田沢湖マラソン 簡単に振り返り

秋田や青森は今日でもまだ36度もあったとか (@_@;)

さっさと忘れて無かったことにしたい田沢湖マラソンですが(笑)、簡単に振り返ってみます。

今回は一緒に参加する方の車に同乗させてもらい田沢湖へ。

土曜の朝6時に集合して出発。東北道は混雑場所が多く、現地到着は15時半過ぎ。
湖畔の会場で受付をしました。
R0018259.jpg
R0018253.jpg
R0018254.jpg

少し周辺を散歩。
R0018256.jpg
R0018258.jpg

近くの宿は確保出来ず、30k以上離れた場所で宿泊。
奥羽山荘という宿で、安いけどとても快適な宿でした。

日曜は5時起床。
6時半に宿を出発して田沢湖を目指しましたが、近づくに連れて大渋滞。
既に湖畔の駐車場はいっぱいとのことで、ホテルタザワの駐車場へ誘導されました。
そこから会場まではシャトルバスで。

駐車場にはかなりの台数の車が入ってきて大混雑。
シャトルバスの待ちもすごい行列でした。
R0018291.jpg

もう30分遅い行動だったら、時間的にやばかったかも。

会場到着は8時半頃。
R0018299.jpg

ちょうど、開会式が始まるところでした。
R0018295.jpg
R0018296.jpg

大会ゲストは千葉真子さん。1月の指宿以来の再開です(笑)
今回は10kの部で走られていました。
しかし、あの声、いい感じで脱力できていいですね (^^)
緊張もほぐれます。

スタート15分前のスタート位置。
R0018306.jpg

非常に緩い雰囲気(^^)
結局、しっかり集まってスタート前の雰囲気が出来てきたのは10分くらい前からでした。
それまでは日陰で待機。

スタート時で28℃くらい。
既に気分が滅入りつつも、10時スタート。

コースは湖畔スタート、前半は田沢湖町内の市街地、そして22kで湖畔に戻ってきて田沢湖を1周してゴール。

スタート直後、一気に下ります。で、最初の1kは3:38(笑)。

前半はアップダウンが多く、また日陰がなくて直射日光を浴び続けます。
既に5kくらいから雲行きが怪しくなってきて(^_^;)、10kあたりで真剣にやめることを考え出しました (笑)

道路の気温表示で33℃とあったけど、もっともっとあるような感じ。
早くも歩き出す人を見かけます。

沿道では、民家の前で椅子を出して応援してくれるお年寄りが多くて、ほっこりしました。
今回、自分のゼッケンがキリのいい数字で、その数字を見て「いい番号だなあ」と何回も、あちこちで声を掛けてもらえました。キリ番ってこんなご利益があるんですね (^^)

15kを過ぎるとキロ4分半の維持が難しくなってきて、めまいもしてきたので20kの給水所で早くも休憩。
体中に水をかけ続けてきたせいで靴下もびしょびしょ、いつも通り左足裏の皮がぼろぼろになっていて、その痛みで気力が萎えてきています。

20k過ぎからはがつんとした上りで湖畔に出ます。
しかし、湖畔に出る場所はフィニッシュ位置のすぐ脇。
ここでリタイアすれば楽になれる。。。。
と逡巡してるうちに湖畔道路に出てしまいました(^_^;)
この地点が一番沿道に人が多い場所で、やめにくかったというのもあります。
なかなか決められない優柔不断さのおかげでDNFは回避です。

が、もう全てのエネルギーをを使い切ってしまったような状態。
体全体に力が入らなくて、ゾンビ状態で湖畔を1周です (;´・д・)

いつもと違って、歩きから走りになかなか切り替えられず。
だらだらと何分も歩いてしまうことが多い後半でした。
だから2時間かかったのですが、、、

湖畔に出て数キロ、倒れている人がいて、数人で介抱をしていました。
その後も、湖畔道路では3、4回は救急車とすれ違います。
サバイバルレースの様相を呈してきました。
ただ、湖畔は木陰と日向が半々程度。
木陰は一気にヒンヤリとするのでとても楽になります。

湖畔沿いの道は高低図では割とフラットに見えていたけど、実際は上ってるか下ってるかのどちらか、細かいアップダウンの繰り返しでした。

たしか27キロ過ぎ、吐き気を感じました。
吐いた方が楽になれる?と思い、立ち止まる場所を探します。
湖畔道路は湖側の車線がランナー用、反対側の車線には車が通ってます。
狭い車線で、吐くのに丁度いい場所が見つからず、反対側の車線に移って場所を確保、吐いたらだいぶ楽になったけど、今度は立ち上がるのに難儀してしばらくその場でうずくまっていました。

落ち着いてきてレースに復帰しようとするも、車が途切れなくて道を横断できず、ランナー側の車線になかなか戻れません(笑)
結局10分弱のロスでした。

その後も給水所ではたっぷりと休憩。
ひしゃくで冷たい水を体中に掛けてもらったり、エアーサロンパスを借りたり。
ある給水所のおばさんには
「あらぁ、今日は男前が多いねえ」
との有難いお言葉 (笑)
サンバイザーとサングラスで顔が半分隠れてるのですが(^^)
リップサービスが上手な方でした。

35k過ぎから最大の上りがあるのですが、その直前の給水所で立ち止まっていたら、
まずはおじさんが
「これから山登りだけど、もうここまで来たら歩いても間に合うよ」
すると側にいたおばさんが
「そんな甘やかしたらだめ、まだ若いんだから!」

(-д-;)
はい、はしります。。。でもそんなに若くないっす

その後の上り、思ったほどではなく、距離も意外と短く。
ただ、その最大の難所を超えた後もゴールまで細かいアップダウンが続き、こちらの方がこたえました。

最後の2kは歩かずにフィニッシュ。
体の中に何も力が残ってませんでした。

記録 : 3時間32分34秒
総合順位 : 100位

フィニッシュ後にもらったスポドリを飲んだものの、すぐに嘔吐。
選手休憩所のブルーシートに場所を見つけて、しばらく寝っころがっていました。
一応日陰にはなっていたけど、むっとするような熱気で寝ていても水分が体から出ていくような感覚。
参りました。。。
再び、まともに歩けるようになるまで1時間半かかりました。

レース後にトン汁などのサービスがありましたが、全く手付かず。
残念です。


田沢湖マラソン、去年は大雨、今年は高温とコンディション的に難しい年が続いてますが、運営やコースは素晴らしいと思います。

荷物預りが特殊(周辺の宿にお金を払って置かせてもらう)、そして駐車場問題(会場周辺のキャパが低いので、遠い場所に停めてシャトルバスを利用、また朝は周辺道路は大混雑)はありますが、それ以外は文句なしです。

トイレ待ちは10分程度。

スポドリは万全、スポンジも5kに1回で助かりました。(しかもとても冷たくて最高でした)
給食はバナナ、あとスイカもありました。(勧めて頂いたけど食べられませんでした)

ちなみに今回の優勝はあの川内選手の弟さんでした。

運営やボランティアの皆さん、沿道で応援して頂いた方々、そして走られたランナーさん、あの暑い中本当にお疲れ様でした!

30℃越えでのフルはこれで3回目、経験回数は増えてもその対応方法がさっぱり身に付きませんねー (-_-;)


帰りがけ、乳頭温泉の休暇村で入浴。
R0018308.jpg

とてもいいお湯でした (^^)/


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: