fc2ブログ
まだ復活できず。

しばらくはウオーキングのみだったけど、今朝は野辺山後に初めて走ってみた。

けど、脚が重くて3㎞で終了、それ以上動かせない。まるで100㎞レースの90㎞地点のよう。

刺激は少し入ったからこれが持ち直すきっかけになってほしいけど。

週末のフルは限りなくダメっぽい今日の感じです。


2022年5月のまとめです。

2022/05 走行距離:461.0km 走行日数:22日

30㎞以上走は1回。


月の前半は先月のチャレ富士由来の背中・腰痛でチンタラジョグのみ。

そして野辺山を走り、その後はほぼウオーキング。

そんな5月でした。

ただ、脚の酷い疲れは抜けてないものの故障っぽい感じではないのが救い。


今月走ったレースは1つ。

5/22 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

詳細は投稿したばかりなので割愛。


6月の目標

6月は2つの大会にエントリーしてます

6/5 千歳JAL国際マラソン(フル)
6/12 いわて銀河100kmチャレンジマラソン

千歳は毎年のルーティーンとして組み込んでるけど、過去野辺山の完走後ではまともに走れたことがないかも。

今年も既に千歳6日前なのにまだ脚が復活せず。DNSの可能性高し。

いわて銀河は前年のエントリー持ち越し。こちらも脚次第では怪しい。。。

ほんとに野辺山のダメージ恐るべしです(-_-;)

まあ、今月は無理せず、来月頭の函館マラソンまでには復活したいところ。

今月の距離目標などは特になしです。


先週の土曜、久しぶりに岐阜のラン友にっしーさんから連絡が。

OSJ奥久慈トレイルに参加で現地に行く前に東京に立ち寄るそうなので、朝8時に待ち合せてうちの近所を一緒に散歩。

品川神社 ~ 旧東海道の品川宿あたり ~ 天王洲アイル のコースで。

品川神社の富士塚に久しぶりに登ってみたり
IMG_20220528_082157.jpg
IMG_20220528_082416.jpg
IMG_20220528_082451.jpg

天王洲の東横イン前に大きなゴミ箱のオブジェあったり
IMG_20220528_091405.jpg

運河沿いで朝からやってるブレッドワークスで朝ご飯
IMG_20220528_092411.jpg

計3時間ほどご一緒しました。

にっしーさんは自分の長距離のお師匠さんだと勝手に思ってて。(さくら道の完走者です)

今回もたくさん刺激いただきました~



応援クリックよろしくお願いします(^^)




野辺山から5日、まだまだポンコツ状態。

ウオーキングはかろうじて。明日はゆるジョグできるかな?

野辺山のダメージは別格、回復に時間かかります。

来週末は千歳フルだけど、ここは様子を見て無理はしないように。

野辺山からの千歳は以前のルーティーンだけど、野辺山完走した年の千歳はまともに走れたことないかも。

久しぶりに応援も楽しそうだし、現地には行く予定。

千歳に行くのも(空港はよく経由するけど市内に行くのは)3年ぶりです。


今年のフルマラソン年代別ランキングが発表されてました。

金沢マラソンでの2:53:34で26位。

もう1分速いタイムあったけど、それは非公認なので関係なし。

26位は以前なら飛び上がって喜ぶところだけど、いまや母集団が1785人と最盛期の1/5以下にまで減ってるから、、、

今年もこのくらいの記録だして、来年出る順位を見ないと何とも言えずです。

(でも簡単に母集団元に戻らないだろうなあ、年齢もどんどん上がってくるしW)


そして痛恨のミスに気づきました、去年のランキングをどこにもメモってなかった (^^;

もうネット上では過去のは分からないみたいで、だれか去年の冊子もってないかな~

たしか今年と同じような順位だった気がするけど。


というわけで去年のは分からないけど、過去の推移です。

2013年度(44歳) 51位

2014年度(45歳 )39位

2015年度(46歳) 58位

2016年度(47歳) 106位

2017年度(48歳) 49位

2018年度(49歳) 58位

2019年度(50歳) 41位

2020年度(51歳) ???

2021年度(52歳) 26位

初マラソンは2011年度なんだけど、この時はランキングに興味なくて見た記憶もなし。

初めてチェックしたのが2013年度から。(100位以内に入れたのもこの年からのはず)

故障がちだった年のみ100位から陥落してるけど、あとはまあ大体同じような位置で推移。


年齢的にここから先はサバイバルゲーム。

タイムの落ちを最小限に食い止めて、同じような位置をどこまでキープできるか、です。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



宿泊は会場から車で20分ほどのホテル。

夕飯はホテルバイキングで。会場にはランナーさん多数、ウルトラ走る人はフルとはまた違った雰囲気まとってます。

就寝は20時。でも22時半ごろに目を覚ましてしまい、それからはほとんど眠れず。気合入ってるレース前日はいつも眠り浅い。


2時前に起きだして、まずは抗原検査。鼻の穴ぐりぐりするのは何回やっても嫌い。

結果を待つ間にシャワー、準備、ストレッチ。もし結果が陽性なら準備無駄になるのか~、と思いながらの準備w

ちなみに装備は先月のチャレ富士とほぼ同じ、違いはハーフタイツをやめたこと。このおかげでトイレ時間はだいぶ短縮されたけど、もう3年くらいレースでは履いてるから無いと寂しい (^^; あとは日焼け止めたっぷりと。

検査結果はOK、写真撮って事務局に送るけど、(ホテルの部屋の照明では)自分のスマホではピント合わなくてまともな写真撮れたことない。今回もピンボケ写真を送ってしまった。みな、ちゃんとした写真撮れてるんだろうか??

朝食はいつものえびカツサンド。


3時過ぎにチェックアウト、会場駐車場到着は3時半。

小学校のグラウンドが駐車場として開放されてるけど雨で盛大にぬかるんでて、車降りた瞬間に何か手を打っておくべきだったと後悔。それほどのぬかるみ。

会場まで2㎞ないかな?シャトルバスが運行してるのでそちら方面に行くと長蛇の列。

並ぶけどなかなかバスがくる気配なし。やっとバスが来て乗れたのは、、、並んでから20分後くらい。

(この後も渋滞は解消せず、スタートに間に合わないランナーさんのために関門閉鎖時間を一部後ろにずらした模様)


会場到着は4時10分ごろ。

いつもの体育館は使えず、道路渡った例年は駐車場の場所で準備とか荷物預けとか。ただしこちらもぬかるみ沢山、雨の日はけっこうきつめ。また動線は意外と長かった。

荷物預けてスタートゲート近くのトイレへ。小なら待ちなかった。

整列開始は20分前。あまり前すぎないように適当な場所で待機。ウエーブスタートなので例年より余裕ある整列。

気温は8℃くらい?もっと寒いイメージあったから(0℃の年もある)これでも過ごしやすく感じる。

スタート直前、南牧村村長さんの挨拶が途中で打ち切られるハプニング(笑) もう少し早くふってあげてほしかった~

5時にスタート。


スタートすると、昨日書いたことが全て。

ラップはこんな感じ
Screenshot_20220522-214514.jpg

想定通りのペースで入るも、8㎞から始まる林道の砂利道で腰に響きはじめ。林道の下りで早くもギブアップ。

ややペースを落として、腰の様子を見ながら前へ。

その後は特にドラマはなく、淡々と走り続ける。

上りはなるべく歩かないと決めてたから、きついところでも我慢。

馬越峠を上りきった時には大きな達成感 (・ω・) が、このあとでの激しい下りで終わってしまった。

87㎞のエイドについた時点で、腰から背中にかけて鉛の板が張り付いてるような感じ。曲がらない。

進みだすと、一歩一歩が腰に響く。ロキソニンは60㎞あたりで投入済み、もう効き目なし。

時計を見ると8時間5分くらい、、、走ったらコースベストは見えるか。でもまともに走れない(´;ω;`)ウゥゥ

サブ10だけはなんとか、、、でほぼ残りは歩く。

しかしここのコースはきつい。最後10㎞はほぼほぼ上り。ゴールゲート直前まで上り(笑)

最後だけはしっかり走りました。

結果は9時間41分26秒、コースワーストを6分更新。


ゴール後はすぐに車に戻り帰宅しようとするけど、ちょっと運転できる感じではなし。

車内で2時間ほど仮眠取ってからの帰宅となりました。

胃へのダメージもあって、しばらく何も受け付けず。夕飯は普通に食えてよかった。


腰が万全だったとしても、うまくレース運べて9時間10分前後。

9時間の壁の高さを思い知らされました~

やはり課題は下りの走り。8年前に野辺山走ったあとにも同じこと言ってて、まったく成長してないです(笑)

下りを制御しないと最後に脚を残せない。

クッション性抜群なシューズでは上りが遅くなりすぎるし。

むむむ~


リザルトを見ても、サブ9は11人。ここに入るのは難しい。

難しいけど、もう1回はチャレンジしようかな (・ω・)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



遅ればせながらの投稿。

2016年以来、6年ぶり、3回目の野辺山完走でした。

大きな目標掲げてたけど、結果は9時間41分のコースワースト (-_-;)

15㎞~20㎞あたりの林道の下りで腰にかかる負担の大きさに早くも目標は諦め。

せめてコースベストは更新したかったけど、79㎞からの最後の激下りで脚腰が終了。

87㎞のエイド以降は敗戦処理の早歩きがほとんどとなりました。

ここで走れてもコースベスト(9時間16分)は無理だったかな~

改めて、2014年の自分はすごかった(笑)


収穫としては、馬越峠まではエイドとトイレで立ち止まる以外は全て走り通したこと。

歩くのとほとんど変わらないスピードだったところもあるかもだけど、今回は走り通すことも目的だったのでそこは果せました。

この区間を含む70~80㎞のラップは1時間10分、3回の完走中最速でした。


涼しい時間帯が多く、天候的には過去最高。

そんな時にちゃんとした体調で走れなかったのが残念。

まあ、こんな調子だと以前の自分なら50㎞でやめてたと思うから、最後まで走り(歩き)通せてほんとによかった。


惜しむらくは、、、

やはりシューズ選択のミスがあったか。もう少しクッション性に振ったシューズなら腰への負担が軽減できたかもしれない。

このへん、何回挑戦してもうまくいかない、難しいところです。

体の調子は毎回微妙に違うから、過去うまくいったものでも、今回もそうとは限らない。

奥が深いです。

林道は雨でぬかるんでるところも多く、そこで安定感ある走りもできなかった。

まだまだ課題山積。


もう書きたいことは全部書いてしまったけど、

あと1回、備忘録的にまとめてみます。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



マクドナルドのメニューの中で一番好きなのは朝メニューにしか存在しないハッシュポテト。

家系ラーメン同様、たまに無性に食べたくなるものの一つ。

昨日は朝から車での外出があり、10時頃に近場(車で15分ほど)のドライブスルーによって朝マックのセットをテイクアウト。

朝マックする機会も自分の朝の行動的にあまりないので、ハッシュポテトにありつくのも久しぶり。

(そもそも朝食の習慣がない、食べるとしたら2食付きの宿に泊まってる時か、朝マックする時くらい)

帰宅して、わくわくしつつ袋の中を見ると、ハンバーガーの包みが一つのみでハッシュポテトが見当たらない ( ゚Д゚)

数秒、その場で固まりました(笑)

自分の注文のミスかも?とレシートを確認、ちゃんとオーダーは入ってる。

入れ忘れたか、、、マック歴は40年になるけど、こんなのは初めてだ、、、よりよってハッシュポテトの入れ忘れとは (-_-;)

また店に出向いてもらう?

いや、その後の予定を考えると時間的に不可能、しかも朝マックは10時半まででそろそろ時間切れ。

そこはデリバリーもやってる店舗だから、今すぐ持ってきてくれと言いたいくらい(笑)

そこまで要求することではないよなあ、、、が、今の気持ちをお店には伝えたい (・ω・)

店舗に電話して、注文時間とか内容はぼかし、ただハッシュドポテトが入ってなくてがっかりですと伝えときました。


昨日はそれだけでは終わらず、夕方に今度は自分のミスが発覚。

野辺山で履くつもりだったシューズが自宅ではなくて遠方に置きっぱなしにしてました。

チャレ富士でも履いたもの(初代NEXT%)で、適度にへたってるのが(過度な反発がなくて)脚に優しい。

すっかりそのつもりでいたので、こちらも置き忘れに気が付いた時には軽く茫然自失w

仕方ないので未使用シューズをおろし(NEXT%2)、それで10㎞やったけど、やっぱり脚にびしびしくる。

これで100㎞か、、、自信なし(-_-;)

今頃になってシューズ選択で悩みます。


装備などは1週間前には確認しないとダメだな~

直前ではリカバリー不能なこともありますね。。。



応援クリックよろしくお願いします(^^)



予定通り、大会に向けて距離を落としてきてます。

脚は特に問題なし、ウルトラ仕様にもってこれたかな。

腰・背中は8割方は回復、したけどまだコルセットなしにはこわくて走れず。

本番でもつけた方が安心だけど、そうすると肌が弱いから擦れが心配。

これは直前まで悩みそう。

まあ、例年は野辺山前はあちこち痛いことが多いから、この程度で済んでよかったです。


5/14(土)14.7km (avg 5:26/km)
5/15(日)20.2km (avg 5:04/km)
5/16(月)Rest
5/17(火)20.2km (avg 4:52/km)
5/18(水)15.0km (avg 4:59/km)

月間累計:303.2km


直近の2019シーズンはチャレ富士後にがっつり膝痛&脹脛痛でしばらく走れず、さらに野辺山直前にぎっくり腰。

野辺山はDNSとなってしまった。

今年はチャレ富士後も野辺山までに400㎞走りこめてる、前回と比べると絶好調と言ってもいいくらい(・ω・)

あと4日、油断せずに過ごさねば。


過去の野辺山振り返りです。


コースは最大標高差1000m以上、累積では約2080m。

”東の野辺山、西の村岡”なんて言われることもあるけど、コース的には村岡のほうがきつい印象だけど、トータルでみると野辺山のほうがきついというのが私の結論。

高地だから空気が薄いし、形容が難しいけど、なんていうか意地悪なコースレイアウト。

高原なので気温差も侮れない。

ポイントとしては平均勾配6%ほどもある馬越峠、そして90㎞~ゴールまで。

馬越峠は、あれは走るところではないです(笑)

ラスト10kmはコースの肝。きつい馬越峠を越えて7㎞下り続けてすっかり終わってしまった脚なのに、再び90㎞から上りが始まります。

これで全ての気力を奪われるというか、、、ラスト10㎞でリタイアするランナーがとても多いとのこと。


そんなきつい大会を初100㎞として走ったのが2014年。

この時は直前に大変なことがあって、それが理由で8年に渡る北海道通いがはじまることにも。

なので、色々な意味で思い入れのある大会。

(初回参加時のことは後日そのことのみを振り返ります)


過去の野辺山の成績を振り返ると。

<2014年> 9時間16分25秒
初100kmとして挑戦。そして100kmの辛さを思う存分味わう。60km過ぎてからなかなか走り続けることができず。この時の投稿を読むといかにも辛そうなんだけど、今となってはこの記録に迫ることすら難しい(´・ω・) 初野辺山としては出来すぎのタイムで、まだ自分が輝いていた時期でした。

<2015年> DNS
この年は4月末に酷いぎっくり腰。だいぶ癒えてきて、走るつもりで現地へ行き、前夜祭にも出てw、車中泊して朝起きたら腰痛が悪化しててDNSしたという。。。 スタートを見送り、朝9時にはもう自宅についていた。車中泊は腰に悪いということを学習(笑)
前夜祭に出て明日がんばりましょう!なんて言ってたのに走らなくて恥ずかしかった~
R3015007.jpg

<2016年> 9時間35分3秒
サブ9目指してスタートするも、暑さに負けて大撃沈。
その時の投稿によると、「経験したことのなかった暑さ。50㎞くらいから怪しくなってきて、、、58㎞の大エイドで最初の兆候、、、64㎞の上りから最後までマーライオン状態、、、71㎞のエイドでこれ以上先に進んでいいものかどうか逡巡、、、馬越峠の激坂でめまいで脱力、ふらふらでガードレールに寄りかかったらおっとっとってなったり、、、」
過酷な状態だったけど、前夜祭に出てDNSだった去年と違いちゃんと完走(・ω・)ノ
13241220_10154264027509312_8148278191397203835_n.jpg

<2017年> 71㎞リタイア
想定外のトラブル。前半にある林道区間で、跳ねて飛んできた石が右の内くるぶしをヒット。痛みを堪えて走るも、71㎞の部ゴールでリタイアを選択。まあ極めて暑い日でフラフラでもあったから、このトラブルがなくてもサブ10厳しかったかも。

<2018年> 71㎞リタイア
2年続けて同じ場所で終了。50㎞4時間10分でそこまでは順調だったけど、それ以降なんだか体に力が入らなくなり。71㎞6時間20分でレース放棄。この年は4~8月まで原因不明の体調不良に悩まされていて、この野辺山から絶不調になってしまった。(更年期だったと思われます)
33135311_10156450796434312_4717573553732452352_n.jpg

<2019年> DNS
チャレ富士での故障に加え、野辺山2日前から原因不明の腰痛。現地には行って観光のみして帰宅

<2020年> 中止

<2021年> 中止


要するに、初回参加以外はダメダメです(笑)

今年の目標はサブ9と言ってるけど、2019年のリザルトを見たら50代でサブ9は一人もいない。

総合で見てもサブ9は10人のみで、そうか、自分の目標は総合トップ10に入りたいというのと同義だったのか (^^;


あくまでも目標はサブ9です~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



今回の腰 & 背中痛はかなりしつこい。

痛みが軽くなりそうで、なったと思ったらすぐにぶり返す。これを繰り返してます。

日常生活に支障をきたすことはないけど、、、朝一で靴下を履くのだけはきついかな。

コルセット装着で走る分にはそれほど問題ないけど、いつまた悪化してしまうか。

びくびくしながら走ってるわけで、早く解放されたいけど。


5/07(土)20.7km (avg 5:38/km)
5/08(日)25.0km (avg 5:38/km)
5/09(月)20.1km (avg 5:07/km)
5/10(火)20.1km (avg 4:54/km)
5/11(水)20.0km (avg 4:55/km)
5/12(木)20.1km (avg 4:50/km)
5/13(金)20.1km (avg 5:07/km)

月間累計:233.1km


腰を除けば、調子は悪くない。

太ももも適度な張りを感じるし、疲れてからの粘りもこれなら期待できそう。

チャレ富士の疲れは抜けてるし、少なくともチャレ富士前と同じくらいの脚のレベルにもってこれてる、

野辺山に向けてはまずまずな仕上がりです。

あくまでも腰を除けば。。。

まあ、まだ野辺山まで1週間以上、腰以外にも油断せずに調整していかねば。

そろそろ距離を減らしていきます。


ちょうど1年前に自分のウルトラの練習方法ってのを投稿してました。

が、1年前と今年では考えが少し変わってるような。

去年のを要約すると

1.まず第一に、疲れの上塗りとなるようなことはしない
2.距離にこだわることはやめて、疲れてる時は距離短く。
3.一方、いけると思った日はしっかり速め(もちろん自分比です)で30㎞。
4.過去の練習を見直して、キロ5分半より遅い20㎞~40㎞は意味がない。100㎞レースでも目標平均ペースはキロ4分40秒前後(コースによって変わる)、それより遅すぎるペースは不要

これだけ見ると別にウルトラに限ったことではないけど(笑)

一番変わったのは、遅くても意味がなくはないな、というところ。

遅くてもいいから体を動かすことには意味があると思い出しました。

ただしそれが蓄積疲労に繋がってしまうと意味がない。無理やり体を動かし続ける必要はなし。

50を過ぎて疲れが抜けにくくなってるからなおさら。


それから、これが一番大事なんだけど、故障や怪我をしたくない。

過去、ウルトラ練習でのロング走で何度も故障しちゃってる、そんな練習はやめることにしました。

練習で故障して本番まともに走れないってのが一番馬鹿馬鹿しい。

ウルトラ練習というと50㎞走、60㎞走を思い浮かべそうだけど、そういうのはなし。

故障がこわいし、その疲れでしばらく普通に走れなくなってしまう。

普段から20㎞基本でやってれば、そういう練習は自分には不要。基礎的なスタミナはそれでついてます。

たまの30㎞走があればそれで充分。

やはりフルの距離をこえてくると思ってるより負荷が脚にかかるのかも。

そのかわり、フルマラソンは沢山いれてる、基本フルはウルトラの練習の位置づけ。

そのわりに毎回ダメージ大きめですが (^^;


来年はまた違うことを言ってそうです(笑)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: