村岡のメモ

今日はほぼ来年の村岡にむけての自分用のメモです。

・シューズはターサージール3
フルまでは2の方が反発力を感じて走りやすい、でもウルトラはサポート力とクッション性に優れる(?)3が良さそう。でももうじき4が出るようで、それはどうなるか。

・ウエア
ウルトラで使ってるサイクルジャージ、その他もいつも通り。今年は例年より涼しかったみたい、暑い年はサイクルジャージよりランシャツがいいかも。

・足裏のテーピング
以前からトラブルの起きやすい足裏の横アーチ、今回は久々に辛いレベルまで痛くなった。急な下り坂で痛みが強くなるみたい。高低差のあるレースの時はもっとしっかりとテーピングで対策をしてみよう。

・持ち物
ジェル2つ、ロキソニン、ガスター10。
どれもまったく使わなかった。これだけエイドの充実してるレースならジェルは不要。でもこんなのは村岡だけでは??

・村岡5日前からの食事
火~金まではいつも通り夕飯のみ。
火はケンタッキーフィレサンド+チキン2個、水は居酒屋ご飯、木は王将の餃子+野菜炒め+チャーハン、金は久々の自宅で牛焼肉+納豆チャーハン。
前日は昼はラーメン+鳥から揚げ2個、夜は民宿で焼肉+ご飯1杯。
当日朝はローソンで買ってきたドーナツ2個。
100㎞はこれでエネルギーは十分、むしろ普段は食べ過ぎていたかも。
(今見返してみたら、肉ばっかりで魚は皆無だった(笑))

・エイドで摂ったもの
チョコ、梅干しは多数、オレンジをたまに齧り、塩を適宜なめる。70㎞以降のエイドでソーメン、カレー、お好み焼きを一つずつ。レースを通して、胃をカラにしないように気を付けた、これで白山白川郷の時のような胃のトラブルは防げたよう。
飲み物はコーラとお茶が中心。大体のエイドでコーラがあったのは嬉しい。あとコーヒー牛乳の優しい味に癒された。

・コースの留意点
一番きつかったのは長楽寺を過ぎてから80kmあたりまでの上り。ここをどう攻略するかがサブ9に向けてのポイントだと思う。


<野辺山、村岡、白山白川郷のコース比較>

人によって難易度が変わりそう。

下りの得意な人は白山白川郷はタイム出しやすそう。

上りの得意な人は野辺山がタイム出るかも。

村岡は両方とも得意じゃないとダメかな。

ただ野辺山は標高が高くて、空気の薄さという目に見えない敵との戦いもあるから、やっぱり自分的に難易度は野辺山が一番高いか。野辺山を走った時が最も息苦しかった。

白山白川郷は往復コースなので、後半のイメージがつくからペース配分しやすい(はず)。上るところ、下るところがはっきりとしてるのもいい。あと景色は一番。

村岡はどこまでも上って下ってを繰り返させる、コースの変態度ナンバーワン。

で、自分的なコースの難易度は村岡 > 野辺山 > 白山白川郷。

レースの難易度は、標高の高さからくる空気の薄さで野辺山 > 村岡 > 白山白川郷。

エイドの充実度は村岡 > 白山白川郷 > 野辺山。村岡が圧倒的な充実度でした。


ランネットでゴール写真が公開されてました。

歩いてのゴールがはっきりと分かるような。
20150927144834.jpg
20150927144835.jpg
20150927144836.jpg
20150927144837.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: