いびがわマラソン2014の様子(1)

前日の土曜は、15時ごろまで家の用事を。
17時頃ののぞみで名古屋へ。そこから東海道本線の新快速で30分ほどで大垣でした。

20時頃、大垣駅前のアパホテルにチェックイン。
いびがわマラソンにエントリー直後にホテルを探したらここがたまたまヒットしたので予約しましたが、結果的には最高の立地のホテルで、翌日に乗り込む養老鉄道のホームまで1分とかからない立地でした。

夕食は東京から買ってきたお弁当で。あと、大垣駅ビルにロッテリアが入っていたので、絶品チーズバーガーもお腹に入れておきました。アルコールは500mlの缶ビールのみ。

当日は5時に起床。シャワーを浴びて準備。
朝食はいつも通りのエネルギー系ゼリー一つのみ。

7時6分発の養老鉄道に乗るべく、その20分前にホテルをチェックアウト。駅のホームに行って並んでいると、続々とランナーさんが集まってきます、しまいにはホームから溢れでそうなくらいでした。幸い私はぎりぎり座れましたが、電車はギューギュー詰め一歩手前な感じ。これ以降の電車はもっと混んでたはずで、早めの移動が吉ですね。

30分ほどで揖斐到着。ここから会場まではシャトルバスが何台も運行しています、それほど待たずにバスに乗り込み、10分ほどで会場到着。ホテルの部屋を出てから会場まで約1時間でした。
R3013685.jpg
R3013688.jpg

受付後、男性更衣室の公民館前で、岐阜が地元のラン友にっしーさんと落ち合います。
R3013686.jpg

公民館は、外は雨ということもあり既に大混雑。公民館以外の場所も雨が凌げる場所はどこも満杯。傘をさしている人が多くて見通しが悪く、会場の動線を知らないと少しおろおろするかも。特に荷物預け場所は公民館から少し離れてるので注意でした。

トイレ(小)は、自分が並んだ場所はスタート45分前で15分待ち。

スタートの整列は公民館すぐ近くで30分前に。
にっしーさんとAブロックで。会話してるとあっという間に時間が過ぎます。
ブロック内はあちこちで知り合い・ラン仲間同士の挨拶が交わされていて、アットホームな雰囲気。

この時は一時的に雨が上がっていました。

その後、整列場所からスタート位置へ集団移動。100mはなかったと思いますが、こういう移動をするようなケースでは、移動後には必ず先ほどよりかなり後方に並んでることに気が付きます(笑)。位置をキープする気概とかハングリー精神がないとダメなんでしょうね (^^;

地元のレジェンド高橋尚子さんの挨拶があり、10時にスタートの号砲。


今回のレースは、調子を上げていくための練習レースの一環の位置づけ。
高低差があるということで、特に年明けのいぶすき菜の花マラソンに向けてのトレーニングとして考えていました。

前半上り基調、後半下り基調ということで、イメージは前半が86~88分、後半も下りを利用して同じようなタイムで、2時間55分は切っておきたいところ。前半・後半はイーブンか、あわよくばネガティブスプリットを狙っていました。

先々週の大阪マラソンはやや不甲斐ない結果に終わっていたから、今回のいびがわは緊張感を持って挑みます。幸いなことに、大阪と違い曇りか小雨で、心配していた暑さにやられることはなさそう。

こういう高低差のあるコースの方が相対的に上位にいける可能性が高いので、それも若干意識(笑)


スタートロスは7秒でした。


(続きます)


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

なるほどなるほど。

参考になります。
ちなみに僕が予約してたのは大垣のアパホテル。
( ゚д゚)ビンゴー
やっぱ便利だったんですね。

Re: なるほどなるほど。

ありゃ、valeさんもそこ予約してましたか。
来年もそこがベストだと思いますよ。
食べる場所は駅ビルや周辺に(こだわらなければ)ありました。

出来れば地元名物のウナギを食べたかったですね。

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: