いびがわマラソン2014の様子(2)

オフィシャルHPより高低図を拝借。

ibigawa.jpg

”大変厳しいコースです。十分準備してご参加ください。”
の文言に今気づきました (^^;
こんなことが書いてあったんですね。

レース前にこれを眺めて、きつい傾斜がところどころにあるのかな?と想像していましたが、実際はそれほどきつい場所はなかった印象です。


スタートロスは7秒。
最初の町道は渋滞で、自分のペースになるまで1㎞はかかりました。

6㎞くらいまではほぼ平坦なので、ここはキロ3:50をイメージして進みます。

3㎞あたりの井ノ口橋で揖斐川を渡り、右折して揖斐川沿いを上流方面へ。
徐々に上りになってくるはずだけど、体感はほぼ平坦。

5㎞くらいで呼吸も安定、脚も気になる場所はなく、あとは淡々と先に進むことだけを考えていました。
ずっと小雨が降り続いていて涼しく、あまり喉も乾きません。
あ、そういえば、よせばいいのにサングラスをかけて出走したため、雨・水分で曇りまくりで、折角の素晴らしい景色がまったく目に入ってきませんでした。。

8㎞あたりからやや傾斜がきつくなりますが、まあほどほどです。
同じペースの6人の集団にひたすらついていきました。

ここで絶景ポイントとされている揖斐峡大橋を渡りますが、まったく景色は覚えていません。。
本当は紅葉もきれいな時期なんですよねえ。。

10㎞通過は39:51。

ここからは20㎞地点まで上り基調は続きますが、どこまでも続く上りではなく、上っては少し下るのを繰り返しながら高度を上げていく感じです。

上りで呼吸が荒くなっても下りで整えることができるので、自分のリズムを維持しやすかったような。

中間点までは先ほどの同じ集団にただただついていきました。

20㎞付近は下の道を走るランナーを見渡せる絶景ポイントでしたが、サングラスが曇っていたのでおぼろげに見えるだけでした(笑)
その他にも、山間の渓谷に霞がたなびく、まるで水墨画のような幽玄の世界があったような気もするけど、、、
とにかく絶景マラソン度はナンバーワンです!

20㎞通過は1:20:37。

ここからは下り基調。

下りも、いつまでもだらだら続くわけではなく(26㎞~30㎞はずっと下りでした)、フラットな場所や少しの上りを交えながらの道のり。

30㎞通過は2:01:06。

下りでは心肺が落ち着く局面が多く、いつもと違い後半戦でもそんなに苦しむことなく距離を稼げていけます。

ただし。

イーブン(もしくはネガティブ)を狙っていたから、前半で出し過ぎないように多少の余裕を残すよう心掛けたけど、後から考えると抑え過ぎたような気も?? というのは、自分はどうも下りが苦手なようで、大腿四頭筋はまだまだ平気なのにスピードに乗り切れません。上り基調では普通についていけた集団も、下りになるとあっという間に引き離されるし(笑)、そして上りに差し掛かると追いつく、を繰り返していました。

いくら脚を残しておいても下りで思ったほどスピードが出せなかったから、それなら前半もう少し頑張っておいても良かったかなあ、という感じですね。

そして32㎞あたりでしょうか、ここからが正念場となりました。

ハーフの部のランナーさんと合流、フィニッシュまで併走。ハーフ2時間以上かかるランナーさんだと思うけどまだまだ大勢いて、狭いコースのほとんどを占めています。一応、コースの左側がフルのランナーが通るように運営の方がところどころで叫んで誘導しようとしていたけど、あれだけハーフのランナーさんがいるともはやコントロール不能な場所もあって。。

横一列に並んで走ってる集団や、突然左側に寄ってくる人を避けながらの蛇行ランを強いられました。自分も限界に近い状態で走ってます、避けるのもすれすれになることが多く、ちょっと危なかったですね。

給水場所も大渋滞で、結局合流地点以降は給水は1回のみ。ま、雨で涼しいからこれは問題なかったですが。

そんなこんなで蛇行しながらも下りきって、フラットな揖斐川の堤防道路を残り4㎞。

大体この辺までくると、キロ4:15あたりで走っていると落ちてくるランナーさんを沢山拾えるけど、今回はぽつぽつのみ。やっぱり高低差のあるコースをこのペースで走ってくるランナーさんは強い!

自分もラスト5kmはキロ4分以内を意識、最後までいけました。
と、クールに書いてますが、最後はいつも通り、ぎりぎりの自分との戦いです (^^;
”50分いけるよ~”という声も聞こえてきたけど、そこまでは踏ん張れませんでした。

グロス:2時間50分22秒
ネット :2時間50分15秒
順位 :31位

ランナーズアップデートによる5㎞毎のラップ。
Stat 00:07
5㎞ 19:23
10㎞ 20:21
15㎞ 20:11
20㎞ 20:35
25㎞ 20:15
30㎞ 20:14
35㎞ 20:24
40㎞ 20:03
Finish 08:49

もう少し前半突っ込んでも良かったような気がするけど、長い下りでも大腿四頭筋のダメージは少なく、これも今年取り組んだウルトラの成果が出たと思います。

あとは下りのスピードを上げられれば文句なしですが、これは一体どうすればいいのやら。
勝負レースのいぶすきに向けて一番の課題かなあ。


キャパはもう限界を超えてる気がしますが、大会自体は前評判に違わぬ素晴らしいものでした。
名物?の子供たちとのハイタッチも堪能。
歴史ある大会は運営のノウハウの蓄積もすごいです。

R3013690.jpg
R3013691.jpg
R3013682.jpg
R3013683.jpg

帰りはにっしーさんのお友達の車に同乗させてもらい、岐阜駅まで送ってもらいました。感謝です!

途中で和食ファミレスに寄り、自分だけビール(^^;、そして地元のものをとこれを。
R3013692.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
40代中盤男、2009年7月より走り始めました。東京都在住。近くの運河沿いをゆるゆる走ってます。
飲み食いも大好き。走ったこと、食べ歩き、たまには仕事のことなども綴っていきたいです。
(自己ベスト)
ハーフ1時間19分52秒(12/12/30 ベジタブルマラソンin熊谷)
フル2時間45分50秒(15/1/25 勝田)
100km 7時間57分12秒(16/6/26 サロマ)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: