fc2ブログ

チャレ富士5LAKES 備忘録など

レースから5日。

今朝からジョギング再開したかったけど、ベッドから出て脚の様子をみると、、、

昨日と変わらずな疲労感。まだ筋肉痛ばりばりで、この腿ではキロ7の着地衝撃にも耐えられなさそう。

無理やりやっても意味ないと思い再びベッドへ。

疲労感が強いだけで故障っぽい場所はないと思います、次の勝負の野辺山には影響ないはず。

5月3日に70㎞を入れてるけど、これは保険的な意味(チャレ富士、野辺山がほんとに開催されるか分からなかったから)でエントリーしたものだから、脚の調子によっては見送るつもり。


そして、あれほどきつく辛かった記憶が日々薄れていくのがこわい(-_-;)

もう絶対に5LAKESはこれで最後!、最後の辛抱と唱えつつ前に進んだはずなのに。

今はどうやって10時間に近づくかを考えだす始末。

なにかの病気かな~ (・ω・)


完走率を見ると男女あわせて51%ほど、例年より低かったようだけど、自分は前回2019年より1時間14分の短縮。

一番自分でも驚いたのは男子総合7位だったこと。自分の力出せれば20位以内には、、、くらいは思ってたけど、一桁とは夢にも思ってなく。53歳になってこの順位には想像もしてなく驚きました。(普通の気候コンディションならまず無理だっただろうけど)

まあ、密かに狙ってた10時間半はならずだけど、やり切った感が強く、結果には満足してました。

レース後しばらくは。。。

Screenshot_20220417-153018.jpg

しかしこうやって冷静にレースを振り返ってみると、改善点がいくつか思いつく。

走力は同じでも、そこを見直すだけで10分くらいはなんとかなりそう。

ということはウルトラの走力が今少しあれば。。。

こんな思考のスパイラルを経て、また次も走ることになっていきます(笑)


年齢的にも、これ以上を求めるのであればあと1、2回しかチャンスはないと思う、挑戦できるのもあと僅か。

次回のために、いくつかを箇条書きで。

・駐車場到着は2時50分で余裕あり、整列は15分前

・ジェルは4つ持って、使ったのは3つ。ただし90㎞過ぎで3つ目を摂取後すぐに気持ち悪くなり吐いてしまった。これで5分はタイムロス、サブ10.5を逃す最大の要因に。ジェルの摂取は終盤はやめたほうが良い?

・胃薬は60㎞で投入、もう少し早めにしたほうが良かったか。次はレース前にも投入しよう。

・ライトはちゃんと頭に付けること(ウエストポーチに付けると灯りが揺れまくり)

・各部共通するコース上のトイレは渋滞しがち、5LAKESのみのコースもしくは時間帯に尿意少なくてもピットインするのが吉

・ハーフタイツをおろして用を足すのはやはり時間がかかる、次のウルトラでは着用しないこと (トータルでは2分くらい短縮できそう)

・ソフトフラスクからの水分補給はエイド休憩時間の短縮に大いに効果あり。今後もウルトラでは採用決定。

・最後の坂は全部歩いてはダメ(笑)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



関連記事

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: