走り始めた理由など

不測の事態のあった今年のいぶすき。

レース翌日の月曜は1日中体に力が戻らず、元気をつけようと夕食は気合で焼肉食べたら気持ち悪くなりました(笑)

が、火曜になると、疲れは残ってるもののかなり復調。

これならゆっくりなら走れるかも?と夜に帰宅後外へ。

いぶすきでは出し切れてなかったようで筋肉痛は軽め。

だけど、胃が揺れる感覚が気持ち悪く、変な腹痛がしてきました。

ま、ゆっくりなら大丈夫なので、キロ5分半くらいで10㎞。

この胃の状態ではキロ5分以上は出せる気しなかったです。

いぶすきを走る前と後で明らかに胃の様子が異なってます。

1回フルを走るだけでこんなことが起こるんですね。。。

いい勉強になった、かどうかは、これを今後に生かせて初めて言えること。

とりあえず、最近食べなさすぎかもという自覚はあるので、食べる量を増やしてみます。

結果的に体重も増えるでしょうが、3㎏を許容範囲としてみます。それでも身長-体重は110以上あるし。

筋肉を増やしたいから、タンパク質の摂取量を重点的に増やす作戦。

さて、吉と出るか、凶と出るか。


突然ですが、私が走り始めた理由です。

40歳になった直後、いくつかの要因が重なって走ることになりました。

・今の家に引っ越してきたら、すぐ目の前にジョギングに丁度良い遊歩道があった

・その時、体重・体型が気になっていた

・以前の会社の先輩が走り始めたと聞き、それに触発された

・両親が加齢と共に脚が弱り、歩行に困難をきたすようになっていた

などですが、一番大きい理由は最後のやつです。

父も母も70を過ぎた頃から歩くのが大変になりだしました。杖が必須に。

2人の遺伝子を継ぐ私は、同じような生活を送っていると将来こんな風になるかも。。。

と漠然とした不安を感じていました。

今から何か出来ることをやっておかないと、、、

と頭の片隅に常にあって、それがいくつかの要因と結びついて走ることになり、今に至ります。

あまり走り過ぎると逆に膝壊すかもしれないけど(笑)


なぜこんな話題かというと、今日母の膝の手術があるからです。

長年の膝の痛みに耐えかねて、人工関節を入れる決断をしました。

その入院準備などがあったので、いぶすきを走った後はすぐに東京に戻りました。

昨日入院で病院に母を送り届け、今日は手術の立ち会いです。

今後のリハビリ含め、うまくいくことを祈るばかり。

リハビリ具合によっては今後の遠征にも影響出ます、もちろん仕方ないところですが。

日帰り可能なレースもいくつかエントリーしてるので(東京マラソンもあるし!)、

っていうかすぐにそっちのことを考えてしまうのは深刻なマラソン依存症だな (^^;


まずは手術が無事に終わりますように。



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: