FC2ブログ
富士登山競走の2日後の日曜は、毎年恒例の釧路湿原マラソンの30㎞。

このスケジュールでは3年連続。

疲労回復に時間がかかるようになってしまった50路のおやじには移動距離だけでもきついけど、既に半分地元の釧路での唯一のレースなのでスルーはなかなか出来ない。

結果はともかく、出ることに意義がある (・ω・)

だれも同意してはくれないけど(笑)


なにしろきつい富士登山競走、さらにこの釧路湿原マラソンで30㎞走れる脚を残すのが毎年の課題。

湿原のスタートラインに立つまでが富士登山競走 (・ω・)ノ

で、走った結果は(釧路にしては)異常な暑さもあってコースワーストの大撃沈。

そもそも、脚がまったく回復してませんでした。。。


釧路湿原マラソンは7年連続7回目の参加。(全て30㎞の部)

最初の頃は、こんなに釧路滞在するとはも思ってもなかった。

その時は半分観光気分だったけど、今は生活圏を走るような感覚。

コースベストは2015年の1時間56分37秒、年代別6位入賞。


会場の駐車場には少し早めに6時40分到着。(これで会場近くの駐車場所を確保する)

まずは受付をして、一旦車内に戻りゼッケンを付けたりなどして待機。

7時50分頃に陸上競技場のスタンドへ。

そこでぽつぽつとお仲間さんもやってくる。

今年も道東、札幌、そして東京や宮城からも。

最初に参加した時は完全に一人だったから、今はまわりにこんなに会話する人がいるのが不思議な気分。
201907_383671296_n.jpg


この連ちゃんスケジュールで3年目、年々自信が無くなってくる。

脚もまったくダメ、筋肉の奥深いところがじんじんとする(表現するのが難しいけど)。

すぐにダメになってしまいそうだ、最近撃沈する時はいつもこの感覚がある。

毎年サブスリーペースくらいでは戻ってくるけど、今年は無理だろうなあ。。。

歩き癖も年々ひどくなってるし(^^;

そして今日は暑そうだ。

朝の時点ではけっこう暑いかな?だった、それが途中から灼熱地獄に変わるとはまだ想像できなかったけど。


そうそう、シューズを履く時に靴紐の先端から糸がほどけてたから、それを引っ張ったらどこまでも糸が切れずにするすると。

まるで靴紐が馬の尻尾に( ;∀;)
IMG_20190728_084943.jpg

どうしようかとオロオロしてたら、それを見ていたご婦人が見るに見かねてハサミを貸してくれました~


整列も道東のローカルレース特有でゆったり。

毎年おなじみの川内選手に加えて、今年は園田選手まで!

翌日の道新にお二人と一緒に走り出す写真が(#^^#)
201907_1564370000459.jpg
201907_1564370002419.jpg


9時半スタート。

スタート直後に悟る、今年はほんとにダメだな。

この体感でキロ4に届かない。

密かに目標は2時間10分としてたけど、それも怪しい。


例年のコースは、まずは市街地と河川敷で8㎞ほど。それから湿原道路という湿原内を通る道に入り7㎞。

そこで折り返し、ほぼ同じ道を戻るコース。全ランナーとスライドできるコース。

ただ今年のコースはいつも渡る橋が工事中につき、そこを避けて一つ下流側の橋を渡る仕様。

その分、湿原道路での折り返しは例年より手前で。


ダメなりに、10㎞まではがんばってみる。

10㎞通過は41:01 (ラップは40:59)

それまでも暑かったけど、湿原道路に入ってから風もあまり感じずに暑さが尋常ではない。

給水場所では水をがぶ飲み。(これが良くなかった)

スポンジも何か所かであるから2つ3つは受け取る。


15㎞手前で折返し。

気持ち悪くなってきて、ペースダウンが著しい。

あ、これはそろそろ、、、

18㎞で立ち止まり、少しおえ~っと。しかし楽にはならず。

20㎞通過は1:25:45(ラップは44:44)


キロ4分半を見たところでゲームオーバー。

一旦立ち止まるともうダメ、1㎞も続けて走れない (-_-;)

脚は動かない、暑くて気持ちも悪い。

しかし暑い、こんなに暑いレースはいつ以来だろう。去年の道マラよりきつい。


最後は競技場周辺をぐるっと引き回しされるコースレイアウト。

27㎞から3kmは競技場周辺を走るけど、ここが毎年本当にきつい。

今年は何回も歩いてしまうからなおさら長く感じる。

最後は陸上競技場でゴール。

20~30㎞は52:50、情けないです~


グロス:2時間18分35秒
ネット:2時間18分33秒
50代順位:18位

IMG_20190728_120654.jpg

コースワーストを11分更新 (´・ω・)

この暑さは、、、伝説の30℃越えの2012年以来かな?

日本の避暑地ともいえる釧路、30℃までいくのは年に1回あるかないか。

つい先週まで20℃なかったのに。。。

この暑さでは救急車も大忙しでした (・_・)

この日は道東各地で高温注意情報
IMG_20190728_142416.jpg


富士登山競走との連ちゃんスケジュール、今年で終わりにするはずだった。

(富士登山競走は今年で終わりにしようと思ってたから)

それが五合目打ち切りになり、来年はどうするか。。。

さらに歳を取るし、もうこんなの無理だよなあ。

来年のエントリー時期に果たしてどうするか、自分でも予測出来なくて怖い(笑)


次は3週間後に根室で10㎞。

その次の8月末に、夏のメインイベントの北海道マラソン、稚内マラソンの連ちゃんです。


(おまけ)

レース前日は毎年この時期に開催の霧フェスへ。レーザーショーはなかなかのもの。
IMG_20190727_192609.jpg
IMG_20190727_192814.jpg

その後は3年ぶりの釧路名物、泉屋のスパカツ。これを注文するのは(そのボリュームとカロリーとで)根性必要(笑)
IMG_20190727_204529.jpg

ビール大ジョッキ、顔と同じくらいのサイズありました~
IMG_20190727_203241.jpg

レース後の少人数打ち上げはこれも久しぶりのジンギスカン。釧路はあまりジンギスカン文化なくてお店も少ないです。
IMG_20190728_181007.jpg
IMG_20190728_175618.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



恒例の

えいえいおー !

からの7時スタート。

ロスタイムは例年と同じ20秒くらい。


スタートしてからは書くことはあまりない。

今日は無理せず、ただ淡々と五合目まで上ろう。

五合目打ち切りになってからそのモードになってしまい、そのメンタルでスタートするとこのきついコースで結果がどうなるかは。。。

その通りの結果です(笑)


気温はそんなに高くないと思ってたけど、湿度は高いのか想像よりもきつく感じる序盤。

例年と同じ体感で行くと、馬返し通過は1時間2分3秒。

去年より1分23秒遅れ。まあこれは脚力劣化の影響もあるだろう。


馬返しから五合目までは4.2㎞の登山道。

登山道に入って500mほどかな? 大渋滞が発生している。

道が狭く(両側が崩落して道が狭くなったのかな?)、一列になってしまうようで。。。

今日は五合目までだから、ここまで突っ込んでくる人が多かった(から渋滞も激しい)のもあるかもしれない。

そんな会話をまわりのランナーさんとしながら列待ち。

後ろから怒号も飛んでくるけど、動かないものは動かない。


そこを通過しても、2合目くらいまではところどころで完全に立ち止まってしまう。

これは2時間難しいかな~

となったところで気持ち的にゲームオーバー。

3合目でSさんが写真撮ってくれた!
201907_638609713290534.jpg


残りの道のりは消化試合。

Bブロックの権利は間違いないから、のんびりとなってしまった。

何度も言うけど自分の弱いところが出てしまう (^^;


最後のロードもあまり走れず、、、

五合目ゴールは2時間1分51秒。
201907_113080.jpg

去年の五合目通過より約4分半遅れ。

今年の渋滞を考えると実質的には2分遅れか。


なんというか、あっと言う間に終わってしまった。

もちろん苦しんだ部分もあるけど、楽し過ぎた場所もある。

レース展開もなにもあったもんではなかった。


今年で終わりにしたかったけど、これで終わるのもなんだか(´・ω・)

でもやっぱり苦しいレースだから、再挑戦に躊躇する気持ちも大きい。

今の自分はフルで頑張るべきでは?

今回も強く思ったけど、やはり山の才能も無いし。

んー、来年のエントリーは開始直前にどうするか決めよう。


ゴール後は五合目に送っていた荷物を受け取ってから再度ゴール付近に戻り、五合目コースに出てるお仲間さんの応援。

この応援が楽しかった、来年は山頂でこの応援したくなった(笑)
IMG_20190726_104955.jpg

五合目から閉会式会場へ向かうバス待ちの行列は700mくらいあったかな?

約45分待ち。雨もぱらつくし寒いけど、まあこれは前にも経験してる。五合目に送る荷物に上着は必須。
IMG_20190726_120259.jpg


北海道や他地域からの遠征、お疲れ様でした!
IMG_20190726_135815.jpg

一度帰宅して、打ち上げは新宿で。
201907_625626624_n.jpg

長い1日でした。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今年の富士登山競走は前日受付がマストなので、前日の木曜に自分の車で富士吉田へ。

(ほんとは前日に何も予定入れてなかったけど、急遽父の通院付き添い依頼がきたためバタバタの日となった)


受付の富士吉田市民会館(今年は閉会式会場もここです)に到着は16時頃。
IMG_20190725_161446.jpg

受付はすぐに終了。

そこで千葉県民さんと落ち合う。
IMG_20190725_172445.jpg

夕飯もご一緒してもらう。予め4月のチャレ富士の時にもいった『うなよし』に予約を入れておいた。

気合のうな重松!
IMG_20190725_173338.jpg

ここまでエネルギーチャージしたからには明日走らないわけにはいかない。

(そのくらい走るのが憂鬱w)

そして年に一度のアルコール抜き。

唯一、禁酒するのは富士登山競走前日くらい(・ω・)

(いや、去年はしてないかも(^^; )


18時過ぎに解散、宿泊の河口湖畔へ向かう。

まだ新しい大箱の東横イン、部屋はきれいで大浴場もあった。

他の宿泊者もほとんどがランナーさんか運営関係者の模様。

21時半には就寝。でも憂鬱で憂鬱でなかなか寝付けず。


4時に起床。

シャワーを浴びて準備、珍しく朝食も摂る(コンビニのサンドイッチ)。


5時にホテルをチェックアウト、駐車場所として指定されてる鐘山グラウンドまでは15分ほど。

車を停めて会場行きのシャトルバスの列に並ぶ。

例年より遅く来たためか長蛇の列になってる、こんなの初めて見た。

けど、ここは15分ほどでバスに乗車できた。


5時40分頃にスタート会場の富士吉田市役所に到着。

荷物預け場所近くで準備、その後何人かのラン友さんにご挨拶。

超久し振りのきくぞうさんも!(今年はUTMFもUTMBも出るすごい人です)
IMG_20190726_101604.jpg

北海道陣も集合 (一名は愛知から)
IMG_20190726_055805.jpg

Y君はコスプレで山頂まで行く予定だった、すげ~
IMG_20190726_061049.jpg


いろんな方とお話ししてるところで、山頂悪天候のため五合目打ち切りの報が。

会場もざわついてる。

それを聞いて、ほっとしたような、がっかりしたような。。。

なにしろ昨日は気合のうな重松に禁酒までしてる、今日のためにそこまでしたのに、、、

ではなくて(笑)

なにしろ今日は(そんなチャレンジするなんて頭おかしいと指摘されたw)30日以内でのグランドスラム達成がかかったレース。

その挑戦権すら無くなってしまった。

サロマは(サブ10の難易度が低いから)まあいいとして、その翌週の函館フルでのサブスリーは自分にはとても難しい。

たまたま出来た今年に達成しておきたかった。

来年も出来るとは思えないし。

(天候などの条件が揃わないとまず無理、それ以前にそんなスケジュールでのエントリーはもうやめにしたい(笑))


まあ、天候には勝てません。


今日苦しむための大きなモチベーションが消え、気も緩む。

五合目までならすぐに終わるだろう、、、

気持ちの入り具合も軽くなる。


このへん、自分の弱いところです。


山頂まで行かないならバフなどは不要だろうと五合目コースの仲間に預かってもらい、装備を少し軽くする。

整列は6時半、それまでBブロック先頭だと思われる場所の付近で待機。

整列開始時間になると、Bブロックのプラカードが近くに立ったのでそのすぐ後ろに並ぼうとすると、、、

前方から大挙して人が押し寄せてくる、その勢いがとんでもない!

すぐにブロック先頭付近が押し合いへし合い、山手線のラッシュ時状態(より酷かったw)で小さな自分なんて押しつぶされそう( ;∀;)

その後は少しばらけたけど、身を縮こませたままのスタート待ち。

いつもは整列後に靴紐の調整してるけど、今日はそんなことする余地なし。

ブロック前方の場所取り合戦、3回目にしてこんなに激しいのは初めて。

これも年々熾烈な戦いになってきてるようだ (・ω・)


(あと1回続きます)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



もうご存知の方も多いと思うけど、

今年の富士登山競走は山頂悪天候のため五合目打ち切り。

それを聞いた瞬間にモチベーション崩壊(^^;

そして馬返しのタイムを確認した瞬間にハイキングモードになってしまいました。。。

五合目ゴールタイムは2時間1分51秒でした。

五合目初の2時間オーバー (´・ω・)

しかしこれが今の実力のような気もするな~


詳細は(書く内容あまりないけど)後日に。


201907_113080.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



昨日は本番前の軽いジョグ。

軽くかる~く、疲労度をなるべく軽くすべくゆったり走ろうとしたけど、暑くてすぐに汗ぐっしょり。

するとペースに関係なく疲れてしまう。

これでは意味ないと、15㎞予定だったけど11㎞で切り上げました。

まあ結果的にはちょうど良い距離だったかな~


ということで、明日はいよいよ富士登山競走山頂コース。

3年連続3回目の参加です。

今年も挑戦権をゲットしました。

したのはいいけど、ほんとにこのレースの前は憂鬱で憂鬱で仕方ない。

特に今年は(初めて)試走なしの一発勝負。

今はただただ早く終わってほしい(笑)


去年はぎりぎり滑り込みの4時間29分38秒。

今年は去年よりは条件良さそう(気温が少し低い、砂礫地帯が去年よりしまってそう?)と期待してるけど、仮に去年と同じ条件なら脚力年々劣化中だから多分完走できないなあ(´・ω・)

7合目より上になると体が動かなくなります、いくら呼吸しても酸素を取り込めてる気がしなくなる。

この挑戦は今年でほんとに最後にしないと。


レースプランは特になし。

去年はある程度考えてたけど、完全に絵に描いた餅でした。

とにかく馬返しまでがんばり、5合目は1時間57分以内。

いくら5合目以降が苦手とは言え、これで完走できるはず。


今年のシューズはHOKAのクリフトン6。

クリフトンは5合目コースの時に履いて、結局その時のタイムが今までの(5合目の)ベストタイム。

去年などはスピードを求めて薄めのシューズにしたけど結果はイマイチだから、初心に帰って厚底でいきます。

その他装備は例年通り。

5合目に送る荷物はタオルを多めにしようかな。(去年は上から下まで砂だらけで用意したタオルだけでは足りなかったから)


今年は前日受付必須なので、宿泊は河口湖畔。

去年までは夜中出発の日帰りだったから、それよりは体が楽そうです。

起床時間も4時で大丈夫。


明日の7時スタート、山頂目指して全力を尽くしてこよう。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



昨日、今日とレスト。

腸脛靭帯に張りを感じてたけど、それがだいぶ薄れてきました。

あとは明日15㎞くらいで本番前の運動はおしまい。


もう3日後ですね、いよいよ今年も。

既に緊張しまくってます。

ほんとは去年で終わりにするはずだったのに、気が付くと今年もエントリー。

去年は制限時間ぎりぎりでのゴールだったから、もう1回だけチャレンジしたくなってしまった、かな?

自分でもエントリーした理由が分からない(笑)

ほんとにほんとに、富士登山競走は今年で終わりにします (・ω・)


一応、過去の振り返り。

<2016年> 1時間51分54秒 (5合目コース)
馬返しまではちょうど1時間。スタート前の整列で出遅れ渋滞でなかなか走りだせなかったけど、今見返すとなかなかのタイム。しかし詰めが甘く、ここで1時間50分以内なら翌年からAブロックの権利をゲットできたのに。。。 この年は悪天候で山頂コースは途中打ち切りだったけど、5合目コース的には雨で涼しくて走りやすかった。(その分、下山は寒くて震えたw)
R3015847.jpg

<2017年> 4時間12分30秒 (山頂コース)
馬返しは1時間1分、5合目は1時間57分、8合目は3時間33分。頑張ったつもりだけど1年前の5合目通過より5分も遅い。その後もさっぱりで、8合目~山頂では相当苦しんだ。呼吸しても酸素を取り込めてる感じがなく、、、脚を動かすのに一苦労。
18070.jpg

<2018年> 4時間29分38秒 (山頂コース)
馬返しは1時間0分40秒、5合目は1時間57分、8合目は3時間51分。とにかく暑かった。2017年とは5合目~8合目以外のタイムはほぼ同じ、雨が少なく例年より乾燥していた砂礫地帯に苦しんだのか?それ以外にもこけて尾てい骨打ったり、もう散々だった(-_-;) 山頂のゴール目前での時間ギリギリの攻防は生涯忘れないと思うw

ゴール直後のこの表情、実はちょっと涙流してます(笑)
201807_652201581839497_2942111206883721216_n.jpg

YouTubeの「富士登山競走 富士山頂 関門間際の攻防2018」にもばっちり登場しました。


さてさて、最後のチャレンジの今年は果たしてどんな結果に~ (・ω・)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



富士登山競走まであと5日。

今月はレスト月間と決めて、レース以外はあまり走ってこず。


なので、まだ月間走行距離は100㎞未満。

例年、富士登山競走前の試走はスケジュール的に本番2週間前になるけど、試走では(主に下りで)思いっきり脚を消耗。

それが本番までに回復しないと感じていたから、今年は思い切って試走もなし。

去年も試走のあとでしばらく走れなくなっていたし。

高地に慣れないままだけど、それと脚の消耗とを天秤にかけた感じです。

その結果は実際のレース後に分かるんだけど。。。


もうたっぷりと休んだ気がし始めたから、一昨日からランを通常通り再開。

金曜は釧路で朝ラン。走る前は降ってなかったのに、途中からかなり強い雨。こんなシャワーランは久しぶり。

脚もたくさん休んだ割には重い。

土曜は東京で朝ラン。ものすごい湿度で気温以上につらい、最近涼しい中でしか走ってなかったからこんなんでは走れん(笑)

何度も休憩を入れてしまった。

脚は昨日以上に重く、その後1日中重だるい感覚。

そして今日は、、、湿度は同じくらいかもだけど気温はもう少し低いか。でも距離は控えめにしときました。


7/19(金)20.0km 1:41:51 (avg 5:05/km)
7/20(土)20.1km 1:41:56 (avg 5:04/km)
7/21(日)15.1km 1:16:13 (avg 5:03/km)

月間累計:140.4km



総じて、とても今月休んでたとは思えないほど脚が重く疲れてる。

これは、、、また調子が下ってるサイン??

もう本番まで走らないほうがいいかも。

走ってもせいぜいあと1回、15㎞かな。


今年も不安な中で本番を迎えることになりそうです(´・ω・)

参加する全てのレースの中で、スタート前の憂鬱度はこの富士登山競走が一番 (-_-;)

あの3000mを超えてからの苦しさを思い出すだけで頭痛がしてくるw


まあ、それでも去年よりはましかも。

去年はとにかく原因不明の不調で、胸のあたりがずっともやもやしてました。

今もたまにそうなるけど、去年ほど酷くはないし、なっても長続きはしない。

脚の重だるささえ取れてくれれば何とかなるとは思うけど。。。


家系の新規開拓。

東京・葛西の『ラーメン巓』、これでいただきと読むらしい。ただ看板にはこの漢字しかなく、こんな読みにく漢字では、「この前○○○○に行ってみた」っていう会話ができないような。。。読めない漢字ってのも何かの作戦?

しかしラーメンはバランス良くて偏差値高い(・ω・)
IMG_20190710_122659.jpg

場所が不便な故か、このラーメンなのにお客さんが少ない。これが昼時に並ばずに食べられるなんて! 遠すぎて再訪難しいのが残念。。。
IMG_20190710_123750.jpg

こちらは3年ぶりくらいの横浜天王町の『光家』、マイルドで女性でも食べやすいのは相変わらず。個人的にはもうちょっと獣臭いのが好きだけど、これはこれであり。
IMG_20190715_132344.jpg

標準でラーメン着丼の前にゆで卵が供される、これは他の店では見たことないですね。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: