富士登山

本番レースの2週前、やっと試走、というか富士登山してきました
50619.jpg

今回は同じく本番で3時間40分を狙う (新婚の(・∀・))たけし君と。

朝5時過ぎに家を出て、6時に吉祥寺駅前で集合。

たけし君に車で拾ってもらいました。

車中で今日のことを相談、私の提案(市役所スタートで2週間後に疲れを残すとまずいから五合目からにしよう)が採択されます(笑) 市役所からはただ嫌なだけでした~

中央道は朝から渋滞、北麓駐車場には9時頃に到着。

バスで富士スバルライン五合目へ。
DSC_0768.jpg

リュックに入れたものは500mlペットボトル2本、パン1つ、タオル、スマホとお金。

シューズはHOKAのクリフトンです。

10時35分スタート
DSC_0732.jpg

たけし君についていけたのは最初の1kmだけ(笑)

6合目から頭が痛くなってきました。

なんとなく上半身が痺れるような感覚も。

動き続けるのが難しい。。。

砂利道はずるっと滑ることが多くて力をロスしてるような。

こんな道はふくらはぎがピキピキきます。

その次は岩場が。

あれ、こんなに急な傾斜だったっけ。。。

21年前の富士登山のことをこのへんで思い出しました、すんごく大変だったなあ (´д`)

鎖を握る手も震えます、高所恐怖症にはきつい~

高度が上がるに従い呼吸も苦しく。

っていうか、最初からずっとぜーぜーでした。

狭い場所で子供が岩場を上るのに渋滞する場所が何カ所か。

しかしこんな小さな子供に富士登山って酷では。。。

ところどころで写真を撮ったり、リュックの中から新しいペットボトルを出したりしながら、途中でやめるわけにもいかずに上へ上へと。

同じく試走してる人に声をかけたりレースの経験談を聞いたり。これは勉強になりました。

DSC_0745.jpg
DSC_0743.jpg
DSC_0736.jpg

あれが9合目かな?
DSC_0751.jpg

と思ったら、山頂でした (・∀・) 、嬉しい誤算
DSC_0759.jpg
DSC_0763.jpg
DSC_0752.jpg

ずっと頭が痛いままでここまできました。

スタートから約2時間17分。

試走と考えると最初の1kmは不要とのことなので、実際は2時間12分でしょうか。

写真やその他アイドルタイムを差し引くと2時間10分くらいか。

しかし想像以上にきつかったです~

本番はこの前に2時間走ってくるわけで、それでいて制限時間4時間半。

途中渋滞も発生するらしいから、めちゃくちゃギリギリ?

時間内完走のボーダーライン上にいるようです。

率直にいって、あまりお山の才能ありません。。。

頭痛ということは高所耐性がない。

そもそも高所恐怖症では難しいっすね(笑)

たけし君は1時間42分だったようです!


しかし本当にきついのはここからでした。

下りの方がきつかった(´д`)

砂利道で足場が安定せず、傾斜も急で怖いから自然と後傾に。

そして、まるでスキーをしてるかのような感じで、踵から足をついてずるっと滑らせながら。

横をものすごいスピードで駆け降りてく人がまるで宇宙人に見えます。

靴擦れも起こして両方の親指に焼けるような痛さ。

そういえば21年前もこんな感じだったな~

五合目に戻るのに1時間20分ほどでした。

もう脚はブルブル。


お腹いっぱいになりました、もう本番レースは走らなくても十分満足 (・ω・)

いやいや、そんなんじゃダメですね。

不安しか残らない試走となりましたが、さて本番はどうなるか、、、

悪天候ならこれ幸いとばかりDNSしそうです(笑)


麓の温泉で汗を流し、ファミレスで食事をしてから東京に戻りました。

三鷹駅で解散、帰宅は21時前。

長い1日でした~



応援クリックよろしくお願いします(^^)



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: