最後のお歳暮

今日は朝も夜も雨だったのでいきおいレストでした。
昨日に引き続き2日連続。おかげですっかり脚が軽く感じてます。明日は走れるかな?


ランとは関係ない話しです。

昨日、お歳暮としてこれが届きました。
R3011526.jpg

これを送ってくれた方は以前の職場での知り合い。別会社ではあったけど、私の仕事を助けて頂きました。

私がその会社を辞めた後も付き合いは続き、その方が別の仕事を始める時には自分が出来る限りのお手伝いをしました。その方一人でやるにはかなり無理がありそうな仕事で、なにしろ頑固な方でそう指摘してもあまり聞く耳は持ってもらえなかったけど (^^; その仕事を始める時は何か月かずっとサポートしました。

私よりも一回り以上も年上の方でしたが、気兼ねなく、なんでもお話をすることが出来ました。
知り合いになってから8年あまり、その間、かなり濃い時間を一緒に過ごしたような気がします。


そして先月、つくばの2週間ほど前です。携帯にその方からの着信があって、電話に出てみると、、、その方の息子さんでした。

ものすごく、嫌な予感。
やはりと言うべきか、その方が急逝されたとのこと。。。

最後にお会いしたのは今年の6月。そのあとはメールのやり取りだけでした。自分が城内坂の50kmを走った後、たまたまその方のご実家がコース近くにあることもあって、すぐにメールを貰いました。

訃報に接するつい1週間前にもメールが来ました。それが最後になるとは。。。最後のメールの内容は、来年は仕事をこういう風にしたいというものでした。

息子さんからの電話で、(亡くなる前に)お歳暮の手配をしてあるので、お受取りくださいということでした。


この電話をもらったタイミングは、母が急に入院することになってバタバタとしていた時期。父の体調も良くなく、重なる時にはここまで重なるのかと自分もいっぱいいっぱいになってしまって、気持ち的にとても走るどころではなくなりました。つくばは走れないな、とその時は思ってたけど、母が予定より早く退院したのでつくばは走りましたが。

訃報に接して自分の中で起こった感情は、まずは驚き、それから後悔です。仕事に関しては、第三者的な立場から随分ときつい、厳しいことをその方に投げかけた気がします。少々のことを言っても大丈夫という甘えもありました。

しかし、こういう結末になるのなら、もっと肯定や共感するような言葉を使うべきではなかったか。。。
自分の力では運命は変えられないだろうけど、もっと違う接し方をすれば良かったのでは。。。

どう思おうと全て後の祭りです、時間は巻き戻せません。自分に出来るのは、これからの人生でこれを教訓とすることだけ。


昨日、お歳暮としてこれが届きました。

この種のものはN社の海宝漬が有名ですが、これはそれよりもかなり薄味であっさり、健康的な味付け。

まさしくその方の志向そのもの、人柄を表しているような気がして、最後までこういう感じだったんだなあと思いながら、美味しくいただきました。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: