城内坂ウルトラ100㎞ (1)

レース前日の土曜、釧路から東京の自宅に帰りついたのは17時半。
こんな時に限って機内でも眠れません。

まずは1週間の留守中にたまっていた郵便物の整理とか、荷物の整理・片づけとか。それからレースの準備。普段は使わないヘッドライトや尾灯など動作確認をしていたら思ったより時間がかかりました。

無理矢理でも仮眠を、、、とベッドに入るも、レースのイメージ映像が脳内で延々と再生されるばかり。横になってるだけでも疲れは取れるだろうから、2時間はベッドで横になりました。

夕食はオム焼きそば。
その前にも100㎞に備えて空港でパスタをお腹に詰め込んでおきました。

23時に家を出て、待ち合せの守谷駅へついたのは0時半過ぎ。
ここで新撰組さん(=ミドリのオニさん)に車で拾ってもらいます。この日は行きも帰りも新撰組さんにお世話になりました。

現地についたのは2時過ぎ。準備をして、写真などを。。
R3013507.jpg
R3013509.jpg


城内坂ウルトラは昨年50㎞の部を走ってるので、その反省を踏まえて今年はこんな方針を考えていました。

・平地は普段の朝ランペースで。
=> 気持ちよく走れる時間帯を多くとり、辛い上りに備える

・下り坂を飛ばし過ぎないように。
=> 急な下りが2㎞近く続くポイントがあって、昨年は調子よく下ったら後半脚がもたなくなった。今年は慎重に。

・上りは気合(笑)
=> そのままです。まあ、なるべく歩く距離を減らしたいところ。

・腸脛が怪しくなったら無理をしない
=> 周回コースだから万が一の際にはDNFしやすいです。これからフルのシーズンだから、やばそうならやめるとはっきり決めて臨みました。


コースは、益子町の城内公民館を起点として、高舘山を越える(高低差230m)1周10kmの周回コース。(正確には9.87kmとのこと)

コースのイメージは、最初の2㎞は概ねフラット、次の2㎞は高舘山までの急な上り(200mほど上る)、そして2㎞を急な下り。次の1㎞はフラット。それから400mで30m登る経ヶ坂。あとは500mほど下り、残りはほぼフラットで起点まで。

言うまでもなくポイントは高舘山までの激坂で、全て歩く作戦を取る人も多い場所。自分は来年の野辺山対策のつもりでチャレンジです。上りきって下りが始まったあたりで遠くを見渡せる絶景ポイントがあって、特に朝焼けの時間帯はとてもきれいでした。あそこの写真ほしいなあ。

2つ目の坂の経ヶ坂も意外と手ごわく、周回を重ねるたびに傾斜が急になっていくような気がしてなりません(^^; ここも中盤からは走ってる人はほとんど見かけないです。

エイドは3か所。起点と、2つの坂を上りきった場所に。特に起点のエイドはまるで食堂のようで、おにぎり、麺類、カレー、手作りケーキ、プリンやヨーグルトやチョコとか。。。今年は餃子まで。ちょっと書ききれないくらいの充実ぶり。ここの滞在時間を減らすのは大変かも (・∀・)

起点に荷物置き場もあるから、ジェル類を手持ちする必要もあまりないです。周回コースはこういう点でいいですね。

スタート時間は3時、4時、5時から選択可能。自分は3時スタートにしました。時期的にまだ暑い可能性が高いから、早い時間にスタートして涼しいうちに距離を稼ぐ作戦です。

ここは特に重要なポイント。
今回は釧路からの参加。釧路での朝ラン時間帯は10℃前後だけど、この日の益子は最高27℃の予報。灼熱に感じるはずです。なるべく暑くならないうちに先に進まないと。

ゴール閉鎖は20時(18時までに最終周に入る必要があり)。最初のスタートからは17時間に及ぶ長時間のレースで、運営の方々は本当に大変だと思います。


10分前にスタート位置へ。フルと違ってゆるい雰囲気がいいですね。
R3013512.jpg

スタート時の気温は15℃くらい?少し肌寒いくらいで、昨年より気温は低そうでした。

そして3時に長旅が始まりました。


(続く)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: