FC2ブログ

2018 富士登山競走(2)

(長くなったけど、今日は最後まで)


暑さで早くも今日のプランが崩れる。

けど、まだ制限時間ギリギリの戦いになるとは夢にも思ってない。


7.2㎞の中の茶屋で立ち止まりたっぷり給水。

ここを過ぎると傾斜が急になってきて、アスファルトの路面も凸凹に。

傾斜がきつくなると、ついウルトラでのペースに無意識に調整してしまうようで、ガーミンを見るとキロ6が近い。

さすがにこれはいかん、、、と心拍を上げていこうとするけど、どうも体が反応しない。

っていうか、もう歩きたい。

いくらなんでもダメになるのが早すぎる(笑)

馬返し手前の急な上りで少し歩いてしまった。

ここで歩くのは初めてか。。。

10.8㎞の馬返し到着は1時間40秒。

55分で行きたいなんて思ってた自分が恥ずかしい(´・ω・)

まあ去年よりはほんの少し速いが、、、誤差の範囲だ。

この時はさぼったつもりはなかったけど、今振り返るとやっぱりさぼってる。

そして言い訳を一つするなら、想定外に暑くて(ファイントラックのアンダーを着ていたのもある)3㎞でへばってしまった。

それ以上に上りに弱くなってるんだろうなあ。。


馬返しでもたっぷり給水。

馬返しから五合目までは4.2㎞の登山道。

登山道なので、走るというよりは早歩きをしてる人がほとんど。

今年は特に渋滞してる感じもなく、最初は淡々と進もうとする。

が、やはりロードとくらべて登山道偏差値は低いので、抜かれることが増える。


登山道に入って1.5kmほどでOさんに抜かれたので、ついていけそうな気はしないけど一応追いかけようとする。

300mくらいは追いかけたけど、、、そこでずるっと脚を滑らせて転倒。

右の尾てい骨付近を石に打ち付け、目から火花が散った ( ;∀;)

立とうとするけど、痛くて簡単に立てない。

すぐ後ろに救護ランナーさんがいたので立ちあがるのに手を貸してくれた。

無理しないで、だましだまし上に進んでください、と声を頂く。

少し歩いてみると、やばい、とても痛い~

これが今回の敗因その2。

その場で1分ほど、そしてゆっくり進むこと1分ほどか。

この間に、今日どうするか頭の中でぐるぐる。

どこまで進めるのか、山頂まで行けるのか。

山頂まで行っても自力で下山なので、そこでだれかに迷惑をかけないか。


ちょっと痛みはひいてきたので、とりあえず5合目を目指す。

というかここまでくると、他に選択肢はないことに気づいた。

しかしもう十分に戦意を失っている (笑)

たけし君があっと言う間に過ぎ去っていく。

彼と勝負になるのはロード区間だけだな。。。


まったく歩くペースも上がらない、上げようとするとしくしく尾てい骨が痛む。

そこが痛まないような歩き方を考えてたら、脚の付け根前面あたりが異様に疲れてきた。

これではもたない、と思って元の歩き方に戻すと痛い。

あ~、どうするべ~ (*´Д`)

とやってるうちに5合目には到着。

5合目直前はコースが少し変わってロード部分が増えていた。

そこを走ると、痛みも和らいできたような。


ここで1時間57分5秒。

記憶では去年とまったく同じようなタイム。

こけたり、うだうだしてた割には去年と変わらないのか。

少し気を取り直して(笑)

山頂を目指すことに。


5合目でトイレピットイン

6合目まではトレイル区間、というか森林の中を上っていく。

尾てい骨の痛みとの付き合い方もだいぶ分かってきた。

ペース上がらないけど、そうは言ってもそれなりのペースで上っている。

と思ってたけど、あとで確認すると5合目以降のペースは劇的に落ちていた(笑)


ここはそれなりに道も狭く、前がつかえて立ち止まる部分もある。

いい休憩だと思って余裕こくも、それではダメだったようだ (^^;

しかしこの辺は暑い。

再び滝汗となる。


6合目からは砂礫地帯。とにかく苦手な砂利道パート。

特に今年は上りにくい。足が取られてパワーロスしてしまう。

予めイメージしてきた上り方を試してみるけど、まったく効果なし。

今年はしばらく雨が少なくて砂が乾いている、ますます歩きにくくなっていたらしい。

しかし条件はみな一緒、それに対応できないこちらがダメ。

足元ずりずり滑らしながら這う這うの体で上る。

後ろからどんどん抜かれる。

ちょっと気持ち切れてきた (;・∀・)

ここにきて、去年より明らかに遅いペースに動揺する。

決してさぼってるわけではないのに。


7合目手前から岩場。

場所によっては四つん這いになったりするパート。

去年はここを苦手と思ったけど、尾てい骨の痛い今年はむしろ楽に感じる。

それほど前の人とは遅れず、同じようなスピードで上れる。

ただ、去年よりは登山客が多い?のか、上るルートが確保できずに待ち時間が増えてくる。

息が上がってるから待ち時間はありがたいけど、残り時間はどうなんだろう。

そろそろまわりから「あと1時間」なんて声も聞こえだす。

それが余裕あるのかないのかも分からない。

から、あまり気にしてなかった。


7合目から8合目まではかなり長い。

あれが8合目の関門かな?

と思ってからが、さらに主観的に長かった。


8合目の関門到着は3時間51分。

あれ、記憶ではたしか去年は333、すなわち3時間33分。

頭がぼやっとしてるからこの時は計算できなかったが、去年より18分遅い。

去年の完走タイムは4時間12分だから、実はかなりやばいことになってる(笑)

けど、この時はギリギリなことに気がつかなかった。

少し遅れてるかな~、くらい。

そのくらい頭がまわってなかった。


そこからは上は渋滞箇所が多く、思うように進めない。。

渋滞がなくても脚が上がらなくて思うように進めなかったはず (^^;

いくら呼吸しても、酸素を取り込めてる気がしない。

ぜーぜーし過ぎて喉も痛い。

ついでにロキソニンが切れてきたのか、尾てい骨の痛みも大きくなってきたような(気のせいかもしれないけど)


そして、、、まわりから「あと○○分!」って声を聞くようになってきた。

去年は聞かなかったフレーズ、そろそろやばいのか。

止まらなければ行けるぞ~ と何度も声がかかりだす。

そうか、止まったら間に合わないのか、、、と思っても止まってしまう (笑)

体が自分の意思通りに動かないのもほどがある~

後続ランナーからごぼう抜かれ状態だけど、これは確か去年も同じだったな、まあ仕方ないか。

実はここに至ってもまだそこまで危機感はない。


で、時間ギリギリだと気付いたのは、、、

「あと5分」と聞いた時。

山頂を見上げると、応援してくれてる人たちが目に入る。

お、あそこがゴールの鳥居か。

しかし5分で行けるかどうかさっぱり分からない、距離感が掴めない。

でも周りの人はとにかく急いでる。

ここまでになって、やっとやばいと自覚した(笑)


しかしペースが上がるはずもなく、同じようなペースでしか進めない。

あと3分

あと2分

あと1分

「止まるな~」

「走れ~」

「まだ間に合うぞ~」

山頂からひっきりなしに声が降ってくる。

ここまできても、走れないし、止まって休憩したい。

もう完走とかどうでも良くなっていた、ただすぐに終わらせたい。

頭の中まっしろ。

いや、ダメかなあと思っていたかもしれない。


最後の階段はちゃんと駆け上がれた。

山頂の計時が目に入る、、、29分の数字は目に入る。

ゴールタイムは4時間29分38秒。

とにかく、泣くほど嬉しかった ( ;∀;)

失敗レースでこんなに嬉しかったことはかつてなかった (笑)


去年と結果を見比べてみたら、5合目~8合目以外のタイムはほぼ同じ。

5合目~8合目は去年より18分遅れ。ただこの差だけでした。

しかしレース中はそんなに遅れてる自覚がなかったという。

もし来年チャレンジするなら、砂礫地帯の練習を増やしたほうがいいな (・ω・)


失敗その1、2とあったけど、大きな影響は1のアンダーを着こんだことだと思います。

アンダーなしでは山頂では寒かったけど、7合目までは絶対に早くこれたはず。

転倒は、、、ただの言い訳だなあ。

それによって自分に言い訳を与えてしまった。弱すぎる!

しかし尾てい骨は今日になってもそこを触ると痛い(笑)


ゴールゲートを過ぎるとたくさんの人とハイタッチ。

山頂は初めて見る大渋滞。

自分と同じく、間際にゴールした人がひしめき合っていて、みな歓喜の表情。

関門閉鎖間際の山頂の雰囲気は唯一無二だと聞いていた、

それを思いっきり満喫しました。


Oさんが写真を撮ってくれた (^^)
201807_652201581839497_2942111206883721216_n.jpg

この時の感情を言葉にするのは難しいので、表情を見て察してくださいw
2018_DSC_2985.jpg

先にゴールしていたたけし君、Sさんと
2018_DSC_2991.jpg


山頂はガスっていて風もあり寒く、すぐに下山開始。

駆け降りると筋肉痛で明後日にある30㎞レースが心配なので、ゆっくりゆっくりと。

風でものすごい砂煙。上から下まで真っ黒になりながらの下山。

髪などセメントで固めたようになってしまった。

下山途中で道民ランナーと落ち合う。

みな悔しい結果で、、、来年のリベンジを誓っている。

ん~~、自分はどうしようかな (笑)


帰りの中央道は事故渋滞で通常の2時間遅れで自宅に到着。

慌ててシャワーして新橋へ移動。

メキシカンでささやかな打ち上げでした~
2018_DSC_2997.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



関連記事

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: