fc2ブログ

2023最東端ねむろシーサイドマラソン ハーフの部

20230820_111155.jpg

最東端ねむろシーサイドマラソン、ハーフの部を走ってきました。

コロナ中断を経て、2019年以来4年ぶりの開催。

日本で最も東で開催されるこのレース、前身のノサップ岬ハーフから参加してます、中断をまたいで通算すると6回連続での参加。

根室は以前毎週のように通っていた釧路から120㎞ほど、半分地元のレースだと勝手に思ってました。

(北海道においては120㎞って、千葉横浜、京都神戸くらいの感覚です)

コロナ前は、道東の夏場は中標津、釧路湿原、この根室が毎年のルーティンだったけど、中標津が廃止となったところに時の流れを感じますね。


そして、今回は根室で初のハーフの部に参加。

以前から日程的に北海道マラソン前週になることが多く、ハーフはやり過ぎだろうと10㎞ばかり走ってきたけど、

今年は北海道マラソンは早々にパスすることに決めてたので、せっかくそこまで行くならハーフかな。。。

と、多分酔っ払いながらエントリー。

で、酔いが覚めてから後悔する、と(笑)

ハーフは最も苦手としてる距離で、フルの中間点よりも遅いことが多く。

ハーフ参加は夏場が多くて暑かったり、突っ込みすぎてすぐ潰れてしまったり、、、とにかく最初から最後まで息苦しい記憶しかない。

この10年はハーフで良いイメージなしです。

レースが近づくにつれて憂鬱度がどんどん増していく。

特に今年は4月から超長距離向けとしてキロ6前後でしか走ってない、ハーフのスピードが怖くて仕方ない、出せるかどうか分からない。

当日朝になっても走らない理由を探してしまう。

しかし今回は大きな目的が。フル用のシューズとして試したいものがあって、それにはハーフレースが最適。

これを逃すとフルでぶっつけ本番となってしまうから、、、

ほんと、これがなかったら応援だけして帰ってきたかも、なメンタルでした。

なるほど、これから憂鬱なレースがある時は、何かしら(失敗した時に言い訳できるような)テーマを設定しよう(・ω・)


当日朝は7時50分頃に会場到着。

ゼッケンを引き取りに行くと早速お知り合いに何人にも遭遇。この場所なのに地元感あります。

予め来ると知ってたのは地元根室のランナーさんだけだったけど、釧路のお知り合いも何人かきてる。

そして、、、お、登別から親分さんも!わざわざ根室までお越しでした、同じ年代カテゴリーのライバルとなるな。

(去年のブラタモリでタモリさんに源泉の説明されてた方です)

地元ランナーさんとの会話の中で、ここのハーフはコースがきつい、ずっとアップダウン続く、、、

と聞いて、さらにテンション下がっていく(笑)

今日は調子的に90分切れれば最高です、と言うと、ここで90分以内は難しそうな反応。

どうやら、いつもより数分遅くなりそうなコース特性らしい。

知らなかった(^^;

ほんと、新しいシューズを試すことがなければ逃げ出してるところでした~


スタート数分前の整列でも大丈夫なのは道東レースの最大の美点。

先頭から4列目くらいで待機。

9時にスタート。

フル用のシューズを試すということで、フルの入りをイメージして突っ込み過ぎないように。

とは言え最初は下り基調なのでキロ4以内となってしまう。

もう呼吸苦しい。

すると次は上り基調、ペース維持が出来なくなってきて呼吸はさらに苦しい。

久しぶりのハイペース、なんか脚がもつれそうになるし。。。脳からの指令を脚が受け止めきれない模様。

たしかにひたすらアップダウンが続きました、こういうコースだったのですね。

呼吸を落ち着かせるのに7㎞くらいかかってしまった、、、けど、ここからはフルと同じような体感で苦し過ぎないように。

最初の飛ばし過ぎのせいでいつものフルよりは遅そうだけど、、、これ以上どうしよもうない。

アップダウンあるから同じペースを刻むことはできないけど、体感上は同じ負荷で16㎞くらいまで。

最初から最後までガーミンは一切見ず。もしペース遅かったらどこかでやめてしまいそうで。


気温は25℃くらい?湿度高めで、こんな時は風が吹いてほしいけど今日は微風。

たまに無風とも思える場所もあるし、コンディションは最悪の部類。まあ今年の日本の暑さからして贅沢は言えないのだけど。

でも3か所かな、氷水で冷やしてるスポンジがあって、これが最高に気持ちいい!

こんな素晴らしいスポンジ初めてかも(・∀・)

これを発案した人、素敵です。


ちなみに今日履いてるシューズはメタスピードエッジプラス。

ほんとは函館マラソンで履くつもりだったけど、持ってくの忘れてしまった。

履き心地かためなので足底痛が心配だったけど、それは全くなくてむしろ心地良い当たり心地。

歌い文句通り勝手にピッチ数維持できそう、これは次のフルで投入決定。

ライバルシューズより20g以上重いけど、差を感じなかったです。


ラスト5㎞は10㎞の部と合流、同じコース。

ということは過去何回か走ってるはずだけど、すっかり忘れてた。

また一段とアップダウンきついし。

そしてこのへんでやっと順位を意識。

スタート時から前の人のゼッケンは確認してた、自分をかわしていく人のゼッケンも見てたから、、、

同年代ゼッケンは前にはいないず。

多分(確証なはし)。

一応、前回参加時も10㎞で年代1位、副賞は豪華北海シマエビ!

今年もかな?せっかくだからシマエビ欲しいw

途中でスピードダウンして後半流してる展開しか頭になかった、ここでこの位置走ってるのは嬉しい誤算。

10㎞あたりでスライドする場所あって、親分がすぐ後ろにいた、差は1分もなかったはず。油断したらアウトだ。

残り数キロ、ひたすら逃げよう。ギアを上げてぜーはーマックス。

ゴールゲートの計時が見えてきた、、、89分台。

てっきり86分くらいかと思った(^^;、

このへんが今の実力でした~


グロス:1時間29分33秒
総合順位:13位/217人中
年代順位:1位/90人中


タイム的にはあれですが、速い50代がいなかったので年代1位。

親分とワンツーフィニッシュ(・∀・)
20230820_1692509278146.jpg


フラットなコースだったらやっぱり86分台かな?

それでも物足りないけど、、、次のフルシーズンでもサブスリーはぎりぎりなら狙えそうか。

フル2~3本目くらいでのサブスリー復帰を目指してます、目標は金沢で55分前後。

その前に、また250㎞ジャーニーランで思いっきりスピード落とす、と(笑)


副賞は中を見ることなくチルドで家に発送。他の部で1位の箱の中見たら今年は各種詰合せのよう。北海シマエビも少しは入ってるようでした。

ここ根室でのレースは6回参加中入賞5回と相性良いです、また来年も日程あえばぜひ!

20230820_1692509354202.jpg



応援クリックよろしくお願いします(^^)



コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: