FC2ブログ

ねむろの様子2018

まずはレースのことを簡単に。

前日は根室泊、根室市役所横の例年同じ宿。

6時20分に起床、前夜は食べ過ぎ飲み過ぎでまだお腹が重たい。。

7時40分に気づきPさんを宿泊先まで迎えに行き、8時前に会場横の駐車場到着。

前日受付してるので特にやることないので、しばらく車内で過ごす。


それからお知り合いいるかな~と会場へ。

今年は、、、例年より知ってる人少ない。

参加者も減ってるかな?な具合の会場の込み具合。

去年はねむろシーサイドマラソンとしての初回大会だったから記念で来てる人も多かったかもしれない。

まあこれくらいが快適でいいけど。
IMG_20180819_081155.jpg


まずはハーフが9時スタート。

10㎞はその5分後。

去年より速そうな人も少なめかな~

表彰が今年から年代別になるようなので、あわよくば入賞できるかもと欲が出てくる(笑)

晴れだけど太陽は時折雲に隠れる。

気温は、、、20℃くらいか。まあ許容範囲。


9時5分にスタート。

先頭から3列目くらいから走りだす。

コースは去年の折り返しコースとは異なり、ぐるっと1周するタイプに。

風の影響は分散されるかもだけど、アップダウンが続くので高低差は去年よりきつそうな感じ。

ちなみにシーサイドマラソンという割には海沿いが少ないかなあ(^^;


最初の1㎞は3:36/km、もう苦しくてダメw

少しペースを落として次は3:50/km。しばらくこんな感じでいく。

2km過ぎで距離調整の180℃折り返し。これが地味にきつかった、ペースをもとに戻すのに体力使ってしまう(言い訳です)。

3㎞過ぎから下り基調なのに心肺がきつすぎる、去年よりきつい。

前を行く集団は視界からも消えてしまうくらい離れてしまった。

後ろも気配を感じないので、、、ここから最後まで完全な単独走。
2018_180820_0007.jpg


5㎞手前からアップダウンを繰り返しつつも上り基調。

上りの続く場所では最遅ラップで4:14/km。弱い、弱すぎる (;´Д`)

終盤になるにしたがって沿道の応援も増えてくるけど、苦しすぎてなんの反応もできない。

やっぱりこのコースは去年よりきつさが段違いだった。

最後はフラットだけどペースを4分以内に戻せずの4:04/km。


ゴールは39分31秒。

39分切りたかった体感だけど、まったく歯がたちませんでした~

ちなみに去年はコース違いで38分48秒。

20秒遅れくらいでまとめたかったけど、40秒以上遅れてしまった。


けど、今年は年代別だから入賞は余裕だろう、

と思ってたら、その年代別が30 - 40歳代!てっきり40歳代だけでの順位かと思ってました(笑)

30代との争いは49歳のおじさんにはきびしい~

でもまあなんとか5位入賞でした。
2018_180820_0036.jpg


5位の副賞はさんまぼろぼろというサンマのフレーク。

1位は北海しまえび、2位は生ガキ、、、などと比べると寂しい(笑)

来年はカテゴリーが上がって50代になります、来年がんばろ!

IMG_20180819_100414.jpg
IMG_20180819_100658.jpg

完走賞は花咲ガニ~
IMG_20180819_101150.jpg

今年のカニ汁、ここ4年参加してるけど今年が一番うまかった!
IMG_20180819_101731.jpg


走力の劣化具合は大体確認できました。

今の実力では、、、寒い時期ならサブスリー視野に入るけど、この時期は難しいだろうなあ。

な感じだけど、ここで刺激が入って次はもっと楽にキロ4刻めるかもしれない。

楽観的にすぎるけど、そう信じでいくしかありません(^^;


次回は食べたものの写真を大量に(笑)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



関連記事

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: