FC2ブログ
今回のさが桜で、サブスリー累計回数が75回となりました。

(今までブログで書いてきた回数でいうと76回なんだけど、1回減らして75回。と言うのは、フル以上の距離のレースでフルの距離を3時間以内で通過したもののカウントしてたんだけど、それを外すことにしたので)

まあサブ50は10回くらいしかないし、サブスリーって言っても2時間55分前後に集中。ぎりぎり滑り込みも何度かあるし、速い人からみるとたいしたことないタイムが並ぶんだけど、それでも回数だけはここまで積みあがってきた。


初サブスリーは2011年11月のつくば。なので、平均すると年間あたり9~10回ペースでここまできた、のかな?

大体そんな感じですね。


今まで半ば冗談で「サブスリー100回が目標」としてたけど、そろそろ現実の目標として意識しだしてます。

ただし年齢的な問題もあるし、今後どこまでいけるかは自分でもまったく分からない。

なるべくがんばりたいけど。

時間との勝負になるかもだから、なるべく(ぎりぎりサブスリーでもいいから)50、51歳のうちにやっておきたい。

それ以上になったら、自分の脚が、体がどうなってるか想像できないから。

でも、今回もそうだけどちょっとした肉離れでも戦線離脱するから、やっぱり極めて難しい目標です。


もうベストは狙えるわけもないし、今のレースへのモチベーションはこのサブスリー回数がほとんど。

(もちろん、純粋にレースおよびその遠征、遠征ごはんが大好きというのもありますが。正確にいうと、遠征を企画してる時が一番楽しい)


ということで、次のシーズンもフルは詰め込むことになりそうだ (^^;

けど、そういうのもあと2年くらいですね、ここで今後の方針も決まっていきそう。


復活不能な故障だけは避けたい、なんとしても。


ちなみに2011年以降、毎年サブスリーしてます。なので、9年連続。

これもまずは来年さくっとして10年連続としたい。

目標は、、、さすがに20年は無理だなあ(笑)

15年も自信ない。

なるべく長く、くらいかな。


まあ、まずはその前に目先のウルトラをこなす必要あり。

金曜の夕方に東京に戻り、荷物を片付けて簡単に部屋を掃除してから外へ。

20㎞だけど後半相当ばててしまった。

そして土曜の朝も20㎞。

12時間以内に計40㎞走は以前よくやってた練習なんだけど、以前よりも脚が劣化してるからこの練習激しく辛い~


3/29(金)20.0km 1:38:55 (avg 4:56/km)
3/30(土)20.1km 1:36:03 (avg 4:46/km)

月間累計:334.4km



しかしこれくらい楽にこなせないとこれからのウルトラシーズン乗り切れません。


明日もめげずに走ろう。

明日はスマホ持って桜を撮りながら、かな。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



さが桜後の脚の状態ですが、その日はダメージ大きく感じていたけど、翌日になってみるとそこまで酷くない。

1月の勝田後は逆にレース日より翌日の方が酷くなっていた。

ちなみに勝田のシューズはズームフライフライニット、さが桜はヴェイパーフライ。

シューズの違いなのか、コースの違い(勝田は多少の高低差あり、さが桜は超フラット)なのか、それともやる気の違い(勝田はシーズンベスト狙って突っ込んだ)だったのか。

多分、それらが複合したものと思われます。


勝田ではふくらはぎ肉離れで1カ月以上戦線離脱。

そもそも1月は調子悪かったから理由は分からないけど、それ以降怖くてズームフライフライニットを履けなくなってしまった (^^;

巷でよく言われてるように、30㎞以降で疲れた脚には錘のように感じたのは事実。

自分の走り方と合ってないかも。

今後はゆっくり練習では履こうと思ってますが。


ズームフライフライニット・ヴェイパーフライはフォアフットでないとメリットないと聞いてたけど、ヴェイパーフライのほうは踵着地でもいけるよと言う人もいた。

さが桜の結果をみると、典型的な踵着地(だと思われる)のくまごろうにはまさしくその通りになったようです。


ヴェイパーフライは”シューズに走らされてる”という感覚が強く、その分大腿四頭筋への衝撃が強かった。

今回は好調時の自分比7割くらいの脚しかもってなかったから、その衝撃を受け止めきれずに途中でダメになってしまった。

もう少し脚が弱かったらもっと早いタイミングで撃沈してしまったはず、不調期には別のシューズを選択したほうがタイムを出せそう。

ヴェイパーフライは調子万全の時に履けば、最高のアシストをしてくれそうでした。

まあ、よほどのことがなければ、次のかすみがらでもこれでいきます~


火曜は東京で、木曜は釧路で15㎞ずつ。

釧路での朝ラン、まだ-3℃で寒い、寒い。顔の感覚がなくなって引き攣ります。


3/26(火)15.0km 1:17:15 (avg 5:09/km)
3/28(木)15.0km 1:14:30 (avg 4:58/km)

月間累計:294.2km



まだフルのかすみがらが残ってるけど、頭は既にウルトラに切り替わってます。

去年は故障で4月にまったく走れなくなったけど、今年は調子良くはないものの、そこまで酷くない。

(いや、実は火曜から座骨が怪しいけど。。。酷くならないことを祈ろう)

今後のスケジュールを考えると、4月(GW含む)でどこまで走り込めるかが重要、なはず。

目安は500㎞!

なので、そろそろ30㎞走を増やしていきたい頃合い。

週末は(天気次第だけど)2日続けて30㎞走をやりたいところです。

ウルトラ用シューズの検討もしないと。


佐賀から東京に戻る前に、再度佐賀牛とご対面 (#^^#)

『季楽』は3年前に続いて2回目でした。
IMG_20190325_121012.jpg
IMG_20190325_121916.jpg

ガーリックライスもぱらぱらな仕上がり具合
IMG_20190325_122939.jpg

今回はラーメンは1杯だけだったのが残念。

既に来年行きたい店をピックアップ済みです(^^)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



9時にスタートの号砲。

スタートロスは3秒。

(今年は5列目スタートで3秒、去年はほぼ最前列スタートだったけどやっぱり3秒。なんでかな??)

コースはまず佐賀城跡、県庁の周辺をぐるっとまわり、一旦スタート地点に戻る、そこを越えたところで10㎞地点。


最初の1㎞は3:55/km。

なにしろVF4%で(レースペースのキロ4分前後で)走るのは今日が初めて。

キロ4分以内では太ももやその付け根への負荷が高すぎる気がする。

少し調整して落とそうとしたけど、、、出来ない(笑)

シューズによって勝手にこのペースで走らされてるような感覚。

ZFFKではもっと意図的に地面を蹴らないとこの感じは得られなかったけど、VF4%はそんなに蹴らなくても勝手に前に進んでしまう。

というか、進みすぎ。

ただでさえ先週のとくしまの疲れ残ってるのに、この負荷を脚が受け止めきれないのでは。。。

5㎞で既に脚の疲れが大きく、どこまでいけるか怖くなってくる (^^;

8㎞あたり、JRの高架をくぐったあたりで京都のKさんの応援!写真も撮ってもらう。
201903_55949734_855680_n.jpg

あれ、今日は走ってるはずでは、、、とあとで聞いてみたら、寝過ごして電車に乗れなかったとか。

10㎞通過は39:15、これはやばい、速すぎる。


ここからコースはのどかな田園地帯を進み、吉野ヶ里歴史公園に向かう。

脚はもう辛いけど、陽は出ていても気温は低く、風も弱いのは助かる。

心肺的にはそこまで辛くないけど、、、脚の付け根外側部分の痛みが強くなってくる。

まだ10㎞を過ぎたばかりでこの感覚は、、、まるでフルマラソン中2日で走った2015年加古川のようだ。

ただ、あの時の自分は強かった、今はただただ弱い (・_・)

これに耐えきるメンタルがどこかに行ってしまってる~

で、15㎞を越えたあたりで明らかにペースダウンが始まった。

っていうか、もう歩きたい(笑) 残りの距離を考えると絶望的な気持ち。

中間点通過は1:23:47。


中間点を過ぎると吉野ヶ里歴史公園に入り、園内をぐるっとまわって折り返す。

微妙にうねるコースで、脚にかかる負担も微増。

ここには魔物がひそんでるという噂もあるし(笑)

今までは落ち付いていた呼吸も荒くなりだす。


園内を出るとスライド区間、何人かから声を頂くけど反応できない。

まだ25㎞地点、先は長い。

が、そろそろ脚は限界に近付いている。

もういつ歩きだしてもおかしくない状態。

論点は、歩き出すポイントをどこまで先送りできるか。

もはや歩く気満々なんだけど(^^;、ここで歩くとサブスリーが厳しくなる。

じゃあどこまで走って、どのくらいの歩きなら許容されるのか?

計算をしだす自分がそこにいた (・_・)


30㎞通過は2:01:09。

30㎞を越えた直後に折り返しポイント。

折り返してから、サブスリーペーサー集団との間合いを確認。

1㎞くらいはありそうかな?

ここで張りつめていた緊張感が一気にほどける(笑)

とうとう歩き出した。

20秒ほど歩くと少し痛みが和らぐので、また走り出す。

これをゴールまで、きっちり2㎞ごとに行った。

情けないけど、現実的な対処としては有り。

ということにしといてください(笑)

助かったのは、ZFFKとは違いVF4%は疲れた脚でも錘のように重く感じなかったこと。

両者で値段は1万違うけど、たしかにその差はあると思った。


37㎞から多布施川沿いの桜並木の下、ほとんどの木は咲いてないけど、、、たまに早咲きの桜がきれい。

沿道の近いところから沢山の方が応援してくれる、その脇を歩くのは心苦しい。

けど、2㎞ごとできっちり歩く。今日はこれで間違ってないはず。

40㎞通過は2:45:46。


競技場に近づいてもなかなか中には入れない引き回し系のコースのはずなんだけど、

今年はすぐにゴールが見えてくる。

というか、ゴールが競技場ではなくて隣りのグラウンドになってるみたい。

あれ、今年はゴールの場所が違うのか。

(今年は改修工事中とのこと、隣りのグラウンドがゴールだとその後の動線が長いから、来年は競技場ゴールがいいな)


ゴール100m手前で、隣を走ってる方から「くまごろうさんですよね」と声を掛けてもらった。

しかも今日が初めてのサブスリーとのこと、まだゴールしてないのに嬉しくなってしまい、走りながら握手を求めた。

よく考えたらまだレース中なのに迷惑だよな~ (^^;


グロス:2時間56分2秒
ネット:2時間55分59秒
総合順位:147位
年代別順位:26位(45~49歳男子)


40代最後のフルマラソンもやっぱり歩きまくり。

42歳の初フルは中間点手前から歩いてしまったし、初サブスリーの2011年つくばでも37㎞から歩きを入れてる。

歩きに始まり、歩きに終わりました(・ω・)

50代最初のフルは、、、どうなるべ。


5km毎のラップ。やっぱりもったのは15㎞まででした。

5km 19:31(19:28)
10km 39:15(19:44)
15km 58:58(19:43)
20km 1:19:14(20:16)
中間点 1:23:47
25km 1:40:03(20:49)
30km 2:01:09(21:06)
35km 2:22:58(21:49)
40km 2:45:46(22:48)
Finish 2:56:02(10:16)


まあ、しかし過去のさが桜のラップを見ると、毎回こんなもんでした(笑)

今年は天候が最高で、もう少しましな状態で臨めたら、、、と思うけど、今持ってる力はほぼ出し切れたはず。

レース後の脚のダメージは今シーズン一番だったし。

IMG_20190324_123544.jpg

それにしてもさが桜はコースはいいし沿道の雰囲気も最高。

開催が4月から3月に変更されて桜並木の下を走ることは出来なくなったけど、大好きなレースに違いありません。

また来年もエントリー競争に参戦しよう。

IMG_20190324_130808.jpg
IMG_20190324_130904.jpg


レース後は博多へ移動して打ち上げ。初の水炊きでした。
IMG_20190324_180004.jpg
IMG_20190324_184916.jpg

2次会は毎年恒例のおまめさん

ここでまさかのお宝を見せて頂き、大満足な夜を過ごしました(#^^#)
IMG_20190324_200631.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



前々日の金曜の夕方、いつも通りに釧路から東京の自宅に戻る。

事前の計画では金曜夜に10㎞くらい軽く走ろうと思ってたけど、脚はとくしまの疲れが抜けきってない様子。

特に脚の付け根外側あたりにそれを感じる、ここに疲労があると脚が上がらなくなってしまう。

ここで走っても疲れを貯めるだけかもしれず、自重しておく。

(結局、前週に走れたのは火曜15㎞木曜15㎞のみだった)


土曜は例年通り正午過ぎに佐賀空港到着。
IMG_20190323_122215.jpg

フライト同乗者はランナーさんらしき人がほとんど。


空港でレンタカーを借りてきた気づきPさんに拾ってもらう。

まずはランチで佐賀ラーメン。

一昨年も行った『幸陽閣』、明日のコース沿いにあります。
IMG_20190323_133205.jpg

卵入りラーメン。やっぱり佐賀ラーメンには生卵が必須。
IMG_20190323_131139.jpg

ここのスープは深い味だけど濃すぎず絶妙のバランス。やや柔らかめの麺ともよく合います、来年も食べたい!

その前に来年もエントリー競争を勝ち抜く必要あり(・ω・)


次は気づきPさんのリクエストで日帰り温泉へ。

その場で検討し、山間にある古湯温泉街へ。佐賀中心から30分と少しで到着。

歴史は古く、2200年ほど前に開湯とのこと。

風情のある建物が多く、。
IMG_20190323_141601.jpg
IMG_20190323_141448.jpg

「古湯温泉ONCRI」に併設の日帰り温泉施設で入浴。
IMG_20190323_161503.jpg

38℃のぬる湯が特徴、長時間ゆったりと露天風呂に浸かってました~

露天風呂からの眺望もよし。


佐賀駅でレンタカーを返却、駅近くのホテルにチェックイン。

夕食は予約しておいた『ご馳走まんま』。

呼子の活イカ、佐賀牛のすき焼きなど、佐賀のものを満喫。
IMG_20190323_175613.jpg
IMG_20190323_180048.jpg
IMG_20190323_191932.jpg

イカはゲソや残った部分は天ぷらに。
IMG_20190323_182221.jpg

どの皿も量が多くて満腹になり、炭水化物系を食べることが出来ず(笑)

まあ、昼にラーメン食べてるので大丈夫。


21時前にホテルに戻り明日の準備。

22時半頃に就寝するけど、、、夜中に何かに起こされる (^^;

数年に1回は宿泊先でこういうことがあるんだよなあ。。。

結局、眠れたのは4時間ほどか。


朝は5時にはベッドから起き出し、シャワーやストレッチなど。

まだ夕べのものを消化しきってない感じなので、朝食はエネルギーゼリーのみ。


7時にチェックアウト、会場までは徒歩20分強。
IMG_20190324_072317.jpg

更衣・荷物置きに開放されてる体育館で準備。今年は人が多く感じる、定員増えたんだっけ?
IMG_20190324_073140.jpg

荷物預かりはなく、貴重品のみ預かってもらうシステム。

トイレも沢山あって小ならほぼ待ちなし。


8時10分頃に貴重品を預け、外の仮設トイレによってから先頭のSブロックへ。

ブロック内はまだすかすか、先頭から5列目くらいに陣取る。

前方の人たちはゆったりと間を開けて待機してるから、無理な割り込みなどなく快適。

むしろ前にやってくる速い人のためにスペースを作っておいたりして(笑)


周りを見渡しても特にお知り合いは見つからず。

ビニールポンチョは迷った末にやめたけど、待ち時間はかなり寒い。

例年汗ばむような陽気なので、走りやすそうなこのコンディションに逆にプレッシャーがかかるw

座るとお腹冷えて尿意催すこともあるから立って待つ。


9時にスタートの号砲。

桜吹雪が放たれる!


何度も書いてる通り、気象コンディションは文句なしのはず。

あとは自分の脚がどこまでもってくれるか。

先週のとくしまの疲れを引っ張ってしまったのは想定外、どこまでもつか激しく不安。


シューズは、ここで投入すべきか直前まで迷ったVF4%。

(原宿のナイキストアで26㎝を普通に購入できました)

しかも300mくらいしか試し履きしてない(^^;

ZFFKを投入した勝田ではふくらはぎ肉離れやってしまった、果たして今日はどうだろう。

まあ、ZFFKよりは癖が無さそうに思えたから、えいや~で投入することに。


(続きます)


応援クリックよろしくお願いします(^^)



4回目のさが桜マラソン、完走してきました。

暑すぎず風も弱く、佐賀としては今までで最も走りやすい気候でしたが、やはり今の脚ではこれが限界。

結果は2時間56分2秒、総合で147位、45~49歳では26位/1473人中。

40代最後のフルマラソン、内容はぼろぼろだけどサブスリーは死守。

何も考えずに突っ込んで、粘りに粘る作戦だったけど、今流行りのシューズ履いたらあまりに分不相応な突っ込みになってしまい。

15㎞くらいで脚がおしまい、残りの距離は地獄を見てきました(~_~)

まあ、今の自分の場所がよく分かる結果ではありました。


結果はあれだけど、やっぱり好きなレースには間違いありません。

来年も走ろう。


詳細は後日に。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



(昨夜、これを投稿忘れて寝てしまいました)


佐賀にやってきました~

ゼッケンなどは事前送付なので、前日受付はなし。

来るなり早速佐賀ラーメンを投入です (^^)

と、ここまで去年のさが桜前日の投稿の丸パクリ(笑)


去年と違うのは、、、今年の佐賀は涼しい。

こんなに気温の低い佐賀は初めて。

例年暑さに苦しむ佐賀なのに、今年はマラソンシーズンらしい気温。

明日の予報もほぼ絶好のコンディションに近く、言い訳が一つ減ってしまって逆にプレッシャーになるほど (*´ω`)

桜はまだ咲き始め。これは例年通り。

夕飯は(先週のとくしまでも一緒だった)気づきPさんと、予約しといたお店でイカに佐賀牛など地元のものを堪能。

やっぱり佐賀の食べ物大好きです。


で、明日はさが桜マラソン。

4回目の参加で会場のレイアウトや様子も分かってるし、ストレスは少ないです。

例年九州のレースに何回も出るけど、今年は青島太平洋は走れたけどその後の九州での2レースがDNS。

さが桜はどうしても走りたかったから、まあなんとか間に合ってよかった。

例年通りのタイムで走れるまでは間に合ってないかもだけど。


天候も予報では申し分なし。

(前日の昼の予報では申し分ないはずだったとくしまが、ふたを開けてみたら暴風雨に霰にと大荒れだったから油断はできないけど(-_-;)

こんな脚なので走ってみないと分からないから、特に目標などもなし。

出せる力を出し切れればそれで。


今回は何気にけっこう緊張してます(笑)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



改めて去年を振り返ると、

調子が良かった(もしくは普通から上向き)のは1~2月、9~12月で計6カ月、

調子が悪かった(もしくは普通から下向き)のは3~8月で6カ月。

1年の半分は不本意な時期を過ごしていた。

しかも、去年は良い時と悪い時のふり幅が大きかったような気がする。


今年は年の初めから不調期だから、既に3ヵ月近いことになる。そろそろ反転して欲しい頃合い。

特に去年は不調期とウルトラのシーズンが重なってしまい、ウルトラを初めてから最も不本意な結果に終わってしまった。

調子が上向いてきた9月末の村岡ダブルフルは台風により中止、このへん運も無かったです。

今年もそろそろ調子が上向いてもらって、野辺山、サロマはしっかりと走りたい。

(野辺山は例年とコースが違うのが残念ですが)

来週末からは練習もウルトラの仕様に徐々に変えていかないと。

(練習をウルトラ仕様にしたところでプチ故障するのはお約束なんだけど(^^; )


ここで何度も書いたことだけど、去年の不調はまったく理由が分からなかった。

最初のきっかけは膝の痛みだったけど、それが引いてからも一向に走れるようにならない。

息が切れやすい、それを我慢する粘りもない、気持ちがついていかない。

5㎞以上続けて走れなくなった時には、そろそろ別の趣味に打ち込むべきか、と真剣に考えてしまった (・_・)

血液検査の結果も問題ないし。

更年期かも?と疑い、どこの病院で検査受けようか調べたり。

そんなタイミングで調子が上向きだしたので検査は先送りしたままですが。


今現在の不調は肉離れに伴う練習不足とはっきりしてるから、去年のような漠然とした不安は感じない。

いや、不安というと、また不調前の走力に戻せるかという不安はある。

ただでさえ加齢による衰えを感じざるを得ない今、こんな形での離脱でさらに焦燥感が募ってしまう。

まわりを見渡すと(歳に関係なくすごい人が沢山いるから)年齢を言い訳に出来ないのは重々承知してるんだけど。。。



とりとめがなくなってますが、何を言ったところで明後日はさが桜。

4年連続4回目の参加です。

これを走らないと春がやってこないレベルで気に入ってるレース(笑)

過去の結果は、
2016年 2:56:26
2017年 2:56:21
2018年 2:53:03

例年暑い日が多いけど安定したタイム、相性のいいコースだと思ってます。

っていうか、これ以上ないほどのフラットなコースですよね。

今年も過去3年に並ぶような結果を出したいけど、極めて厳しいことは間違いない。

先週のとくしまの疲れがまだ抜けてません。

(好調期なら、とくしまのタイム(3時間3分くらい)を考えると水曜には疲れ抜けてるはず)

こんな脚の状態で結果を出せたこともあるけど、それは強かった頃の自分だから出来たことで、今の自分はそれとはまったくの別人 (´・ω・)

だけど、今の力は出し切りたいです。

4月にかすみがうらをエントリーしてるからシーズン最後のフルではないけど、気持ちとしてはそのつもりで。

密かなノルマとしてシーズンでサブスリー10本なんだけど、今のところ9本。

それもあって、何とかさが桜で2時間59分59秒では走れないものだろうか(^^;


佐賀は食べ物も大好き。(だから毎年行きたくなります)

2016年
R4011544.jpg
R4011558.jpg
R4011602.jpg

2017年
R3015917.jpg
R3015929.jpg

2018年
R3030200.jpg
R3030235.jpg
R3030237.jpg


今年もラーメンと魚、できれば肉も食ってきます~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: