2012 つくばマラソン(2)

スタートロスは54秒。
ですが、当然しばらくは分厚いランナーの壁で自分のペースでは走れません。

申し訳ないとは思いつつもランナー間の狭い隙間をすり抜けつつ前へ進みます。
最初の1kはロス込で5:27。

そして、ここで早くもはっきりとした痛みが右ふくらはぎ内側に出てきました。
ここ最近のいつもの症状、中に小石でも入っているかのような感覚。

昨日の試走でも同じく1kくらいでこうなりました。
どうやら、奇跡は起きてくれなかったようです (>_<)

さてここから、走り続けるべきかかどうか、随分と悩みます。
やめるなら早い方がいいに決まってます。
進めば進むほど、戻るのが大変。
5kくらいでやめて、5kのんびり戻る、まずはそのプランでいきました。

スタート後の渋滞はどこまでも続きました。
大学構内を抜けてもまだまだ自分のペースで、というかすり抜けランをしないと自分のペースを維持できません。
5kに到達した時点でも、まだそんな感じです。
かなり体力は使ってしまったけど、ふくらはぎの痛みは変わらずで、より酷くはなっていません。

よし、もう5k行くか。
で、その次の5kでもさらにもう5k行こうかな。。。
で、15kを超えてくると、やっぱり完走したくなってきます(^_^;)

既に戻るのにも10k以上あります。収容車があるかどうかも良く分からず。(最後尾にはあるのでしょうが、そこまで待ってると風邪引きそうです)

痛みには波がありました。
それほどでもない時と、痛くて頭が真っ白になりそうな時が交互に。
で、痛みがそれほどでもない時に、事前に考えていた「進める時に進んでおこう」作戦を実施。
キロ4分近くまで上げます。
そして痛い時には、まあ何も考えられないのでなすがままです(笑)

痛みの強い時はとにかく楽しいことを頭に思い浮かべようとしました。
なにを思い浮かべたかは秘密です。。。

コースの途中、自分のご先祖様が住んでいたという場所を通過。
景色を見渡すと、、、見事なくらい何もありません(^_^;)
地平線が見えそう、、は大げさですが、コース中で最も殺風景な場所だったような。

今回、DNF対策としてアームカバーをしました。500円のもの。
フリーサイズで、付けてみると上腕部が自分にはぶかぶか。
気にせず走り出しましたが、すぐにずり落ちてきました (笑)
なぜか右腕だけずり落ちます。自分は右利きだけど、右腕が細いのかな??
まあ走ってる分には暑いので、右だけでなく左も下までおろしてアームバンドのようにして終始走りました。
スタート前はこのおかげで寒さを感じなかったのでとても助かりました。

20k過ぎで最初の折り返し後、沢山のランナーとすれ違います。
その中にはネットで見たことのあるブロガーさんが多数。2桁はいました。
さすが、つくばマラソンです (^^)


ハーフ通過は1:27:21(グロス)。ネットで考えると、フルの中間点としては今までで一番のタイム。先を急ごう作戦としては少々やり過ぎの感もあります (^_^;)

そして23~25kくらいの間でしょうか、痛みに波が無くなってきました。
ずっと、とても痛いままです (>_<)

右脚で地面をしっかり蹴ることが出来なくなり、左脚頼みのような走りになっていまい、いきおい、左太腿に負担がかかったのか、そこが痺れだしました。35k過ぎでそうなるなら分かりますが、その10k手前でこんな感覚かあ、と。この時点で、その後の粘りを諦めてしまったかもしれません。

ラップも4:20を下回り出したのは分かっていましたが、もう為す術もなく、あとはただゴールまで戻ることだけを考え出します。

30kで2:04:38。ここまでは3時間いける感じですね、今見返してみると。。
ちなみに去年と3秒差。(ただスタートロスを考えると、今年の方が1分ほど速いですね(^^))

既に頭の中ではどうやって痛みをやり過ごすかだけを考え中。
その後のペース配分とか考えようもないし、考えられても実行不能です。

30k以降、1kがとてつもなく長く感じだします。
フォームもぐだぐだのゾンビ状態。
顔も酷いことになっていたはず。オールスポーツの写真を見るのが怖いです。

やっとのことで大学構内に戻ってきましたが、まだ残り5k。
この頃にはキロ4:50~5:00にまでなってます。
右脚の感覚は痛みのみ。地面の感触すらありませんでした。

大学構内に複数箇所ある段差をよけきれずに右脚で踏んでしまい、激痛に思わず叫んでしまったり。
痛みに負けて歩いてしまったり。。
一回ストレッチしよう、としたけど脚に力が入らずバランスを崩してしまい横に倒れてしまって、そのまま少し休憩したり(-_-;)

去年も大学構内では何度も歩いたけど、またすぐに走りだせました。
でも今年はダメでした。歩を進めるたびに襲ってくる痛みが気力を奪っていきます。

ラスト1k手前にある上り坂。それほどでもない傾斜ですが、とにかくうまく地面を掴めないのか走ってるつもりなのに歩いてるのとたいして変わらないスピードです。本来、上りは苦手ではないんだけど。。。

フィニッシュゲートは、去年と違い陸上競技場に入って周回する必要のない場所に設けられていました。

やっと戻ってきた、、、
フィニッシュした瞬間はそれしか頭になく、ゲート横の時計を見逃していました。
なので、完走証をもらって初めてタイムを認識です。


右脚の爪先を正面に向けて歩こうとすると一番痛いふくらはぎ内側に力が入るようで、要するに普通に歩けなくなっていました。右脚は爪先を外側に向けて歩く形になり、競技場から荷物の置いてある場所に戻るのに時間がかかりました。(ちなみに、2日たった今日もまだそんな感じです)

もう少し痛みを耐えられれば3時間も見えたけど、30k以降はタイムなんてどうでもよくなってしまって(笑)、やっぱりこれが限界でしたね。

まあ、このタイムで走る限り心肺は余裕がある局面が多かったです。
確実にキロ4分~4分10秒の体感速度が遅くなってきています。
少しは成長してると信じたいところです (^^)/


さて、いつからまた走れるかな (-_-)


陸上競技場手前
R0019158.jpg

競技場内
R0019163.jpg
R0019165.jpg
R0019169.jpg

そしてここ。
R0019160.jpg

競技場からメイン会場へ戻る動線上にちょっとした段差があるのですが、ここで脚を攣るランナーが多数。救護の方が大忙しでした。そういう自分も肩を貸してもらって上りました (^_^;)

飲食は横手やきそばが人気でした。
R0019175.jpg

とにかく、完走に乾杯です (^^)/
R0019176.jpg

それにしてもフラットなコースです。
トイレも動線も改善されていたので、ますます魅了的な大会になっていました。
記録狙いのランナーさんが集まってくるので、自分のタイムでも626位。とてもハイレベル!

折り返しコースで景色はやや単調ですが、同じペースで走る集団も数多く出来るので、併走や競り合ってるうちに自然と距離が進むような場面が多いのはないでしょうか。

今年は不本意な結果に終わりましたが、当然またチャレンジします!!


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

No title

こんばんは。はしりです。

つくば、お疲れ様でした。
脚の調子が良ければPB更新もあったかもしれませんね。

くまごろうさんとレベルは違いますが、自分も体感速度が変わってきています。
以前サブ4を達成した時のキロ5分40秒がめっちゃ遅く感じます(プチ自慢入りました)

脚は良くなりましたでしょうか?
あまり無理せず頑張ってください(意味不明)

では。







Re: No title

はしりさん、
つくばお疲れ様でした、そして自己ベストおめでとうございます!
大幅な更新、お見事でした。

> 以前サブ4を達成した時のキロ5分40秒がめっちゃ遅く感じます(プチ自慢入りました)

しかも、短期間でそうなったのですからたいしたものです。
才能ありますよ、半年たらずで4時間レベルから3.5時間レベルになるなんて。
もっともっと自慢しましょう!

自分はまだジョグできる感じではないですね、さすがに今回は長引きそうです。
週末になっても走れなさそうなら、のんびり紅葉ウオッチウオーキングしてきます (^^)/

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: