと一緒に送られてきたビニールのポンチョも。

ポケットたくさんのトレイルパンツなのでこれらが余裕で収納可能。

今年はマスクを忘れたが、下山時に初めて経験するほどの砂煙モーモーだったから失敗だった。

五合目に送る荷物は、薄手のウインドシェルとタオル、お手拭きシート。

それから冷凍して持ってきたカルピスソーダを保冷バッグに入れて。(受け取った時は完全に溶けてたけどまだ十分に冷たかった!)


荷物を預けて、各所からのお知合いにご挨拶~

今日山頂を目指す猛者たちと (・ω・)
201807_1116816768271122432_n.jpg
DSC_201807_2980.jpg

北海道からの面々も!
201807_65269.jpg


トイレはスタート位置後方、シャトルバス発着場所近くへ。

小ならそんなに待たずによかった。


整列しようとそれらしき場所にいくとOさんを発見。

まだ道路が閉鎖されてないので、Bブロックの人は両サイドの歩道で思い思いの場所で陣取る。

どこがBの先頭かよく分からず、Oさんと一緒に去年はこの辺でしたよね~ と思われる場所にいたけど、

微妙に違っていて、整列時間になってやや慌てるも、結局Bブロック先頭から4列目ほどで落ち着く。

ここは毎年カオスになりがちなので、できれば歩道にでもBブロック先頭の印があると嬉しいけど。。


まあなかなかいい位置をキープ出来たので、やっと頭はレースモード。

このレースは本当に緊張する、今日はちゃんと山頂まで行けるのだろうか。

スタート前にここまで緊張するレースは他にない。

去年よりは暑そうな気温も心配。

レースプランを頭で復唱、今日はまずは馬返しまで頑張るんだった。

初っ端から心拍上げられるか??


開会式がはじまり、そして大会名物の

えいえいおー !


うん、そんなに調子は悪くないはず。

7時にスタート。


ロスタイムは去年と同じで20秒くらい。

そして去年よりもスムーズな走りだし。みな、それなりのペースで前へ進んでいく。

最初に心拍を上げようと、ジグザグ走行で前へ前へと。

しかし頑張り過ぎたかもしれない(笑)

3km過ぎ、富士浅間神社に着くころには滝汗で、もうペースが落ちてきた(^^;

ファイントラックのアンダーを着てるからますます暑い。もちろんこれは想定していたけど、思ってたよりはるかに暑い。

ここでこんなに体力を消耗していいのか?

不安になり、それほど心肺が辛くないペースへと落とす。

早くも今日のレースプランが崩壊した (´・ω・)


(続きます)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



何が何でもサブ4目指すぞ~

なんて、一体どの口が言ってたのでしょう( ;∀;)

今年の富士登山競走山頂コース、山頂の関門で制限時間ギリギリの攻防をしてきました。

閉鎖時間22秒前に滑り込みゴール~

関門閉鎖前後の映像がYouTubeにアップされていて、ばっちり映ってました(笑)


いや、これはこれでとても貴重な経験でしたね。

あの閉鎖間際の山頂の雰囲気、この大会ならではの独特の空気感でした。

山頂から「あと1分、止まるな~、走れ~」といくつもの声が降りかかってきます。

でも、体が言うことを聞きませんでした (´・ω・)


まあ言い訳など多少ありますが(笑)

ただただ、時間内完走できて良かったです。


ゴール直後、よれよれで安堵の表情
201807_652201581839497_2942111206883721216_n.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



昨日の最終便で東京に戻りました。

少し暑さは和らいでましたね、飛行機から降りても熱気を感じず。

今朝も久し振りに普通のこの時期の空気感。


そして、もう明日は富士登山競走山頂コースです。

山頂コースは2年連続2回目の参加。

無事に今年も挑戦権をゲットしました。

ゲットした直後は嬉しいけど、大会が近づくに連れてここまで憂鬱になるレースは他にありません(笑)

去年もそうだったけど、今はただただ緊張と不安しかない(-_-;)


去年の結果は4時間12分30秒。

試走した感触では4時間切れるかも?と思ってたら、見事にやられてしまった。

7合目から上では体がうまく動きませんでした。

本当に山の才能ないなあ、、、と実感。

そこで挑戦をやめとけばよかったものを、やっぱり4時間は切りたいと今年も挑戦です。

今年4時間切れないと来年も挑戦しそうなので、ぜひとも今年は4時間切りたいw


去年の失敗をもとに今年のレースプランを考えてます、この通りに出来るかどうかは?だけど。。

・馬返しまではとにかく頑張る、55分目標

・5合目通過は1時間50分前後

っていうか、この2点だけ。

5合目がそのタイムなら、今年の試走からしてOKのはず。

5合目以降が極端に遅いから、それまでに貯金作るしかないな、と。


とにかく馬返しまでがポイント。

去年は1時間1分かかり、それ以降の渋滞にはまってしまった。

話しによるとあと5分早ければストレスなく5合目まで登れるようなので、まずはここを目標に。

5分速くって相当苦しそうだけど。

これがクリアできれば、自動的に4時間以内でいけるはず!

そう思って最初からぜーはーしよう。

不安点は、、、この2日間肉体労働ばかりで、やや腰が痛むことでしょうか(^^;


いよいよ明日の朝7時、山頂目指して全力を尽くすのみです。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今日は釧路で朝ラン。

6時に外に出るとうっすらと霧、というかじり(雨と霧の中間を指す方言)。

気温は16℃くらい。

昨日の灼熱朝ランからすると、一気に秋を通り越して初冬になったよう(笑)

走りやすくてペースも上がり、つい調子に乗って20㎞。

本番2日前に走り過ぎてしまった (^^;


7/25(水)20.3km 1:32:26 (avg 4:33/km)

月間累計:264.5km



やっと富士山試走の疲れが取れてきました。


これで富士登山競走前の練習は終了。

いよいよ明後日は本番です。

明後日の今頃は、、、スタートから3時間40分経過なら、9合目過ぎてればいいけど。

当日の気候はどうなのか?

スタートの富士吉田は20℃台前半でおさまりそう。

上のほうはまだ判然としませんね~

ウエアはこの前の試走とほぼ同じ。

シューズは決めました、先週から試してる HANZO C でいきます。

まだ新しいからもったいないような気もするけど(笑) (なにしろ下山でアウトソールがやばい)

丈夫そうなアウトソールなので、気にせずいきます。

馬返しまでなるべく早く、、、ならHOKAではなくてHANZOだと思うし。

持つものはスマホと小銭。

ジェルは、、、一応2つ。

今回はジェルより炎熱系の何かの方が重要な気が。

それから、ごみ袋ポンチョを念のためパンツにでも挟んでおきます。

下山はゆっくりのつもりなので、寒いおそれが。

5合目に送る荷物は薄いシェルとタオル、お手拭きシート、モバイルバッテリーくらいですね。

去年山頂コースを経験してるので、だいぶ要領が分かってきました。

家を出てから帰宅までの段取りも把握済み。


あとは上るだけだな~ (・ω・)

今のところ脚で気になる場所はありません。

馬返しまでえいや~っと駆け上がる心肺機能はどうかですが、、、これはとっても不安。

でも今出来る限りのぜーはーはしますよ (・ω・)ノ



応援クリックよろしくお願いします(^^)



結局、ただ暑いというだけで3日間レストに。

まあさすがにそろそろ、、、

で、今朝は3時半起き。

4時にスタート。

外はまだ暗いけど、湿度高くて走る前から呼吸がしにくいw

空気重い中、無理やり走りだす。

200mで汗が垂れてくる。

2㎞でシャツ絞れそうなほ汗でどぐしゃぐしゃ。

非常にきつい。。。

ところどころで小さな虫が大量発生していて、目に入ったり体中にくっつくのも気持ち悪い。

テンション上がらないまま、ただきついだけ。

15㎞手前で力尽きました~


7/24(火)14.6km 1:08:14 (avg 4:41/km)

月間累計:244.2km



昨日、東京都内で初の40℃超え。

その翌朝も、まだまだ暑かったです。

そしてこれから釧路へ。予報では今日も明日も最高で20℃弱。

明日の朝ラン、風邪ひかないようにしないと(^^;


富士登山競走まであと3日。

今日の朝ランは体にきつすぎたったかなあ、10㎞でよかったかもしれないけど、3日休んでたから無理をしてしまった。

明日は様子を見て距離を決めます。それが本番前最後の練習。


今月は今日でやっと240㎞。

月の前半は順調だったけど、富士登山してからその後遺症で走れなくなりました。

これ、富士登山だけでなく、例えばきついウルトラのレース後にも言えます。

そのあとはしばらくまともに走れない。

大体普通の練習に復帰できるまで2~3週間かかる。

そして、しばらく走れないので走力は落ちてるから、元の走力に戻すまでさらに2~3週間。

つまり、もともといた地点に戻るだけで1~1カ月半かかるわけです。

さらに故障などもするからw、それを考慮すると2カ月はロスしてるかもしれず。


何が言いたいかというと、、、

フル以外にウルトラや山のレースをやってると、どれも中途半端に終わってしまうかもしれない。

ウルトラを走る弊害については以前もここで書いたけど、富士登山競走も同じようなことになってます。

もちろんこれは自分にとってであって、一般的普遍的に言えることではないけど、フルの妨げになってるんですよね~


でも、ウルトラも富士山も、それを分かってるのにやめられない(笑)

全て走れる強い脚が欲しくてここまでやってきたけど、やっぱり無理でした(´・ω・) という結論です。

どっちかというと富士山がダメージ大きいから、やめるならまずこちらなんですよね、

山の才能がとことんありません。特に下りが遅いし、その後の筋肉痛で1週間無駄にしてしまう。


富士山は今年いい結果が出せれば来年心おきなくスルー出来るんだけど。


そのためにも、今年はサブ4マストだな (・ω・)ノ



応援クリックよろしくお願いします(^^)



朝5時に目を覚まし、寝室から居間に行ってみると、そこは既に蒸し風呂。

すぐさま、クーラーかけっぱなしで涼しい寝室に戻ってしまう。

とても走るどころではない。。。

東京と北海道の往復が辛いとか最近書いてたけど、それがなくてずっと東京ではこの時期まったく走れないかもしれない。

むむむ。。。


掲題の件です。

正確にいうと7月28日が7周年ですが、時間のある今日に投稿します。

ブログを開始してもう7周年、もうすぐ8年目に入ります。

その時はまだ初フルを走った直後。

それからフルやウルトラを100回近く走ってきたと思うと感慨深いものが。


その頃とは自分の置かれている環境も大きく変わりました。

まさか東京と北海道の2重生活になるとは。夢にも思ってなかったなあ。


以降、毎年書いてることの切り貼り含めてです。


初めて投稿をしたのが2011年7月末。走り始めてから2年と少し、フルはまだ1回しか走ったことのないタイミングでした。

当時の写真を見ると、今ほど日焼けしてなくて色白だなあ。


ブログを始める前、何かでたしか「3ヶ月続くブログは全体の20%」とあるのをみて、よーし3ヶ月継続をとりあえずの目標としよう!と思った記憶があります。

が、やはり書き続けるのは大変。

当初は少しでも何かの役に立つような情報を。。。というのが、それでは長くは続けられないと悟り、ただの自分日記に路線変更。

途中で何度か中断の危機がありましたが、まだ細々と続いてますね。

日々更新というこだわりをあっさりやめたのも大きいですね。

最初の1年くらいは毎日投稿してたんですが、明らかに無理があったなあ。


そもそもなぜブログを始めたかというと、たいした理由はなくて、ただその時(2011年7月ごろ)、自分的に「最近インプットばかりでアウトプットがない」と思ったんですよね。

既にその時点で時代はSNS、ブログはちょっと古い?という風潮が漂いはじめていたけど、そこをあえてブログで。

不特定多数の目に触れるという緊張感を求めたのかも。

いや、だからといって沢山の目に触れたわけではなくて、アクセス数は極小。

始めてから1年くらいは笑ってしまうくらい少ない日ばかりでした。つくばなどのレースのこと以外の日は驚くほどアクセスがない。

気合を入れて書いた日ほどアクセスがないというジンクスもありました。アクセス一桁だったり(・ω・)

別にアクセス数で書くことが変わるわけでもないから、いつの頃からかアクセス数をチェックするのをやめました。

むしろ知らないほうが幸せでしょう (^^;


そんなアクセス数だったので、レース会場で(初見の方から)声をかけてもらうこともしばらくありませんでした。

初めて声をかけてもらったのは2014年12月の防府の宿泊ホテルですね、そこでなんとお二人からも!

(その時に声をかけてもらった方と2017年のNAHAで再会できました(^^) )

不思議なもので、それ以降頻繁に声をかけてもらっています。


ブログのテーマをマラソンにしたのもそれほど意味があったわけではなくて、他にも候補としてあげたテーマはありました。

食べ歩きとか音楽とオーディオですね。

マラソンにしたのは、一番更新するネタが多そうだから、というところ。

あとはその時にマラソン系のブログでとてもお気に入りのものがあって、自分もこんなのやれたらいいなあ、というのもありました。

実際、それはいまだに実現できてないなあ。

その当時有名だったマラソン系ブログでいまだに続けられてるのって本当にごくごく僅か。

時代の流れを感じます。


高校卒業してからほぼ運動経験ゼロ、40になってからメタボ対策で走り始めて9年あまり。

気が付いたら”自傷行為”とも揶揄されるほどレースに出まくってる。。。

実際、ここ数年は故障してる時の方が長い。


既にフル、ウルトラではPBを超えるのは難しく、今後の方向性について悩むこともあります。

トレイルは才能ないから、するとロードの超長距離なのかなあ。

で、また故障だらけ、と(笑)


今まで、冗談でサブスリー100回ってよく言っていて、さすがにそれは無理だろうなあ、、、と思いつつも、あと34回だ。

だいぶ現実的な数字になってきました。 (本当に現実的か(笑))

が、年々劣化してる脚からして、いつまでサブスリー出来るか不安なのも事実。

なるべく続けたいけど、次の1回すら不安なここ最近です。


今思いついたことだけど、ブログ開設10周年までに達成したいかな~ (^^;

いやいや、それまで(10周年)にマラソンもブログも続けるのを当面の目標にしよう。。。


そんな49のおっさんですが、今少しなまぬるい目で見ていて頂ければ(・ω・)ノ



応援クリックよろしくお願いします(^^)



昨日の朝は釧路で2日連続朝ラン。

霧/小雨で相変わらず走りやすい、気温は東京の半分w

HANZO Cで走って2日目、ちょっと右足の甲で当たる部分が気になってきた。

が、それはニューシューズを試す時にはよくあること。(しかもなぜか右で問題が出ることが多い)

痛みで走りにくいんなんてことはないし、すぐに慣れて感じなくなる予想。

それ以外はまったく自然な履き心地で、まるで昔から履いてるシューズのよう。

脚の筋肉痛はまだ取れず。

富士登山から1週間、まだ後遺症残ってるとは。。


そして夜に東京に戻りました。

戻る前の空港の気温は。。。
201807_103744.jpg

とっても戻りたくありませんでした(笑)

で、今朝は疲れを取るという名目で最初からレストを決め込みました~


7/20(金)16.3km 1:18:32 (avg 4:48/km)

月間累計:229.6km



最終便で帰ってくると帰宅は23時前。

夕飯は家の近くのすき家からテイクアウト。久しぶりに牛丼食ったらうまいですね~(^^)
201807_103750.jpg


しかし今年の暑さは異常。

そして釧路は安定の涼しさ。

この2か所の往復、今年は体力的に本当にきつく感じます。

去年はこの週末(=富士登山競走の5日前)、北海道の士別という場所で10㎞レースを入れてました。

さすがに今年はそれはやめたのですが、、、やめて正解でした (^^;

去年より体弱り気味な今年、エントリーしてても行かなかったと思うし。


もう本番まで1週間をきってます。

脚は去年より持ちそうな気がするけど、体力そのものに自信はないなあ。

あの3000mを超えてからの苦しさに耐えることができるか。

1年を通していろんなレースに出てるけど、レース前の憂鬱度はこれが一番(笑)

去年の投稿では「このチャレンジは今回限り」と書いてるのに、やっぱり今年も出るんだなあ。。。


来年ははたして何て書いてるかな~

「50代での初チャレンジ」とか書いてそうな予感。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: