2014 サロマの様子(1)

サロマ前日、土曜の朝8時半、ラン友さんに釧路のホテル前で拾ってもらいました。
おんぶにだっこのサロマツアーの始まりです。

サロマ湖に北海道外から初めて参加する場合、その地理的特性から綿密なプランを練って、ゴールとスタート地点を行き交うバス(2つは50km離れてます)を予約したりと、準備には大変な思いをするはず。そして当日は宿とスタート・ゴール地点の移動にとても疲れるはずです。(もしくは高額なマラソンツアーを利用するかですね。)

個人でレンタカーで参加する場合、

・朝スタート地点に車を置きスタート、ゴール後はバスでスタート地点へ移動後に車を拾う
・朝ゴール地点に車を置きバスでスタート地点へ移動、ゴール後はすぐに車を拾える

の2パターンがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。
多分、後者を選択する人が多いような気がするけど、朝はとても早い時間(1時~2時ごろ)から行動しないと間に合わないし。

個人参加だとそうなるけど、お世話になったチームではスタート地点、ゴール地点双方に車を置いて、適宜送りあうという方式。それに便乗させていただけた自分はとても幸運でした。


前日、ゴール地点近くで昼食。
R3012795.jpg

ウルトラ前日なのに生牡蠣まで食べちゃってます、牡蠣好きならサロマの牡蠣を逃せるはずはありません (・∀・)
東京ではまず食べられないし。

それからワッカ原生花園の入り口に連れていってもらいました。
R3012798.jpg

ここがいわゆる地獄の入り口なんですね (^^;

スタート地点へ行き、受付け。
R3012803.jpg

ウエルカムパーティ会場は大混雑で、早々に抜け出してきました。ここで夕食をしっかりと、の目論見は失敗、あっという間に用意されたものがなくなっていきます。
R3012806.jpg


宿泊は遠軽のホテル。なかなかとれない宿とのことで、便乗させていただき感謝です!

今回とてもお世話になったSRC904の方々にここでご挨拶を。

夕食はホテル目の前の居酒屋さんでチャーハン。軽く済ませました。

21時には寝ようとするも、お約束で眠れず。多分寝付けたのは0時くらい、そして起きたのは1時半。
いつも通りだなあ。。

3時にホテルを出発、スタート会場到着は3時40分頃。車もすんなり停められました。

それから準備したり、写真を撮ったり。。。
R3012807.jpg
R3012809.jpg

チームのみなさんの写真にずーずーしくも写ってたりして。。。
2014062901.jpg

20分ほど前にスタート地点へ。先頭ブロックの真ん中あたりに並びました。

そして5時にスタートの号砲。もう空はすっかり明るくて、とても5時とは思えません。

スタートロスは17秒。


さて、今回は腸脛が絶不調な中でのレース。
テーピングとロキソニンで対策してるものの、一体どこで痛みが襲ってきて失速もしくはまったく走れなくなるか、という恐怖心がありました。

目標はもちろんゴールまでいきたいけど、それがダメなら最低でも中間の大エイドまではたどりつきたい。なので、そのあたりの関門時間だけは頭に入れておきます。


いざ走り始めてみると腸脛に違和感はあるものの痛みはない、あっても極小。
意外と調子いいかも?と勘違いして、キロ4分半~4分50秒あたりで前に進みます。まだ涼しいので呼吸も楽ちん。

7時を過ぎるころから早くも日差しが痛く感じる場面も。気温も上がってきました。でも腸脛はまだ大丈夫。

フルの距離までは順調すぎるくらいで、気温は高くなってきたけどまだ大丈夫、ひょっとしてこのまま最後までいけちゃうかな (・ω・)

と思ってました、浅はかにも。

フルの表示を過ぎたところでコースすぐ脇にトイレがあったのでピットイン。

そこから出てきて走ろうとした瞬間、左の腸脛に突然激しい痛みが。なじみのある場所と痛さですが、これが出ると走るどころか歩くのも難しい。。。

それまでが順調だっただけに動揺しました (*´Д`)

腸脛に効く(はずの)ストレッチをやっても変わらないし、沿道の方がスプレーを貸してくれたけど効果なし。

しゃがみ込んでしばし休憩するとアスファルトの熱で体が焼かれます。
次々と後続のランナーさんが走り去っていくのを茫然と眺めてました。

色々なことが頭の中を駆け巡ります。
残りは約58km、まだまだ残ってるし (^^;

100kmでDNFしたレースもあるから、癖を付けないためにもそれは避けたい。

冷静に計算してみると、キロ10分なら580分でゴール。
制限時間まではあと9時間半あります、すなわち570分。

キロ10分では間に合わないけど、キロ9分なら楽勝でゴール、、、そのはず。
キロ8分でいければ途中で休憩時間もかなり取れるな。

で、少し心だけは前向きになりました。


立ち上がって前に進みますが、とにかく最初の1歩が痛い!声を出して いててて というくらい痛いけど、その1歩を越えると惰性でいけそう。まともなフォームで走るのは無理だけど。

ま、前に進めても1kmももたずに痛みで走れなくなり、早歩きに切り替えますが、まずは最低限の目標としていた54.5kmのレストステーションを目指しました。

うまく走れなくなってからは気のせいか暑さにも耐えがたくなってきて、途中全てのかぶり水場所で水を体中にばしゃばしゃと。靴が濡れるのはもう仕方ない感じです。そのかぶり水のために立ち止まると、また最初の1歩が痛くて辛いけど、これもどうしようもない。。。

このあたり日陰もほとんどなく、遠くにレストステーションが見えてきてもなかなか近づかないし、アップダウンも多少出てくるしで最初の試練でした。景色は絶景なところだったのが救いかな。

それと、痛みが強かったせいで暑さが相対的に気になりにくくなったかも。痛くて暑さは2の次というか、痛さと暑さがトレードオフの関係になっていたような。

そんなこんなで、既に数えきれないくらい歩きを入れつつもレストステーションに到着。

で、いざついたらここでやめるという選択肢はすっかり頭の中から消えてますw、
すぐに次の大きなエイドのある75km地点を目標に切り替えました。

(続く)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: