fc2ブログ

2023村岡100kの様子(2)

5時に88㎞、100㎞が同時スタート。

シューズは悩んだ末にかとぶんでも履いたS4。上りにはいささか不安があったけど、とりあえず長距離の実績はある。

っていうか、上りが遅いのはきっと別の問題だろう、多分。

この種のレースで一番問題になるのは足底痛。これが大きいと心折れやすい、合わせ技で他の問題も出たらほぼリタイア。

なので、足底痛起きにくいシューズとしてこれをチョイス。

ふわふわなものが良いわけでもなく、なかなか難しい問題。


なお、ガーミンは距離表示と合わないので(今回は短めに出てしまう)、かなりアバウトです。


<スタート~10㎞まで>(0:52)

会場近くの商店街の中を走った後、早速上りだす。

商店街は提灯で照らされていて幻想的、久しぶりにこの光景を見ることができた。

10㎞までで約350mの上り。

以前はそこまで息を上げることなく上れたはずだけど、今日はもう苦しい。

でもこのパートくらいは歩かずに上り切らねば、、、

苦しいところで、併走してる方と「もうきついっすね~」と話しかけてみた。

岡山のランナーさんで、勇者も走ってる方、タイムも近そうで話が合う。

この会話で助かった、とりあえずここは走り切れる。


<10~20㎞まで>(1:41)

だいぶ明るくなってきた。

気温は涼しいまま、これがずっと続いてほしい。

エイドでピザがあったので頂く、これ以降食べられるかどうか分からないのでここで食べておかねば。

15㎞あたりまでずっと上り基調。

15㎞の上りの頂点で88㎞とコースが分岐、人が少なくなる。

そこから下っていくと、ハチ北のゲレンデ横を抜けて民宿街へ。

そこからは延々と急な下り、苦手なパート。

5㎞以上延々下り、過去にも足裏痛が早速ここででてきた。

あっという間に何人もかわされるけど、ここは自重。

ペース抑えて、足裏の衝撃を軽く、軽く。


<20~30㎞まで>(2:33)

20k㎞過ぎて5㎞くらいは割と平坦な場所。コース中で一番フラットなパートかも。

さきほどの岡山のランナーさんとはここまでずっと併走してきた。

さらに「くまごろうさん?」と声をかけられ、、、あ、矢田川走友会のSさん!地元の方で、過去村岡や京都マラソンなどで何度も一緒になってます。

かとぶんでは矢田川走友会エイドもあって、Sさんはそこにはいなかったけど、自分が出てたことはちゃんと知ってくれてました、しばらくその話題など。

ここから10㎞くらいは3人で併走。

25㎞過ぎるとまた上りきつくなってくる、2人についていくのがきつい、最初の試練。

なんとか食らいつき、、、するとまた急な下りがしばらく続く。

この下りで腰に異変が。まずい、持病が出てきてしまった。しばらく腰痛なかったので油断してた~


<30~40㎞まで>(3:30)

下りから平坦に。腰痛は一旦落ち着く。下りでなければ大丈夫みたいだ。

降りたあたりをぐるっと周るコースだったはずだけど、今年はそれはなくてすぐに猿尾滝方面へ。

ここの上りも地味にきつい、そしてまた腰が響く。

下りだけでなく上りでも腰にくるのか、、、これから本格的な山岳パートなんだけど(´・_・`)

折り返してきてから、猿尾滝エイド名物の流しそうめんを。。。

あ、今年は流しではなくて既にカップにそうめん入ってる。

うまい、特にめんつゆが汗をかいた体にしみじみ染み渡る(#^^#)

2杯いただく。

ゆっくり飲み食いしすぎて、併走してきた2人とここでお別れ。

このあとで全ての部と合流、コースが混みだす。


<40~50㎞まで>(4:56)

いよいよコースのハイライトの蘇武岳へ。

7㎞で700mくらいの上り。今年はそこを越えて折り返してくるレイアウト。

過去もここを走り通せたことはない、今年はもう上りは全て歩く気まんまん。

蘇武岳の上りに入ってすぐにわたるさんのサプライズ応援!

少し併走してもらう、いや、もう歩いてるかW

今年のコース変更のために例年よりコース上に人が多い(すべての部がここを通るため)、すると歩いてる人だらけで余計それにつられてしまう。というのはただの言い訳、腰に響いてたまらん(´・_・`)

延々歩いて上っていく、こんなに長かったっけ、というほど長い。走れてないと長くも感じるはずだ。

しかもこの傾斜は、、、野辺山における馬越峠並みだ。

以前はこの道沿いに選手の名前入りプラカードが何キロにも渡り立てられていた、懐かしいな。。。

自分のプラカードの写真撮る人沢山いたし、引き抜いて担いで走る人もいれば、マジックでプラカードに書き込みする人もいた。

来年はまたそうなるかな?

全ての部のランナーさんがいるのでエイドは混雑してる、給水やトイレで時間がかかりだす。

このペースでは、、、もうサブ10無理だろう。

腰も痛い、ここでロキソニンを投入。

完走第一に頭を切り替える、ここからはジェル、経口保水パウダーを計画的に摂取。これが結果的に良かったはず。

今のペースで進むと、、、ざっと計算して11時間。このへんを目途で進むことに。

歩きに歩いて、やっとコース上の最高点に到達。

下りが出てくるから走るけど、すぐに上りが現れて歩いてしまうW

このあたりで応援のなおみさん発見、少し併走してくれた
20230924_1695581911083.jpg

上りだけど無理して走ってるW

このタイミングで66㎞の部のかっつんさんが折り返してきた、声かけたけど、しかし速いな~

続いて姫路のT君も。ここでは順調そうに見える。

ここから折り返し点まで基本下り基調、腰と足裏に気を付けながら下っていく。


(もう1回続きます)


応援クリックよろしくお願いします(^^)



関連記事

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
アラフィフ男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。飲み食いも大好き。レース、食べ歩きなど綴っていきます。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: