北海道マラソンの反省など

北海道マラソンの当日の様子は昨日まとめましたが、今日は反省点を。

<反省点>

・水分の取り過ぎ
レース当日の朝から、暑さに備え水分、ゼリーの類を沢山摂取し、レース中
も給水でコップ1杯ずつは飲んだ。
計算すると、朝からレース途中までで3リットルくらい水分を取ったことにな
る。これでは胃が水分を吸収しきれなくなり、吐き気に繋がったような気が。
スタート直後の腹痛もこれが原因だと想像。
もっと計算しながら摂取すればよかった。

・体に優しい装備で
この気温の中ではどっちみち記録など期待できないのだから、もっと足に
優しい靴とか、首をガードするなんらかのものを装備して走ればよかった。
特に靴は、今回もいつものようにターサーだったが、もっとクッション性の
高い足に優しい靴にすればラスト10キロがもっと楽だったのではないかと
激しく後悔でした。
ただでさへ高温が体に堪え、体力を奪われるレースでは、靴選びがより重要
な気がした。

・新品の靴下はダメ
いつもは気を付けていることだけれど、今回は失念していて、まだ1回も履い
ていない靴下で走ってしまった。やはり履きならしているものの方が無難。
以後気を付けます。

・前半の突っ込み厳禁
暑ければ暑いほど、後半に体力を残しておかないともたない。
当たり前の話しなのに、経験しないと理解できないんだなあ、これが。
今回で言うと、前半を1時間40分のイメージで行けばよかったかも。


それにしても、完璧な運営の大会でした。

スタート地点のトイレは今年増設されたらしく、9000人規模の大会
とは思えないくらいの短い待ち時間。

給水は2.5キロおきでテーブル多数。全てではないけど、氷水もあり。
これには本当に感激。おかげで体を充分に冷やせることができた。
スポンジも5キロおき。
またボランティアの方々がとても上手で、スムーズにコップなどを
受け取ることが出来ました。

ゴミ箱があまりなく、給水所の前は紙コップとスポンジが大散乱して
いたけど、あの状況を考えると無理にゴミ箱に捨てようとするほうが
混乱して事故の危険性があったかもしれないので、これで良かったの
ではないでしょうか。

沿道の方々の声援もすごかったし、ところどころでブラスバンドや
太鼓の応援もあり。

大会スタッフの方、沿道で声援を送ってくれた方々には本当に感謝です。

あまりにも辛い経験だったのに、またリベンジしようかな、などと
思わせてしまう、そんな大会ですね。


レース前にのんびり。まだこの時はその後の試練を夢にも思わず(笑)
dm-R0014340.jpg

レース後のゴールエリア周辺は西日で輝いていた
dm-R0014350.jpg


しかし、あらためて色々なことが学べたレースでした。
特に、今回のような耐暑レースになると、いかに後半に体力を残して
おくかが重要かと。前半突っ込みタイプの方は要注意です。

あと、極限状態の片りんを垣間見れたかな。
って言うかこれ以上の極限状態はもう勘弁して欲しいです


不思議なのは、これだけ過酷なレースのあと、内臓は大丈夫だったみたい
で普通に食欲があって、飲み食いが出来たこと。
そして、翌日に肉体的なダメージがあまり残ってなかったことです。

あの苦しみは実は現実のものではなく、脳が体にもう走るなという信号を
送っていたのでしょうか。。


完走メダル
dm-R0014365.jpg

裏に刻印が
dm-R0014366.jpg


ふらふらゴールにつき、これをもらってもあまり嬉しくなかったのが残念。

いつか、歓喜のうちにこれを首にかけてもらえたらいいなあ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: