fc2ブログ

ウルトラの練習方法、今年バージョン

今回の腰 & 背中痛はかなりしつこい。

痛みが軽くなりそうで、なったと思ったらすぐにぶり返す。これを繰り返してます。

日常生活に支障をきたすことはないけど、、、朝一で靴下を履くのだけはきついかな。

コルセット装着で走る分にはそれほど問題ないけど、いつまた悪化してしまうか。

びくびくしながら走ってるわけで、早く解放されたいけど。


5/07(土)20.7km (avg 5:38/km)
5/08(日)25.0km (avg 5:38/km)
5/09(月)20.1km (avg 5:07/km)
5/10(火)20.1km (avg 4:54/km)
5/11(水)20.0km (avg 4:55/km)
5/12(木)20.1km (avg 4:50/km)
5/13(金)20.1km (avg 5:07/km)

月間累計:233.1km


腰を除けば、調子は悪くない。

太ももも適度な張りを感じるし、疲れてからの粘りもこれなら期待できそう。

チャレ富士の疲れは抜けてるし、少なくともチャレ富士前と同じくらいの脚のレベルにもってこれてる、

野辺山に向けてはまずまずな仕上がりです。

あくまでも腰を除けば。。。

まあ、まだ野辺山まで1週間以上、腰以外にも油断せずに調整していかねば。

そろそろ距離を減らしていきます。


ちょうど1年前に自分のウルトラの練習方法ってのを投稿してました。

が、1年前と今年では考えが少し変わってるような。

去年のを要約すると

1.まず第一に、疲れの上塗りとなるようなことはしない
2.距離にこだわることはやめて、疲れてる時は距離短く。
3.一方、いけると思った日はしっかり速め(もちろん自分比です)で30㎞。
4.過去の練習を見直して、キロ5分半より遅い20㎞~40㎞は意味がない。100㎞レースでも目標平均ペースはキロ4分40秒前後(コースによって変わる)、それより遅すぎるペースは不要

これだけ見ると別にウルトラに限ったことではないけど(笑)

一番変わったのは、遅くても意味がなくはないな、というところ。

遅くてもいいから体を動かすことには意味があると思い出しました。

ただしそれが蓄積疲労に繋がってしまうと意味がない。無理やり体を動かし続ける必要はなし。

50を過ぎて疲れが抜けにくくなってるからなおさら。


それから、これが一番大事なんだけど、故障や怪我をしたくない。

過去、ウルトラ練習でのロング走で何度も故障しちゃってる、そんな練習はやめることにしました。

練習で故障して本番まともに走れないってのが一番馬鹿馬鹿しい。

ウルトラ練習というと50㎞走、60㎞走を思い浮かべそうだけど、そういうのはなし。

故障がこわいし、その疲れでしばらく普通に走れなくなってしまう。

普段から20㎞基本でやってれば、そういう練習は自分には不要。基礎的なスタミナはそれでついてます。

たまの30㎞走があればそれで充分。

やはりフルの距離をこえてくると思ってるより負荷が脚にかかるのかも。

そのかわり、フルマラソンは沢山いれてる、基本フルはウルトラの練習の位置づけ。

そのわりに毎回ダメージ大きめですが (^^;


来年はまた違うことを言ってそうです(笑)



応援クリックよろしくお願いします(^^)



関連記事

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: