痛い年

今年の4月以降、痛いことがたくさんありました。

痛いというのは、身体的・肉体的にという意味。
(精神的にも痛いことたくさんありますが、それはここで書けません(笑))

まずは4月に雨中のジョグで転倒、顔から地面に落ちてしまい、口中から血がだらだと。

前歯が一本前に飛び出してきていて、口が閉じれなくなり。自分で抜こうとしても抜けません。なかなか血も止まらず。5時間後くらいにやっと歯科医院に行くことができて、口を閉じることができました。

これで前歯1本失いました。その後数日、走ろうとすると口内がずきずきして走れませんでした(笑)

その2週間後、次はぎっくり腰。
翌日に愛知県でのウルトラのレースを控えていて、そろそろ出発の準備をしようと思っていた矢先に大きなくしゃみを一発。これでやってしまいました(泣) 椅子に座ってPCのキーボードを叩いてる時のくしゃみで、座っていてもくしゃみは危険なものだと学習はしました。

このぎっくり腰は重傷で、椅子に座ったまましばらく身動き取れなくなりました(^^;
どんな動作をするにも腰は重要な場所、改めて認識します。

レースもDNS。その後3週間ほとんど走れなかったです。
勝負レースの野辺山も現地まで行ったけど結局DNS。

釧路に行く時、歩くのが辛く、杖を購入したりも(笑)
杖があるとだいぶ楽でした。。

次に、ぎっくり腰によるトレーニングの遅れを取り戻そうと距離を急激に伸ばしたところ、足首内側の痛み。それを押して千歳フルを走ったらさらに悪化、歩くだけでもしばらく痛かったです。

それがサロマ直前まで続き、、、サロマはほとんど走れてない状態の中での参加になりました。

サロマ後は1か月半ほど何も痛いことがありませんでしたが、次にきたのは8月半ば。

根室で10㎞レースを走った後でぎっくり首を発症。痛くて気持ち悪くて食欲もなくなり、思考能力も低下。1週間は辛かったです。

今年はこのへんで痛いこと終わりかなあ、と期待していたのですが、9月末に村岡の88㎞地点で左ふくらはぎの肉離れ。最近これで苦しんでいたのはご存知の通り。およそ4週間のランオフで、大阪、富山とDNSになってしまいました。


さすがにこれでおしまいだろうと思っていたら、昨日さらに追加で痛いことが起きました(^^;

もう何年も前の頂き物のブランデーがあって、夕食の後でその存在を思い出し、箱を開けてみるとボトルの栓が蝋?でかっちりと固められています。

で、ナイフでその蝋を削り取るべくごりごりとしてたら、謝って左手の甲、親指と人差し指の中間のあたりにナイフを突き刺してしまいました。

激痛が走ると共に血が噴き出て、すぐにあたりは血だらけ。ティッシュで傷を押さえても血が溢れ出てきてきりがありません。

そのうち軽いショック症状なのか気持ち悪くなってきて、立ってるのも難しくなりました。

出血は15分くらいでおさまり、でっかい絆創膏貼っときましたが、痛みは簡単には引かずにずっとずきずき。気持ち悪さも3時間くらいは続きました。

いや、ただの自分の不注意なんですが。
幸い、一晩明けても腫れることはなく、ぎりぎりセーフかな??ですが。

これで思い出したのですが、たしか10歳くらいの頃、図工の時間でのみを使ってる時に、やっぱり同じようなところを突き刺してしまって流血したことがありました。その傷跡はまだ残ってます。

その頃と注意力の点では変わってないなあ(;'∀')

昨日は午前中にシャワー中シャンプーを床に落としたら、それが床で弾んでそのまま右のくるぶしに当たり、軽く出血するというアクシデントも。場所が場所だけに飛び上がるほど痛かったです。。。


今年はまだ2か月あります。

4月から痛いことが始まったから、年度でいうとまだ5ヵ月もあるし。

もう痛いのは勘弁です~(;´Д`)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: