久しぶりに会食 & 様子見15k

昨日の夕方、東京に戻ってきました。
幸いにして昨日はこちらも過ごしやすい気温で、空港につくなり気温差にげんなり、ということもなかったです。ま、帰宅後すぐに走り出したら確実にげんなりだったと思いますが。

空港からは家にまっすぐ戻らず、浜松町で2年ぶりに会う友人と会食を。
なぜ浜松町かというと、空港からモノレール1本で、という自分の都合によります (^^;

大学時代の友人で卒業後もコンスタントに年2回くらいは会ってますが、昨年はその機会がありませんでした。しばらくの間、彼ともう一人の友人(現在は名古屋在住)と3人でスキーに行くのが冬の恒例行事でしたが、これも3年前より事情により中断してます。

会食中は色々な話をしたわけですが、基本的には昔と変わらない内容。肩肘を張る必要もなく、すぐに昔の空気感が戻ってきます。

で、今回初めて感じたことがありました。それは彼がとてもサラリーマン人生を楽しんでいること。

なかなか就職するのが難しい会社に勤めていて、昔から自分の仕事について楽しそうに語っていたけど、なぜか今回はそんな彼の様子が印象に残りました。だって、40代半ばになって自分の会社での仕事を”楽しい!”と言える人ってそんなにいないのではないか?と。

基本、同年代のサラリーマンと話すとグチ・不満・いかに自分が大変で辛いか、そしてゴシップwが大きい比率を占めるけど、彼は違う。

たしかに今までも彼の仕事内容を聞くと驚くほど羨ましいことがあったりもしたけど(笑)、それが長年持続してるのが素晴らしい。

今は関連会社に出向中で、本体では細分化されてる役割が出向先ではそうではなく、一人で色々なことに関わることが出来る/決めることが出来る、それが楽しい、と。

もともとストレス耐性があるんだろうけど、それにしてもこんな風に思えるってすごいことなんじゃないだろうか。。。そこにサラリーマンとしての完成系を見たような。サラリーマン人生を自分で選択した以上、こういう境地に達することが出来れば幸せですよね。

まあ、そんなことを思いながら、1次会は魚系和食、2次会はパブでギネス、そして最後は家系ラーメンまで食べときました (*´Д`)


浜松町の「本濱」。愛媛から直送の鮮魚中心のコース、6年くらい前から年1、2回通ってますが、行くたびにどんどん凝ったお皿になってます!
R3012748.jpg
R3012754.jpg

名物は鯛の塩釜焼き。塩釜を割ると中から鯛が出てきます。身はふっくらでジューシー。
R3012750.jpg
R3012753.jpg

その後はパブでビールを飲んだ後で大門の「福気」。こてこての家系ラーメンではないですが雰囲気は十分、少しマイルドなスープ。深夜まであいてるので飲んだ後は非常に危険です (^^;
R3012756.jpg


さて、今日は夕方近くから中3日あけての様子見ラン。火曜以来のジョグです。

チョウケイにきくというストレッチを入念にやってから走り出しました(クリール先月号にのってたやつです)。結果は、火曜と比べると2割くらいは痛みが出てくるタイミングが遅くなり、出てきた痛みも2割減くらい、、、かな?

途中、9km過ぎ、13km過ぎでストレッチを入れると痛みは一時的にほとんど引きます。5分もたたずにまた痛くなるけど。今日は15kmでやめておきましたが、火曜と比べて全体的にみても2割くらいの改善でした。つまり、20km以上走れる自信がないということです (^^;

6/21(土)のラン結果
走行距離:15.2km 1:16:17 (avg 5:01)
月間累計:224.1km


このストレッチは即効性があるから、これを10km以降は1kmに1回入れつつ100kmまで、、、って制限時間に間に合いそうもないかな。。

明日も様子見します。


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: